カテゴリ:【ノルマンディー戦:総合】( 53 )

出本ノルマンディーをテストプレイ その2

出本ノルマンディー
b0173672_1425308.jpg

※今回の出本ノルマンディーにおけるデザイン上の目玉は、一切ダイスを使用しないシステムである事。
特に砲撃・戦車戦・白兵戦の三段階にわけて行う戦闘に、ダイスという不確定要素を排した卓見には唸らされた。
 1ターン4日間で、両軍とも2回ずつ戦闘・移動する手順で、全13ターンと聞くと、かなり時間がかかりそうに思えたが、原則として敵ZOCにいると移動禁止、混乱して裏返っていると攻撃禁止、しかも戦闘では相手の持つ支援チットだけが不確定要素という、ある程度先読みできるシステムになっているので、運に任せて攻撃してみるという場面は少なく、意外とサクサクとターンが進む。
b0173672_14255069.jpg
b0173672_1426726.jpg
b0173672_14263327.jpg
b0173672_14265546.jpg

by ysga-blog | 2012-02-18 16:24 | 【ノルマンディー戦:総合】 | Comments(0)

出本ノルマンディーをテストプレイ その3

出本ノルマンディー
b0173672_14275384.jpg
b0173672_14281136.jpg
b0173672_14282945.jpg
b0173672_14294185.jpg

by ysga-blog | 2012-02-18 14:27 | 【ノルマンディー戦:総合】 | Comments(0)

YSGA第261回定例会の様子 その19(EP/SS)D-DAY (SM)ハイ・フロンティア)

(EP/サンセット)D-DAY/史上最大の作戦
b0173672_3521283.jpg

b0173672_3523150.jpg

b0173672_3524832.jpg

(Sierra Madre Games)High Frontier
b0173672_3531142.jpg

こちらの対戦の詳細は、新作・珍作ゲームの伝道師N村さんの「閑人工房」ブログをご覧下さい。
by ysga-blog | 2011-03-21 20:16 | 【ノルマンディー戦:総合】 | Comments(0)

YSGA第256回定例会 その22終(ノルマンディー・マップや資料本)

この夏、ノルマンディ戦跡巡りの旅で手に入れたノルマンディー・マップお披露目。ある意味【祭り:D-DAY】企画の一環か
b0173672_2364679.jpg

b0173672_237572.jpg

b0173672_2372684.jpg

▼例会場に持ち寄られた資料本や、話題の映画パンフなど
b0173672_238306.jpg

by ysga-blog | 2010-10-31 05:03 | 【ノルマンディー戦:総合】 | Comments(0)

YSGA第252回定例会の様子その1(会場全景とAtO誌ファレーズ・ポケット)

■会場確保の都合により6月は1回だけの開催となった為か、部外からの参加者4名を含む、プレイ参加23名、顔見せ1名の総勢24人もが集い、以下のゲームを閉会ギリギリまで繰り広げました。
b0173672_025866.jpg

ノルマンディーミッドウェイ第3次中東戦争追憶企画:

(NES)キリンググラウンド:オーバーロード
(RHINO/コマンド48)Decision in France シナリオ「突破」
(Against the Odds誌)The Pocket At Falaise

(GMT)Empire of the Sun
(VG)Flash Point: Golan
・(World at War誌)ドイツアフリカ軍団
・(Worlds Forge)Field Command:Singapore 1942
・(GJ誌34号付)燃えよ姉川の戦い
・(GMT)Combat Commander
・(Academy Games)Conflict of Heroes
・(AH)第三帝国
・(GJ別冊)信長最大の危機
・(シエラマドレ)オリジンズ 3人戦
・サンクト・ペテルブルグ 4人戦
・アグリコラ 5人戦
・(コンドッチ)太平洋ソロモン戦役カードゲーム


b0173672_032932.jpg

b0173672_085797.jpg

b0173672_091432.jpg

b0173672_093749.jpg

(Against the Odds誌)The Pocket at Falaise
ファレーズ包囲戦


 クロノノーツさんに和訳がアップされた事によって容易にプレイが可能となった本作も、周囲の耳目を集めていた。▼写真は、初期配置終了時。
b0173672_23223712.jpg

