YSGA第279回定例会の様子その2(VG)オマハ橋頭堡3Dマップ使用そのⅠ)

(VG)オマハ・ビーチヘッド
(VG)OMAHA BEACHHEAD

b0173672_1047354.jpg

 「ルールだけ読むとチンプンカンプン、だけどプレイすればこれほど簡単で合理的なシステムはない」と納得させられる天才デザイナー、Joseph M. Balkoski /バルコスキー氏の手になる(WE)St.Loのシステム続編にあたる本作。高度レベルが10段階あって、色指定だけでは判別に手間取るということで、驚嘆すべきゲーム紹介サイト『En hommage a SPI(本作和訳も掲載)』運営の、Kenさんが手作りした特製立体マップを使用しての初プレイ。b0173672_10475059.jpg
本来9/15という日程に合わせて(VG)Hellsハイウェイを5人でやるつもりが、人数が揃わず、急遽前倒しでこちらをプレイすることになったが、やって良かったと思える満足度。写真にもあるとおり、全10ターンフルに終えて、もう一度再戦して、閉会までに9ターンまで終えるサクサク感。そして展開の幅広さ。さすがはバルコスキーと賞賛したい。

【一戦目】

▼セットアップ終了時。初期配置の独軍ちょっぴり、米軍は上陸侵攻なので、配置は極めて楽。
b0173672_1015342.jpg

これから上陸侵攻を控えたオマハ海岸を立体マップがよくわかる俯瞰撮影にて
b0173672_1015547.jpg

上陸前の海岸周辺を拡大して
b0173672_1016952.jpg

第1ターン終了時
b0173672_10162554.jpg

▼第2ターン終了時
b0173672_10164396.jpg

by ysga-blog | 2012-09-15 20:59 | 【ノルマンディー戦:総合】 | Comments(0)
<< YSGA第279回定例会の様子... YSGA第279回定例会の様子... >>