カテゴリ:【中世/近世ヨーロッパ:総合】( 86 )

9月4日(日)YSGA九月例会の様子 その17(S&T誌)When Lions Sailed 3人マルチ)

S&T誌#268 When Lions Sailed
b0173672_11395939.jpg

S&T誌267号「When Lions Sailed」を3人プレイ。
4人とはいえ5年で半日かかった前回の反省から、3年のみのプレイとなった。

今回はスペイン帝国を担当。
艦隊は他国より少ない3つまでしか編成出来ず、新規ユニットはほとんどなしと、衰退する帝国の悲哀を感じさせられる。
ま、そこが良いのだけれど。
当然イングランドとオランダの潰し合いに乗じる方針で臨む。

1年目、オランダを警戒してイングランドと同盟。
海賊を使いオランダのジャワ船団を損耗させると、狙い通りイングランドがこれを襲撃・拿捕する。遺恨が残るか?

2年目はマニラ、ベラクルズ船団の回航を優先しながら英蘭戦争の行方をうかがうが、プリンスルパート、アンティル諸島を占領、オランダからレシフェを奪取し、ゴア、オマーンにまで進出したイングランドに対し、オランダはマカオ占領とジャワの維持で良しとしたため、財宝港10個所中5個所がイングランドのものとなる。
こちらもなぜか空いていたゴールドコーストを占領し、激戦となるであろう最終ターンに備える。
b0173672_11382178.jpg
最終3年目、オランダから同盟の申し入れがあるが、戦闘協力を要請されるのを警戒し、不可侵条約に留める。

まずはゴールドコースト、ベラクルズ船団を回航し、フリーになった第1艦隊には陸兵も乗船させておく。
すると、アンティル諸島・レシフェの2船団を抱えたイングランド艦隊が、わが艦隊の鼻先リスボンで移動を終了。
失敗しても次はオランダの手番なのでイングランドはいずれにせよ船団を喪うと考え、艦隊決戦を挑むことに。

イニシアチブを取り「砲手」によりダイス目5・6で命中となったわが第1艦隊はイングランド艦隊を追い詰めたが、あと一歩で凪(イニシアチブダイス目タイ)により戦闘終了。
当然オランダ艦隊が突入し、最初のラウンドでイングランド艦隊旗艦を撃沈し、他艦に移乗しようとしたブレーク提督は「狙撃」により死亡と風前の灯火かと思われイングランド艦隊だが、イニシアチブを取ると艦隊を分散して撤退。

通常ならただの餌食となるのだが、この場合は次の手番で船団を回収・回航出来るため、艦隊は失うも目的は果たせる頭脳プレイとなった。
b0173672_11385418.jpg
わがスペインとオランダの連続攻撃で艦隊を喪ったイングランドだが、まだ保有艦艇は多く侮りがたい。

海戦で損耗した第1艦隊をプリンスルパートに向かわせ船団を拿捕。そのまま占領をはかるもイニシアチブを取られあっさり失敗。
イングランドはわがゴールドコーストを占領し、艦隊をレシフェに集結。
わが国がプリンスルパートを占領し、オランダはアンティル諸島を奪いイングランドを追い詰める。

しばらく様子見的な動きが続くもオランダはついにイングランドとの決戦を決意し、アンティル諸島に集結していた艦隊を残らずレシフェに向かわせた。
決戦では予想より戦力に劣っていたイングランド艦隊がオランダ艦隊に壊滅させられたが、オランダ艦隊もそれなりに損害を受ける。
ここでイングランドとオランダは戦争続行をあきらめ、わがスペインがハイエナのようにアンティル諸島を占領しゴールドコーストを奪回してゲーム終了となった。

結果的にスペイン92VP、オランダ66VP、イングランド47となり勝者なしによる特別ルールでわがスペインの勝利となった。
楽しめたが、資金がある限りプレイを続行出来るのがプレイタイムを長引かせるのは否めない。
味を残しての改良は難しいだろうか?
b0173672_1139248.jpg

by ysga-blog | 2011-09-04 17:49 | 【中世ヨーロッパ:総合】 | Comments(0)

