YSGA四月例会の様子その12(ASL Starter Kit#3シナリオ[S20] イショフ351 三人戦)

(AH/MMP)ASL Starter Kit #3
シナリオS20 Joseph 351
b0173672_21432457.jpg
 Idiotenの我侭を聞いてもらい、西部戦線で唯一、米軍とロシア兵とが共闘した状況をシナリオ化したコレを対戦。思い起こせば丁度5年前、もりっちと対戦したのもこのシナリオだった。
b0173672_21434033.jpg
▼ヒストリカル・モジュールでもないのに、贅沢にもこのシナリオ特定の個人名〔あだ名のイショフ351〕が入った、オスト大隊崩れのロシア人指揮官ユニット
b0173672_21435618.jpg
b0173672_21441177.jpg
 米軍/仏民兵は、独軍の視線内に登場する場合は警戒移動で侵入し、突撃で一歩前に進む方式をとるべきだった。今回は見落としてしまったが薮が果樹園ならば、丘の上の中機関銃から見えない脇を突進して、浸透すべき。
b0173672_21442556.jpg
b0173672_21444153.jpg
b0173672_21445795.jpg
b0173672_21451028.jpg
ちなみにこのシナリオ、ネット上のデータだと米軍勝利16回、独軍勝利22回とのこと。
b0173672_21452620.jpg

flacoさんの対戦後コメント:ドイツ軍を担当。アメリカ軍レンジャー部隊と脱走ソ連兵の一団に挟まれる中、アメリカ軍に対しては遅滞戦術をとりつつ、脱走ソ連兵を排除して盤端突破を図り、損失VPを抑えることができれば勝利できます。

 予備知識も無いため、とりあえず全体のバランスだけ気を付けた配置でアメリカ軍の進入に備えます。drで「6」を出したアメリカ軍は最も強力な編成を得ますが、その分獲得しなければならないVPも増えてしまいます。

 幸運にもマップに進入してきたアメリカ兵の多くが臨機射撃で裏返り、ドイツ軍は以降DMマーカーを付けるための射撃を繰り返し、アメリカ兵はほとんど身動きが取れなくなります。攻めて来るかと思われた脱走ソ連兵も逆に下がり始めてしまいました。アメリカ兵のほとんどが混乱したまま第3ターンまで進み、余裕が出たドイツ軍が脱走ソ連兵に向けて突破を図りつつ前進し始めたところで、連合軍の投了となりました。

 SSR(シナリオ特別ルール)で藪へクスが果樹園に変更されていたのに後日気付きました。ドイツ軍のMMGが果樹園の死角になっているはずのへクスに対して散布射撃を繰り返して(*注記:SKでは散布射撃できませんでした。ダブルでミスしてます。)アメリカ兵の回復を妨害していましたが、当然これはできません。インストを受けただけで自分でSSR(シナリオ特別ルール)を確認しないとこういうことが起きるという事例でした。

by ysga-blog | 2015-04-26 20:38 | ASLコンコマコンフリ三大戦術 | Comments(0)
<< YSGA四月例会の様子その11... YSGA四月例会の様子その13... >>