YSGA 二月例会の様子その8〔実に五年ぶりの(GMT)Virgin Queen (GMT)バージン・クィーン〕

(GMT)Virgin Queen
(GMT)バージン・クィーン
b0173672_22374483.jpg
ちゃあ狸さん、KAYさん、Miuさん、寸借組副長、Saehideoさん、饅頭屋さんの6人で
b0173672_22374307.jpg
【対戦前の陣営決めの打ち合わせ文】希望陣営ですが、フランスはいつも不人気なので私がやるので問題ないかと思います。

陣営的にはこんな感じ。

スペイン:今回の中心陣営(レパント海戦と無敵艦隊によるイングランド侵攻があるので)。新大陸から財宝を持ってくるなどの手間あり。ルールを必ず読んでください。一番面白い陣営なので。地中海では守って、新大陸からの輸送路を行って、オランダにも圧力をかけて、イングランドに上陸してと前回のハプスブルグよりも大変かもしれません。ルール読む時間があるなら寸借組 副長がやるべきかと思います。完全に理解する必要はなくて、一読して置いて下されば、当日改めて口頭説明できますので、問題はあまりないかと思います。尻込みなされるようならば、Saehideoさんにお願いしてイングランドに回ってください。

オスマン:前回よりもややパワーアップした感じですが、ちょっと地味かもしれません。地中海では攻勢に出ていますが、結婚ルールとかなくて(異教なので)、案外とルールは単純かもしれません。Miuさんでいいと思います。

オーストリア:スペインと分割された上に宗教戦争も一段落してしまったので、ちょっと地味な存在です。結婚もフランス中心なのと、フランスとの抗争もあまりないので(オスマンとはあります)、どちらかというと文化系です。マルチの海にのみ込まれるよりはまずは参加してみたいというならば、ちゃあ狸さんが担当してはどうかと思います。ただ、荒波でガンガン行きたいというならば、KAYさんにお願いしてはどうかと思います。

イングランド:今回は海での戦いが結構大変です。新大陸からの財宝を奪いにかかる感じですが、特別ルールでスペインの艦隊は陸兵を積んで上陸してくるので、イングランド国内の防備も必要です。Saehideoさんがやってみてはいかがでしょうか。もしもスペインが重いようならば、寸借組 副長はこちらがよいかと思いますが。

プロテスタント:今回のプロテスタントは北ドイツではなく、オランダとフランス国内のユグノーです。要はフランスプレイヤーと始終バチバチやっています。オランダなので、ハプスブルグもやってくるでしょう。対フランスではどちらかというとゲリラ的な攻勢に出ています。戦い好きならばちゃあ狸さんがおやりになるべきかと思います。KAYさんが担当だと私と延々と戦いをすることになりますので、互いに疲弊しますね(史実通りですが)。前述の通りまずは参加して楽しみたいならば、ちゃあ狸さんはオーストリアが良いかと思います。延々とマップの中心で楽しみたいならば、こちらをどうぞ。
文化も重要ですし、少しですがハプスブルグの財宝を掠め取ることもやります。

フランス:国内でユグノーが湧いてくるはオランダへは攻勢を取っているつもりがいつの間にか裏をとられるわ、VQでは散々なひどい目にあう勢力です。フランスというよりも、フランスのカトリック勢力(カトリーヌ・ド・メディシスやギース公など)で、コンデ公やコリニー提督、ナバラ王にして後のアンリ4世などはプロテスタントという恐ろしいことになっています。私が担当しようと思います。

そういうわけで、こんな感じでどうでしょうか。

Here I Standと異なって陣営毎の特殊ルールが少ないので、ほとんどルールは全部読まなければなりませんが、それでも担当が決まっていれば読むべきルールの粗密はありますので。
もしも希望があれば、仰ってください。変更します。
b0173672_22374305.jpg
英国王の対戦後コメント:映画エリザベス(字幕)をアマゾンプレミアムで見ています。ちなみに財宝にはVPは30枚中1枚だけでした。
スペイン王さんは最初にその一枚を引き当てたということです。また30枚あるうちにカード引きは2枚で珍しいです。続編のゴールデンエイジも見ようと思っています。
映画を見てたらフランスにレスター公を殺された段階で、全面戦争だったな。
エリザベスの気持ちなら実はそれが正しかったかも。
先に映画見ておけばよかったよ。
フランス王さん、あれはいかんよ。
私が映画見て無くてよかったね(笑)。
スペインと同盟してでも全力だったな。
勝ち負けもう関係なしに。エリザベスの気持ちだったら。
という感じの映画でした。
実際は実行は難しいでしょうけどね。
でも上陸はしていたな。
b0173672_22374570.jpg
b0173672_22374663.jpg
スペイン王の対戦後コメント:VQ参戦の皆さま、お相手いただきありがとうございました。没落してゆく斜陽帝国の悲哀を全身で感じた一日でしたが、楽しかったです。
b0173672_22374742.jpg
b0173672_22374801.jpg
b0173672_22374818.jpg
例会中に話に出ましたが、参考文献はこんな感じで。

萩尾望都:王妃マルゴ 期間的にはドストライクです。フランスがやりたくなるはず。フランスとプロテスタント向き

佐藤賢一:黒王妃    これも王妃マルゴと時期的にはほとんど同じです。こっちは小説です。フランスとプロテスタント向き

塩野七海:レパントの海戦  これはスペインがやりたくなるはず。スペインとオスマン向き

杉浦昭典:海賊キャプテンドレーク  これも時期的にドストライクで、アメリカ大陸での海賊行為、成り行きによる世界一周、さらに無敵艦隊との戦いと盛りだくさんです。イングランドとスペイン向き

鹿島茂:ワル姫さまの系譜学  この本の半分くらいがこの時代だったりします。フランスとプロテスタント向き。

佐藤賢一:ヴァロア朝  この本の後半がちょうどがこの時期です。フランス向き。

イングランドのエリザベス女王のは、数年前にいい映画ありましたよね。
あとは塩野七海の地中海物は結構この時代ですかね。
神聖ローマはいい本ありますかね?

by ysga-blog | 2017-02-05 20:13 | 【中世/近世ヨーロッパ:総合】 | Comments(0)
<< YSGA 二月例会の様子その7... YSGA 二月例会の様子その9... >>