<   2002年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2002.05.12 四国でのASL対戦の模様

■かつてYSGAでもASLが全盛を誇った時期がありました。そんな頃、四国に転勤していた会員と岡山に出向していた会員とが、四国で落ち合ってASLを対戦したという、ある日の写真を発掘...

▼シナリオJ63 SILESIAN INTERLUDE
b0173672_2284272.jpg

 ドイツ末期戦好きには堪らない、派手なシナリオ
b0173672_2271222.jpg

b0173672_229231.jpg

▼シナリオ31 ワルシャワ旧市街(オールド・タウン)
b0173672_229151.jpg

 こちらも末期戦好きには堪らない、1944年夏のワルシャワ蜂起。ゴリアテ活躍
b0173672_2292893.jpg

b0173672_2293993.jpg

b0173672_2295062.jpg

b0173672_2210190.jpg

b0173672_22101341.jpg

▼シナリオKE5 対戦車砲列を越えて(ビヨンド・ザ・パックフロント)
b0173672_22102466.jpg

 1943年7月のクルスク戦におけるレンドリース赤軍M3グラント戦車の活躍
b0173672_22103585.jpg

by ysga-blog | 2002-05-12 22:03 | 発掘!古き良きYSGA例会写真 | Comments(0)

2002年5月5~6日 YSGA第13回ビックゲーム大会の様子 その1

b0173672_1824593.jpg


▲今のところトータルでどれだけのゲームがプレイされたのか個々のゲームタイトル記録が見当たらないので(公式記録の例会アルバムは押入の奥に埋まっているので発掘には時間が...)、取り敢えず例会写真アップのみで。なおあくまで公式の写真記録ではなく、善意の会員が個人的に撮影したものを譲っていただいたものなので、写真枚数に偏りがありますが、そのへんはご了承くださいませ。

※なお後日、当時の例会アルバムが発掘されたら、追記いたします。

b0173672_18242960.jpg


▲(TERRAN)The Legend Begins

b0173672_18245374.jpg


▲(Jコマンド誌34号付)グリュンワルト1410

b0173672_18251332.jpg


▲(Jコマンド誌34号付)グリュンワルト1410

b0173672_18253341.jpg


▲初日、朝の例会場の様子
※真ん中の卓でプレイされているのは、(AH・MMP)〝Advanced Squad Leader〟
 プレイされておられるお二人の内一人は、現「綱島ASL会」の発起人の方と思われます。

b0173672_18255739.jpg


▲(EP・サンセット)失われた勝利

b0173672_18261930.jpg


▲(EP・サンセット)失われた勝利

b0173672_18264062.jpg


▲(EP・サンセット)失われた勝利

b0173672_1827115.jpg


▲(EP・サンセット)失われた勝利

 5月6日(例会2日目)も対戦継続中

b0173672_18273471.jpg


▲(GJ誌2号付)戦略級関ヶ原

 5月6日(2日目)の対戦

 ブルーノさん、奇想天外な展開に呆然!?

b0173672_18275311.jpg


▲(GJ誌2号付)戦略級関ヶ原

 ブルーノさん、怒りのダイスロール!