▼初期配置の段階では、まだ包囲の口は閉じられていない。
b0173672_23231574.jpg

b0173672_23234859.jpg

b0173672_23251114.jpg

by ysga-blog | 2010-06-05 20:58 | 【ノルマンディー戦:総合】 | Comments(0)

YSGA第252回定例会の様子その3(コマンド48:Decision in France)

(RHINO/コマンド誌48号付)Decision in France
デシジョン・イン・フランス


 傑作との呼び声こそ高いが、いまだ実践の機会に恵まれなかった2人による初対戦。
 今回は、ストレスの貯まりまくるボカージュ戦部分は飛ばして、「突破」シナリオを選択。
b0173672_013052.jpg

b0173672_0132664.jpg

▼第13ターン進行中
b0173672_014145.jpg

▼第17ターン進行中
b0173672_015105.jpg

b0173672_015377.jpg

b0173672_0161745.jpg

▼第19ターン(1944年8月18日前後)に、調子に乗って単独で進撃するパットン第3軍司令部が、独軍の敗残部隊による思わぬ反撃を受けた瞬間。しかし乾坤一擲のこの反撃は、独軍装甲師団の一方的な全滅に終わり、パットンが二丁拳銃ならぬ二丁バズーカ砲で闘ったのだと噂された。
b0173672_017692.jpg

▼21ターン進行中の盤面。進撃中の米英軍が軒並み補給切れになっているが、後で両者がルールを読み合わせると、無償で進捗できる補給源を使い忘れていたことが判明。
b0173672_0173812.jpg

▼最終24タ―ン終了時の盤面全景。連合軍の補給ルール誤解により、残念な結果となったが、それ意外では十二分にこのゲームの面白さは理解できたとの事。
b0173672_0181254.jpg

by ysga-blog | 2010-06-05 20:54 | 【ノルマンディー戦:総合】 | Comments(0)

(GMT)バトル・フォー・ノルマンディー 「血まみれオマハ」シナリオ

(GMT)The Battle for Normandy
バトル・フォー・ノルマンディー
シナリオ1「ブラッディ・オマハ」


 エラッタが出揃うのを待っていたら、和訳公開がいつになるか分からないということで、取り敢えず上陸システムの動作確認を終えたら、和訳作業に一区切りつけようということになりました。

b0173672_032296.jpg

▼うちの写真がGMT公式サイトに載りました。マクゴワンR.MacGowan御大が管理するフォト・ダイアリーに、宣伝バナーとして流用されました▲
b0173672_001643.jpg

▼シナリオ初期配置終了
b0173672_9275723.jpg

▼6月6日侵攻ターン終了時 超ブラッディ... 手前にあるのが両軍の除去ユニット。ただし30%でしか上陸に成功しないはずのDDタンクが1個中隊海没したのみで他は全て上陸成功!上陸したら即座に一回ずつ先制射撃できるのが嬉しい(命中率は10%だけど)。
b0173672_9281910.jpg

 上陸システムは驚くほどシンプル。Atlantic Wall(SPI)は勿論、THE LONGEST DAY(AH)より、よほど簡単だと思われる。上陸戦闘はチャートなど一切使用せず、10面体ダイスで戦力以下を出せば相手に1ステップロス。複数ヘクスから逐次射撃できるので、文字通り上陸海岸は十字砲火を浴びて血に染まる。ちなみにオック岬のレンジャーは撃退された。(オック岬の独軍沿岸砲兵ユニットだけダミーまで用意された特別仕様。デザイナー凝りすぎ...だが、それがイイ)
b0173672_928388.jpg

▼実質的な2ターン目(6月6日午後)終了時
b0173672_9285742.jpg

 6月7日夜間を迎えて、独軍第352歩兵師団司令部が抱える5歩兵補充ステップを損害回復に使い切れば、鉄壁のオマハ海岸になるのは必定。このシナリオでは米軍に航空支援も艦砲も砲兵も無い為(米軍砲兵は、あるにはあるが、敵ZOCには揚陸させられないので、実質的に砲兵支援無しで橋頭堡拡大しなければならない)、ちょっとこれ以上の米軍奮戦は難しいと判断して終了とした。
b0173672_9292734.jpg

