3/23 YSGA第19回追浜ゲーム集会の様子その4(GMT)フランス40同時並列2卓対戦)

(GMT)France '40
シナリオ「Sickle Cut」
b0173672_235993.jpg
b0173672_2359337.jpg
b0173672_23595557.jpg

▼第一班
b0173672_003484.jpg
b0173672_005210.jpg
▼第二班
b0173672_011256.jpg
連合軍担当さんの対戦後コメント:
序盤。中央や南部での早期突破は防いだものの、ディールラインのGQG付フルスタックが第2ターンにして陥落。北部からの部隊抽出に待ったがかかる。
b0173672_014480.jpg
中盤。やや前進気味の防御を選択。侵攻が捗らないドイツ軍に対して勝利を確信したのは良いが、気の弛みから配置ミス、無謀な反撃を連発し、重戦車を含む多数のユニットが包囲殲滅される。

終盤。アブヴィル到達を断念したドイツ軍は急遽南方に旋回。一気にランスまで占領し、S/SEへクスを奪取できるところまで進むが、残り1ターンでのVP逆転は不可能となり(ドイツ軍は2ユニット除去され-2VP)、第9ターンにてゲーム終了。思わぬ展開となってしまった。

この日、このシナリオが2卓立ち、ターン進行、ゲーム展開ともに似たものとなる(どちらも連合軍勝利)。ドイツ軍も南北の盤端突破を本気で実行すれば、きわどい勝負になることが改めて確認できた。連合軍プレイヤーが習熟してくると、ドイツ軍はアブヴィル一直線の単純な作戦が通用しなくなる。天邪鬼な私は今度はドイツ軍の勝ち筋について考えてみたいと思う。

by ysga-blog | 2014-03-23 19:45 | 【西方電撃戦'40という幻:総合】 | Comments(0)
<< 3/23 YSGA第19回追浜... 第19回追浜ゲーム集会の様子そ... >>