カテゴリ:(CMJ97)コルスンの戦い対戦記( 11 )

2013.10.26 第292回定例会の様子その7(Jコマンド誌97号付)コルスンの戦い

(Jコマンド誌97号付)コルスンの戦い
b0173672_20031158.jpg
b0173672_20031910.jpg
b0173672_20032584.jpg

by ysga-blog | 2013-10-26 19:29 | (CMJ97)コルスンの戦い対戦記 | Comments(0)

2013.10月12日(土)YSGA10月例会の模様その5(Jコマンド誌97号付)コルスンの戦い 同時二卓並列戦)

(Jコマンド誌97号付)コルスンの戦い
同時二卓並列戦
b0173672_18184897.jpg

b0173672_18190004.jpg
b0173672_18191651.jpg
b0173672_18192457.jpg
b0173672_18194394.jpg
b0173672_18200053.jpg

by ysga-blog | 2013-10-12 14:58 | (CMJ97)コルスンの戦い対戦記 | Comments(0)

9/8 YSGA:9月例会の様子その11(CMJ97)コルスンの戦いと(同人)大本営カードゲーム

b0173672_22315173.jpg

(同人)大本営カードゲーム
b0173672_22313527.jpg

by ysga-blog | 2013-09-08 20:30 | (CMJ97)コルスンの戦い対戦記 | Comments(0)

YSGA第261回定例会の様子 その14(CMJ97:コルスンの戦い その1)

(コマンド・マガジン最新97号)コルスンの戦い
(Chris Harding Sim/CMJ#97)Battle for Korsun

b0173672_3172975.jpg

 盟友:鹿猟師さんと吉川龍虎さんがいらして下さってのコルスン対戦。選択ルール無しの純粋標準ルールのみにて。
b0173672_3192359.jpg

※こちらの詳しい展開は、龍虎さんの「下手の横好き」ブログをご覧下さい。
b0173672_3194174.jpg

b0173672_3195644.jpg

b0173672_320132.jpg

by ysga-blog | 2011-03-21 20:30 | (CMJ97)コルスンの戦い対戦記 | Comments(0)

YSGA第261回定例会の様子 その15(CMJ97:コルスン包囲戦 その2)

(コマンド・マガジン最新97号)コルスンの戦い
(Chris Harding Sim/CMJ#97)Battle for Korsun

b0173672_3213586.jpg

b0173672_322227.jpg

b0173672_3221874.jpg

b0173672_3223940.jpg

 9ターンまでプレイされて、ソ連軍が与えた損害が107ステップロス、独軍が与えた損害105ステップで勝利得点的には引き分け(両軍とも10勝利得点)。しかし強力な独軍がこれから反撃を強めることを考えると、ソ連軍の敗色が濃厚かといったところ。
by ysga-blog | 2011-03-21 20:28 | (CMJ97)コルスンの戦い対戦記 | Comments(0)

YSGA第260回定例会の様子 その2(コマンド誌最新号)コルスンの戦い その1)

(コマンド・マガジン最新97号)コルスンの戦い
(Chris Harding Sim/CMJ97)Battle for Korsun


 入手したばかりのコマンド最新号付録ゲームという事もあって、久しぶりの例会参加となるAoKさんとO林氏とのレアな対戦。なお数日前に決まっても問題なくルールを読んでこれる、とびきりのシンプルさもスムーズに対戦約束が成立した理由の一つと思われる。
 また今回は、純粋に標準ルールだけでプレイしてみた展開を観てみたいという期待も大きく、例会場の耳目を集めた対戦ともなりました。
b0173672_0581332.jpg

b0173672_047792.jpg

b0173672_047238.jpg

b0173672_0474084.jpg

b0173672_0475946.jpg

by ysga-blog | 2011-02-26 19:57 | (CMJ97)コルスンの戦い対戦記 | Comments(0)

