カテゴリ:ASLコンコマコンフリ三大戦術( 147 )

YSGA第336回定例会の様子その4 建物に隠れ潜むギガントKV-2重砲戦車...(MMP)ASLシナリオ[AP41]THE MEAT GRINDER

(AH/MMP)ASL
Action Pack #5 EAST FRONT
収録

シナリオ[AP41]THE MEAT GRINDER

1941年6月25日:西部ウクライナ・ルーツク近郊:ソ連第22機械化軍団vs.独軍第13装甲師団の巻
b0173672_22534638.jpg
浜甲子園さんvs.flacoさん
b0173672_22534696.jpg
flacoさんの対戦後コメント:関西よりYSGA例会にいらしてくださった浜甲子園さんとASLを対戦。シナリオはAP41 THE MEAT GRINDER。
少し前にソヴィエト軍をプレイしたので、今回はドイツ軍を担当させていただいた。

[方針]
前回このシナリオでソヴィエト軍を担当したときの感触から、当初のドイツ軍の方針はいくつかの分隊を半個分隊に展開してVP建物を確保することに主眼を置き、損害VPは増援のBT-7とGAZを狩ることで獲得するというものだった。最初そのつもりで検討していたのだが、違う戦い方を思いつく。敵軍の前線では歩兵がスタックしていない。つまりATRを持っている歩兵が前線にいない。自軍戦車3両によるsD(スモーク・ディスチャージャー)とVBMフリーズで射撃を無効化して、歩兵スタックによる白兵戦で敵前線部隊を力ずくで排除できるのではないか。強引な中央突破が成功すれば、かなり優位に立てるとの希望的観測でゲームを進めることにした
b0173672_22534734.jpg
[対戦の経過]
射撃を誘ういくつかの分隊が前進後、最初の4号戦車が路上を進み、地図盤56中央の交差点に近づいたところで建物内の車両(KV-2)が射撃を宣言。じつは私のミスでここにはGAZ-4M-AAが配置されていると誤った判断をしており(トラックは建物内に進入不可ゆえ配置も不可)、KV-2の出現に内心動揺する。案の定射撃は命中して炎上必至と覚悟したもののサイの目が大きく効果なし。幸運にも生き残った4号戦車はスモークを射出しつつKV-2のいる建物にVBMフリーズ。続く2台目の戦車も道路を挟んだ反対側の建物にVBMフリーズを仕掛け、後続の歩兵スタックのための先導役を無事に果たした。

VBMフリーズの建物2か所に突撃すべく指揮官付きの本命2個スタックが路上を走る。しかし、煙幕に隠れて走ったはずだが、敵の低火力による射撃に1スタックが混乱、もう1スタックも足止め(PIN)という予想外の結果。残った分隊でKV-2のいる建物に突撃するも白兵戦で6ゾロ。敵分隊には逃げられる始末。出だしから誤算続きとなった。

対するソヴィエト軍も地図盤56の中央付近に部隊を集結させ、第1ターンから敵味方入り乱れる激しい戦いとなる。4号戦車に狙われたGAZは林を迂回しつつ町ではなく平地の方に退避。その4号戦車にBT-7 M37 2両が小隊移動で接近し射撃するも命中せず、1両は主砲が故障してしまう。中央のKV-2がいよいよ始動。路上に出たところでドイツ軍の攻撃により走行不能となるが、固有操作班は健在で車両は放棄されず。この走行不能が街路戦闘だったか4号戦車の命中弾だったかは思い出せない。南側からもう1両のKV-2がにじり寄り、ソヴィエト軍も全力でドイツ軍をねじ伏せにかかる。
b0173672_22534870.jpg
カモと見えたGAZとBT-7Aを4号戦車と増援の3号戦車が追撃。しかし、カモはこちらであった。近くの果樹園に隠れていた76mmAAの射撃で3号戦車と4号戦車が相次いで炎上。初期配置を見てこの辺があやしいと睨んでいたのに、GAZという「エサ」に目がくらんでまんまと罠に引っかかったというわけだ。走行不能のKV-2によりVBM中の4号戦車が炎上。さらにBT-7 M37の射撃で同じくVBM中の最後の4号戦車も破壊。ドイツ軍もGAZを破壊しKV-2を1両、白兵戦で撃破する戦果をあげるが、歩兵の多くが強引に仕掛けた他の白兵戦で分隊を削られた上に混戦からなかなか抜け出せない状況。業を煮やして禁じ手の味方撃ちまでしてみるものの自軍の方だけ混乱してしまい「これは悪手ですね」との指摘を受ける。攻守が逆転しつつあり、消耗著しいドイツ軍の敗色が濃厚となる。
b0173672_22534994.jpg
 ただ、ドイツ軍も一方的にやられていたわけではない。9-2指揮官+4-6-7+MMGがBT-7Aを白兵戦で仕留め、BT-7 M37 2両も3号戦車によって撃破。
 ソヴィエト軍の車両はついに走行不能のKV-2を1両残すのみとなり、その残骸を利用して残った歩兵が地図盤49の町へ突破を図る。確保済みのVP建物から守備隊を引き抜いてまで兵士たちを走らせたものの、肝心の指揮官付のスタックが混乱。
 建物を奪回にきたソヴィエト兵を迎え撃つことができなくなる。