少なくとも上陸戦闘システムは巧く機能することは確認できたので、やるなら局地シナリオでなく、上陸キャンペーンだろうということに。デザイナーの意図としても、シナリオはあくまでルール習得の為に、触り程度プレイすればいいという考えなのではないかなと。シナリオのゲームバランス的にも、シナリオ規定的にも(補給ポイントとか航空ポイントとか色々不明瞭な点も多し)、あまり深く考えていないのではなかろうか。
 ある意味、文字通りの「前世紀の怪物」ゲームと言えるかも知れない〔本来モンスターゲームとはそうしたもの!?〕。
by ysga-blog | 2010-02-20 10:23 | 【ノルマンディー戦:総合】 | Comments(0)

YSGA 2月例会の様子 その2(バトルfノルマンディー(GMT))

(GMT)The Battle for Normandy
バトル・フォー・ノルマンディー
 シナリオ1「シェルブール攻防戦」


▼午前中の練習プレイ、と言うか、独軍の初期損害/師団毎に決められた複数ステップロスを適用し忘れていたことに気が付いたので、1~2ターンほどプレイしたところで結果的に練習プレイとして仕切直し。
b0173672_082216.jpg

b0173672_08397.jpg

▼気を取り直して、仕切直し再戦開始。独軍の初期配置ユニットの殆どが裏返っているので、練習プレイのような一直線な防衛線は引けず。
b0173672_0203526.jpg

b0173672_092321.jpg

▼他のゲームと違い、このゲームの湿地は防御側にとって死地に等しい不利修正が適用されるので、この湿地帯がシェルブールへの近道と化している。

溢水 [Flooded] /湿地 [Marsh]:歩兵タイプのユニットは、その全MPを使用することで、この地形内に移動できます。機械化と砲兵のユニットは、道路を経由してのみ溢水/湿地ヘクスへの進入と退出ができます。溢水/湿地ヘクスの外部を攻撃している又は溢水/湿地ヘクスから他のそれを攻撃しているユニットは、その攻撃戦力が半減します(端数切上げ)。攻撃側は、もしも溢水/湿地ヘクス内を攻撃すると+2DRMを受け取ります(この平らで広く開けた地形内では、防御側は極度に損害を受け易くなります)。AMとPMのターンに溢水/湿地の地形内にいるユニットは、強制攻撃の影響を受けます(12.3)。
b0173672_094072.jpg

 コタンタン半島の両脇、重ボカージュの無い沿岸沿いに攻め上がる米軍。
b0173672_095632.jpg

 しかし独軍もさるもの。湿地を抜けてすぐの平地には、独軍守備隊の守護神、鹵獲フランス戦車大隊が米軍を撃退!?ソミュア戦車、ガンガレ!超ガンガレ!!
b0173672_0101696.jpg

 半島西岸の平野部でも鹵獲戦車大隊が「街道上の怪物」と化し、米軍これを恐れて近寄らず...
b0173672_0104576.jpg

 ジリジリと下がり始める独軍
b0173672_011721.jpg

by ysga-blog | 2010-02-11 21:15 | 【ノルマンディー戦:総合】 | Comments(0)

YSGA 2月例会の様子 その3(バトルfノルマンディー(GMT))

 シェルブール攻略戦に米軍機甲師団は参加していないものの、軍団直属の独立戦車大隊や偵察大隊が、機械化移動で独軍を追撃して、たびたび窮地に陥れる。
b0173672_023169.jpg

 独軍各地で局地的に包囲された部隊を見捨てつつ、シェルブール市街目指して大撤退。
b0173672_0233325.jpg

▼18ターン(シナリオ開始から6日目)終了時点のマップ全景
b0173672_0235162.jpg

 プレイ終了時におけるコタンタン半島西岸戦区の拡大
b0173672_024920.jpg

 プレイ終了時におけるコタンタン半島中央部の拡大。シェルブール外郭陣地は、旧時代の防御思想で築かれたものなので、ZOC形成を考えるとあまりあてにならず...
b0173672_0243138.jpg

