カテゴリ:ASLコンコマコンフリ三大戦術( 177 )

ぱんさんの月刊ASL 9月特大号 SKシナリオ通算18本目...ASL-Starter Kit シナリオS45「Contested Settlement」

スタンダードASLへの移行を睨んで、今回も全てのシナリオで狙撃兵と戦渦ルールを適用。
b0173672_00435890.jpg
(MMP)ASL-Starter Kit
シナリオS45「Contested Settlement
b0173672_01284030.jpg
 ご自身もASL StarterはExpansion Kit#1まで買い揃えているのに余り消化していない新Bさんが「友を選ばば書を読みて、六分の侠気四分の熱」の精神で、急遽参加して下さることになり、idiotenと組んで2人でスロヴァキア軍を、ぱんさんがポーランド軍を担当。
 1939年9月にポーランドに侵攻した傀儡スロヴァキア軍に対してポーランド軍が怒りの反撃を加えるというASL Starter Exp Kit #1同梱シナリオを対戦(プレイ時間朝9時から10時半まで)。
b0173672_01284123.jpg
ぱんさんの対戦後コメント:「月イチASLも今月で8ヵ月目!しかし目標である「今年中に所有している全てのSKのシナリオカード(30本)をクリアする」が今までのペースではできないということで、我が家を使い2泊3日で合宿をすることに。初日はYSGAの例会の帰りということもありすぐに就寝し、2日目から本格スタート。気合を入れて臨んだ対戦初日は、防御側の一方的な展開になり、途中投了が多く、なんと1日で5シナリオを完遂!」
b0173672_01284140.jpg
とにかく防御側のダイスは冴え渡り、反対に攻撃側はダイスが奮わなかった。
b0173672_01284288.jpg
挟撃するはずのポーランド軍の片翼が全滅。もう一方も撃ち白まされて、あと3ターンで勝利条件を満たすのは無理と判断された。
b0173672_01284245.jpg
▲独自に設定した狙撃値はスロヴァキア4、ポーランド2だったが、今回は殆ど活性化せず。

by ysga-blog | 2017-09-22 00:30 | ASLコンコマコンフリ三大戦術 | Comments(0)

ぱんさんのASL-Starter Kit シナリオ通算19本目...(MMP)ASL-Starter Kit シナリオS13「Priority Target」ギリシャ戦1941

b0173672_00333640.jpg
 有名なギリシャの運河に架かる橋を、爆破される前に確保すべく空挺降下した独軍が、隠れ潜む英豪軍高射機関砲陣地を索敵して撃滅しようとするシナリオ
(MMP)ASL-Starter Kit
シナリオS13「Priority Target
b0173672_01283891.jpg
今度は、ぱんさんが防御側の英軍、新Bさんとidiotenが攻撃側の降下猟兵を担当(朝11時から昼1時まで)
b0173672_01284363.jpg
b0173672_01283828.jpg
前回のシナリオと同様、挟撃する独軍の内、idioten担当のマップ下部隊が軽挙妄動して、ほぼ無力化してしまい、上部隊も探索隊を呼び寄せる際に40㍉長砲身ボフォース高射機関砲〔対人火力8でROF3(対人火)の恐怖〕に撃たれまくって大消耗...
b0173672_22073493.png
b0173672_01283949.jpg
 プレイ中はエキサイトしていて間違いに気が付かなかったが、英豪軍の機関砲操作班が戦禍でクラス上昇(代わりに戦意高揚)&ヒーローを生み出してしまっている。後で気付いたが操作班は戦禍の対象外であった。
b0173672_01284036.jpg
またしても3ターン途中で、出血多量のドイツ降下猟兵が敗北宣言。
b0173672_01225734.jpg
b0173672_01225784.jpg
▲独自に設定した狙撃値は英豪軍4、ドイツ2だったが、今回も殆ど活性化せず。
b0173672_19583155.jpg
史実通りシナリオでも独軍が任務達成に失敗、運河に架かる橋は爆破された...
b0173672_00320027.jpg

by ysga-blog | 2017-09-22 00:29 | ASLコンコマコンフリ三大戦術 | Comments(0)