b0173672_22534906.jpg
 そんななか白兵戦でBT-7Aを撃破した9-2指揮官が戦禍で立て続けにクラス上昇。10-3にまで昇進する珍事が起き、これで奪回された建物を再度確保して一矢報いるつもりでいたところにKV-2の命中弾。3MCを耐えて気概をみせるも、続くMGの射撃にあっけなく混乱。指揮下の分隊もつられるように混乱して万事休す。
 戦線を突破してVP建物を確保していた1個分隊も逆襲してきた敵歩兵の前進射撃に混乱してVPを失う体たらく。残っていた2両の戦車も終盤VBM中の白兵戦とATRによる意図的走行不能で擱座したところを白兵戦で狩られてしまう。
b0173672_22535045.jpg
 結局ゲーム終了時の両陣営の獲得VPはドイツ軍37ポイントに対してソヴィエト軍は68ポイント。文字通りの完敗であった
b0173672_22534467.jpg
[感想]
 力ずくで行けるのではと強引な戦い方を選択したのが完全に裏目に出てしまった。
「ソヴィエト兵に対して白兵戦を仕掛けるのはドイツ兵にとって割に合わない」というご指摘を対戦中から頂いており、その通りの結果となった。
 第1ターンに指揮官付きのスタックが2個とも突撃できなかったのが悔やまれる。

 VBMと白兵戦をこれほど徹底してくる戦い方は、相手側からすれば異様に思えたかもしれない。私としてはその効果の程を理屈としてではなく感覚として身につけたいという意図があった。これらを有効な武器として使いこなせるまでには、まだまだ時間と経験が足りないようだ。本当に下手くそであった。
 HIPの76mmAAにまんまとしてやられたのもKY(危険予知)がなっていない証拠。飛んで火にいるなんとやらで、簡単に誘導されてしまった。
 このシナリオでは砲腔照準区域が禁止されているが、これが適用されていればもっとやられていただろう。この辺の感覚は痛い思いをして身につけて行くしかない。

 ドイツ軍としての収穫は、終盤に敵戦線を破ってVP建物を確保した分隊や半個分隊が出たとたんにソヴィエト軍も対応に追われて危険な移動を強いられたこと。
 ドイツ軍はこのような機動戦に持ち込むのが本来の戦い方なのだろう。
 そういう意味では、前回このシナリオのドイツ軍の戦い方に対して抱いた最初の感想は決して間違ってはいないと思う。
 適度な駒数とターン数。地図盤2枚を使用して攻守ともにいろいろな作戦を実践できる。関西でこのシナリオが繰り返しプレイされているのも納得できる良いシナリオだと評価できる。
 最後に対戦して頂いた浜甲子園さんに感謝申し上げます。楽しい1日でした。
ルールや作戦の是非についていろいろ教育していただきました。
また対戦できる日を楽しみにしております。
b0173672_22534411.jpg
浜甲子園さんの対戦後コメント:ご対戦頂きありがとうございます。
 手堅い寄せと、VBMフリーズの連続攻撃で防衛ラインを無効化されてしまい、一時どうしようかと思いました。
 これまで思いついたことのないパターンの行動を知ることができ、大変勉強させて頂きました。
 またチャンスがありましたら、ご対戦宜しくお願いいたします。
b0173672_22534597.jpg

by ysga-blog | 2017-06-19 20:56 | ASLコンコマコンフリ三大戦術 | Comments(0)