b0173672_18282045.jpg


▲(GJ誌2号付)戦略級関ヶ原

b0173672_18284136.jpg


▲(GJ誌2号付)戦略級関ヶ原

b0173672_18285952.jpg


▲(GDW)120シリーズ:1941

 5月6日(2日目)の対戦

b0173672_18292969.jpg


▲(GDW)120シリーズ:1941

b0173672_18295090.jpg


▲(GDW)120シリーズ:1941

b0173672_18301096.jpg


▲(GDW)120シリーズ:1941

b0173672_18304777.jpg


▲(GDW)120シリーズ:1941

b0173672_18311125.jpg


▲(GDW)120シリーズ:1941

b0173672_18313052.jpg


▲・(堀場)ワールド・タンク・バトルズ試作中テストプレイ

 5月6日(2日目)に広げられた卓

堀場さんが試行錯誤しつつ、鋭意製作中だったワールド・タンク・バトルズ(後のコマンド誌別冊)のテストプレイ卓

b0173672_18315045.jpg


▲(堀場)ワールド・タンク・バトルズ試作中テストプレイ

b0173672_18321116.jpg


▲5月6日(2日目)の朝、対戦相手待ちがてら、ごちゃまんとあるDTPゲームのユニット自作を進める馬門さん

b0173672_18322488.jpg


▲(AH)Siege of Jerusalem

2セット同時並列プレイ(各卓3人ずつ)

b0173672_18322963.jpg


▲(AH)Siege of Jerusalem

▼かげさんの対戦後コメント:

『連続例会にてSiege of Jerusalem(AH)を3人プレイしましたのでレポートします。ユダヤ軍視点で書いています。

ユダヤ軍の事前構想

ユダヤとしては補充率が高い(失陥地域にもよるがまず90%)ことを踏まえて徹底抗戦をする。壁際での阻止を目標とするが市街戦に入ってからも果敢に白兵戦を挑みできるだけの出血をローマに強いる。北壁が弱いので、ここに対して正面から攻めてくると予想したが北壁を西から来る可能性もあると考えていた。

5/5初日

第1戦

ローマは、2個軍団で女門を、もう2個軍団で最北東の要塞を指向した。女門には2個ラムを投入して一気に門の破壊を目論む。しかしユダヤは門とその横から20火力以上を集中し、ラムの守備隊ひとつを除去し、ひとつを混乱させた。続く白兵戦において、混乱したユニットを排除して、ラムのいるヘクスに進入しラムを破壊。これを見たローマは戦意を喪失し、投了した。』

b0173672_18323338.jpg


▲(AH)Siege of Jerusalem

▼かげさんの対戦後コメント:

『第2戦

初戦の損害を見たローマは、「禁じ手」を使用してきた。「禁じ手」とは、準備期間を設けて坑道攻撃その他の行動を行うことである。
準備期間を設けると補充率が向上するのだが最初には損害がないので補充率が向上しても意味がない。(準備期間は有限なので最初に使用するとその分、後に使用できる期間が減少する。)
しかしあえてローマはその手を用いてきたのである。ただし準備期間を最小限としようとしたローマは最初の坑道攻撃のサイ振りに失敗し延長を行ったために、ユダヤにその意図が筒抜けとなり砲兵の再配置を許してしまった。
ローマは坑道攻撃4カ所を得た。ローマは、女門は避けて、最北端の要塞2個と、女門と最西端の要塞の間にある直線地帯に攻勢を指向。坑道攻撃によりダメージを負い、かつ動きが取れなくなったユダヤが不平を漏らしたのに対して銭猫氏が一言「こっちは高い金を払っているんだ。」(しかも「延長料金」まで。)
ローマが慎重な攻撃を行い、ユダヤは拠点に立て籠もったために突入までは双方とも軽微な損害であった。6ターン、ついに最北の突破口から市街地への突入が開始された。
ユダヤは予備を投入し一進一退の攻防となった。また1ターン後に西の直線地帯の突破口からローマが突入しユダヤ部隊と激戦となったが次第に圧倒した。

最終ターン開始時、ローマは住居11ヘクスを占領しておりあと4ヘクスを取れば勝利を得ることが出来る。しかし懸命のユダヤの防御と天運がなかったこともあって、総司令官を投入した攻撃にもかかわらず、1ヘクスも得ることもなく終わり、サドンデスが確定した。

