ASL歴史モジュール『Berlin: Red Vengeance(HoB社1997)』のモヤモヤなど

★本番当日にルール確認で時間を浪費しないように、
事前に当事者間で協議して共通認識にしておくというページ
b0173672_17332162.jpg
▲ベルリン赤の報復で最もワクワクするのがFree戦力買い物編成のひと時。しかし上掲の表中、ソ連軍の「BRVS ライフル小隊」と「BRVS 短機関銃小隊」とは何ぞやというモヤモヤが。というのもベルリン赤の報復特有のユニットがあるなら分かるが、あくまで既存のユニットを使用する為、定義が分からないと。一応今回のお試しでは、4-4-7分隊を単なるライフル小隊、4-5-8親衛赤軍歩兵を「BRVS ライフル小隊」と断じ、同じく5-2-7短機関銃兵を単なる短機関銃小隊、6-2-8親衛短機関銃兵を「BRVS 短機関銃小隊」と断じて買い物した。
 また「独軍買い物表(英文14ページの独軍増援表)」について、ゲシュタポ指揮官には3-4-8半個分隊が、党幹部指揮官には6-5-8分隊が付属するとあるのだが、受け取った指揮官1人につき1個付属するのか、1セットで1個付属するのかモヤモヤした。
 さらに、両軍の重火器(HW)小隊について、受け取れる機銃1つごとにダイス判定して出目5-6だと欠品という解釈で良いか(各種機銃につき最低1つ保証?)。また中機関銃でも付属の操作班を受け取って良いかモヤモヤした。
 なお今回は急遽思い立ってのキャンペーンお試しだったので、早合点してしまい、独軍工兵は完全編成で来たのに、SW装備判定を行い、本来持っているはずの軽機関銃と火炎放射器を受け取れないという不利益を招いた。正しくは、もしも減少編成で来たなら判定するだった。

■最初のキャンペーンゲームも含め、各ゲームの開始時において、埋没戦車砲塔/機銃キューポラは隠匿配置(HIP)して良いか。

■ヘクスCC7の渡り廊下みたいな建物ヘクスは、二階建て(レベル1あり)建物ヘクスと解釈して良いか?
b0173672_17333611.jpg
▲上掲の写真にある、シュプレー河南岸の崖っぷち(1レベル低い開豁地を表す濃い緑のヘクスと、通常の緑のヘクスとの境目)を表す濃い緑のラインは、崖地形を表すカラーリングなのか(ちなみにスタンダード・マップだったら崖は濃い茶色)、それとも生け垣ヘクスサイドでもあるのか、解釈が分かれた。南岸を守る独軍としては生け垣ヘクスサイドであってくれれば助かるわけだが。

 またこれはベルリン特有の問題ではないが、潰走についてのモヤモヤが。
上掲の写真、中央左寄りのところで、ソ連軍歩兵に肉薄された蛸壺内に混乱したSS分隊とゲシュタポ指揮官(混乱の代わりに負傷)がいるが、潰走期に匍匐後退で延命できるかできないか(それとも判定を受けて最寄りの建物まで走り抜けるか)。
 写真のように背後にはソ連軍戦車がおり、開豁地に掘られた蛸壺なので、遮るもののないソ連軍の火制下にある。

 ちなみに写真の状況は、2ターン目の先攻(ソ連軍)側終了時の様子で、モルトケ橋の根元に橋梁爆破の爆薬を無事設置したものの、爆破予定地点から離脱する際に対岸のソ連軍戦車隊の臨機射撃つるべ撃ちによって工兵は潰走。橋が落ちる前に橋頭堡を確保したいソ連軍は、T34/85小隊に対戦車街路戦闘のリスクを無視して橋を強行渡河させ、待ち受ける独軍の街路戦闘とパンツァーファースト射撃にも耐え切ったドラマチックシーン。これを実行したソ連軍プレイヤーの脳裏には映画「遠すぎた橋」マーチが鳴り響いていた。
b0173672_01544520.jpg

by ysga-blog | 2015-04-11 17:12 | ASLコンコマコンフリ三大戦術 | Comments(3)
Commented by 河崎 at 2015-04-12 20:22 x
モヤモヤとのことですが、A〜Cは「損耗してなければもらえるかもしれないボーナス」、Dは「通常ならもらえるけど、損耗してるともらえないかも」と考えると、意味が通るのでは。Dは、損耗してなければチェック無しでもらえます(P章8.6204より)
Commented by ysga-blog at 2015-04-12 22:35
河崎さん、コメントありがとうございます。
 記事の本文書き込みが遅くなってしまったので、謎記事になっていたと思います。申し訳ないです。
 本当のモヤモヤについては本文に書き込みましたので、また考えていただけますと幸いです。
Commented by 河崎 at 2015-04-13 11:16 x
なるほど、そういうことでしたか。
BRV Rifle Pltn等についてはエラッタが出ています。
BRV Rifle Pltn → GDS Rifle Pltn
BRV SMG Pltn → GDS SMG Pltin
がそれぞれ正しい。

また、Spree川沿いのヘクスサイド地形についても、エラッタ内の公式QAで「崖ヘクスサイドである」旨、明確化されています。
Orchardが裸になるくらいの砲爆撃を受けているのだから、生け垣も残らないでしょう ^^;

Routの件。
写真では全体が分からないので誤解があるかも、だけど、見る限りG7のDMユニットはF9の建物へRoutしなければならない(KEUにADJACENTであり、かつF9はKEUに近づくことにならないので)
G8はK10の敵戦車に近づくことになるのでそちらへは進めず、F8を通過してF9へ移動しなければならない。
F8でプラス修正無しの射撃を受け得るので、F8でInterdictionを受けて走るか、F8へLow Crawlするかの選択。
普通であればG7からRout出来ずに降伏しちゃうけど、No Quarterが入っているので、強引にRoutしようとします。
<< 総統の黄昏...ASL歴史モジ... 2015.04.05(日)YS... >>