YSGA第260回定例会の様子 その3(コマンド誌最新97号)コルスンの戦い その2)

b0173672_0491129.jpg

b0173672_0492716.jpg

b0173672_0494847.jpg

b0173672_050986.jpg

by ysga-blog | 2011-02-26 19:55 | (CMJ97)コルスンの戦い対戦記 | Comments(0)

YSGA第260回定例会の様子 その4(コマンド誌最新97号)コルスンの戦い その3

b0173672_0512928.jpg

b0173672_0514562.jpg

▼第9ターンの独軍手番の途中
b0173672_0521499.jpg

b0173672_0523019.jpg

※まだ暫定的ですが、標準ルールのままだと独軍の対応が素早すぎる気がしますので(史実の様な大きな包囲網の形成が難しい)、選択ルール「奇襲」だけ採用してのプレイが、丁度いいかもしれません。勿論あくまで、今回の対戦1回だけの見解に過ぎませんが。
by ysga-blog | 2011-02-26 19:53 | (CMJ97)コルスンの戦い対戦記 | Comments(0)

コマンド最新97号「コルスンの戦い」 早速プレイしてみました。その1

(コマンド・マガジン最新97号)コルスンの戦い
(Chris Harding Sim/CMJ97)Battle for Korsun

b0173672_4144353.jpg
 Jim Zoldak氏の手になる(コマンド誌17号付)「ドイツ第48装甲軍団:チル河の死闘」以来、実に14年ぶりとなる同システムの続編にあたる本作〈規模的には作戦級にスケールアップ〉を、矢も盾もたまらず早速対戦してみました。
 「48装甲軍団」もカウンターアタック誌というマイナーなゲーム雑誌の付録ではありましたが、このコルスンの戦いに至っては、聞きなれないDTPメーカーということで、なんら前評判も聞かず、どんなゲームか未知数であり、それでいてコルスンという、大変そそるテーマでもあることから、コマンド誌が出る前から非常に興味がありました。
 幸い、ルールは日本文で実質4ページしかなく、朝起きて家を出る前に、ちょちょっと読めてしまうシンプルさが嬉しいところ。原則としてスタックごとに移動・戦闘を逐次解決していくのが煩雑かも知れないと一抹の不安を抱きつつ〈その分、戦闘解決が細かかった48装甲軍団より簡単なルール〉、対戦に臨みました。
 しかもドイツ軍担当の松谷健三さんの希望により、ハナから選択ルール全部込みでのプレイとなりました。パッと見でも分かる、ドイツ軍に不利に働くであろう選択ルールを採り入れて、その影響を検証してみようという、松谷さんの自己犠牲的精神こそ、ウォーゲーマー勝利への礎と称えたい。
 そんなわけで取り敢えず、選択ルール込みでのお試しプレイでしたので、夕方までに6ターン終わらせてお終いとしましたが、結論から先に言うと、選択ルールの補給と奇襲ルールは、ゲームバランスを大きくソ連軍側に有利にしてしまいそうです。

 そんなこんなで遅くに帰宅してプレイ盤面写真を先にアップして、キャプションを書き込みする前にネットを流し読みしていると、期せずして19日20時よりコマンドマガジン編集長と、さばげ隊長殿によるコルスン対戦のUst中継!が。嬉しくなって慣れないチャットで書き込みしようとしましたが、どうしても上手くいかず、仕方ないので大人しくこちらでキャプション書いていきます。

第1ターン終了時の盤面全景と、付録号表紙の写し込み。
b0173672_0185869.jpg

第1ターン(1944年1月24~25日)終了時の東部戦域拡大ちなみに第1ターンは東部戦域の両軍ユニットしか活動できません。しかも選択ルール〔12.2〕により、ドイツ軍は移動力半減(端数切り捨て)という不利さ。結果的にこの選択ルールはドイツ軍にのみ不当に縛りを入れることになりました(離脱できずに次々と小包囲される事になる)。ただ、プレイ前に予想していた逐次移動と戦闘解決というシステムから連想される煩雑さは感じず、イイ感じ。
b0173672_0191661.jpg