YSGA 六月例会の様子その8〔関西ASLに敬意を表して...(AH/MMP)ASL FESTUNG BUDAPEST収録シナリオ「FB1 UNCLES AND PUPS」〕

(AH/MMP)ASL
FESTUNG BUDAPEST
収録

シナリオ[FB1]UNCLES AND PUPS ~おっさんとガキ~

1945年1月1日:ブダ側:親衛赤軍第108歩兵師団vs.ハンガリー軍&SSマリア・テレジア騎兵師団の巻
b0173672_01320663.jpg
Speeさん対flacoさん
b0173672_01320654.jpg
 地雷有り、ブービートラップ有り、鉄条網有りの市街戦で、4ターン半というのは攻撃側の赤軍にかなり厳しいシナリオ
b0173672_01320786.jpg
b0173672_01320727.jpg
b0173672_01320819.jpg
b0173672_01320863.jpg
▼迫撃砲としてはちっとも活躍しないのに、パンツァーファーストでSU-76を撃破炎上させるわ、格闘戦で赤軍エリート分隊を除去するわと大活躍のハンガリー軍迫撃砲操作班。
b0173672_01320474.jpg
b0173672_01320441.jpg
b0173672_01320550.jpg
激戦数刻、遂に赤軍歩兵が尽きて、勝利条件の履行が不可能に
b0173672_01320561.jpg
ちなみにネット〔ROAR〕の公開勝率は 独:29勝 ソ連軍:15勝

by ysga-blog | 2017-06-06 19:35 | ASLコンコマコンフリ三大戦術 | Comments(0)

人生初のサバゲ参加のあとはサバゲ主催のパンさんによるASLご教授プレイ...(MMP)ASL-Starter Kit

(MMP)ASL-Starter Kit
シナリオS14「88's at Zonの歩兵だけで勉強会
b0173672_18525370.jpg
 パンさんが、ばしこさんにインストしての勉強会。歩兵戦のあと、戦車とかどうなっているのという疑問にお答えして、いきなり「ボリソフカの衝突」シナリオに挑戦されていたのが印象的。

by ysga-blog | 2017-05-06 00:01 | ASLコンコマコンフリ三大戦術 | Comments(0)

シチリア島空挺降下は重戦車と8輪装甲車に蹂躙さる...(MMP)ASL-SK シナリオS22「Another Summer Day」(ある夏の日)

(MMP)ASL-Starter Kit
シナリオS22「Another Summer Day(ある夏の日)
b0173672_18125417.jpg
恒例のパンさん、月イチASL会(4月の最終日にギリギリ間に合った) 第1戦
b0173672_18125477.jpg
デジカメのホワイトバランスを変更し忘れて焼けた感じになってしまい、見苦しい事と存じます142.png
b0173672_18125699.jpg
 なお、パンさんのASLスターター⇒スタンダードASLへのスムーズな移行も考えて、一番簡単に導入できて盛り上がる「狙撃兵」と「ヒート・オブ・バトル(戦禍)」ルールとマーカーを導入しての変則プレイ(マーカの色がSSと濃緑なのは準備の都合)。
 ちなみにSAN(狙撃兵)値は両軍とも「2」に設定。根拠は、ASLスタンダードの空挺シナリオでは大抵「2」か「3」である事に準拠。それに狙撃兵が出まくって戦況が変わるのも、スターターでは好ましくないと思われるため。
b0173672_18125702.jpg
b0173672_18125857.jpg
b0173672_18125914.jpg
b0173672_18130159.jpg
b0173672_18125247.jpg
b0173672_18125226.jpg
b0173672_18125340.jpg
b0173672_20174583.jpg
b0173672_20174533.jpg
b0173672_20400381.jpeg
b0173672_20394575.jpeg
b0173672_20174632.jpg
b0173672_20174798.jpg
b0173672_20174766.jpg
b0173672_20174826.jpg
b0173672_20174997.jpg
b0173672_20174990.jpg
▼最終ターン、独軍が挑んだ近接戦を跳ね除けていれば米軍勝利だった。その意味ではゲームバランス良好も面白いシナリオ
b0173672_20174386.jpg
b0173672_20174497.jpg

