155㍉砲のゼロ距離射撃...(MMP)ASL-SK シナリオ12「Over Open Sights」(眼前の敵)

(MMP)ASL-SK
シナリオS12Over Open Sights(砲陣地の戦い)
b0173672_20535328.jpg
▼パンさん特製のシナリオ和訳カード
b0173672_20535333.jpg
先日ASL Starter Kitをプレイして気に入ったパンさんが、ルールを忘れない内に繰り返しプレイしておきたいということで、習うより慣れろの精神で1日シナリオ3本対戦に挑戦
b0173672_20535438.jpg
プレイされたのは「このシミュ2017」発売日の3/20
b0173672_20535592.jpg
ちなみにネット〔ROAR〕の公開勝率は 独:35勝 US:32勝
b0173672_20535651.jpg
b0173672_20535710.jpg
b0173672_21180306.jpeg
b0173672_20535068.jpg
b0173672_20535186.jpg
b0173672_20535293.jpg
b0173672_21160199.jpg
b0173672_21160202.jpg
b0173672_21160236.jpg
b0173672_21180268.jpeg
b0173672_21160366.jpg
b0173672_21155745.jpg
b0173672_21180277.jpeg
パンさんの対戦後コメント:プレイに先立ち、YSGAの諸先輩方にならって自分もマップを拡大印刷し、かつシナリオカードをローカライズ。若干改良の余地はあるもののおおむね快適にプレイできました。しかしASLおもろいっす。ダイスロールで一喜一憂する感じたまりません。
 1戦目のS12 OVER OPEN SIGHTSでは、第1ターンの東側のドイツ軍機関銃部隊がアメリカ軍のMMGに阻まれ、西側の部隊のみ前進
それを見たアメリカ軍は3門の砲をすべて西側に向け砲弾を激射!東側のドイツ軍機関銃部隊がようやく前進するもののときすでに遅く、西側のドイツ軍への砲弾はのきなみ命中し部隊は崩壊。勝利条件である大砲を1門も破壊できぬまま独軍投了となりました。

idiotenの対戦後コメント:1戦目のS12 OVER OPEN SIGHTS、私の担当しました独第7軍歩兵は、巨砲の前に各個に顔を出しては粉砕されるという文字通りの各個撃破で、期せずして史実の拙攻ぶりをシミュレートしてしまいました。
 それにしても毎回のように米軍砲兵は追加射撃していたので、いつか壊れるだろうと期待していたのに、直撃弾を連発するばかりで、全く故障もせず、何度かあった砲兵の士気判定もことごとくパスと、ハリウッド製戦争映画を彷彿とさせました。
 戦訓としては、独軍歩兵が一斉に森の縁に現れて、米軍砲兵が撃ち漏らす状況を作り、砲兵に射撃を集中できる態勢を整えるべきでした。
 あと、建物に初期配置できるのは対戦車砲と歩兵砲だけでしたね〔ルール1.2.6の文末〕。でも平地に155ミリ砲を配置しても陣地効果で+2もらえるので、石造建物の+3とそんなに変わりません。
b0173672_20535191.jpg

 いろんなゲームが持ち寄られて、すっちゃかめっちゃかなゲームテーブル

by ysga-blog | 2017-03-20 21:19 | ASLコンコマコンフリ三大戦術 | Comments(0)
<< YSGA第333回定例会の様子... うー、がおー☆10輌のT34が... >>