2017年 08月 20日 ( 3 )

ぱんさんの月刊ASL八月号...ASL Starterシナリオ通算15本目...(MMP)ASL-Starter Kit S5「Clearing Colleville」 (コルヴィル村の掃討戦)

b0173672_07175699.png
(MMP)ASL-Starter Kit
シナリオS5Clearing Colleville
(コルヴィル村の掃討戦)
b0173672_00065878.jpg
▲初期配置を終えたばかりの盤面。今回もスタンダードASLへの移行を睨んで狙撃兵と戦渦、半個分隊の創設/統合ルールを適用。各陣営の狙撃値は、類似するノルマンディ上陸直後の陸戦シナリオを参考として、下記のシナリオカードの通り、両軍ともに「3」とした。
 なお麦畑が水色なのは、パンさんが他のシナリオ専用(カランタンの湿地戦シナリオ)として拡大コピーしたマップを流用しているため。
b0173672_00065962.jpg
▼初期配置の盤面その2 白っぽい写真は、フラッシュを焚いたもの。色違いの写真が混在して見苦しいのはお詫びしたい120.png
b0173672_00065965.jpg
▼第1ターン終了時
b0173672_00070078.jpg
b0173672_00070198.jpg
▼第2ターンの途中。米軍の侵攻(左斜め上の米軍9-2指揮官とMMGと3-4-6半個分隊の移動中)に対し、独軍防衛の要である重機(7火力HMG=ROF3)が、必殺の臨機射撃を実施したところ、6ゾロで初弾故障の悲喜劇。
 一方、米軍は臨機射撃で撃たれた射撃誘引用の半個分隊が、士気チェックのピンゾロで戦渦の結果、初の狂暴化!! たまたま持参していたSS専用の狂暴化半個分隊ユニット(赤装束の髑髏マーク付き3-4-10半個分隊)と火力・射程が一緒だったのでそれを流用している。
b0173672_00070258.jpg
b0173672_01333045.jpeg
b0173672_00070220.jpg
▼しかもその重機は、続く独軍ターンの回復期の修理判定で、50%の回復率にも関わらず出目6で永久除去(修理不能の故障だったと判明)... ASLあるある過ぎんよ145.png
b0173672_00065637.jpg
b0173672_00065825.jpg
b0173672_00250330.jpg
b0173672_00250465.jpg
b0173672_00250023.jpg
b0173672_00250190.jpg
b0173672_00250108.jpg
▼独軍守備隊の最後。米軍ビックレッドワンによる怒涛の突撃を受けた場面。
b0173672_00250210.jpg
▼最終ターンの裏、独軍ターンを待たずに米軍ターンにて決着。シナリオ名のとおり、村に立て籠る独軍が一掃されて終わり。
b0173672_00250344.jpg
ROAR公開勝率は米軍:72勝 独軍:56勝

by ysga-blog | 2017-08-20 00:14 | ASLコンコマコンフリ三大戦術 | Comments(0)

ASL Starterシナリオ通算16本目...(MMP)ASL-Starter Kit S16「Legio Patria Nostra」 (部隊こそ我らの祖国~フランス外人部隊の標語~)

b0173672_00381160.jpg
  • 場所:イタリア,ラディコファニ(RADICOFANI)
  • 日付:1944年6月18日
  • 概要:ローマ陥落後,イタリア戦線に配属されていたフランス遠征軍団(FEC)は,6月10日,25kmの前線に渡ってイタリア戦線における夏季攻勢を開始した.その左翼にはアメリカ第4軍団が,右翼にはイギリス第13軍団が展開していた.前面に展開するドイツ軍を北方へ押し上げシエナ(Siena)へ進撃するために,司令官のジュィン将軍は,「追撃」部隊を編成した.それらは第3アルジェリア歩兵師団と,別名第1自由フランス師団として知られる第1行進歩兵師団で編成されており,それぞれアメリカ軍機甲大隊で増強されていた.これらの部隊は,ラミナット(Laminat)将軍に指揮されていた.ドイツ軍の急造編成の戦闘団は,6月15日まで弱い抵抗姿勢を示した後,退却を始めた.第1行進歩兵師団は,6月15日朝にアクアペンデンテ村を占領し,北へ向けて前進を開始した.6月17日,部隊はラディコファニ(RADICOFANI)で強い抵抗に遭遇した.しかし第1旅団(「外人部隊こそわが祖国」で知られるフランス外人部隊)は,夕暮れまでに町の南2kmまで前進した.
  • 【シナリオ専用ルール】雨のため煙幕を置くことはできない.全てのユニットは舗装道路を用いずに高度レベルを変更(上り下りとも)する場合に追加+1MFが必要となる.
  • 自由フランス軍が選んだ建物(P9又はO6)は要塞化されているものとし,+4TEMを得る.この建物はゲーム開始時に自由フランス軍が支配している.