by ysga-blog | 2017-04-30 12:09 | ASLコンコマコンフリ三大戦術 | Comments(0)

88㍉高射砲、獲ったどー!!...(MMP)ASL-Starter Kit シナリオS14「88's at Zon」(ソン村の88㍉高射砲)

(MMP)ASL-Starter Kit
シナリオS14「88's at Zon(ソン村の88㍉高射砲)
b0173672_20270321.jpg
第2戦(1戦目、扱うユニットが多くて長引いたので途中まで)
b0173672_20270472.jpg
 バンド・オブ・ブラザーズのウィンタース大尉も登場するマーケット・ガーデン作戦シナリオで、GWにプレイするハイウェイ・トゥ・ザ・ライヒ(SPI)でも米空挺を担当するパンさんに、米空挺を担当していただいた。
b0173672_20270534.jpg
b0173672_20270569.jpg
b0173672_20270676.jpg
b0173672_20270794.jpg
第3ターン、初めてヒート・オブ・バトルが発生し、米空挺にヒーローと戦意高揚分隊が誕生した(準備の都合で中小連合軍の濃緑ユニットで代用御免134.png)。
b0173672_20270795.jpg
丘の上の建物に陣取るのがウィンタース大尉
b0173672_20270231.jpg
▼第4ターンの終盤までプレイされた
b0173672_20365510.jpeg
b0173672_20270248.jpg
米空挺による近接戦によって1門の88㍉高射砲が奪取された場面。
時間が許せば鹵獲使用して、丘の下の88㍉高射砲と対決したかったとはパンさんの言。
b0173672_20284635.jpg
b0173672_20284746.jpg
b0173672_20284605.jpg

by ysga-blog | 2017-04-30 11:25 | ASLコンコマコンフリ三大戦術 | Comments(0)

鬼戦車KV-2...(AH/MMP)ASL Action Pack #5 EAST FRONT収録 シナリオ[AP41]THE MEAT GRINDER

(AH/MMP)ASL
Action Pack #5 EAST FRONT
収録

シナリオ[AP41]THE MEAT GRINDER

1941年6月25日:西部ウクライナ・ルーツク近郊:ソ連第22機械化軍団vs.独軍第13装甲師団の巻
b0173672_19383051.jpg
▼初期配置終了の盤面(赤軍側からの眺め)
b0173672_01150372.jpeg
▼初期配置終了の盤面(真上からの眺め)
b0173672_19383299.jpg
▼初期配置終了の盤面(独軍が左翼に偏重登場配置)
b0173672_19383158.jpg
▼第1ターン独軍終了時
b0173672_19383302.jpg
▼第1ターン赤軍終了時
b0173672_19383456.jpg
b0173672_19383562.jpg
b0173672_19383601.jpg
b0173672_19382840.jpg
b0173672_19382921.jpg
b0173672_19383039.jpg

b0173672_01150312.jpeg
b0173672_01150515.jpg
b0173672_01150697.jpg
b0173672_01150441.jpg
b0173672_01150516.jpg
b0173672_01150422.jpeg

by ysga-blog | 2017-04-23 17:04 | ASLコンコマコンフリ三大戦術 | Comments(0)