(Compass最新作)No Peace Without Spain!/スペイン継承戦争のカードドリブン、やったよー その2

(Compass Games)No Peace Without Spain!
ノー・ピース・ウィズアウト・スペイン
スペイン継承戦争のカードドリブン


▼第1ターン(1702年)終了時の盤面。お互い初プレイだし、習うより馴れろで、ざっとルール説明してもらったら、チャートを片手に、ルール巻末掲載の1ターン目リプレイをそのまま盤上でなぞってみました。後でルールを理解してから考えると、あまり巧いプレイ展開ではないような気がします(勿論デザイナーは百も承知でそうしたリプレイにしたのでしょうが)。ちなみに1ターン目に限り手番数がひとつ少ない4ラウンドで、ババリアの離反でウルムが無血開城したり、リェージュ要塞が1弱かったりと、いくつか陰謀ルールがあります。
b0173672_03868.jpg

▼第2ターン(1703年)終了時の盤面。このゲームのイベントは、ホールドと書かれていなければ、例え自軍に不利なものでも実施を強制されるので、フランスが引いたカードでの判定の結果、ジブラルタルを労せずして占領。とは言え、そこから大枚10勝利得点のマドリードまでの道のりは遠い(進撃は1スペースずつ支配していかなければならず、要塞スペースでなければ1MP追加消費で支配変更、要塞は陥落させないと支配変更できません。そして兵力ユニットのMPは3しかありません。ちなみに領内移動だけなら4MP)
b0173672_0382080.jpg

▼同盟軍(マルボロ・オイゲン公子側)のフルスタック対策用アーミーボックス。戦場の霧ルールはないので、確認し放題です。ちなみに野戦解決は単純に、合計兵力(端数切り上げ)+2人までの指揮官戦闘能力の合計だけ6面体サイコロを振り、原則として5、6の出目で相手に1ヒット。有名指揮官は色分けされていて、その色の国籍兵力を1つも含まないと戦闘能力が1減少します。従ってマルボロの様に2色ある場合、全力を発揮するには英国兵とオランダ兵の参加が必要です。
 なお写真の海賊メタルフィギュアは、フランス帰りのDublinさんに貰ったお土産を単に飾っているだけで、ゲームには入っていません。
b0173672_0384511.jpg

▼フランス(ブルボン)側のフルスタック対策用アーミーボックス。アクションフェイズにやることは極めてシンプル。カードの数字の分だけ、スタックを移動/野戦させるか(原則1スタック、ただし同一スペースにいる2人までの指揮官は別々へ移動できる)、領内移動させるか、海輸するか(常に海没判定アリ。ピンが出ると1ロスするか帰港するか選ぶ)、攻囲戦を実施するか、1兵力補充させるか(1/2兵力面のを1に戻す)、退却して混乱状態にあるユニットを指揮官の統率能力の半分(切り上げ)まで回復させるか、フランスに限り一度奪われた地中海の制海権を争うかの、いずれかを実施していくだけ。従って大抵の場合は移動して野戦(迎撃や戦闘前退却もあり)または攻囲戦をするばかり。こう書くと拍子抜けするような子供だましゲームに思えるが、兵力がカツカツしかないので(資源ポイントがあっても駒の絶対数が少ない)、マルボロゆオイゲン公子の華麗なる機動戦なんて、後方の自領重要スペースが気になってなかなか実行できない。それができるようになった時が、このゲームに慣れた時と言えるでしょう
b0173672_039077.jpg

▼第3ターン(1704年)終了時の盤面。オイゲンがウィーンに召還されて無名指揮官しかいなくなった北イタリアでも敗戦、マルボロの主力スタックもまさかの攻撃敗退で混乱し、回復を最優先してターンを終えた。そのために計画していたスペインのマドリードをを3方向から攻め上る計画は頓挫の憂き目。でも、まだまだ、これからっしょ、と言ったところで手を止めた。
b0173672_039251.jpg