 プレイ終了時におけるコタンタン半島東岸(ユタ海岸北方)戦区の拡大 鹵獲戦車大隊、その奮戦ぶりが祟って包囲される。
b0173672_0244731.jpg

 プレイ終了時における独軍除去ユニットの全て
b0173672_025653.jpg

午前中の練習プレイの後、担当区域/陣営を替えずに仕切りなおして最初からプレイし、閉会までに18ターン(6日間)終了までプレイを進めていたのが印象的。他のシナリオと違って補給ポイント等の規定も明確で、比較的サクサクプレイできる点からも、まず最初にプレイするなら、このシナリオからじゃないかと、話し合われていた。
by ysga-blog | 2010-02-11 21:14 | 【ノルマンディー戦:総合】 | Comments(0)

(GMT)The Battle for Normandy:シナリオ3「コブラ作戦」 その1

(GMT)The Battle for Normandy
バトル・フォー・ノルマンディー
シナリオ3「コブラ作戦」


 例会でいきなりマップ5枚キャンペーンやる前に、試しに片割れのコブラ作戦だけでも試しておこうと4人で事前プレイ。しかし初期配置だけでも3人がかりで2時間弱、1日を夜間/午前/午後の3分割という小刻みな展開で、夕方までプレイして3ターン半(作戦開始2日目の連合軍午前ターン終了まで)という、久しぶりの本格的なビックゲームぶりに、ちょっと1日だけでマップ5枚のコプラ作戦+グッドウッド作戦キャンペーンは無茶だと判明。初プレイの方2人を入れての3人戦で、マップ1枚の「シェルブール攻防戦」が妥当ではないかという事になりました。

【シナリオブック歴史背景より】
 ノルマンディ侵攻は、なんとか望んでいた以上に成功しましたが、フランスの解放という楽観的な到達点は、いまだに満たされていませんでした。連合軍の進撃は、レシィ、サン・ロー、カーンの前面で頓挫し、ドイツ軍は一か月間にわたって強固な戦線を保持していました。
7月19 日には、グッドウッド作戦が開始されました。東方ではイギリス軍機甲師団がついにカーンを奪取しましたが、ちょうどその南方のブールゲビュ尾根で停止させられました。一週間遅れて、ブラドレィ将軍は別の作戦を発動しました。グッドウッド作戦と同様に、この作戦はドイツ軍戦線に穴を穿つための特定地域への重爆撃で開始されました。米軍の機甲師団は、ドイツ軍の防衛線を突き破ることを試み、ついに大突破を果たしました。この作戦名は、コブラと呼ばれます。

初期配置を終えたマップ全景
b0173672_23192931.jpg

b0173672_23521831.jpg

ゲームの長さ:7月25 日AM~7月31 日PM

マップ:マップBとD。

補給:通常の補給ルールを適用します。連合軍は、30CSPsでゲームを開始します。

空軍/海軍:連合軍は、50 ポイントでゲームを開始します。ドイツ軍プレイヤーは、毎日マップ毎に1D10のAAを受け取ります。海上ユニットは、ありません。

ゲームの開始:米軍プレイヤーは、絨毯爆撃攻撃でゲームを開始します。

勝利条件:米軍プレイヤーは、連合軍の31 日PMターンの終了までに、マップ南端から9個大隊(機甲又は歩兵)を退出させなければなりません。この目標を達成することに失敗すると、ドイツ軍の勝利と見なされます。

初期配置の最前線拡大
b0173672_23204032.jpg

b0173672_23213746.jpg

b0173672_23215488.jpg

b0173672_2322928.jpg

実質的な1ターン〔7/26AM〕終了
b0173672_23434187.jpg

b0173672_23371026.jpg

by ysga-blog | 2010-02-07 19:03 | 【ノルマンディー戦:総合】 | Comments(0)