YSGA第339回定例会➅光栄な事にASLミートアップの会場に(AH/MMP)ASL 1997 Annual収録[A116]Tangled Up in Blue ~ビルマ北部Nhpum Ga

(AH/MMP)
ASL
1997 Annual
収録

シナリオ[A116] Tangled Up in Blue ~青の牽制~

              1944年3月28日:ビルマ北部 Nhpum Ga
b0173672_23080290.jpg
 ベイツさんvs.J.Bさんによるインパール作戦中、その背後で日本軍の攪乱牽制を行ったメリル襲撃隊〔ガラハド奇襲戦隊の青チーム〕と、その討伐にあたった菊兵団小倉歩兵第114聯隊との戦いを描いたシナリオ。
 期せずして同じ会場でOCS:ビルマをプレイしており〔ベイツさんの気遣いかな!?〕、そのマップにASLシナリオの戦場を探すと、北マップのヘクス51.22にそれはあった(蛍光イエローのチップのあるヘクス)。
 よく見ると、当のガラハド奇襲戦隊(1-Gal:練度最高の5)がすぐ近く〔3ヘクス横〕にいるのが分かる。
b0173672_23080195.jpg
b0173672_23080111.jpg
b0173672_23075476.jpg
ちなみにネット〔ROAR〕の公開勝率は 日本:36勝 米軍:31勝
b0173672_23080090.jpg
ジャングルの中をサーチ&デストロイするシナリオ
b0173672_23080042.jpg

by ysga-blog | 2017-09-19 22:19 | ASLコンコマコンフリ三大戦術 | Comments(0)

第8回平和ゲーム集会その❹ (AH/MMP)ASL: [J185]"The Haunted Castle" (独軍vs赤軍、22 June 1941:バルバロッサ作戦初日のシナリオ)

b0173672_22511455.jpg
(AH/MMP)ASL:
[J185]"The Haunted Castle"
(独軍vs赤軍、22 June 1941:バルバロッサ作戦初日のシナリオ)
b0173672_22511435.jpg
寸借組副長vs.酒さん
b0173672_22511451.jpg
ASL Journal誌12号掲載シナリオより
b0173672_22511560.jpg
史実通り、奇襲下にあった赤軍は城を枕に討ち死にした模様
b0173672_22511594.jpg
寸借組 副長さんの対戦後コメント:ASL的レアケースが発生したので報告しておきます。

ドイツ軍の半個分隊が投稿したロシア兵2個分隊を監視していたところ、スナイパーによりドイツHSが混乱。

→ ロシアのプレイヤーターンだったため、直後のCCフェイズに捕虜が反乱、混乱した監視兵相手にCCし、見事除去。

→ HSをCCで除去したのでロシアのHS1個分が再武装に成功。残りの1.5個分隊の非武装・解放捕虜と怪気炎を上げる。

→ ロシア軍防御射撃で再武装分隊が隣にいたドイツ軍2個分隊を射撃したところ、両方混乱。まさかの退却不能で両方除去。

→次ターン、怒ったドイツ軍に包囲され、2.5個分隊くらい(別の捕虜とその監視兵も一緒)が解放捕虜ヘクスに突撃。再武装HSの2火力と非武装白ユニットの(1)火力✕2で立ち向かうも、皆殺し。

...という、心温まる、なごやかな光景が繰り広げられました。
 写真にあるヘクスAA6のスタックが捕虜を、なで斬りにしたドイツ軍、その横の捕虜ユニットが、撫で斬りにされた方たちです。
過酷な戦場における一服の清涼剤とも呼ぶべき、爽やかな出来事でした。
b0173672_22511349.jpg
b0173672_01012626.jpg

by ysga-blog | 2017-09-05 15:27 | ASLコンコマコンフリ三大戦術 | Comments(0)

