ウィーンはドイツに戻る(45年4月14日付 総統声明)...(AH/MMP)ASL 〔シナリオ J1〕 Urban Guerillas

(AH/MMP)ASL

シナリオ[J1]Urban Guerillas

1945年4月9日:オーストリア・ウィーン近郊:親衛赤軍第5機械化旅団+第30重戦車連隊vs.独軍SS第2装甲師団の巻
b0173672_01243056.jpg
▼初期配置終了時の盤面
b0173672_01242858.jpg
▼第1ターン終了時
b0173672_01242922.jpg
 先にプレイした「ミート・グラインダー」シナリオと違って、損害はVPに換算されないので、9-1戦車指揮官が搭乗する赤軍T34/85戦車を強引に突進させたら、公園の池の脇の木造建物に篭るSS分隊にPz.シュレッケで撃たれ、早くも戦車1両喪失の悲劇(車両操作班は脱出成功)。
 しかし、Pz.シュレッケを建物内から緊急射撃したSS分隊も、後方噴炎に殺られて損耗(半個分隊)したが、2ターンの独軍手番には潰走先で自己回復に成功し、SSの頑強ぶりを見せつけた。
b0173672_01243287.jpg
▼第2ターン独軍移動フェイズ終盤まで
b0173672_01243196.jpg
 川の手前、マップ中央の大聖堂(工場扱い)裏手の石壁に顔を出した独軍4号戦車に対し、取り合えず撃ちますと言って撃った/ダイスを振ったT34/85〔機動状態なので計算してみるとピンゾロでしか命中する確率がなかったのだが)。
 しかし、それでもピンゾロを出した赤軍。
 本来なら致命的命中なのだが、ピンゾロでのみ命中する最低の確率での致命的命中は再度1ダイス振って1が出たら致命的命中、2以上なら普通に車体命中となる。
 そして再度の出目は3だったのだが、例外としてハルダウンの場合に限り、砲塔に命中するという救済措置があり、見事、砲塔を貫通して4号戦車を撃破したところで時間切れとなった。
b0173672_01243270.jpg

by ysga-blog | 2017-04-23 12:01 | ASLコンコマコンフリ三大戦術 | Comments(1)
Commented by flaco at 2017-04-29 14:57 x
対戦とAARありがとうございます。

時間の都合で1ターンしかプレイできなかったのが残念でした。展開が目まぐるしく変化する名作シナリオだと思います。

「来たら撃つ」と警告されていたのに、相手のT34/85は機動状態だし、こちらの4号戦車は石垣に守られているから当たるわけがないとタカをくくっていたらピンゾロ・・・。激しい打撃戦になって楽しかったです。

シナリオの感触としては上々でした。
お互いに配置や作戦など修正して次も良い対戦ができると思います。またよろしくお願いします。
<< 鬼戦車KV-2...(AH/M... 2017.04.22(土)YS... >>