なおユダヤの西部の部隊はほぼ壊滅しており、東部の部隊は前面の敵を押さえるだけで精一杯であったのでもう1ターンあれば15ヘクス以上占領されるのは確実であった。』

b0173672_18324317.jpg


▲(AH)Siege of Jerusalem

b0173672_1832487.jpg


▲(AH)Siege of Jerusalem

b0173672_18325344.jpg


▲(AH)Siege of Jerusalem

b0173672_18331290.jpg


▲(AH)Siege of Jerusalem

b0173672_18333242.jpg


▲(AH)Siege of Jerusalem

b0173672_18335040.jpg


▲ (AH)Siege of Jerusalemの横で繰り広げられる、この当時流行の食玩ワールド・タンク・ミュージアムのダブリ交換交渉...

b0173672_18345931.jpg


▲(AH)Siege of Jerusalem

 これ以降、5月6日(2日目)継続対戦中のSiege of Jerusalemの様子

b0173672_18421739.jpg


▲(AH)Siege of Jerusalem

b0173672_18424486.jpg


▲(AH)Siege of Jerusalem

b0173672_1843438.jpg


▲(AH)Siege of Jerusalem

b0173672_18432610.jpg


▲(AH)Siege of Jerusalem

b0173672_18434996.jpg


▲(AH)Siege of Jerusalem

▼銭猫さんの対戦後コメント:

『5月5、6日の連続例会では、ユダヤ勢の見事なディフェンスの前にローマがサドンデス負けを食らいました。1ゲーム目は門から出撃してきたユダヤ軍にラムを破壊されて戦意喪失。2ゲーム目は1回目の失敗に懲りて準備期間を設けた。坑道ができる可能性のある最短の3週間の準備期間から始め、実際に成功するまで逐次延長した。これによりユダヤ軍の砲兵の再配置が可能となり、大失策であることが明らかに。また、亀甲から射撃するために同一コホルトをバラして射撃能力のあるヴェリテを加えた亀甲を作った。が、市街突入の前に同一コホルトに再編成するために1ターン浪費。結局これが致命的になり、第1突撃期の最終ターンに確保下住居ヘクスが4ヘクス足りずに敗北。でも市街地に突入した重装歩兵がマルチプルアタックの嵐を吹かせまくったので、気分は良かったです。またしばらく間をあけて、このゲームをやりましょう。』

b0173672_18441023.jpg


▲(AH)Siege of Jerusalem

※まさにビックゲーム大会に相応しい、大攻城戦ゲームの2卓同時進行でしたが、これも全て、実に驚嘆すべき出来の素晴らしい和訳を提供して下さった竹内様のお陰です。この場をお借りして、改めて御礼申し上げます・・・(-人-)
by ysga-blog | 2002-05-06 01:23 | 発掘!古き良きYSGA例会写真 | Comments(0)

2002年5月5~6日 YSGA第13回ビックゲーム大会の様子 その2

b0173672_1917421.jpg


▲(米国版コマンド誌)The Great War in Europa
 日本版コマンド誌ライセンス化を目前に控えてのお祝いキャンペーン

b0173672_19174913.jpg


▲(米国版コマンド誌)The Great War in Europa

b0173672_19175390.jpg


▲(米国版コマンド誌)The Great War in Europa

b0173672_19182940.jpg


▲(米国版コマンド誌)The Great War in Europa

b0173672_19185086.jpg


▲(米国版コマンド誌)The Great War in Europa

b0173672_19191149.jpg


▲(米国版コマンド誌)The Great War in Europa

b0173672_1921740.jpg


▲(米国版コマンド誌)The Great War in Europa
 フランダースでの激戦...