ぱんさんの月刊ASL八月号...ASL Starterシナリオ通算15本目...(MMP)ASL-Starter Kit S5「Clearing Colleville」 (コルヴィル村の掃討戦)

b0173672_07175699.png
(MMP)ASL-Starter Kit
シナリオS5Clearing Colleville
(コルヴィル村の掃討戦)
b0173672_00065878.jpg
▲初期配置を終えたばかりの盤面。今回もスタンダードASLへの移行を睨んで狙撃兵と戦渦、半個分隊の創設/統合ルールを適用。各陣営の狙撃値は、類似するノルマンディ上陸直後の陸戦シナリオを参考として、下記のシナリオカードの通り、両軍ともに「3」とした。
 なお麦畑が水色なのは、パンさんが他のシナリオ専用(カランタンの湿地戦シナリオ)として拡大コピーしたマップを流用しているため。
b0173672_00065962.jpg
▼初期配置の盤面その2 白っぽい写真は、フラッシュを焚いたもの。色違いの写真が混在して見苦しいのはお詫びしたい120.png
b0173672_00065965.jpg
▼第1ターン終了時
b0173672_00070078.jpg
b0173672_00070198.jpg
▼第2ターンの途中。米軍の侵攻(左斜め上の米軍9-2指揮官とMMGと3-4-6半個分隊の移動中)に対し、独軍防衛の要である重機(7火力HMG=ROF3)が、必殺の臨機射撃を実施したところ、6ゾロで初弾故障の悲喜劇。
 一方、米軍は臨機射撃で撃たれた射撃誘引用の半個分隊が、士気チェックのピンゾロで戦渦の結果、初の狂暴化!! たまたま持参していたSS専用の狂暴化半個分隊ユニット(赤装束の髑髏マーク付き3-4-10半個分隊)と火力・射程が一緒だったのでそれを流用している。
b0173672_00070258.jpg
b0173672_01333045.jpeg
b0173672_00070220.jpg
▼しかもその重機は、続く独軍ターンの回復期の修理判定で、50%の回復率にも関わらず出目6で永久除去(修理不能の故障だったと判明)... ASLあるある過ぎんよ145.png
b0173672_00065637.jpg
b0173672_00065825.jpg
b0173672_00250330.jpg
b0173672_00250465.jpg
b0173672_00250023.jpg
b0173672_00250190.jpg
b0173672_00250108.jpg
▼独軍守備隊の最後。米軍ビックレッドワンによる怒涛の突撃を受けた場面。
b0173672_00250210.jpg
▼最終ターンの裏、独軍ターンを待たずに米軍ターンにて決着。シナリオ名のとおり、村に立て籠る独軍が一掃されて終わり。
b0173672_00250344.jpg
ROAR公開勝率は米軍:72勝 独軍:56勝

by ysga-blog | 2017-08-20 00:14 | ASLコンコマコンフリ三大戦術 | Comments(0)

ASL Starterシナリオ通算16本目...(MMP)ASL-Starter Kit S16「Legio Patria Nostra」 (部隊こそ我らの祖国~フランス外人部隊の標語~)

b0173672_00381160.jpg
  • 場所:イタリア,ラディコファニ(RADICOFANI)
  • 日付:1944年6月18日
  • 概要:ローマ陥落後,イタリア戦線に配属されていたフランス遠征軍団(FEC)は,6月10日,25kmの前線に渡ってイタリア戦線における夏季攻勢を開始した.その左翼にはアメリカ第4軍団が,右翼にはイギリス第13軍団が展開していた.前面に展開するドイツ軍を北方へ押し上げシエナ(Siena)へ進撃するために,司令官のジュィン将軍は,「追撃」部隊を編成した.それらは第3アルジェリア歩兵師団と,別名第1自由フランス師団として知られる第1行進歩兵師団で編成されており,それぞれアメリカ軍機甲大隊で増強されていた.これらの部隊は,ラミナット(Laminat)将軍に指揮されていた.ドイツ軍の急造編成の戦闘団は,6月15日まで弱い抵抗姿勢を示した後,退却を始めた.第1行進歩兵師団は,6月15日朝にアクアペンデンテ村を占領し,北へ向けて前進を開始した.6月17日,部隊はラディコファニ(RADICOFANI)で強い抵抗に遭遇した.しかし第1旅団(「外人部隊こそわが祖国」で知られるフランス外人部隊)は,夕暮れまでに町の南2kmまで前進した.
  • 【シナリオ専用ルール】雨のため煙幕を置くことはできない.全てのユニットは舗装道路を用いずに高度レベルを変更(上り下りとも)する場合に追加+1MFが必要となる.
  • 自由フランス軍が選んだ建物(P9又はO6)は要塞化されているものとし,+4TEMを得る.この建物はゲーム開始時に自由フランス軍が支配している.