※実際の戦場写真(下:モノクロ)と、現在の写真(上カラー)とリンク先(ここをクリック) を見れば分かるとおり、戦時中一木一草とてないこの急斜面が雨で泥濘化しており、専用ルールにある通り、丘の上り下りは追加1MP必要。
 と言うことは、丘の上に立つ建物に下から直接移動する場合は、建物2MPの倍で4MP(高いレベルに登る場合は通常移動コストが倍になる為)+1MPで5MP必要であり、移動では指揮官ボーナスを得ているかCX状態にならなければ入れず、突撃で入るためには指揮官とスタックしていなければ下から上の建物には侵入できない。
 どんな地形なんだとプレイ中は怪訝に感じたが、この写真を見て納得した。
 また、初期配置で突出孤立した外人部隊(9-2指揮官と半個分隊)が立て籠る要塞ヘクスは、この見るからに中世の城郭を表している。
b0173672_00391121.jpg
(MMP)ASL-Starter Kit
シナリオS16Legio Patria Nostra
(部隊こそ我らの祖国~フランス外人部隊の標語~)
b0173672_00310585.jpg
▲初期配置終了時。秘匿されて出ていないが独軍は、盤上のどこかに20㍉高射機関砲と、75㍉対戦車砲を埋め込んでいる。
 ちなみに勝手に設定した狙撃値は、外人部隊「3」、独軍「4」▼
b0173672_00310605.jpg
▼丘の上に築かれた外人部隊のキラースタック(総火力24火力)に対して自ら姿を表して高射機関砲が撃ちまくるも、ROF三斉射目にして6ゾロ故障の悲喜劇。
 なお、この撮影時には考えなしに裏面(通常は故障面)を向けているが、このユニットに関しては牽引面なので、直後に表に戻してGun故障マーカを配置した〔次の写真参照〕。
b0173672_00310786.jpg
▼第1ターン糸冬 了..._〆(゚▽゚*)
b0173672_00310755.jpg
b0173672_00310854.jpg
▼外人部隊の立て籠る城郭を巧妙に攻略した独軍だったが、奪回した中機関銃と持ち込んだ軽機関銃を合わせて射撃したところ、6ゾロ故障を出し、無作為選択のダイスもゾロ目だったので、両方とも故障してしまう悲喜劇発生。
b0173672_00310901.jpg
b0173672_01333020.jpeg
b0173672_00310974.jpg
b0173672_00310337.jpg
b0173672_00310454.jpg
▼中盤まで独軍優勢に思えたが、城郭に対する外人部隊の肉弾戦が効いて、戦局挽回。その後は一気に独軍兵力が減って、残り1ターンの段階で独軍が敗北宣言。
b0173672_00310530.jpg
ROAR公開勝率はフランス外人部隊:34勝 独軍:17勝

by ysga-blog | 2017-08-20 00:13 | ASLコンコマコンフリ三大戦術 | Comments(0)

ASL Starterシナリオ通算17本目...ASL-Starter Kit シナリオS4「Welcome Back」 (地獄に逆戻り) バルジ、血まみれバケツの悲運再び

b0173672_01222100.jpeg
▲戦争絵画「the Hosingen」
b0173672_01195141.jpg
場所:HOSINGEN, LUXEMBOURG
日付:16 Dec 1944

