怪雲空にはびこりつ...(GMT)1914:When Eagles Fight 早回し対戦その➋

第一次大戦勃発100周年記念対戦〈1914年-2014年〉
(GMT)1914: Glory's End / When Eagles Fight
b0173672_17292074.jpg
b0173672_17293262.jpg
b0173672_17295134.jpg
b0173672_17300564.jpg
b0173672_17301912.jpg
▼第10ターン終了時。オーベルオストによるダブル攻撃によって各所で戦線を食い破られているロシア軍だが、まだまだ戦線の引き直しで対処可能。とは言え、南部のオーストリア軍相手には攻撃を仕掛けて受身に回らせた方が良かったかもしれない。
 また、独軍エーベルオストが来るターンには防衛線を二線にして最前線は捨て駒扱いの薄い戦線を敷き〔どうせオーベルオスト+重砲支援による攻撃は止められない〕、オーベルオストがないターンは最前線にユニットを高く積む一線防御というローテーションが重要とわかった。
b0173672_17303441.jpg

by ysga-blog | 2014-10-12 20:56 | 【Great War/WWⅠ:総合】 | Comments(0)
<< 20世紀の東欧は...(GMT... アテネの彼方、風荒れて...(... >>