※実際の戦場写真(下:モノクロ)と、現在の写真(上カラー)とリンク先(ここをクリック) を見れば分かるとおり、戦時中一木一草とてないこの急斜面が雨で泥濘化しており、専用ルールにある通り、丘の上り下りは追加1MP必要。
 と言うことは、丘の上に立つ建物に下から直接移動する場合は、建物2MPの倍で4MP(高いレベルに登る場合は通常移動コストが倍になる為)+1MPで5MP必要であり、移動では指揮官ボーナスを得ているかCX状態にならなければ入れず、突撃で入るためには指揮官とスタックしていなければ下から上の建物には侵入できない。
 どんな地形なんだとプレイ中は怪訝に感じたが、この写真を見て納得した。
 また、初期配置で突出孤立した外人部隊(9-2指揮官と半個分隊)が立て籠る要塞ヘクスは、この見るからに中世の城郭を表している。
b0173672_00391121.jpg
(MMP)ASL-Starter Kit
シナリオS16Legio Patria Nostra
(部隊こそ我らの祖国~フランス外人部隊の標語~)
b0173672_00310585.jpg
▲初期配置終了時。秘匿されて出ていないが独軍は、盤上のどこかに20㍉高射機関砲と、75㍉対戦車砲を埋め込んでいる。
 ちなみに勝手に設定した狙撃値は、外人部隊「3」、独軍「4」▼
b0173672_00310605.jpg
▼丘の上に築かれた外人部隊のキラースタック(総火力24火力)に対して自ら姿を表して高射機関砲が撃ちまくるも、ROF三斉射目にして6ゾロ故障の悲喜劇。
 なお、この撮影時には考えなしに裏面(通常は故障面)を向けているが、このユニットに関しては牽引面なので、直後に表に戻してGun故障マーカを配置した〔次の写真参照〕。
b0173672_00310786.jpg
▼第1ターン糸冬 了..._〆(゚▽゚*)
b0173672_00310755.jpg
b0173672_00310854.jpg
▼外人部隊の立て籠る城郭を巧妙に攻略した独軍だったが、奪回した中機関銃と持ち込んだ軽機関銃を合わせて射撃したところ、6ゾロ故障を出し、無作為選択のダイスもゾロ目だったので、両方とも故障してしまう悲喜劇発生。
b0173672_00310901.jpg
b0173672_01333020.jpeg
b0173672_00310974.jpg
b0173672_00310337.jpg
b0173672_00310454.jpg
▼中盤まで独軍優勢に思えたが、城郭に対する外人部隊の肉弾戦が効いて、戦局挽回。その後は一気に独軍兵力が減って、残り1ターンの段階で独軍が敗北宣言。
b0173672_00310530.jpg
ROAR公開勝率はフランス外人部隊:34勝 独軍:17勝

by ysga-blog | 2017-08-20 00:13 | ASLコンコマコンフリ三大戦術 | Comments(0)

ASL Starterシナリオ通算17本目...ASL-Starter Kit シナリオS4「Welcome Back」 (地獄に逆戻り) バルジ、血まみれバケツの悲運再び

b0173672_01222100.jpeg
▲戦争絵画「the Hosingen」
b0173672_01195141.jpg
場所:HOSINGEN, LUXEMBOURG
日付:16 Dec 1944