 お試しなので丸3ターンやっただけだが、これは気に入りました。チャート(4面)が親切なので、ルール読み返さなくてもだいたい分かるのが嬉しい。(S&T誌)マルボロに触発されてデザインされたと推察されますが、より本質にのみ絞り込んであるのが、このプレイしやすさを生んだと思われ。スペイン継承戦争への取っ掛かりには最適のゲームではないでしょうか。
 ちなみにマルボロは肝心の大会戦で6D12して命中の出目5、6が2個しか出ずに敗退(守るフランス側は8個振って4命中)。せっかく落としたスペイン領ネーデルランドの沿岸要塞オステンド(穀倉地帯で蔵入地)をフランスに奪回される羽目に。やはりマルボロとオイゲン公子とのスタックが肝要だったか。とは言え、このターンの敵イベントでオイゲン公子はウィーンに召還されて戦線に不参加だったのだが。
by ysga-blog | 2011-08-27 19:05 | 【中世/近世ヨーロッパ:総合】 | Comments(0)

YSGA第265回定例会の様子その12 (ヒア・アイ・スタンド〉

(GMT)ヒア・アイ・スタンド
Here I Stand

b0173672_1643189.jpg

こちらの対戦の詳細は、新作・珍作ゲームの伝道師N村さんの「閑人工房」ブログをご覧下さい。
b0173672_1645978.jpg
b0173672_1651921.jpg
b0173672_16633.jpg

by ysga-blog | 2011-07-17 20:30 | 【中世ヨーロッパ:総合】 | Comments(0)

6月4日(土)YSGA6月例会の様子 その2(When Lions Sailed 第1班) 

S&T誌#268 When Lions Sailed
b0173672_12375.jpg

こちらの対戦の詳細は、新作・珍作ゲームの伝道師N村さんの「閑人工房」ブログをご覧下さい。
b0173672_1224355.jpg

b0173672_1233490.jpg
b0173672_1242818.jpg
b0173672_126096.jpg

b0173672_127561.jpg
本日、17世紀の海洋覇権争奪をテーマとした、S&T誌『When Lions Sailed』をプレイ。

イングランド担当となり、全5ターンのうち最初の3ターンはスペインと相互不可侵条約を結びインド洋を目指すが、アフリカ西岸でオランダとゴールドコーストの争奪戦が起き、全面対決に。
海戦ではオランダ艦隊を何度となく海の藻屑と化したが、ケープタウンがなかなか陥ちない。

無傷のスペインに脅威を感じた最終ターンは、サドンデスへの期待を込めカリブ海のスペイン領を攻撃するが、逆にスペイン主力艦隊に北アメリカを略奪されて自動的勝利がなくなる。

捕捉したスペイン艦隊と決戦して壊滅させ、さらにフランスからの借金で再建されたオランダ艦隊も叩き潰し、念願のインド洋進出も果たしたが、結局はフランスが有り余る財力によりあっさり勝利した。

フランスとは利害があまりぶつからないため、暗黙のまま互いに手出し無用でプレイを終えたが、結果的に利する動きをしてしまった。

ルールも手頃で楽しめたが、資金さえあれば何度も手番を行えるシステムのため、9時間余りのプレイ時間がかかってしまったのが少し残念か。
次の機会にはフランス抜きの3人プレイ3ターンなども試してみたい。
b0173672_1281612.jpg

b0173672_9263181.jpg

by ysga-blog | 2011-06-04 20:57 | 【中世ヨーロッパ:総合】 | Comments(0)

6月4日(土)YSGA6月例会の様子 その3(When Lions Sailed 第2班) 

S&T誌#268 When Lions Sailed
b0173672_9271824.jpg
b0173672_1292745.jpg
b0173672_1294595.jpg
b0173672_130761.jpg
b0173672_1303431.jpg
b0173672_1305448.jpg

by ysga-blog | 2011-06-04 20:55 | 【中世ヨーロッパ:総合】 | Comments(0)

4月9日(土)YSGA 4月例会の様子 その10(Lords of the Spanish Main)

(Sierra Madre)Lords of the Spanish Main
(シエラ・マドレ)ロード・オブ・スパニッシュ・メイン
b0173672_214295.jpg
b0173672_2145215.jpg
b0173672_21235100.jpg

こちらの対戦の詳細は、新作・珍作ゲームの伝道師N村さんの「閑人工房」ブログをご覧下さい。
b0173672_2155810.jpg

b0173672_23391683.jpg

by ysga-blog | 2011-04-09 20:30 | 【中世ヨーロッパ:総合】 | Comments(0)

