カテゴリ:【その他:WW2西部戦線:総合】( 31 )

YSGA第328回定例会の様子その6(Compass)Festung Europa)

(Compass)Festung Europa
b0173672_22502544.jpg
松谷健三さんvs.Fredさん
b0173672_22501159.jpg
b0173672_22501226.jpg
b0173672_22501390.jpg
b0173672_22502262.jpg
b0173672_22502285.jpg
b0173672_22502339.jpg
▼ヒストリアンの為のカードドリブンの趣が強く、サロ共和国ルールも充実
b0173672_22502445.jpg

by ysga-blog | 2016-10-23 20:54 | 【その他:WW2西部戦線:総合】 | Comments(0)

Paths of Glory(GMT)とも、シフティング・サンド(MMP)ともプレイ感覚が異なる...(Compass最新作)Festung Europa

(Compass)Festung Europa
b0173672_18520869.jpg
 第1ターンに必ず得られるシチリア侵攻上陸「ハスキー」カードを除いて、全ての上陸侵攻はカードに依存する為、カードの引きが悪いと上陸が史実より遅れる可能性あり。その点は、プレイアブルな事を活かして、何度もプレイしてみてという事だろう。
 そんなわけで、今回のプレイ(和訳を待ちきれずに英文素読みプレイ)は、シチリア侵攻におけるダイス目の不振と上陸カードの不遇も祟って、1944年の春になってもシチリア島東端のエトナ山を抜けず、連合軍が苦しみぬいた。
b0173672_18520999.jpg
1944年の春
b0173672_18520942.jpg
▼110枚あるカードは年度別に分かれており、珍しい写真や、こんなものまでカード化しているのかと驚かされるマニアックさが嬉しい。
 ただし、引かれていないカードデッキに随時追加されていく形なので、カード内容としては史実で行われた時期を過ぎても、ずっと出ない(手元に引かれない)ということもありうる。
b0173672_18520924.jpg
b0173672_18521081.jpg
▲枢軸軍、カードを回す為にもシチリア島で反撃。実際の戦闘比、戦闘カードに関わらず2-1攻撃ができるフォン・フィーティングホフ第10軍カード使用にて▼
b0173672_18520643.jpg
b0173672_18520733.jpg
▼シチリアの枢軸軍を牽制すべく、「シングル上陸作戦」カードを切って、アンツィオに上陸した連合軍。しかし、史実通り、単に揚がっただけで結局一度もここから攻撃に出ず終い。
b0173672_18520777.jpg
▼44年夏ターン、遂に「オーバーロード作戦」発動で、ノルマンディーに上陸
b0173672_18520809.jpg
b0173672_18520814.jpg
b0173672_18525370.jpg
44年秋、総統命令で枢軸軍に強制攻撃させた後、すかさずコブラ作戦でダメ押しするも、サイの目が振るわず、枢軸軍に1損害強制と、攻防の損害差があったので強いられる退却を、森地形(ボカージュ)によって死守(1ステップロス追加)させる結果に終わる。
 それでもシチリアを落とした連合軍は、レッジョ・カラブリアに進んでイタリアを降伏させた。さらに航空基地を前進させることで枢軸軍のZOC効果を失わせ、包囲を恐れた枢軸軍はグスタフ線にまで下がる。
 しかしグスタフ線に対する攻撃は、どちらも1-2と振るわず、いずれも連合軍3損害、枢軸軍1損害に終わる。
b0173672_18525305.jpg

by ysga-blog | 2016-09-17 16:50 | 【その他:WW2西部戦線:総合】 | Comments(0)

第27回YSGA五月連休連続例会の様子その5(G's)OCS:Beyond the Rhine 9人戦:初日)

(G's)OCS:Beyond the Rhine
b0173672_09374453.jpg
b0173672_09374513.jpg
b0173672_09374544.jpg
b0173672_09374552.jpg
b0173672_09374281.jpg
b0173672_09374354.jpg
b0173672_09374392.jpg
b0173672_09374326.jpg
b0173672_09374425.jpg
b0173672_09374469.jpg
b0173672_09390901.jpg
b0173672_09390914.jpg

by ysga-blog | 2016-05-04 09:36 | 【その他:WW2西部戦線:総合】 | Comments(0)

第27回YSGA五月連休連続例会の様子その6(G's)OCS:Beyond the Rhine 9人戦:二日目)

