どうせ滅びる匪賊のくせに...(AH)ロビンフッド(緑の小箱)その㈡

(AH)ロビンフッド
the Legend of Robin Hood
b0173672_01200582.jpg
▲戦闘は弓矢→白兵戦の順に同時解決・同時適用する〔弓だと射撃側が除去指定できる〕のだが、弓兵の戦力で優勢にあるロビンフッド側が一方的にシェリフ側を狩り、なけなしの弓兵×2、騎兵1、ガイ卿を無為に失う。シェリフ側の歩兵は除去されても補充再登場するが、弓兵と騎兵は永久除去なので、失うと取り返しが付かないのだ。
b0173672_01200605.jpg
▲第13ターン終了時。押取り刀で駆けつけるシェリフ勢キラースタックだが、快速の弓と馬を欠く態勢では、同じスピードのロビンフッド勢に追いつける訳もなく、翻弄されっぱなし。
b0173672_01200631.jpg
b0173672_01200711.jpg
b0173672_01200748.jpg
b0173672_01200397.jpg
b0173672_01200338.jpg
b0173672_01200417.jpg
▼ホビジャの和訳では『捕虜となったシェリフ・リーダーはロビンフッド移動フェイズの開始時に殺害されます』と、あたかも自動的に殺害除去されるかの如く書いていますが、正確には『捕虜となったシェリフ・リーダーはロビンフッド移動フェイズの開始時に殺害することもできます』と、任意選択であることがわかります。
b0173672_01200584.jpg

by ysga-blog | 2017-02-27 00:08 | 【SF/ファンタジー全般】 | Comments(0)
<< 色物ゲームにあらず。ファンタジ... 撃てば砕ける匪賊だけれど...... >>