YSGA第252回定例会の様子その3(コマンド48:Decision in France)

(RHINO/コマンド誌48号付)Decision in France
デシジョン・イン・フランス


 傑作との呼び声こそ高いが、いまだ実践の機会に恵まれなかった2人による初対戦。
 今回は、ストレスの貯まりまくるボカージュ戦部分は飛ばして、「突破」シナリオを選択。
b0173672_013052.jpg

b0173672_0132664.jpg

▼第13ターン進行中
b0173672_014145.jpg

▼第17ターン進行中
b0173672_015105.jpg

b0173672_015377.jpg

b0173672_0161745.jpg

▼第19ターン(1944年8月18日前後)に、調子に乗って単独で進撃するパットン第3軍司令部が、独軍の敗残部隊による思わぬ反撃を受けた瞬間。しかし乾坤一擲のこの反撃は、独軍装甲師団の一方的な全滅に終わり、パットンが二丁拳銃ならぬ二丁バズーカ砲で闘ったのだと噂された。
b0173672_017692.jpg

▼21ターン進行中の盤面。進撃中の米英軍が軒並み補給切れになっているが、後で両者がルールを読み合わせると、無償で進捗できる補給源を使い忘れていたことが判明。
b0173672_0173812.jpg

▼最終24タ―ン終了時の盤面全景。連合軍の補給ルール誤解により、残念な結果となったが、それ意外では十二分にこのゲームの面白さは理解できたとの事。
b0173672_0181254.jpg

by ysga-blog | 2010-06-05 20:54 | 【ノルマンディー戦:総合】 | Comments(0)
<< YSGA第252回定例会の様子... YSGA第252回定例会の様子... >>