(G's)OCS:Beyond the Rhine
b0173672_09422110.jpg
b0173672_09422108.jpg
b0173672_09422297.jpg
b0173672_09422220.jpg
b0173672_09421935.jpg
▼第5ターン終了まで
b0173672_09421924.jpg
b0173672_09421969.jpg
b0173672_09422055.jpg
b0173672_09422058.jpg
b0173672_09422171.jpg
b0173672_09422220.jpg
b0173672_09453413.jpg
b0173672_09453479.jpg
b0173672_09453496.jpg
flacoさんの対戦後コメント:OCS Beyond the Rhine Scenario 6.1 : Grand Campaign.
ひと月前に練習プレイをした時の8人にさらに1名加わり、連合5名、ドイツ4名でのプレイとなりました。

全員持ち場も前回とほぼ同じで、私はアルデンヌ南方からメッツ(Metz)周辺の地域を担当しました。全体を見渡す余裕もなかったため、以下自分の戦区のみ記述します。

序盤(第1~2ターン)は前回の教訓を生かして機甲師団を使わず司令部に1SPを投入し、補給下の全独立部隊と歩兵でひたすら前進。戦闘は極力控え、敵の間をすり抜けて包囲し、補給切れを狙います。第2ターンにはメッツ前面に布陣していたドイツ第17SS装甲擲弾兵師団のスタックを包囲。補給物資の投下も失敗して損耗させ、次のターンに攻撃して壊滅させる戦果をあげます。

しかし、良かったのはここまで。第3ターンから状況が一変します。ドイツ軍は各所から分遣連隊をかき集め、戦線の穴を埋めるだけでなく、ルクセンブルク(Luxembourg)方面から第9装甲師団が、アルデンヌのベルギー国境付近からは装甲教導師団が集結。列車砲(射程8へクス!)まで動員された砲撃で混乱したアメリカ軍独立大隊が次々撃破され、我が軍の長く脆弱な側面を食い破り、戦線を押し返して行きます。以降、私の戦区はこの強力なドイツ軍と対峙するだけで手いっぱいとなり、攻勢は頓挫。メッツは半包囲のまま攻略ならず、ナンシー(Nancy)からドイツ国境近くまで単騎突出した第4機甲師団の側面援護ができず、この師団は退路を断たれてしまいます。

ゲームは第6ターンの頭で2ターン前にプロットしていた空挺部隊の降下を確認したところまでで終了。私の戦区は第3ターン以降小競り合いに終始するふがいない結果でした。

感想です。
さすがに上手く守られました。

司令部に1SP投入して独立機械化部隊を敵陣に浸透させる戦術は最初の2ターンは有効ですが、すぐに行き詰まることが分かりました。グランドキャンペーンの場合、ドイツ軍も全戦域から戦力をかき集めることが可能で、マジノ線がみるみるうちに分遣連隊で埋められてゆくのを呆然と見ているほかありませんでした。

ルクセンブルクへの突進は前回のプレイで試みているためにすでに奇襲効果はなく、敵としても予想通り。こちらもそれは承知の上で一押しして注意を引きつけ、メッツ後方へとシフトする予定でしたが、甘かったということです。かえって敵の主力を集結させることになり、自分の首を絞める結果になりました。北部のアメリカ軍とイギリス軍の出足が慎重で、ベルギー方面が安泰だったことも影響していると思いますが、プレイヤーそれぞれに思惑があるのは当然で、それが多人数プレイの面白いところでもあります。各持ち場の境界線がウィークポイントになるのは両軍共通で、OCSはその影響が特に強いと感じました。

自分の戦区で初期配置から最後まで動かなかった機甲師団(第5機甲師団)が1個。ほか増援で登場したフランス第1機甲師団も登場へクスから動けず終了。SPが無いから仕方がないとはいえ、戦略的に何かが間違っていると思わざるを得ない。そんな悔しい一戦でした。

by ysga-blog | 2016-05-04 09:35 | 【その他:WW2西部戦線:総合】 | Comments(0)

YSGA第322回定例会の様子その9〔(G's)OCS:Beyond the RhineキャンペーンのGW例会練習8人戦〕

(G's)OCS:Beyond the Rhine
GW例会練習 人戦
b0173672_22594122.jpg
b0173672_22593960.jpg
b0173672_22593934.jpg
b0173672_22594023.jpg
▼まだ44年9月なのに、オランダのアイントホーヘン飛行場を基地とする独軍Me262ジェット戦闘機に、ベルギー上空の制空権を握られる
b0173672_22594041.jpg
b0173672_22594022.jpg
b0173672_22594105.jpg
b0173672_22594153.jpg
flacoさんの対戦後コメント:シナリオは6.1:Grand Campaign.
攻勢側の連合軍を統括者1名+4名。
守勢側のドイツ軍を統括者1名+2名。
総勢8名でのお試し&練習プレイでした。