b0173672_1921285.jpg


▲(米国版コマンド誌)The Great War in Europa

b0173672_19215137.jpg


▲(米国版コマンド誌)The Great War in Europa

b0173672_19222781.jpg


▲(米国版コマンド誌)The Great War in Europa

 これにて5月5日(初日)のグレート対戦終了

b0173672_19224648.jpg


▲(米国版コマンド誌)The Great War in Europa
 これ以降、5月6日(2日目)のグレート対戦

 東部戦域プレイヤーたち。ロシア軍担当者の座右の書は、タンネンベルグ戦のバイブル「1914年8月(上下巻)」ソルジェニーツィン著

b0173672_19241369.jpg


▲(米国版コマンド誌)The Great War in Europa

b0173672_19252587.jpg


▲(米国版コマンド誌)The Great War in Europa

b0173672_1925352.jpg


▲(米国版コマンド誌)The Great War in Europa

b0173672_19261258.jpg


▲(米国版コマンド誌)The Great War in Europa

b0173672_19271627.jpg


▲(米国版コマンド誌)The Great War in Europa

b0173672_19275823.jpg


▲(米国版コマンド誌)The Great War in Europa

b0173672_1929763.jpg


▲(米国版コマンド誌)The Great War in Europa

b0173672_19293479.jpg


▲(米国版コマンド誌)The Great War in Europa

b0173672_19301069.jpg


▲(米国版コマンド誌)The Great War in Europa

b0173672_19304920.jpg


▲(米国版コマンド誌)The Great War in Europa

b0173672_19355067.jpg


▲(米国版コマンド誌)The Great War in Europa

b0173672_19361342.jpg


▲(米国版コマンド誌)The Great War in Europa

b0173672_19363461.jpg


▲(米国版コマンド誌)The Great War in Europa

b0173672_19365762.jpg


▲(米国版コマンド誌)The Great War in Europa

b0173672_19371774.jpg


▲(米国版コマンド誌)The Great War in Europa

b0173672_193737100.jpg


▲(米国版コマンド誌)The Great War in Europa
by ysga-blog | 2002-05-05 01:22 | 【Great War/WWⅠ:総合】 | Comments(0)

2002年5月5~6日 YSGA第13回ビックゲーム大会の様子 その3

b0173672_2043340.jpg


(GAMERS)南北戦争旅団級シリーズ(CWB):
No Better Place to Die

 1862年大晦日から63年正月にかけて、西部戦域マーフリーズボロ会戦

※マップ一枚で手頃なユニット数、両軍が派手に攻撃・防御を両方楽しめるという、このシリーズのとっかかりとしては最適の好ゲーム

b0173672_2055588.jpg


▲(GAMERS)南北戦争旅団級シリーズ(CWB):No Better Place to Die

隣の卓でプレイされているのは、(Jコマンド誌別冊)Ring of Fire、その後ろは(EP・サンセット)失われた勝利
b0173672_2053759.jpg


▲(GAMERS)南北戦争旅団級シリーズ(CWB):No Better Place to Die

b0173672_2065140.jpg


▲(GAMERS)南北戦争旅団級シリーズ(CWB):

No Better Place to Die

b0173672_2071283.jpg


▲(GAMERS)南北戦争旅団級シリーズ(CWB):

No Better Place to Die

b0173672_2073220.jpg


▲(GAMERS)南北戦争旅団級シリーズ(CWB):

No Better Place to Die

b0173672_2075157.jpg


▲(GAMERS)南北戦争旅団級シリーズ(CWB):

No Better Place to Die

b0173672_2082765.jpg


▲(GAMERS)南北戦争旅団級シリーズ(CWB):

No Better Place to Die

b0173672_2084815.jpg


▲(GAMERS)南北戦争旅団級シリーズ(CWB):

No Better Place to Die

b0173672_209839.jpg


▲(GAMERS)南北戦争旅団級シリーズ(CWB):

No Better Place to Die

b0173672_2093190.jpg


▲(GAMERS)南北戦争旅団級シリーズ(CWB):

No Better Place to Die

b0173672_20101368.jpg


▲(GAMERS)南北戦争旅団級シリーズ(CWB):

No Better Place to Die

b0173672_20103845.jpg


▲(GAMERS)南北戦争旅団級シリーズ(CWB):

No Better Place to Die

b0173672_2011111.jpg


▲(GAMERS)南北戦争旅団級シリーズ(CWB):

No Better Place to Die

b0173672_20112538.jpg


▲(GAMERS)南北戦争旅団級シリーズ(CWB):

