よりヒストリカルに昇華した(GMT)1914:When Eagles Fight

第一次大戦勃発100周年記念〈1914年-2014年〉
(GMT)1914: Glory's End / When Eagles Fight
b0173672_08173203.jpg
 日本ではコマンド誌が付録ゲームにしてくれたお陰で、そこそこ知名度の高いWhen Eagles Fightだが、海外では米国版コマンド誌に付いて以来、一過性の雑誌ゲームとして埋もれた感があったものが、ここにきて(一次大戦勃発100周年記念にかこつけて)2イン1で箱入り再版。
 特に東部戦線の方こと「When Eagles Fight」は、地図に鉄道線が新たに追加記載され、補給や増援は鉄道沿いという規定が追加された事で、これまでの自軍支配下の町・都市まで長さ無制限の連絡線が辿れればOKという、シンプルではあるがゲーム的な緩さがなくなり、鉄道沿いに攻める・守るヒストリカルな展開に。また、戦争中盤からは1ヘクスにスタックしている戦闘部隊の3分2程度しか攻撃できないという規定が追加され(塹壕効果?)、こちらも良い感じ。
 そんなわけで対戦した二人の、今回の再版に対する評価は極めて高かったのが印象的。
b0173672_07451647.jpg
b0173672_07484821.jpg
b0173672_07490798.jpg
b0173672_07501152.jpg
b0173672_07502671.jpg
まだまだ戦況はどう転ぶか分からないという中盤にて、時間切れ。
b0173672_07504137.jpg
b0173672_21021085.jpg

by ysga-blog | 2014-09-23 18:59 | 【Great War/WWⅠ:総合】 | Comments(0)
<< YSGA第303回定例会の様子... 寒風のもと敢然と...(GMT... >>