ウィーンはドイツに戻る(45年4月14日付 総統声明)...(AH/MMP)ASL 〔シナリオ J1〕 Urban Guerillas

(AH/MMP)ASL

シナリオ[J1]Urban Guerillas

1945年4月9日:オーストリア・ウィーン近郊:親衛赤軍第5機械化旅団+第30重戦車連隊vs.独軍SS第2装甲師団の巻
b0173672_01243056.jpg
▼初期配置終了時の盤面
b0173672_01242858.jpg
▼第1ターン終了時
b0173672_01242922.jpg
 先にプレイした「ミート・グラインダー」シナリオと違って、損害はVPに換算されないので、9-1戦車指揮官が搭乗する赤軍T34/85戦車を強引に突進させたら、公園の池の脇の木造建物に篭るSS分隊にPz.シュレッケで撃たれ、早くも戦車1両喪失の悲劇(車両操作班は脱出成功)。
 しかし、Pz.シュレッケを建物内から緊急射撃したSS分隊も、後方噴炎に殺られて損耗(半個分隊)したが、2ターンの独軍手番には潰走先で自己回復に成功し、SSの頑強ぶりを見せつけた。
b0173672_01243287.jpg
▼第2ターン独軍移動フェイズ終盤まで
b0173672_01243196.jpg
 川の手前、マップ中央の大聖堂(工場扱い)裏手の石壁に顔を出した独軍4号戦車に対し、取り合えず撃ちますと言って撃った/ダイスを振ったT34/85〔機動状態なので計算してみるとピンゾロでしか命中する確率がなかったのだが)。
 しかし、それでもピンゾロを出した赤軍。
 本来なら致命的命中なのだが、ピンゾロでのみ命中する最低の確率での致命的命中は再度1ダイス振って1が出たら致命的命中、2以上なら普通に車体命中となる。
 そして再度の出目は3だったのだが、例外としてハルダウンの場合に限り、砲塔に命中するという救済措置があり、見事、砲塔を貫通して4号戦車を撃破したところで時間切れとなった。
b0173672_01243270.jpg

by ysga-blog | 2017-04-23 12:01 | ASLコンコマコンフリ三大戦術 | Comments(1)

YSGA4月例会の様子その2(ASL:CH社史実モジュール「Bandenkrieg:Hell Behind the Eastern Front/東部戦線背後の地獄」パルチザンの根城)

b0173672_06591004.jpg
(AH/MMP)ASL
CH社史実モジュールBandenkrieg:
Hell Behind the Eastern Front
東部戦線背後の地獄
[シナリオ6]Partisans' INN(パルチザンの根城)
b0173672_00230533.jpg
ROAロシア解放軍で博士論文を書かれたSpeeさんと、このテーマに目がないidiotenとの対戦
b0173672_00230666.jpg
b0173672_00230743.jpg
b0173672_00230736.jpg
b0173672_00230867.jpg
▼第2ターンの途中でASLあるある発生。軽迫撃砲の射撃を発端とした狙撃兵チェックで、独軍最良の9-2指揮官が戦死。指揮官は鹵獲機銃分隊とスタックしていたが無作為判定で5・5と同じ目を出し、赤匪側の選択で指揮官射殺とした。そして突然、指揮官を失った機銃分隊は釘付けに。
b0173672_00230223.jpg
▼第2ターン終了時の盤面
b0173672_00230308.jpg
独軍増援、ターン数と同じ3を出したので登場す
b0173672_00230425.jpg
▼第3ターン終了時の盤面。両軍の軽迫撃砲による対決は、独軍勝利で、赤匪側は迫を放り出して潰走。
b0173672_00230570.jpg
b0173672_00542525.jpg
第5ターンの白兵戦(SSRで格闘戦可。無慈悲状況)で、VP欲しさに捕虜を捉えたディルレワンガーSSが、捕虜尋問でピンゾロを出して、周辺のダミースタックと地雷原を全て開示することに成功したシーン。
b0173672_00542692.jpg
b0173672_00542637.jpg
▼『専用ルール〔5.4〕 SS指揮官:黒いSS指揮官が他の非SS指揮官と別に用意されている。これ等は以下の例外を除いて、通常のSSユニットとして扱われる。通常の指揮能力(A10.7-.72)に加え、非SSユニットに対して回復を試みるSS指揮官は、コミッサールと同様の手法(A25.22)で回復を試みる』に従い、地元民兵の回復を図ったが失敗(混乱面士気値4+コミッサール効果1+建物1で6以下成功だった)。既に半個分隊でこれ以上質も落としようがなかったので、喝を入れられて除去された。
b0173672_00542766.jpg
▼最終7ターンの独軍終了時 
b0173672_00542832.jpg
 サードパーティのモジュールらしく、個々のシナリオのゲームバランスは余り考慮されていない感じ。
 凍っているとは言え、小川や丘の麓の池はまるで城のお堀のように機能する上、積雪が高度変更の度に独軍を苦しめる。
 それでいて7ターンまでに地雷とトーチカに守られたヘクスC30の石造建物(しかも要塞化建物)を支配した上、20VP稼いでいる事という勝利条件は、到底無理に感じられた。
 とは言え、赤匪に独軍ディレルワンガーSS、秩序警察隊、シューマ(地元民兵)という低レベル戦闘は、それはそれで大変面白かった。
b0173672_00542293.jpg
▼プレイして問題になったのが、このカビのような謎地形(例:ヘクスX33)。
 湿地でも茂みでもないので、砂漠地形の「礫」なのかとも思うが、製材所が近くにあるので、森林伐採後の切り株なのだろうと推測。
 しかし専用ルールのどこにも、この地形についての明記がなく(KGパイパーで追加された斜面ヘクスサイド(Slope Hexsides)についても何の説明もない。例:W32とW33のヘクスサイドにあるヒゲ状の記載)、取り敢えず今回は無視した。
もしご存知の方がいらっしゃれば、是非ご一報をお願いしたい。
b0173672_00230823.jpg

