YSGA第285回定例会の様子その8((WG誌/TAC誌72)The Holy Roman Empire超拡大版6-7人で)

(3W/TAC誌72付録)神聖ローマ帝国
(WG誌/TAC誌72)The Holy Roman Empire

b0173672_8595757.jpg

▼どれだけ拡大したか、TAC誌付録版のマップと比較してみた。もちろんカードやユニットも同倍率で拡大
b0173672_901821.jpg
Dublinさんの対戦後コメント:MAX6人プレイの所を7人集まったので、最初は悪徳弁護士役で1600年代のドイツを混沌に陥れるべく、ルール解説と悪魔の囁き作戦指南をしていたのであるが、戦争勃発9年目でフランス国王R12世陛下が突然崩御されたので、その後を摂政政治にて引き継ぐこととなった。
b0173672_91223.jpg
外征の縛りが無くなっていたので、早速スペイン街道のルートの一つである逆ハンニバルルートに強力迎撃スタックを配置し、オランダのこっち側の制圧、およびケルン他の選帝侯領の支配を目論む。
b0173672_914614.jpg
グスタフ王と神聖羅馬がポーランド周辺で泥仕合している間に、手番のラッキーでプファルツ主力を一時壊滅させたが、オランダとスペインに対して2方面作戦をしているので、新教側とお手打ちしたかったが諸々の都合で旧教陣営に残ることになった。
b0173672_921447.jpg
全15ターン中、1日で9ターンまで終了した。
スウェーデンがもう少し弱体化してくれたら、悦んで新教に転んだのであるが、そうはならなかった。
b0173672_93455.jpg

教訓: バイエルンは某会長のような人徳の有る人物しかプレイヤーが務まらない。
by ysga-blog | 2013-03-16 20:46 | 【中世ヨーロッパ:総合】 | Comments(0)
<< YSGA第285回定例会の様子... YSGA第285回定例会の様子... >>