私は自由フランス軍を担当。第2ターンからの登場なので、最初のターンはおあずけ。味方の攻撃を見学するだけでした。

第1ターン(1944年9月5日)
自動的に連合軍先攻。
ランダムイベントは[22]Bad Weather Off-Map.
ノルマンディーからの航空支援が得られませんでした。

アメリカ第1軍の機械化部隊がナミュール(Namur)西方のドイツ軍歩兵連隊を蹂躙。そのまま同市を占領し、すかさずトラックにて補給物資を運び入れます。第3軍はショーモン(Chaumont)とナンシー(Nancy)を攻撃し、運良くどちらも占領。敵の補給物資まで確保する戦果をあげ、まずまずの出足。

イギリス第2軍麾下の機甲師団がアントワープ(Antwerp)から南東に進撃。ドイツ軍歩兵を蹂躙しつつ北上しアルベルト運河を渡りますが、早くも補給物資が底をつきます。これをみてドイツ軍はリアクションでこれら機甲師団の後方を遮断。続くドイツ軍ターンでの反撃でイギリス軍機甲部隊2個スタックが混乱。1個連隊が壊滅してしまいます。

南方のドイツ軍はナンシー、ショーモンの予期せぬ陥落で大幅な後退を強いられます。

第2ターン(1944年9月8日)
イニシアチブはドイツ軍が取り、後攻を選択。
ランダムイベントは[51-56]Frequent Event(頻繁に起きるイベント)のどれかっだったような気がします。

このターンに登場する自由フランス軍は機甲師団1個だけなので、アルデンヌ南部のアメリカ第9軍も受け持つことになりました。

アルデンヌより南方のドイツ軍の布陣はスカスカで、一見どこへでも進めそうな印象です。ランス(Reims)からルクセンブルク(Luxembourg)へ延びる道路上に僅かな敵守備隊しかいないのを確認し、ルクセンブルクまで3へクス、司令部(14-0)の補給範囲ギリギリの地点まで独立機械化部隊を進め、ランスから長躯進出してきた自由フランス軍の機甲師団と共同でドイツ軍2ユニットを包囲します。続く爆撃でドイツ軍歩兵が壊滅し、装甲旅団も混乱。これで殲滅できると思ったところにドイツ軍のリアクションが入りました。

ルクセンブルク東方に控えていたドイツ軍第9装甲師団がアメリカ軍軽戦車大隊を蹂躙。奇襲となりこれを除去して包囲を解きます。さらに後続の砲兵による射撃で自由フランス軍の機甲師団主力スタックまで混乱してしまい、攻撃できなくなってしまいます。突破フェイズでルクセンブルクを密かに狙っていたリザーブの機甲師団でこの砲兵を叩き、再度包囲まで考えていましたが、補給物資が知らぬ間に2SPも他の戦闘に使われてしまい断念。あえなく時間切れとなりました。

アメリカ第3軍はメッツ(Metz)に隣接。さらに南ではほとんど無人の道路を独立部隊が進み、鉄道線を確保。補給網を広げてゆきます。第1軍はナミュールからリエージュ(Liege)へ向けてじりじりと進み、イギリス第2軍はドイツ軍の反撃と補給物資の不足からほとんど動けずに終わりました。

約1.5ターンでゲーム終了となりました。

[感想]
OCSのプレイはこれで2回目。前回のYSGA例会でのGuderian’s Blitzkrieg IIが最初でしたが、ルールブックも読んでおらず、補給物資もわずかしかない状態で、何もできずに終わってしまいました。少し齧ってみて、癖の強いゲームですが、これはこれで面白いと思っていました。リザーブのシステムが特に気に入っています。

今回Beyond the Rhineをプレイしてみて、東部戦線と西部戦線との違いにまず驚きます。
地図盤のかなりの部分が道路と鉄道で覆われており、レールヘッドの伸展が不要のため、連合軍の進撃ルートが鉄道線に束縛されずに済みます。アメリカ軍のHQ(14-0)2個がうまく連携すれば、道路上であればそれだけでフルマップ1枚に近い範囲まで補給が届きます。反対にドイツ軍はゲーム中常に航空妨害を受けており、通常道路移動率が「1」で、機動範囲は連合軍の半分です。AR(アクションレーティング)については両軍大きな差はありません。序盤の連合軍は鉄道移動できず、補給物資も少なめでリザーブマーカーも最初は全体で2個しかない悲しい状況。単純な移動/戦闘に近い戦い方を強いられ、文字通り「遠すぎた橋」を実感できます。