by ysga-blog | 2017-04-08 20:59 | ASLコンコマコンフリ三大戦術 | Comments(0)

YSGA4月例会の様子その3(どうせ滅びる赤匪のくせに、どうしてそんなに逃げ回る(AH/MMP)ASL Action Pack#10収録 シナリオ[AP96]Food Fight 再び)

(AH/MMP)ASL
Action Pack #10 
収録
シナリオ[AP96]Food Fight
(Russian Partisans vs Ukrainian Partisans, April 1944, Hrabivka, Ukraine)

b0173672_00542368.jpg
▲第1ターン先攻の赤匪側プレイヤーターン終了時。敵の軽迫撃砲を舐めた赤匪側キラースタックが、安易に林の縁に突撃している...

前回(2年前)やって大変気に入ったので、小学生並みの手塗りでマップ地形を変更した(全ての麦畑は林とする)このシナリオ専用マップと使用ユニットを袋詰めして、ASLやるときにはいつもカバンに忍ばせていたお陰で、パルチザンの寝床シナリオ終了後の時間潰しとしてプレイできた。


▼第1ターン終了時。軽迫撃砲に撃ち崩されたキラースタックが赤匪コミッサールのヘクスへ潰走する。しかしその時すでにコミッサールは狙撃兵によって負傷していた。
b0173672_00542431.jpg
▼第2ターン終了時。コミッサール効果で回復した5-2-7分隊3個は、懲りずに林の縁に突進するも、ROFの回った軽迫撃砲によって全滅させられた。
 しかし都合10連射ほども撃ったUPA〔ウクライナ・パルチザン・アーミー〕の軽迫撃砲は故障。次ターンの修理で6を出して投棄された(周囲からは「あんだけ撃てば完全に弾切れでしょう」との声あがる)。
b0173672_00542462.jpg
▼第3ターン終了時。迫撃砲さえなければと赤匪側は勇躍、コミッサールに率いられて突進。村への足がかりを得る。
b0173672_00542543.jpg
 公開勝率は UPA:18勝 赤匪:13勝
b0173672_01163183.jpg
▼最終1ターン前の第5ターン終了時
b0173672_01163172.jpg
 敗色濃厚の赤匪側による無理な前進は、効率的に回復と集中を図ったUPA側によって撃ち崩され、赤匪側の完敗におわった。
b0173672_01163281.jpg
結局、UPA側の除去ユニットは半個分隊1個だけで、赤匪側は建物の支配と食料強奪で7VP稼ぐも(その内1食料は遺棄されてノーカン)、除去された赤匪分隊が6個ほどもあって、+14点どころかマイナスVPで完敗した。
b0173672_01163300.jpg
〔AP96〕Food Fight
喰い物の恨みは恐ろしい
1944年4月29日 西ウクライナ,Hrabivka(リヴォフ南東約60Kmの溪谷地域)

