YSGA 八月例会の様子その4...(Hexasim)戦国時代シリーズ第2弾:天下統一『関ケ原の戦い:1600年』その参

(Hexasim)戦国時代シリーズ第2弾:
天下統一『関ケ原合戦』
b0173672_21273251.jpg
b0173672_21273399.jpg
b0173672_21273486.jpg
▼三成渾身の反撃で、自ら敵中に突出した黒田長政、一撃除去(修正を適用するまでもなく出目だけで文句なし除去)さる。
 しかし、長政本人は討ち取り判定を辛くもパス~出目5、6のみ生存~して落ち延びる。
b0173672_21273504.jpg
▼第4ターン(合戦開始後2時間)終了時の盤面
b0173672_21273696.jpg
このターン、長宗我部勢が東軍にお味方し、2ターン後に伊勢路より投入と決まった。
b0173672_21273194.jpg
▼第5ターン(合戦開始後2時間半)終了時の盤面
b0173672_21352789.jpg
▲この時点で、西軍は宇喜多、小西隊が、東軍は福島、黒田隊が全滅しているが、家康本陣の移動制限はないので、孤立した三成の本陣に徳川主力が挑みかかる寸前になっている。
 西軍の場合、実際に戦闘に使えるのが初期配置の半分程度なので、東軍の調略ペナルティーの点数を見極めるまではバトルプランを防御策(馬防柵マーカ受領)とし、防御修正を貰って東軍の攻撃に対抗すべきだと話し合われた。

▼バトルプラン・プロットチャート

 製作陣のドスマンさんに質問しないといけないと話し合われたのは、バトルプランの戦術命令を与えたClanは、1ターンだけその戦術のボーナスを受けられるのかという持続性の問題。
 一応、当日は指定されたそのターンのみとした。その為、黒田長政(Clan.1)は1~4ターンまで、毎ターン突撃命令を与え続けた。
 突撃が8個選べる「蜂矢」プランの内、半分を黒田隊に与えたからこそ、三成の本陣を喰い破って、家康本隊の突入まで持っていけたとも言える。
b0173672_21273131.jpg

by ysga-blog | 2017-08-27 20:08 | 【戦国日本ゲーム:総合】 | Comments(2)
Commented by ドスマン at 2017-09-02 04:19 x
Battleplan Kuroda clan multiple activation: Tokugawa can order Kuroda to do Totsugeki 4 times but it will likely be with NO bonus the 3 last times.
Effectively, once Kuroda is in contact with the enemy:
- the 5PM bonus movement is useless
- as combat is ransen, no +2 blue charge bonus

I see no fortification, did the Western army not entrench? In playtest, many Hoshi battleplan have turned into failure on Eastern army, bumping on Western hills and fortifications and not able to rally. Defensive Western army can avoid to counterattack all enemy in such positions.
“Kata, kata” has also not been used, it can create tricky situation for clans you wish had not attacked. You can for instance force a clan far from the enemy to go into regroup… (attack spirit turmoil) Or have a weak clan attack far bigger than himself.
Commented by ysga-blog at 2017-09-03 23:33
 ドスマンさん、ご回答本当にありがとうございます。大変助かりました。これでますます天下統一のプレイを楽しめると思います。
 西軍が柵を作らなかったのは、初プレイで、その効果を深く考えていなかったからですが、その効果を理解した今、次プレイする時には絶対バトルプランで柵を作るべきだと話し合っています。
<< YSGA 八月例会の様子その3... YSGA 八月例会の様子その5... >>