概要:1か月前フュルトゲン森の地獄でほぼ全滅に近い大損害を受け、その傷をゴースト・フロントと呼ばれた平穏なアルデンヌの森で癒していた「ブラッディ・バケツ」こと米第28歩兵師団の第110連隊に、Luxembourg内のOur川とClerf川の間にある、 狭い分水嶺を守る命令が与えられた。
連隊は国道16号線を跨いで布陣した。
 米第28師団のバージニア州兵達に 「Skyline Drive」として知られるこの道路は、 Ardennesを通る数少ない舗装道路の内の一つであった。
連隊は、分水嶺沿いに拠点を並べ、 24kmに渡って展開していた。 そしてたいていの拠点には戦闘車両や対戦車兵器が増強されていた。
そのような拠点の一つがHosingenの町で、ここにはK中隊と 第103戦闘工兵大隊のB中隊が配置されていた。
  12月16日0525、強力な砲撃が始まり、いくつかの建物が燃えた。 しかしアメリカ軍自体は、いくつかのトラックの被害を除いては、 大した損害を受けなかった。濃い霧のため2~300メートルより先は見ない。 夜が明けていくにしたがって、アメリカ軍の拠点の北と南を ドイツ軍部隊が迂回していく音が聞こえてきた。
これは砲撃の始まる前に町の東側の森に集結していたドイツ第26国民擲弾兵師団77連隊で、 現在Clervaux(クレルボー)の橋を確保するために移動中であった。
 0730頃に霧が晴れ始めると、西へと続く幹線道路を確保するため、 国民擲弾兵たちは徐々にHosingenへの攻撃を強めてきた。


バージニアの州兵師団である事から、師団マークがバージニア州のシンボル「礎石(バージニアが新大陸移住の先遣地だった事に由来)」の形と赤い色が、フュルトゲン森林戦での大出血(上記映画参照)」を連想させたことからの自虐的な仇名
b0173672_01201393.jpg
ネット様様で、シナリオの地名と年で画像検索すれば、大抵のシナリオの歴史背景に関する画像が拾える。ここではシナリオのネタ本の一つと思われる戦記本を掲載。
b0173672_01203846.jpg
(MMP)ASL-Starter Kit
シナリオS4Welcome Back
(地獄に逆戻り)
b0173672_01114857.jpg
▲第1ターン終了時の盤面、広い防衛範囲に対して兵力もまばらで質もバラバラの米軍が、国民擲弾兵の二線級歩兵とは言え、多勢の突破浸透を受けて右往左往するシチュエーション。
 案の定、手薄な米軍右翼の森を衝かれて、早くも長駆進撃を許してしまっている。
b0173672_01165872.jpg
▲勝手に設定した狙撃値は米軍4、独軍2だったが、今回は殆ど活性化せず。
b0173672_01114990.jpg
b0173672_01114917.jpg
b0173672_01332946.jpeg
b0173672_01115037.jpg
b0173672_01115006.jpg
b0173672_01115147.jpg
b0173672_01114661.jpg
b0173672_01114723.jpg
ROAR公開勝率は米軍:62勝 独軍:52勝
b0173672_01114736.jpg
▼全6ターン中4ターン前半で、独軍勝利条件の10勝利得点相当の盤外突破を許してしまい、米軍敗北確定の写真...148.png
b0173672_01114837.jpg
168.png今回のプレイの戦訓:スタンダードASLへの移行を念頭に置くなら、半個分隊創設ルールの導入は、散布射撃ルールも導入しないと防御側が不利になりすぎる嫌い有り。同時に火線ルールの導入も一考すべし。
b0173672_01165699.jpg
▼突破させじと、おっとり刀で駆けつけた米軍50口径〔12.7㍉〕重機が肝心な時に6ゾロ故障を起こして沈黙...149.png
 せっかくの10-2指揮官も十分に能力発揮できなかった。
b0173672_01165737.jpg
▲盤外突破に成功した独軍ユニットを並べてみた104.png

by ysga-blog | 2017-08-20 00:12 | ASLコンコマコンフリ三大戦術 | Comments(0)

第338回定例会の様子その5...(AH/MMP)ASL FESTUNG BUDAPEST収録 シナリオ[FB14]At the Narrow Passage ~狭い抜け道では~三人用シナリオ

(AH/MMP)ASL
FESTUNG BUDAPEST
収録

シナリオ[FB14] At The Narrow Passage~狭い抜け道では~

1945年2月7日:ブダ側
b0173672_23582550.jpg
当日ドラフト会議で決めた担当陣営は、赤軍:flacoさん、独軍:酒さん、枢軸&赤色ハンガリー軍:yagiさん。↑上掲写真は初期配置中の盤面
b0173672_23582691.jpg
※こちらの対戦の詳細は、素晴らしいリプレイブログを製作して下さっている、
yagiさんの「千葉会(Chiba Club)」サイトをご覧下さい。
b0173672_23582695.jpg
flacoさんの対戦後コメント:選んだシナリオはFB14 “AT THE NARROW PASSAGE”. FBの中で唯一の3人戦専用のシナリオ。

