我、誤てり。ないごて我、あやまてりじゃ...(GMT)Clash of Giants:Civil Warのゲティスバーグで北軍完敗

(GMT)Clash of Giants:Civil War
ゲティスバーグ
b0173672_22154575.jpg
 巷でやたらと評判の良い(GMT)クラッシュ・オブ・ジャイアント「アメリカ南北戦争」ゲティスバーグを先日、ようやく対戦する機会に恵まれましたが、噂どおりの面白さに痺れました。
 プレイ前は、チット引きに移動力判定、増援登場の前倒し判定に遅延判定、さらに登場場所の変動判定、個々のユニットに対しての損害判定と、あまりにランダム性が強すぎるのではないかと、半信半疑のところがありましたが、実際にプレイしてみると、それら全てがいかにもアメリカ南北戦争らしく、非常に気に入りました。
 珍しく北軍を担当し、ゲティスバーグ2日目における北軍シクルズ将軍の独断専行での前進防禦を個人的に評価している事から、前進防禦してみたところ、5ターン【初日夜】までは、史実よりずっと前で南軍を食い止めたものの、6-7ターンのチット巡りと弱点を突いての突破により、北軍の半分が包囲殲滅される結果となり投了のやむなきにいたり、やはり史実より無理をすれば、無理な結末となると認識し、更にゲーム評価を高くしました。
 これまで個人的には(Spearhead)ゼイ・メット・アット・ゲティズバーグこそ最高のゲティスバーグ会戦ゲームと信じてきましたが〔あくまで個人的嗜好ですが〕、これのゲティスバーグもかなり自分の中で上位に食い込んできています。
b0173672_22154699.jpg
 ▲第1ターン終了時   第2ターン終了時▼
b0173672_22154752.jpg
 史実通り、セメタリーリッジのラインまで下がれば良いと頭では分かっていたのですが、もう少し前で守れるんじゃないかと、気の迷いが...
b0173672_22154727.jpg
b0173672_22154842.jpg
b0173672_22154885.jpg
b0173672_22154324.jpg
▼6ターン(7/2朝一)終了時点では、まだ北軍も何とかなりそうだったのだが...
b0173672_22214271.jpg
▼7ターンの終わりには、北軍半壊状態...
b0173672_22154448.jpg
b0173672_22224873.jpg
点数的にも南軍サドンデス勝利の40VPまで、あと9点に迫り、北軍敗北宣言
b0173672_22212096.jpg

by ysga-blog | 2017-06-24 19:16 | その後の米南北戦争:総合 | Comments(2)
Commented by 西新宿鮫 at 2017-06-29 16:10 x
これもまた一局のゲティスバーグですね(^o^)

下がったら下がったでまた別のゲティスバーグになると思います。
Commented by ysga-blog at 2017-06-29 21:07
西新宿鮫さん、コメントありがとうございます。
「未だゲディズにあい慣れぬ者ならばまだしも、分別盛りのそちまでが...大馬鹿者っ!!」と、映画「切腹」の三國連太郎ばりに叱責されそうな、無様な負け方でしたが、負ける1ターン前まで「何とかなるかも」と希望を持てたところも本作の優れたとこですね。
 史実のラインを最初から固めれば、変な展開にはならないというのは重々分かってはいたつもりだったんですが、このゲームはどうだろうと、前進防御を試してしまいました。
 その結果としての大敗なので、史実を無視する舐めプが招いた惨状として、かえって本作を高く評価する材料ともなりました。
 いや~、良いゲームです!!
<< ぱんさん月刊ASL6月号...... 最後の一手をイベントで阻止して... >>