ある意味、本邦におけるウォーゲーム専門誌附録ゲームの金字塔であるのは間違いない...(GJ誌)激闘バルバロッサ電撃戦 三部作キャンペーン6人そのⅱ

(GJ誌)激闘バルバロッサ電撃戦
三部作キャンペーン
b0173672_00503103.jpg
▲8/20、9/1と立て続けに出版されたコマンド誌最新号とGJ誌最新号、そして夏コミ最新・盟友fsinoさんの「アンザック・フリート」を検分しながらのゆったりプレイ...
b0173672_00503131.jpg
▼第3ターン終了時
b0173672_00503272.jpg
b0173672_00503486.jpg
b0173672_00503391.jpg
第3ターン終了時には、既にヴィテブスクとスモレンスクの命運は尽きつつあった...
b0173672_20344242.jpeg
そして第4ターン半ばには相次いで両都市が陥落。死守解除も要塞化も間に合わず(それを行える補給判定が出ても切り札でチャラにされた為)。
b0173672_20344103.jpeg
▼第4ターン終了時
b0173672_00503414.jpg
b0173672_00503597.jpg
b0173672_00502856.jpg
▼北方軍集団の装甲師団全てと中央軍集団のグデーリアンとホト装甲集団が一つにまとまって巨大なパンツァーカイルを形成し、中央に強烈な浸透攻撃をかまして来た為に、たまらずヴィテブスク、スモレンスク両都市が死守命令もろとも陥落。
 これにより大枚40VP(都市10VP+死守不履行ボーナス10VP×2都市ヘクス)を独軍は得るが、その代わりにレニングラードの60VP攻略(20VP×3都市ヘクス)は諦めていて、この中央突破を以って独軍優勢とは言い難いのが、本作の優れた点でもある。
b0173672_00502900.jpg
b0173672_00503075.jpg
b0173672_00525545.jpg

by ysga-blog | 2017-09-10 00:35 | GJバルバロッサ電撃戦三部作 | Comments(0)
<< 2017.09.09(土)第9... 発掘2007.06.10(日)... >>