勝利条件:赤匪ことロシア・パルチザンが勝つには、ゲーム終了時にUPAことウクライナ・パルチザンより14勝利得点もしくはそれ以上獲得していなければならない。
 勝利得点に関しては両軍とも通常のCVPが適用される。ただし例外として、捕虜にすることによる勝利得点の倍化は適用されない。
 なおロシア・パルチザンには建物ヘクス1つを支配している度に1VPと、統制状態のロシア・パルチザン・ユニットが食糧略奪の成功を抽象的に表す梱包爆薬(DC)を1個所有している毎に1VPが与えられる〔特別ルール.3参照〕。

特別ルール:
1.気候は温暖で、開始時は無風。盤上全ての建物は木造とする。また、全ての麦
畑は林とし、麦畑の外縁は林の外縁と同様に見なす〔訳注:LOSに関して〕。両軍
に無慈悲〔A20.3〕が適用される。放火〔B25.11〕と事前照準〔C6.4〕は不可。

2.ウクライナ・パルチザンは枢軸弱小軍〔訳注:3個ある5-3-7分隊はArmies of Oblivionが初出〕ユニットを使用し、ロシア・パルチザンも配置表の通りに用意するが、全ての面において両軍ともパルチザン〔A25.24〕と見なす。
 パルチザンは築壕〔B27.11〕を行えず、また複数地域射撃グループを組むこともできない。
 パルチザンのモラル値には下線〔A19.13〕が引かれているものとする。ウクライナ・パルチザンが使用する軽機関銃(LMG(g))は、故障値11(B11)と見なす。
 ロシア・パルチザンは、ゲームターン2より前に展開〔A1.31〕を行ってはならない。

3.統制下のロシア・パルチザン歩兵(訳注:騎乗では不可)MMCは各建物ヘクスにおいて1回(だけ)、食料の略奪を試みることができる。
 この試みは赤匪側回復期における「残骸からの回収(Scrounging:D10.5)」と同様にして行う(訳注:赤匪側回復期に無修正のダイス1個振りで3以下成功)。
 成功したら抽象的な意味で「梱包爆薬(DC)」1個を略奪判定を成功させたMMCが受け取る。もちろんこれは本物の爆薬ではないので、DCとして使うことはできないが、所有と運搬に関して通常のSWとして扱う。
 なお、略奪判定を行った建物には、その成否に関わらず「残骸からの回収(Scrounging)マーカ」を配置して、不正に重複して略奪しないよう明確化しておくこと。

by ysga-blog | 2017-04-08 20:58 | ASLコンコマコンフリ三大戦術 | Comments(0)

YSGA第333回定例会の様子その10〔冷戦を終えて...(AH/MMP)ASL-新装版ヤンクス/シナリオA32=188「Zon with the Wind」〕

(AH/MMP)ASL新装版ヤンクス
[188] Zon with the Wind(ソン村の疾風)
b0173672_00055268.jpg
 ちゃあ狸さんvs.マロンジンさん(その後、パンさん引き継ぎ)。
マップは新旧見比べて、グリーンの発色の良い旧版ハードマップを使用
b0173672_00055248.jpg
ちなみにネット〔ROAR〕の公開勝率は 独:216勝 US:231勝
b0173672_00055331.jpg
ちゃあ狸さんの対戦後コメント:ASLは、マロンジンさんが都合で帰られた後、パンさんに引き継いでもらいました。時間切れに終わりましたが、彼のなりふり構わぬ突撃に陥落必至でした。これまた名作のASLですからもっともっと対戦を重ねたいですね。
b0173672_00055413.jpg

by ysga-blog | 2017-03-25 17:20 | ASLコンコマコンフリ三大戦術 | Comments(0)