YSGA6月例会の様子その7〔AH/MMP)ASLシナリオ[A107] "THE RED WAVE"〕

(AH/MMP)ASL


シナリオ[A107]"THE RED WAVE"



1941年9月24日:レニングラード戦域Lushnoの村:ソ連第34軍vs.独軍SS髑髏師団の巻
b0173672_23585543.jpg
b0173672_23585548.jpg
1997 Annual掲載シナリオで、公開勝負は 独:92勝 ソ:44勝
b0173672_23585373.jpg
b0173672_08543305.jpg

b0173672_23585489.jpg
b0173672_23585498.jpg
b0173672_08511962.jpeg
b0173672_00054350.jpg
b0173672_00054340.jpg
b0173672_00054174.jpg
b0173672_00054240.jpg
b0173672_00054224.jpg
b0173672_00054216.jpg
b0173672_08505410.jpeg
flacoさんの対戦後コメント:最初のシナリオはA107”THE RED WAVE”。
1941年9月におけるレニングラード近郊が舞台。村を守るドイツ第3SS師団”トーテンコプフ”の大隊にソヴィエト軍が逆襲を企てます。

ゲームは6.5ターン。
勝利条件は2つあり、攻撃側のソヴィエト軍が地図盤42の西側から24VP分突破するか、最終ターンにへクスG4から4へクス以内の建物をすべて占領していればソヴィエト軍の勝利というもの。

ソヴィエト軍は18.5個分隊の内6個が徴集兵。指揮官3人にT26が2両登場します。独ソ戦初期ということもあり、ELRは2。モラルチェック失敗=質の低下と考えておく必要があります。

ドイツ軍は8個分隊相当に指揮官3人、HMG、MMG、LMG×2、ATR、歩兵砲×1と火器が豊富で、タコツボを4ヶ所隠匿配置できます。

私は攻撃側のソヴィエト軍を担当しました。

占領目標たる石造建造物が8棟もあり、士気の高いSS部隊を相手に村の制圧は困難と判断。兵力の半数以上を南の麦畑に集め、盤外脱出による勝利を目指します。

麦畑を突っ切る途中、早くもいくつかの分隊が混乱し未熟兵と化しますが、幸運も味方して敵の9-1指揮官を混乱させ、森林地帯前面に位置するタコツボ2個を無力化し、HMGまで捕獲する展開。T26の1両が敵の歩兵砲HEAT弾により破壊されましたが、第2ターンの時点でこれは勝ちだと思っていました。

混乱したDMマーカー付の敵9-1指揮官がピンゾロでヒーローとなり復活。すかさず他の1分隊も回復させてしまいます。これを包囲して白兵戦に持ち込もうとしましたが、返り討ちで1分隊が1発除去、1スタックが混乱+質低下。予想以上の損害で24VP相当を盤外脱出させることに不安を感じ、村の制圧に目標を切り替えます。

西の盤端まで進んでいた残りのT26がUターンして敵の指揮官+MMGがいる建物にVBMをかけて成功し敵は自主潰走で離脱。しかしこの戦車も歩兵砲の追加射撃でついに擱座。残りの建物(F3とD5)2つを目指し戦力をかき集めます。

F3の建物で混戦中の両軍に対し、構わず隣接して大火力で射撃。両軍混乱して離脱し、残りはD5のみとなりましたが、離脱した敵分隊が狂暴化。D5への進路を塞いでしまいます。先程自主潰走していたMMGスタックがD5へ合流してキラースタックを形成。ドイツ軍盤石の態勢となりました。

ギリギリまで戦力をかき集めてD5建物に殺到しますが、到達ならず。逆に手薄になった建物をヒーロー指揮官スタックに奪回されて万事休す。第5ターンで投了となりました。


by ysga-blog | 2016-06-26 17:57 | ASLコンコマコンフリ三大戦術 | Comments(0)
<< YSGA6月例会の様子その6〔... YSGA6月例会の様子その8〔... >>