カテゴリ:(VG)Lee vs Grant対戦記( 4 )

三年ぶりの(VG)Lee vs Grantは楽し その1 

アメリカ南北戦争勃発150周年記念〈1861年-2011年〉

(VG)Lee vs Grant
(VG)リーvs.グラント: 中キャンペーンゲーム

派手な裏箱が印象的な(VG)Lee vs Grant。丁度3年前の2008年9/20例会で、3人で6ターンの中キャンペーンシナリオをプレイして以来の対戦にあたり、前回は北軍に側面迂回を許し、ピーターズバーグ方面の鉄道線を切断されまくって北軍に32VPを謙譲して作戦的勝利を与えてしまったという苦い思い出から(17VPが北軍辛勝ライン)、今回の南軍は原則的に後退防御(きりのいいところでリッチモンドへ総撤退)で対応してみることにした。
 ちなみに一見するとキャンペーンでも全9ターンで、短いように思えるが、1ターンに全ユニットが3回活動できるシステムなので、1ターンは実質的に他のゲームの3ターンに相当する。従ってフルキャンペーンで27ターン、中キャンペーンの6ターンでも実質18ターン相当となる。
b0173672_19545286.jpg

▲ ▼初期配置を終えた盤面全景と、それにゲームの箱を置いたもの(南部の赤チットは1~2ターン活動禁止のスタック表示)。なお(VG)Lee vs Grantについては、本邦における『アメリカ南北戦争ゲームの神様』たかさわさんの総合サイトに内容説明とデザイナーであるバルコスキー氏のコメント訳出が掲載されていますので、ご興味ある方は必見です。また和訳ルールの間違い指摘もありますので、これからプレイしようという方も是非どうぞ。
(なお誤訳につきましてはYSGA和訳アーカイブのものなので責任を痛感せざるをえませんが、なにしろこのLee vs Grant和訳は、今を去ること十数年前、ゲームルールの翻訳を始めて1つ目か2つ目の作品なので、習作の類を出ていないことをお含み置き下さい。また訳出にあたっては原文にふんだんに盛り込まれたプレイの具体例をはしょっていますので、これからプレイされる方は原文のプレイの例を一通り読まれる事もお薦めします。バルコスキー氏のゲームシステムはおしなべて斬新なので、プレイの例はルール理解を大いに助けます(理解してしまえば至極シンプルで使い易いシステムが多い)。
b0173672_19551418.jpg
▼ 第2ターン(1864年5月4~8日)終了時の盤面:気が急いて1ターン目の写真は撮り忘れ。2ターン目はランダムイベント無し。配置が東寄りなのもあって北軍は史実と異なりウィルダネス森林の西側でなく、そのまま東側を正面押しする形で攻め下る。
b0173672_19554621.jpg
しかしラピダン川浅瀬での渡河攻撃からトラビリアン・ステーションの周辺において、史実のウィルダネス戦を彷彿とさせる大激戦。北軍のダイスが振るわず、北軍の攻撃ではマイナス4の下限、南軍の反撃では+6の上限にタッするなど北軍大損害。しかし南軍も駄目押ししてチビチビと損害を被る。結局、2ターン終了の段階で北軍9、南軍4の兵員ロス(最終的に北軍ロスは等価、南軍ロスは1.5倍の相手VPに換算される)。なお、2ターン目にして早くもシェナンドーヴァレーが制圧され、5VPを北軍に与えないために盤上から4兵力を抽出する羽目となる。もともと兵員の少ない南軍には痛すぎる。
b0173672_1956135.jpg
▼ 第3ターン(1864年5月14~18日)終了時の盤面:シェナンドーへの兵力抽出に危機を感じてくれたか、ランダムイベントは「南軍増援ダイス+1」で、南軍増援3、北軍2兵員を得る。
b0173672_19561726.jpg

by ysga-blog | 2011-09-25 19:59 | (VG)Lee vs Grant対戦記 | Comments(0)