3月5日(土)YSGA3月例会の様子 その4(DG)Empires of the Middle Ages) 

(DG)Empires of the Middle Ages
(デシジョン)エンパイア・オブ・ザ・ミドルエイジズ


『十字軍の時代』キャンペーン 
b0173672_1934594.jpg

▼SPI/HJ版とルールは、ほぼ同一と言っていいDG再版だが、唯一新版でオプション追加された「支配の道具」と追加イベント/キャラクターカードが、良い味付けになっていた。写真は、そんな「支配の道具」、宮殿(パレス)がブリテン島の支配エリア全域にある英国が、1枚のカードで一斉に社会レベルを上げることに成功し、一気にレベル上限にまで達した場面。ただし英国プレイヤーにとって残念なことに、このプレイは1ターンで(遅れていた参加者到着により)仕切直しとされてしまった。
b0173672_19351677.jpg

b0173672_1941218.jpg

▼仕切なおしての本番6人戦
b0173672_19413072.jpg

 イギリスは、生来のRus好きが高じてスカンジナビア半島経由で、ロシアのノヴゴロドに上陸、これを占領した。しかし趣味に奔りすぎた為に、本国隣のウェールズとアイルランドをフランスに先取される始末。
b0173672_1942448.jpg

 7ターン(35年相当)プレイした段階で、神聖ローマ帝国が2位に20VP差をつけて優勢だった。しかしまだ序盤に過ぎず、これから神聖ローマが浸食されていく事を考えると、勝敗の行方は全くの未知数だ。しかし歴史の流れに翻弄されるのを味わうゲームであり、それに勝敗をうんぬんするには向いていないマルチでもある。
b0173672_19422237.jpg

※7ターン終了で、まだまだ序盤だが、一応暫定的な勝利得点をカウントしてみた
1位).神聖ローマ:74(VP)
2).ビザンチン:56(VP)
2).フランス:56(VP)
3).シシリー:47(VP)
3).イギリス:47(VP)
4).ポーランド:43(VP)
by ysga-blog | 2011-03-05 20:53 | 【中世ヨーロッパ:総合】 | Comments(0)

YSGA第257回定例会 その12(ADG)7エイジスと(AH)オリジンズ)

(ADG)7エイジス:人類六千年の歴史
b0173672_2348478.jpg

b0173672_23482113.jpg

b0173672_23484153.jpg

(AH)ORIGINS of WW2
オリジンズ:第二次世界大戦の外交戦

b0173672_23505399.jpg

by ysga-blog | 2010-11-21 20:37 | 【中世ヨーロッパ:総合】 | Comments(0)

YSGA第256回定例会 その19(GMT)Here I Stand)

(GMT)ヒア・アイ・スタンド
Here I Stand

b0173672_22384730.jpg

 (GMT)Here I Stand→(ADG)7エイジス:人類六千年の歴史と、交互にプレイされる事、幾星霜。それだけこれらのゲームの評価が高い(飽きない面白さ)ということだろう。
b0173672_2241697.jpg

b0173672_22412747.jpg

b0173672_22414875.jpg

by ysga-blog | 2010-10-31 05:25 | 【中世ヨーロッパ:総合】 | Comments(0)

YSGA第255回定例会の様子その13(GMT)Here I Stand 6人戦)

(GMT)Here I Stand

 余りの出来の良さに、何度プレイしても次こそこうしたいああしたいという願望が湧いてきて、いつまでも再戦が続くという(GMT)Here I Stand。今回も、若干のメンバーの入れ替えがありながらも基本的に同じ顔ぶれでの再々戦が繰り広げられた。
b0173672_0494986.jpg

b0173672_05078.jpg

b0173672_0502598.jpg

b0173672_0504463.jpg

 まだまだ飽き足りない(GMT)Here I Standメンバーは、次回こそ集まりの都合で(ADG)7エイジス:人類六千年の歴史に流れるものの、次々回の10/31に3度目の(GMT)Here I Stand対戦を決めていた。
 
by ysga-blog | 2010-09-26 20:28 | 【中世ヨーロッパ:総合】 | Comments(0)