▼第2ターン(44年1月26~27日)終了時の盤面全景
 東部戦域ではソ連軍が戦果を拡大しつつあるが、西部戦域ではソ連軍が武運に恵まれず、戦線突破には遠く及ばず。
b0173672_0193231.jpg

▼第2ターン(44年1月26~27日)終了時の東部戦域拡大本誌掲載リプレイで、ソ連軍が包囲網の形成に急ぐ余り、南部のドイツ軍を分断して各個撃破しなかった事が反省点として挙げられていたので、その戦訓を採り入れて、南部へドイツ軍を圧迫する事に力を入れる。
b0173672_0194864.jpg

▼第3ターン(44年1月28~29日)終了時の盤面全景
 選択ルール〔12.1〕補給切れステップ消耗チェックの影響が大きく、小包囲されたドイツ軍が次々と消えていく。その影響もあって、この第3ターンの終わりには、ドイツ軍防衛線が跡形もなく消滅。絵に描いたような大突破となる。
b0173672_020413.jpg

▼第3ターン(44年1月28~29日)終了時の東部戦域拡大
b0173672_0204492.jpg

by ysga-blog | 2011-02-19 10:54 | (CMJ97)コルスンの戦い対戦記 | Comments(0)

コマンド最新97号「コルスンの戦い」 早速プレイしてみました。その2

(コマンド・マガジン最新97号)コルスンの戦い
(Chris Harding Sim/CMJ97)Battle for Korsun


▼第3ターン(44年1月28~29日)終了時の西部戦域拡大
b0173672_025176.jpg

第4ターン終了時(1/30~31日)の全景
b0173672_025171.jpg

▼第4ターン(44年1月30~31日)終了時の西部戦域拡大
b0173672_0261439.jpg

第4ターン終了時(1/30~31日)のステブレフからコルスンにかけて拡大
 史実のステブレフ防衛戦を知っていると嬉しかった局地的ゲーム展開の図。
 デザイナーズ・ノートでも挙げられていた参考文献、ダグラス・E・ナッシュ著「チェルカッシィ包囲突破戦(上巻)」大日本絵画刊の中で劇的に描写されていた(同書198~200ページの記述)交通の要衝ステブレフが、マップを初見しただけでは「道路も通っていないし、史実みたいに、ここが抜かれれば一気にコルスンまで突入されて独軍は早期に破滅していたという状況にはならないんじゃないか?」という疑念が湧きましたが、実際にプレイすると、周りの地形の険しさに比べて、ここだけ平地で一直線にコルスンへ迫れる回廊となっているのに気が付いて、さすがはデザイナー、ちゃんと考えて作っているね~と感心しきりでした。しかも今回の松谷さんは知らず知らずに、史実でステブレフを守り抜いた第5SS野戦訓練大隊(短砲身4号戦車シルエット・ユニット)を道路移動させてコルスンの直接防衛に就けましたが、移動力的にはちょうどステブレフの町に防衛に入れたという、史実との偶然の一致に、敵であるソ連軍の立場ながら内心痺れてました。ちなみに史実におけるステブレフ防衛線は、44年1月27日夕刻から31日にかけての4日間であり、今回のゲーム展開ともそんなにブレがないのも凄い。まさにヒシュト~リカル!
〈画面を見てもお分かりの通り、次の第5ターンが泥濘でさえなければ、ソ連軍5-8戦車旅団が無人のステブレフを踏破してコルスンに隣接、あわよくばコルスン一撃奪取も夢ではなかった。しかし5ターンの天候は無情にも泥濘〈50%の確率で泥濘〉であり、移動力は一律半減となった〉
b0173672_0263345.jpg
▼第4ターン(44年1月30~31日)終了時の東部戦域南部拡大
b0173672_0265238.jpg

第5ターン終了時(2/1~2日)の全景
 天候は泥濘であり、両軍とも大きな動きは封じられた。
b0173672_027950.jpg

by ysga-blog | 2011-02-19 10:52 | (CMJ97)コルスンの戦い対戦記 | Comments(0)