(VG)Lee vs Grantは楽し その2 

アメリカ南北戦争勃発150周年記念〈1861年-2011年〉
(VG)Lee vs Grant
▼ 北軍は森林の東回りだと補給線もかつかつだし、何と言っても南軍が要塞まで築いて堅すぎると判断して、遅蒔きながら迂回を開始。これを見た南軍は、当初の計画案通り、要塞に立て籠もらせたLongstreetを殿に残してユーエルとヒルがリッチモンドへ向けて総撤退。しかしこれまでに南軍は、騎兵×2を「騎兵スクリーン退却」(隣接した北軍歩兵のMPを2減らせるが、自らも1/6の確率で1兵員ロスする)によって失っていた。
 さらに南部では北軍のジェームズ軍が活動を開始。先にシェナンドーへ兵員を引き抜かれて弱体化している周辺の南軍は、陣地を強化して立て籠もる消極策しかとれず。
b0173672_19574217.jpg

▼ 4ターン(1864年5月19~23日)終了時の盤面:イベント無。南軍増援2、北軍3兵員。焦れた北軍が1-2の比率でLongstreetの要塞を攻めたところ、お互いの目が一緒(いわゆるゾロ目)となり、判定の結果、北軍のワーレン軍団長が戦死(無作為引きした代替指揮官は能力2の無能となった)。これを見届けたLongstreetも要塞を放棄して、森から森へと街道(パイク)をZOCで阻害しながら南部への撤退開始。
b0173672_19575924.jpg
リッチモンド南部のジェームズ軍の跳梁に対しては、ユーエルが対応。まずはピーターズバーグ方面の鉄道を荒らして廻る北軍騎兵をスチュワートと共同して追い詰める作戦に。しかし結果的にはこれは北軍の牽制に乗ってしまった形となり、正しくはジェームズ軍の補給源を封鎖するべきだった(陣地化してZOCを及ぼせば補給線を断てる。補給が切れれば毎ターン消耗判定&兵員混乱なので実質的に無力化できる)。
b0173672_1958147.jpg
タダでリッチモンドまで近付けさせるのもシャクなので、ハノーバー・ジャンクションを要塞化して立て籠もり遅滞作戦に出るA.P.Hill軍団長と、その前面に派出されたアンダーソン師団長。これに対しバーンサイドではまともな活動力が得られず攻撃できず仕舞い。
b0173672_19583177.jpg
▼ 第5ターン(1864年5月24~28日)終了時の盤面:イベント無。南軍増援5、北軍2兵員。ダイス運良く大増援を得た南軍は、Longstreetとユーエルを2兵員ずつ強化。北軍はハノーバー・ジャンクションのA.P.Hill要塞にかかずらわって結果的に時間を失った観あり。
b0173672_1959518.jpg

by ysga-blog | 2011-09-25 19:57 | (VG)Lee vs Grant対戦記 | Comments(0)

(VG)Lee vs Grantは楽し その3 

アメリカ南北戦争勃発150周年記念〈1861年-2011年〉
(VG)Lee vs Grant

(ピーターズバーグ~リッチモンド間の鉄道を破壊された後で)ユーエルが遅蒔きながらジェームズ軍の補給切断策に転じた。これにより突出した格好のギルモア軍団は消耗判定を喰らう事となった。
b0173672_19595082.jpg

▼ 第6ターン(1864年5月29~6月2日)終了時の盤面:イベント無。南軍増援4、北軍4兵員。タイムスケジュールを読み違えたと焦る北軍は一気にリッチモンドへ肉薄して猛攻を加えた。この猛攻に堪えかねたスチュワート騎兵軍団の退却でセジウィックがリッチモンドに隣接。ハンコックもLongstreetを猛攻するが、リーの支援で辛くも踏み止まる。そうこうするうちにジェームズ軍をその巣へ押し戻した南部から続々と救援部隊がリッチモンドへ駆け付けるといったところで中キャンペーンは終了
b0173672_20082.jpg
★ 勝利得点を数えてみると、駅舎の焼き討ちにより計9VP、鉄道線破壊により計13VP、兵員ロスにより北軍マイナス15、南軍+7の相殺でマイナス8を22VPから差し引いて結果14VPで、北軍辛勝の17VPに3点及ばず、南軍の辛勝となった。
b0173672_2002477.jpg

