6月4日(土)YSGA6月例会の様子 その2(When Lions Sailed 第1班) 

S&T誌#268 When Lions Sailed
b0173672_12375.jpg

こちらの対戦の詳細は、新作・珍作ゲームの伝道師N村さんの「閑人工房」ブログをご覧下さい。
b0173672_1224355.jpg

b0173672_1233490.jpg
b0173672_1242818.jpg
b0173672_126096.jpg

b0173672_127561.jpg
本日、17世紀の海洋覇権争奪をテーマとした、S&T誌『When Lions Sailed』をプレイ。

イングランド担当となり、全5ターンのうち最初の3ターンはスペインと相互不可侵条約を結びインド洋を目指すが、アフリカ西岸でオランダとゴールドコーストの争奪戦が起き、全面対決に。
海戦ではオランダ艦隊を何度となく海の藻屑と化したが、ケープタウンがなかなか陥ちない。

無傷のスペインに脅威を感じた最終ターンは、サドンデスへの期待を込めカリブ海のスペイン領を攻撃するが、逆にスペイン主力艦隊に北アメリカを略奪されて自動的勝利がなくなる。

捕捉したスペイン艦隊と決戦して壊滅させ、さらにフランスからの借金で再建されたオランダ艦隊も叩き潰し、念願のインド洋進出も果たしたが、結局はフランスが有り余る財力によりあっさり勝利した。

フランスとは利害があまりぶつからないため、暗黙のまま互いに手出し無用でプレイを終えたが、結果的に利する動きをしてしまった。

ルールも手頃で楽しめたが、資金さえあれば何度も手番を行えるシステムのため、9時間余りのプレイ時間がかかってしまったのが少し残念か。
次の機会にはフランス抜きの3人プレイ3ターンなども試してみたい。
b0173672_1281612.jpg

b0173672_9263181.jpg

by ysga-blog | 2011-06-04 20:57 | 【中世/近世ヨーロッパ:総合】 | Comments(0)
<< 6月4日(土)YSGA6月例会... 6月4日(土)YSGA6月例会... >>