東亜の平和に これより励む...〔堀場工房〕Pacific GO パシフィック碁テストプレイ

パシフィック
b0173672_20072922.jpg
 聞きしに勝る面白さ!! 小学生並みの感想だけで言えば、(SPI)WW1の国力システを使って機動性に富む太平洋戦キャンペーンをやるようなもの。
 究極のシンプルさでありながら、プレイすれば立ちどころにトラック泊地やウルシー泊地の重要性が分かるのが凄い!!

 さらにダブルミーニング的なゲームタイトルの「Go=碁」も伊達でなく、「ここに布石を打って...」といった囲碁的な思想も必要とされる。
b0173672_20072997.jpg
 ちなみに海軍(●)と陸軍(■)しか使わず。白が日本、黒が米軍、緑が英軍

▼最終10ターン(44年末)終了時。最後の最後にアリューシャン列島エリアを封鎖した事により、日本本土への北方からの上陸が阻止され、米軍勝利には1点足らず。

 米英軍の勝利条件は、日本軍に占領された米英軍拠点(☆星のある薄紫エリア)を差し引いた上で、日本軍の拠点(★星のある山吹色エリア)を10★星分占領していること。
従って日本としては単に国力を温存して守っているだけでは絶対に勝てず、米軍が弱い内にできるだけ前進して敵拠点を奪っておくことが必要となる(奪回に時間を使わせるため)。
 特に米豪連絡線遮断のエリア(フィジー・サモア方面)は、多数の★星が密集しており、史実同様、攻勢限界を超えての侵出を誘導している。
b0173672_20073042.jpg

by ysga-blog | 2017-02-25 20:21 | 【大東亜"新秩序"戦争:総合】 | Comments(0)
<< YSGAでも注目株...〔St... 獅子奮迅のプロイセン...(C... >>