今回のプレイで、早めの南軍総撤退は有効と分かったが、ジェームズ軍の跳梁を許して易々と6VPの鉄道破壊を成し遂げさせてしまったのは失敗だった。ユーエルが間に合っていたのだから、1-2の低比率でも恐れずに攻撃すべきだった。このゲームの比率は単にダイス修正に換算されるだけで、1-2でもダイス△1に過ぎず、それぐらいならリーの支援+1で打ち消せるので後はダイス勝負にできたのだ。ここで6VP与えていなければ南軍作戦的勝利の7点以下まであと1点にまで持ち込めていたと思うと、自戒の対戦ではジェームズ軍対策にも注意したい。

※ デザイナーのバルコスキー氏は、このLee vs Grantが大雑把すぎて余り気に入らず、後にAH/MMPからStonewall Jackson’s Way~雲の上の戦いに至るthe Great Campaigns of the American Civil War seriesを出す事になるが、キャンペーンを2回プレイした身から言わせて貰うと、1日でキャンペーンできる(VG)Lee vs Grantは、手軽に対戦できて盛り上がり、きちんと決着まで付けられるゲームとして非常に満足できる。仲間の一人は、かえってゴチャゴチャ細かい(AH/MMP)GCACWシリーズより、こちらの方が総合的には優れているのではないかとも洩らしており、決して過去の遺物ではないと断言できる。
 個人的には、コマンド誌の付録ゲームにも最適なのになぁと強く感じており、もし死蔵されている方がおられるなら是非プレイしてみてほしい。ちなみにシステム上ソロプレイにも向いているのも強みか。


次回Lee vs Grant対戦に備えての備忘録:

・ 北軍は常にジェームズ河での補給デポ設置に気を配り(2ターンから設置開始できる)、早め早めのリッチモンド西方迂回を心がける。
・ リッチモンドやピーターズバーグそれ自身に勝利得点は設定されていない事に留意。占領してそこにある鉄道を破壊すれば鉄道破壊による勝利得点はガッポリ入るだろうが、それができなければ、無理して攻めても実入りは少ない。リッチモンド(2ヘクスの内のどちらか1つでも)またはマンチェスターの占領は2サイクル保持しないとサドンデス勝利できない事も忘れずに。
・ 次回はフルキャンペーンやりたいので、フルキャンペーンでのみ使用できる、北軍が6ターンから行える海輸でピーターズバーグ周辺の鉄道を切断できるチャンスを見逃さない。従って6ターン開始時には海輸可能な港へ1個軍団派遣しておく。
・ 鉄道破壊の条件は、混乱していない兵員と補給下(補給源から15ヘクス以内)なので、第3サイクルに攻撃して混乱に陥れるか(指揮官も疲労させていなければ回復させられるが)、補給線を阻害するよう心がける。今回の例では、巣から出てきたジェームズ軍が大兵力で陣地化されているからと手を出さなかったが、橋頭堡のボトルネック部分に陣地ZOCを及ぼすだけで破壊を阻止できた。
・ 北軍ZOCを無効にできるのはあくまで南軍指揮官であり、リッチモンド周辺の守備隊マーカーでは無効にできないことに注意。対応策としては(必要に迫られるなら)師団長に1兵員ずつ持たせて大量派出して守備隊マーカーのある所を埋め尽くす方法あり。

by ysga-blog | 2011-09-25 19:55 | (VG)Lee vs Grant対戦記 | Comments(0)

(VG)Lee vs Grant 記録転載

お手数ですが、詳しくは、こちらのYSGA例会報告アーカイブへどうぞ
by ysga-blog | 2001-01-02 23:33 | (VG)Lee vs Grant対戦記 | Comments(0)