No Better Place to Die

b0173672_20121616.jpg


▲(GAMERS)南北戦争旅団級シリーズ(CWB):

No Better Place to Die

b0173672_20123568.jpg


▲(GAMERS)南北戦争旅団級シリーズ(CWB):

No Better Place to Die

b0173672_2013319.jpg


▲(GAMERS)南北戦争旅団級シリーズ(CWB):

No Better Place to Die

b0173672_20132481.jpg


▲(GAMERS)南北戦争旅団級シリーズ(CWB):

No Better Place to Die

b0173672_20134889.jpg


▲(GAMERS)南北戦争旅団級シリーズ(CWB):

No Better Place to Die

 以上で、ノーベター終了~


b0173672_2014939.jpg


▲(GAMERS)南北戦争旅団級シリーズ(CWB):

 ノーベターを片付けて、引き続き同じメンツで、

チャンピオン・ヒル

 こちらは1863年西部戦域はヴィックスバーグ前面で、まさかの大迂回をして攻め寄せる北軍グラント勢に対して、押っ取り刀の南軍が迎撃に出た遭遇戦。 私の記憶が確かなら、デザイナーのお薦めに従って、南軍にも勝ち目のある仮想シナリオ(南軍が大兵力)を対戦されたと思う。

b0173672_20142985.jpg


▲(GAMERS)南北戦争旅団級シリーズ(CWB):

チャンピオン・ヒル

 ここより、5月6日(2日目)の継続対戦中

b0173672_20144834.jpg


▲(GAMERS)南北戦争旅団級シリーズ(CWB):

チャンピオン・ヒル

b0173672_2015691.jpg


▲(GAMERS)南北戦争旅団級シリーズ(CWB):

チャンピオン・ヒル

b0173672_20152595.jpg


▲(GAMERS)南北戦争旅団級シリーズ(CWB):

チャンピオン・ヒル

b0173672_20154545.jpg


▲(GAMERS)南北戦争旅団級シリーズ(CWB):

チャンピオン・ヒル

b0173672_2016617.jpg


▲(GAMERS)南北戦争旅団級シリーズ(CWB):

チャンピオン・ヒル

b0173672_20162342.jpg


▲(GAMERS)南北戦争旅団級シリーズ(CWB):

チャンピオン・ヒル

b0173672_2016434.jpg


▲(GAMERS)南北戦争旅団級シリーズ(CWB):

チャンピオン・ヒル

b0173672_20174798.jpg



(GAMERS)南北戦争旅団級シリーズ(CWB):

チャンピオン・ヒル
b0173672_2018571.jpg


▲(GAMERS)南北戦争旅団級シリーズ(CWB):

チャンピオン・ヒル

b0173672_20183039.jpg


▲(GAMERS)南北戦争旅団級シリーズ(CWB):

チャンピオン・ヒル

b0173672_20184553.jpg


▲(GAMERS)南北戦争旅団級シリーズ(CWB):

チャンピオン・ヒル

b0173672_201931.jpg


▲(GAMERS)南北戦争旅団級シリーズ(CWB):

チャンピオン・ヒル

b0173672_20192275.jpg


▲(GAMERS)南北戦争旅団級シリーズ(CWB):

チャンピオン・ヒル

b0173672_20194822.jpg



(GAMERS)南北戦争旅団級シリーズ(CWB):

チャンピオン・ヒル
b0173672_20201010.jpg


▲(GAMERS)南北戦争旅団級シリーズ(CWB):

チャンピオン・ヒル

b0173672_20203070.jpg


▲(GAMERS)南北戦争旅団級シリーズ(CWB):

チャンピオン・ヒル

b0173672_20205132.jpg


▲(GAMERS)南北戦争旅団級シリーズ(CWB):

チャンピオン・ヒル

b0173672_20211820.jpg


▲(GAMERS)南北戦争旅団級シリーズ(CWB):

チャンピオン・ヒル

b0173672_20213715.jpg


▲(GAMERS)南北戦争旅団級シリーズ(CWB):