概要:1か月前フュルトゲン森の地獄でほぼ全滅に近い大損害を受け、その傷をゴースト・フロントと呼ばれた平穏なアルデンヌの森で癒していた「ブラッディ・バケツ」こと米第28歩兵師団の第110連隊に、Luxembourg内のOur川とClerf川の間にある、 狭い分水嶺を守る命令が与えられた。
連隊は国道16号線を跨いで布陣した。
 米第28師団のバージニア州兵達に 「Skyline Drive」として知られるこの道路は、 Ardennesを通る数少ない舗装道路の内の一つであった。
連隊は、分水嶺沿いに拠点を並べ、 24kmに渡って展開していた。 そしてたいていの拠点には戦闘車両や対戦車兵器が増強されていた。
そのような拠点の一つがHosingenの町で、ここにはK中隊と 第103戦闘工兵大隊のB中隊が配置されていた。
  12月16日0525、強力な砲撃が始まり、いくつかの建物が燃えた。 しかしアメリカ軍自体は、いくつかのトラックの被害を除いては、 大した損害を受けなかった。濃い霧のため2~300メートルより先は見ない。 夜が明けていくにしたがって、アメリカ軍の拠点の北と南を ドイツ軍部隊が迂回していく音が聞こえてきた。
これは砲撃の始まる前に町の東側の森に集結していたドイツ第26国民擲弾兵師団77連隊で、 現在Clervaux(クレルボー)の橋を確保するために移動中であった。
 0730頃に霧が晴れ始めると、西へと続く幹線道路を確保するため、 国民擲弾兵たちは徐々にHosingenへの攻撃を強めてきた。


バージニアの州兵師団である事から、師団マークがバージニア州のシンボル「礎石(バージニアが新大陸移住の先遣地だった事に由来)」の形と赤い色が、フュルトゲン森林戦での大出血(上記映画参照)」を連想させたことからの自虐的な仇名
b0173672_01201393.jpg
ネット様様で、シナリオの地名と年で画像検索すれば、大抵のシナリオの歴史背景に関する画像が拾える。ここではシナリオのネタ本の一つと思われる戦記本を掲載。
b0173672_01203846.jpg
(MMP)ASL-Starter Kit
シナリオS4Welcome Back
(地獄に逆戻り)
b0173672_01114857.jpg
▲第1ターン終了時の盤面、広い防衛範囲に対して兵力もまばらで質もバラバラの米軍が、国民擲弾兵の二線級歩兵とは言え、多勢の突破浸透を受けて右往左往するシチュエーション。
 案の定、手薄な米軍右翼の森を衝かれて、早くも長駆進撃を許してしまっている。
b0173672_01165872.jpg
▲勝手に設定した狙撃値は米軍4、独軍2だったが、今回は殆ど活性化せず。
b0173672_01114990.jpg
b0173672_01114917.jpg
b0173672_01332946.jpeg
b0173672_01115037.jpg
b0173672_01115006.jpg
b0173672_01115147.jpg
b0173672_01114661.jpg
b0173672_01114723.jpg
ROAR公開勝率は米軍:62勝 独軍:52勝
b0173672_01114736.jpg
▼全6ターン中4ターン前半で、独軍勝利条件の10勝利得点相当の盤外突破を許してしまい、米軍敗北確定の写真...148.png
b0173672_01114837.jpg
168.png今回のプレイの戦訓:スタンダードASLへの移行を念頭に置くなら、半個分隊創設ルールの導入は、散布射撃ルールも導入しないと防御側が不利になりすぎる嫌い有り。同時に火線ルールの導入も一考すべし。
b0173672_01165699.jpg
▼突破させじと、おっとり刀で駆けつけた米軍50口径〔12.7㍉〕重機が肝心な時に6ゾロ故障を起こして沈黙...149.png
 せっかくの10-2指揮官も十分に能力発揮できなかった。
b0173672_01165737.jpg
▲盤外突破に成功した独軍ユニットを並べてみた104.png

by ysga-blog | 2017-08-20 00:12 | ASLコンコマコンフリ三大戦術 | Comments(0)