ぱんさんの月刊ASL7月号...ASL Starterシナリオ通算11本目...(MMP)ASL-Starter Kit シナリオS44「Across the Border」(侵略制覇の野望歴然たり)

b0173672_12343784.jpg
(MMP)ASL-Starter Kit
シナリオS44「Across the Border
(侵略制覇の野望歴然たり)
b0173672_18553653.jpg
 今年の2月11日に初めてASL Starterを教えてもらいながらプレイしたぱんさんが、ASL Starter Kit#1~3+Expansion #1にスタンダードASLのBeyond Balor 3rdまで買い揃えた上は、今年中にASL Starter Kit同梱のシナリオ30本を制覇して、来年にはスタンダードASLに移行しようという鬼企画。
 その為には最低でも月に1回はASLやりたいという事で、今月もギリギリになって月いちノルマを達成した。

 そんな通算11本目のシナリオは、Expansion #1同梱の枢軸スロヴァキア軍vs.ポーランド軍による村落戦。
b0173672_19013112.jpg
画像にある、クソコラかと見紛うようなポンコツ装甲車4輛を擁するスロヴァキア軍が、全て隠匿配置(HIP)されたポーランド軍の待ち受ける村に突入し、村の中心にある建物の占領と、装甲車による盤外突破を目指す。
 
▼第1ターン終了時の盤面
b0173672_18553648.jpg
▼ASLあるあるの筆頭たる「初弾故障」が、今回も場を沸かす。
 さらに砲塔機銃と車体機銃のどちらが故障したかの判定でゾロ目を出して、両方とも故障。すわ「強制帰還」かと思われたが、ルールを確認すると主兵装(MA:ここでは砲塔機銃)が故障確定(X6を出す)したら帰還とあったので、とりあえず修理に専念することに。
 ヘクスK9のポーランド分隊は、タトラ装甲車を肉薄攻撃しようとするも対戦車タスクチェックに失敗。このシナリオのポーランド兵は、対戦車士気判定に不利な1修正が適用されているので、やや無謀が過ぎたようだ。
b0173672_18553739.jpg
▼タトラ OA vz.30 装甲車が出るASLシナリオなんて珍しいので、前からプレイしたかった。ちなみに無線機を積んでいないので、移動期開始時に僚車と隣接していないと移動していいか判定(8以下成功)を強いられるシナリオ専用ルールあり(スタンダードASLの小隊移動もどき)。
 それにしても長いASL対戦歴で、ナチスの傀儡スロヴァキア軍が登場するシナリオなんてのは初めてやったが、滅法面白かった。
b0173672_19012781.jpg
▼今回もスタンダードASLへのスムーズな移行を念頭に置いて、狙撃兵と戦禍だけは導入。SAN値は似たような状況のASLシナリオを参考にしてポーランド4、スロヴァキア2とした為に、早くもスロヴァキア分隊が狙撃を受けて混乱したシーン。
b0173672_18553714.jpg
▼ 機銃故障したタトラ装甲車の後ろのタトラ装甲車が、勝利得点建物の一つであるM7に対して探り撃ちしたところラッキーヒット(PINチェック)で隠れていたポーランド軍主力スタックが露呈した。
 勿論その後、暴露されたポーランド軍機関銃も、装甲厚ゼロのタトラ装甲車の撃破を狙って対戦車射撃したものの、破壊値5(2ヘクスの距離なら有利なマイナス△1DRM付)の壁をクリアできなかった...
b0173672_18553891.jpg
▼ M7建物に駆けつけようとしたタトラ装甲車に対し、隠れていた対戦車ライフル班が至近距離から射撃。見事にエンジンを破壊して恒久的な走行不能に陥れた。
b0173672_18553877.jpg
▼第2ターン終了時
b0173672_18553901.jpg
 装甲車の背後から狙い撃ちしようと敢えて前進配備させていたのが祟ってポーランド対戦車ライフル班は、スロヴァキア分隊2個による突撃を受けて壊滅、対戦車ライフルまでも奪われる。
b0173672_18553438.jpg
▼第3ターン終了時
b0173672_18553472.jpg
▼第3ターン終了時の村の中央部
b0173672_18553553.jpg
 安易にもう一つの勝利得点建物M5ヘクスに8-0指揮官付けてフルスタック隠匿させていたポーランド新兵分隊(指揮官と一緒だと新兵罰則を受けない)が、探り撃ちで露呈された上に集中射撃を受けて、ほぼ壊滅(1個分隊だけ奇跡的に残留)。
 もともと支援の為に隣にいた1線級歩兵1個分隊が、そこへ移動して守りを固める。
b0173672_18571861.jpg
▼第4ターン終了時。4ターン半の短いシナリオなので、残すところあと1回しかスロヴァキア軍ターンがないと焦るスロヴァキアは、歩兵支援に就けていたタトラ装甲車2輛を盤外突破させた(この時点で1輛は擱坐、もう1輛は機銃が永久に壊れて-修理判定で6出した-強制帰還)。
b0173672_18571914.jpg
 これにより、勝利得点建物1つ占領(K6)による2点とタトラ突破1輛につき各1点の計4点を得ていたスロヴァキア軍は、あと2点獲得すれば勝利できるのでM5の建物ヘクスの2点に狙いを定める。なお、前ターンになんとか踏み止まったポーランド新兵分隊は、さすがに耐え切れず背後の建物へ潰走した。
b0173672_18571934.jpg
▼最終第5ターン、M5の建物に駆け寄ろうとしたスロヴァキアの後詰はことごとくポーランド軍の臨機射撃に阻止され、最後の頼みだった白兵戦でもポーランド軍に4を出されて分隊全滅。あと一歩のところで勝ちに手が届かなかった。
b0173672_18572014.jpg
 ゲーム終了時の全景。ちなみにROARによる勝率ではポーランド17、スロヴァキア4なので、ここまで追い詰められたポーランド担当のidiotenが相当ヘボいということが白日の下に晒された格好となった。
 それでも最後のひと振りまで盛り上がったので何よりだ。
b0173672_18571859.jpg
174.png 今回も、ぱんさんお手製の拡大マップ(ラミネート処理済み)とオリジナル編集シナリオカード、それに同人制作のタトラ装甲車用車輌カードと神と仰ぐ関西ASLの便利チャートに小冊子を活用させて戴いた。

by ysga-blog | 2017-07-29 19:50 | ASLコンコマコンフリ三大戦術 | Comments(1)
Commented by ぱん at 2017-08-01 12:58 x
idiotenさん、こんにちは
今月もお相手いただいてありがとうございます。

ちなみにシナリオの数ですが、カウントの定義としましてパッケージに入っているシナリオカード
#1:6シナリオ
#2:8シナリオ
#3:8シナリオ
EX1:8シナリオ
で30シナリオになります。
なので、5月や6月にプレイしたS18やS19はカウントしていませんw
ダウンロードのシナリオもプレイすると今年中に達成できそうにないので、ダウンロードシナリオはカウントするのをやめましたw
現在12シナリオをプレイしていますので、残りは18本
今後ともご協力のほどよろしくお願いしますm(_ _)m
<< 火焔は四方に散乱す...(EP... 撃てば逃げ散るマカロニだけど.... >>