YSGA四月例会の様子その9(ASL歴史モジュール『Berlin: Red Vengeance(HoB社1997)』キャンペーン演習三人戦その①)

Berlin:Red Vengeance
b0173672_21400101.jpg
シナリオBRV4 At Last The Spree
b0173672_21415718.jpg
Dublinさんの対戦後コメント:ASLに関しては、遥かに経験者のAIRさんとSpeeさんを交えてのプレイ。まずシナリオ4「遂にシュプレー河へ」をプレイする。夜間シナリオであり、戦車の支援があるもののモルトケ橋を押し渡らなければならない。兎にも角にも橋を渡らないと相手を見ることができないので、前進する。パンツァーシュレッケが6分の1の確率を制して命中し、肝心のJSU152が橋のど真ん中で炎上。周囲を照らす光源となってしまい、こちらからは見えないのに相手からは見えるという最悪の状況が発生する。
橋の南詰には高火力のキルゾーン、橋の上は潰走兵のオーバースタックという死屍累々の状況に陥り、もう繰り出す兵力がソ連軍に尽きたところでプレイ終了。
だいたい3ターンくらいのプレイ時間であった。
b0173672_21421305.jpg
皆殺しのモルトケ橋。
 やや狭い会場に大入りの人出だったので、マップはAIRさん拡大、Dublinさん繋ぎ合わせの物を使用。GW連続例会では更に拡大したマップ(次の記事最後参照)を使用した。
b0173672_21422561.jpg
シナリオBRV3 Red Banner Number 5
b0173672_21423997.jpg
悪魔の巣 帝国議事堂
b0173672_21425329.jpg

by ysga-blog | 2015-04-26 20:44 | ASLコンコマコンフリ三大戦術 | Comments(0)
<< YSGA四月例会の様子その8(... YSGA四月例会の様子その11... >>