[シナリオ概要]
 1945年2月7日の包囲下にあるブダペスト(ブダ市街)が舞台。度重なる市街突撃で兵力が枯渇し始めたソヴィエト軍は、降伏したハンガリー兵たちを義勇兵として再編成。自軍兵力の充足にあて攻勢を継続する。
ブダ市街においてハンガリー軍の兵士たちがドイツ軍とソヴィエト軍の陣営に分かれて戦闘に加わる混戦模様をテーマとしている。

 3人の各プレイヤーはドイツ、ハンガリー、ソヴィエトの国家を担当して、所定のVP建物の確保を競う。ターン数は5ターン。
 各ターン終了時に支配しているVP建物分のポイントが加算され、ゲーム終了時に最も多くVPを確保した国家が勝利する。
 VP建物は合計7個。ゲーム開始時にドイツ3、ハンガリー3、ソヴィエト1の割合でVP建物は保持されている。

 これとは別にCC CVP(白兵戦による損害VP)の多寡を争い、各ターン終了時に16 CC CVPを達成した陣営がサドンデス勝利となる。また、ゲーム終了時点で最も多くCC CVPを獲得した陣営に2VPがボーナスとして計上される。

 プレイ前に各プレイヤーが第1希望、第2希望の陣営を秘密裏に決めておいてまずは第1希望から出し合う。
 シナリオカードのバランスを適用し、第1希望を担当したプレイヤーはハンディキャップなし。第2希望を担当することになったプレイヤーには0.5VPとヒーロー1-4-9を追加。不本意な陣営を担当することになったプレイヤーには1VPとヒーロー1-4-9が追加される。
 今回は私がただ一人第1希望でソヴィエト軍だったので決定。他の2名は第1希望でドイツ軍を挙げたのでダイス判定。この時点で第2希望を書き忘れていたことがわかり協議の上それぞれに0.5VPとヒーローを付けることにした。

 ターンの進行はソヴィエト、ハンガリー、ドイツ、ブダ義勇兵(以下BVR)の順にサイクルして進められる。各フェイズを解決する順番も同様。
 特徴として、自軍ターン以外に3回防御射撃が可能なため、スカルキング戦術があまり有効でなくなる。
指揮官とスタックしていれば、回復の試みを1ターンの間に4回行えることになる(武器の修理なども同様)。
特殊なのはハンガリー担当プレイヤーで、枢軸ハンガリー軍とBVRという2つの相反する軍勢を指揮する(1ターンの間に2回プレイヤーターンを持つ)ことになり、最も難しい舵取りを要求される。

 天候は積雪。枢軸軍(ドイツ軍と枢軸ハンガリー軍)には弾薬欠乏レベル4と食料欠乏、燃料欠乏が適用され、ソヴィエト軍とBVRにはブービートラップレベルCのペナルティーが適用される。また全軍に無慈悲が適用。
 第2ターン~第4ターンにかけてソヴィエト、ハンガリー、ドイツ、BVRの各軍はユニットを購入して援軍として投入できる。

[プレイの方針]
 最初に実施された建物の崩落判定で、ゲーム開始時ソヴィエト軍が唯一確保しているVP建物(V15)全9へクスの内7へクスが崩壊。瓦礫とデブリを周囲にまき散らした。
 潰走可能な区域が減り、連続建物の効果を失い、枢軸軍からLOSが通るために隠蔽の獲得が困難になる。加えて道路に瓦礫とデブリが散らばり、ドイツ・ハンガリー軍が建物V15に進入しやすくなった。
攻めなくてはならないソヴィエト軍プレイヤーとしては内心頭を抱える事態となる。