前回例会でのGBIIでもそうでしたが、攻勢側を多人数で分担した場合、どうしても「オレも攻めたいオレも攻めたい」となり、補給物資をすぐに使い果たしてしまうようになりがちです。補給をマネジメントしてこれを避けようとすると全体を統括する人の負担がかなり重くなります。自分で駒を動かしている場合ではなくなるでしょう。

このBtRでは、補給物資の消費を最小限にする方法として特に南方のアメリカ軍において「戦闘しない攻勢」というものがある程度可能ではないかと思いました。アメリカ軍の編成は独立機械化部隊の比重が大きく、多数のユニットが存在します。毎ターン1SPを14-0司令部1個に消費してそのほとんどを動かすことができ、他の司令部もその中に含まれます。アルデンヌから南方に点在する弱小ドイツ軍ユニットは攻撃せずに呑み込むようにして補給を切る。戦闘はしない。補給切れを嫌って敵が退却すればさらに前進。退却しなければ戦闘力1/4まで低下するので、1T消費で攻撃するか除去を待つ。機甲師団は温存して補給物資を蓄積し、メッツのような要衝の攻略に投入する。そのための最適なHQの位置を検討する・・・。机上の空論でしょうが、そんなことを夢想してしまいました。

OCS勉強会は次回例会でも続き、GWにBtRキャンペーンをプレイする予定ですが、残念ながらどちらも仕事で参加が見込めない状況です。現在の私自身のARはゼロ。1年後にはAR3くらいには練度を上げたいと思っています。

by ysga-blog | 2016-04-03 19:26 | 【その他:WW2西部戦線:総合】 | Comments(0)

YSGA九月例会の様子その4〔(CMJ誌82)セカンド・フロント・ナウ! Second Front Nowやって、(もりっち)決戦!ア・バオア・クー〕

(CMJ誌82)Second Front Now!
セカンド・フロント・ナウ!
b0173672_19160415.jpg
(もりっち)決戦!ア・バオア・クー
b0173672_19315834.jpg
今こそ第二戦線が、米英軍の攻勢頓挫で幕を閉じたので、引き続き同人アバオアクーを対戦
b0173672_19315769.jpg
b0173672_19315730.jpg
ジオングもガンダムも登場しないまま、Nフィールドが制圧されてジオン敗退
b0173672_19315870.jpg

by ysga-blog | 2015-09-06 20:53 | 【その他:WW2西部戦線:総合】 | Comments(0)

2015.07.05(日)YSGA7月例会の様子その4(WaW誌)Norway 1940やって、そのあと(DVG/レキシモン)Down in Flames: Aces High)

(WaW誌)Norway 1940
b0173672_20414011.jpg
海空戦をこよなく愛するFredさんと、もりっちによる連続対戦
b0173672_20415629.jpg
(DVG/レキシモン)Down in Flames: Aces High
b0173672_20430113.jpg

by ysga-blog | 2015-07-05 20:19 | 【その他:WW2西部戦線:総合】 | Comments(0)

2015.07.05(日)YSGA7月例会の様子その6(VG)オンスロート)

(VG)オンスロート
b0173672_21003199.jpg
ForeignerさんとHAさんとが、CMJ#64付録ゲームにもなった「オンスロート」の原版をプレイ。
b0173672_21001673.jpg
b0173672_21004727.jpg

by ysga-blog | 2015-07-05 20:16 | 【その他:WW2西部戦線:総合】 | Comments(0)

第26回GW連続例会その14(ライノ/CMJ#48)Decision in France 初日)

(ライノ/CMJ#48)Decision in France
b0173672_23181911.jpg
bluebearさんと、官兵衛さんとの対戦(都合により15時頃より開戦)
b0173672_23175337.jpg
連合軍は終始、悪天候に悩まされ続けた
b0173672_23183580.jpg
b0173672_23185896.jpg
b0173672_23191611.jpg

by ysga-blog | 2015-05-04 19:44 | 【その他:WW2西部戦線:総合】 | Comments(0)

第26回GW連続例会その15(ライノ/CMJ#48)Decision in France 二日目)

(ライノ/CMJ#48)Decision in France
b0173672_23272633.jpg
b0173672_23274361.jpg
b0173672_23275714.jpg
b0173672_23281472.jpg
b0173672_23282773.jpg
b0173672_23284553.jpg
b0173672_23290130.jpg
b0173672_23291896.jpg
b0173672_23293692.jpg
b0173672_23295043.jpg

by ysga-blog | 2015-05-04 19:43 | 【その他:WW2西部戦線:総合】 | Comments(0)