YSGA第333回定例会の様子その4〔もしかして例会では今世紀初プレイ!?...(AH)ヨーロッパ要塞〕

(AH)ヨーロッパ要塞
(AH)Fortress Europa
b0173672_22545754.jpg
長野の鬼政さんvs.青侍さん
b0173672_22545895.jpg
 独軍が裏をかきすぎて第15軍戦区を薄くしていたのを見破られて、連合軍がまさかのアントワープ侵攻上陸の超展開
b0173672_22545937.jpg
連合軍は、さらにオランダに空挺降下して橋頭堡を拡大
b0173672_22545747.jpg
鬼政さんの対戦後コメント:AH ヨーロッパ要塞を十何年かぶりにプレイした。
対戦して頂いたドイツ軍プレイヤー青侍さんに感謝すると同時に、久方ぶりにプレイ出来て本当に良かったです。やっぱりこのゲームは面白いわ~。
 なんて、終わった後だから言えるのであって、連合軍でプレイしている最中は、心臓パクパクしてましたよ133.png
何せこのゲーム、連合軍が下手打つと、すぐ海に追い落とされますからね。
上陸したターンと、天候チェックの時は、脈拍が上がる上がる148.png
70過ぎて、連合軍やったら、心不全で倒れる自信はあるぞ149.png
このゲームは、AH ロシアンキャンペーンの西部戦線版として作られたので、システムは同じ、ダブルインパルス。
正し、1コマは師団~大隊と、軍団より小さくなった。
だけど、軍団より、師団の方がオラは好きだ。
特にこのゲームの駒には、SSの師団名がちゃんと書かれているのが素晴らしい。フルンズベルグとかフルネームで、しかも書体が良い。
さらに、司令部駒にも、パットンとかモントゴメリーとか司令官名が書かれている。
ドイツ軍の司令部駒なんか、裏返すと、ロンメルからモーデルに名前が代わっていたりする。
当時として実に画期的だった。今もそうだけど172.png
ドイツ軍の各師団は、その所属する軍管区なら自由に置ける。司令部直轄の師団は、どこに置いても良い。その中でも、LAH、DR、HJ、教導装甲師団などの幾つかは、隠匿ができる。
上陸した後、姿を現すのだが、その瞬間は、連合軍に取っては、心拍数が上昇するところでしょう119.png
ドイツ軍にも結構自由度があり、連合軍も、上陸地点を選べるし空挺からコマンドまで、あらゆる組み合わせが可能だ。それ故に、何度やっても、飽きは来ない。
どこに上陸しても、叩き落せるような、ドイツ軍に鉄壁の守りの定石などは無い。
少なくともおらはそう思う。全てを守り切ろうとしても、とても守り切れない。
隠匿部隊を使って罠を仕掛ける事は出来るが、あまりそこに比重を置きすぎると、外された場合、結構痛い。

by ysga-blog | 2017-03-25 20:55 | 【その他:WW2西部戦線:総合】 | Comments(0)
<< YSGA第333回定例会の様子... YSGA第333回定例会の様子... >>