2015年〆の例会の様子その2(ぎりぎり間に合った終戦70周年メモリアル対戦:ASL沖縄「嘉数高地」の戦い4人戦。その壱)

(AH/MMP)ASL Journal#2収録地図+#3収録シナリオ
シナリオ[J64]
"American Tragedy
"
b0173672_21083438.jpg
▲前夜に急いで日本軍初期配置を決め、プロットした盤面。黄色の蛍光チットは、白い点線で囲まれた地下洞窟ゾーンから地表に出るトンネル出口の位置▼
b0173672_21083587.jpg
▲地下洞窟ゾーン=複合洞窟「嘉数鞍部(カカズ・サドル)」と「嘉数中央(カカズ・センター)」の配置。このシナリオにおける反斜面戦術の有効性に気づかず、馬鹿正直に敵側斜面に銃眼を設ける愚かさはやがて知れる事となる...
b0173672_21083406.jpg
▲最大の激戦地、嘉数西方70高地(カカズ・ウエスト)の配置。配置制限が厳しくて隅っこの3ヘクスにしか配置できない。しかし平地1ヘクスと竹林2ヘクスしかないのに、塹壕2個って、竹林への塹壕配置は禁止されとるやん!?
b0173672_21083204.jpg
▲「嘉数村(カカズ・ヴィレッジ)」の配置。銃眼=洞窟の一つを32センチ噴進砲の発射壕として良いので写真ではN17ヘクスにしたが、よくよくルールを読むとLOSを必要とせず(着弾観測もいらず)、好きなヘクスを指定して発射できるので、米軍から目視できない位置(それこそ反斜面)に配置し直した。
b0173672_21083301.jpg
▲G20から3ヘクス以内に速射砲と歩兵砲、トーチカを配置できるので当然のようにトーチカ内に砲を入れたが、殆ど米軍を目視できない位置なのでゲーム中は全く活躍できずじまい。こんなことなら、砲は外に出しておいて人力移動で敵を撃てる位置に移動させるべきだったと激しく後悔した。
b0173672_21083344.jpg
▼この年の瀬に、今までやったこともない洞窟陣地戦をやることにしたのは、昨年の11月に「来年2015年の5月連休例会では終戦70周年記念としてこの嘉数を皆でプレイしよう」とDublinさんが超拡大コピーマップを制作してくれたのに、叶えられなかった為。それを、先の大戦に対するお言葉もあった天皇誕生日、YSGA今年最後の例会でプレイできたというのは感慨無量だった。
b0173672_21083302.jpg
▼上がオリジナルマップ、下がDublinさん特製超拡大カラーコピーマップ。オリジナルよりカラーコピー拡大の方が発色が良くて綺麗だったのが印象的。
b0173672_21083475.jpg

by ysga-blog | 2015-12-23 20:09 | ASLコンコマコンフリ三大戦術 | Comments(2)
Commented by 今日も6ゾロ at 2015-12-28 04:16 x
こんにちは。私もこのMAPを使ったシナリオをいつかやってみたいと思っていました。さて、写真コメント中、気になる表現がありましたのでお知らせしておきます。「竹林」という語が出ておりましたが、KAKAZU RIDGEはPTOではありません。KR SSRにPTOである旨の記述はないのです。私も最初はPTOだと思い込んでいましたが、さにあらずでした。建物が細かく分割されているのでいかにもPTOで騙されますが、それはレッドバリケードの住宅街も同じこと。麦畑に目を向けるとクナイとは思えぬ区画分けされた耕作地なのでありました。ちなみに、タラワもPTOではありません。
Commented by ysga-blog at 2015-12-28 20:06
今日も6ゾロさん、貴重なアドバイス、まことに感謝いたします。
いつもGame JournalのASL連載楽しみに読ませて頂いております。
 以前から「ASL「嘉数」は太平洋地形ルールだからなー」というのが枕詞になっていたので、勝手に思い込んでいました。ブッシュ(茂み)が竹林だと、米軍の潰走に際しても非常に複雑な事になっていたので、誤解だったと分かって安心しました。面白いシナリオだったので、今度こそ正しい地形ルールで再戦の機会を探ってみます。

追伸...関係ない話ですが、短砲身を表すアスタリスク*付きの迫撃砲って、12ヘクスを超える射撃では不利な命中修正が付くんですね。ライフリングも刻んでいない曲射兵器の迫撃砲には、短砲身の修正は適用されないと長年勝手に思い込んでいて、今回のプレイで指摘されてようやく気がつきました。
<< 2015.12.23(天皇誕生... 2015年〆の例会の様子その3... >>