 ソヴィエト一択として検討していた私の見立てでは、ソヴィエトがハンガリーを一方的に攻めた場合VPでドイツが勝つ。
逆にドイツに攻撃を集中させると郵便局庁舎が陥落せずハンガリーがVPで勝つ。
 ソヴィエトがVPでの勝利を狙うとしたら、郵便局庁舎の1VPとドイツのVP建物1個はできれば第2ターンに確保しておきたい。
そして第3ないし第4ターンにドイツ軍からもう1個VP建物を確保できればソヴィエトにも勝機があると踏んだ。CC CVP16点の獲得による勝利は実は大変難しく、不意打ちを食らった陣営がほぼ除去されてしまうため、白兵戦を仕掛けるリスクが高すぎるのだ。
 火力で優位に立ち弾薬欠乏がないソヴィエト軍は、それを活かして防御射撃を準備射撃の代わりとして繰り返し、自軍ターンの移動で敵を潰走させる。
 そのような目論見で対戦に挑んだ。
b0173672_23582792.jpg
b0173672_23582711.jpg
b0173672_23582873.jpg
b0173672_23582802.jpg
b0173672_23582921.jpg
▲残すところ後1ターンという所で、赤軍に奪われた建物を奪回するのは無理と判断され、枢軸軍の敗退となった。

by ysga-blog | 2017-08-13 20:47 | ASLコンコマコンフリ三大戦術 | Comments(0)

第338回定例会の様子その6...(AH/MMP)ASL FESTUNG BUDAPEST収録 シナリオ[FB15]Taking of Object 59 ~目標番号59の奪取~

(AH/MMP)ASL
FESTUNG BUDAPEST
収録

シナリオ[FB15]Taking of Object 59 ~目標番号59の奪取~

1945年2月7日:ブダ側
b0173672_00182906.jpg
ザハさんvs.Speeさん ▲両者が持ち寄ったブダペスト戦に関する洋書
b0173672_00183060.jpg
期せずして三人用シナリオと同じ日付のシナリオで、同じブダ側の一方ではこんな戦いが繰り広げられていたという、興味深い対比が見られた。
b0173672_00182829.jpg
事前判定の瓦礫形成で、赤軍の目前に隙間なく瓦礫が並ぶ格好となった!! 
b0173672_00183049.jpg
b0173672_00183193.jpg
b0173672_00183118.jpg
b0173672_00183219.jpg
▼厳しいボグ判定にパスして、1輛のT34/76が瓦礫を乗り越えた
b0173672_00183210.jpg
b0173672_00182781.jpg
▼T34/76とヘッツァーが大通りで鉢合わせしたように見えるが、T34/76は瓦礫を避けて建物を迂回移動中なので、お互いに視認できていない状況。
b0173672_00182809.jpg
b0173672_00451684.jpg
b0173672_00451745.jpg
▼オンボロのDT28デグチャレフ軽機関銃で、ヘッツァーの側面装甲を対戦車射撃し、至近距離修正のお陰もあって見事に撃破成功!! 
 実戦でも軽機関銃に撃破されたヘッツァーなんていないように思うのだが、こうした奇跡が起きるのもASLの醍醐味。
b0173672_00451722.jpg
b0173672_00451840.jpg
最終ターンまでフルでプレイされ、赤軍があと一歩攻めきれずに目標59の奪取に失敗。
b0173672_00451505.jpg

b0173672_23582418.jpg

b0173672_23582445.jpg

b0173672_00083409.jpg
なかなかこうした大きなシナリオはフルターンできないのだが、流石にン十年来のASLer同士の対戦だと仰ぎ見る思いがした。
b0173672_00451525.jpg

by ysga-blog | 2017-08-13 20:46 | ASLコンコマコンフリ三大戦術 | Comments(0)

第338回定例会の様子その7...(MMP)ASL 自作シナリオ[123]The Borders are Burning ~国境炎上~テストプレイ

b0173672_02592035.jpeg
(MMP)
ASL

シナリオ[123] The Borders are Burning~国境炎上~

1939年11月30日:フィンランド
b0173672_19193592.jpg
Gさん対J.Bさん
b0173672_19193389.jpg
ASLジャーナルに送付予定の自作シナリオ・テストプレイ
b0173672_19193457.jpg
b0173672_19193575.jpg
b0173672_19193643.jpg
b0173672_19193349.jpg

by ysga-blog | 2017-08-13 20:45 | ASLコンコマコンフリ三大戦術 | Comments(0)