チャンピオン・ヒル

b0173672_2021568.jpg


▲(GAMERS)南北戦争旅団級シリーズ(CWB):

チャンピオン・ヒル

b0173672_2022159.jpg


▲(GAMERS)南北戦争旅団級シリーズ(CWB):

チャンピオン・ヒル

b0173672_20223574.jpg


▲(GAMERS)南北戦争旅団級シリーズ(CWB):

チャンピオン・ヒル

▲以上、例会画像110枚、ブログアップ終了~
by ysga-blog | 2002-05-05 01:21 | (G's)CWB:南北戦争旅団級 | Comments(0)

2002年5月4日(GW)個人宅ゲーム会 ASL自作シナリオ "たった二輛でありました[YSGA1]"対戦

ASL自作シナリオ
"たった二輛でありました[YSGA1]"対戦
b0173672_184125.jpg
▲(AH・MMP)〝Advanced Squad Leader〟

太平洋戦域(日本軍)勉強会の一環で、YSGA自作シナリオ(1)「たった二輛でありました」何度目かのテストプレイ

 週間朝日増刊「司馬遼太郎からの手紙」(P.114)の記述に感動し、矢も盾もたまらずに製作された自作太平洋シナリオ。
 生涯かかってもプレイし尽くせない程、既にASLシナリオはあるのに、更に自作する意味があるのか!?と問われるかも知れないが、日本軍チハ戦車の登場するプレイし易いシナリオが欲しいという需要もあって、今回YSGA会誌に掲載する為にテストプレイされた。

 1945年8月14日の満州で、関東軍が残置した57mm短砲身チハ戦車2輛と挺身斬込隊が、ソ連軍の寝込みを襲うという状況で、3ターン目にはSU-76M4輛がソ連軍の増援として登場する。

 ちなみにYSGAの盟友北陸ボードゲームサークルのサイトにあります「例会報告」の2007年4月3日のところに、このシナリオをプレイして下さった詳しいバトルレポートが挙がっていますので、併せてどうぞ。

b0173672_1842231.jpg


▲(AH・MMP)〝Advanced Squad Leader〟

太平洋戦域(日本軍)勉強会の一環で、YSGA自作シナリオ(1)「たった二輛でありました」何度目かのテストプレイ

※当時は食玩のワールド・タンク・ミュージアム全盛期で、当日もダブリ交換会が行われました。

b0173672_1844595.jpg


▲(AH・MMP)〝Advanced Squad Leader〟

太平洋戦域(日本軍)勉強会の一環で、YSGAオリジナル・シナリオ(1)「たった二輛でありました」何度目かのテストプレイ

b0173672_185621.jpg


▲(AH・MMP)〝Advanced Squad Leader〟

太平洋戦域(日本軍)勉強会の一環で、YSGA自作シナリオ(1)「たった二輛でありました」何度目かのテストプレイ

● 帝國陸軍伝統の劣勢包囲と桶狭間的斬り込み

日露以来、帝國陸軍にとって仮想敵は常にロシアであり、その決着はソ連軍の満州侵攻によって決せられました。それで今号の附録に合わせ、この記事の為に1年以上テストプレイを続けてきた満州侵攻のシナリオを題材に、実際の帝國陸軍の運用を見ていきたいと思います。ちなみに本シナリオは「司馬遼太郎からの手紙」(週刊朝日増刊)にある「残された二輌の戦車」に触発されたもので、大陸を舞台とすればジャングルのような面倒な地形を使わず、既製のシナリオに多い夜戦や盤外砲撃、特別ルールを入れずにプレイし易いシナリオを作ることができます。

日本軍が攻撃側の場合、まず分隊の1割を半個分隊に展開させておきます。大抵これだけでは足りないので分隊を指揮官とスタックさせておいて最初の回復期にさらに展開させます。戦力減少せずに混乱する半個分隊は、敵の防禦射撃を分散させるために露払いとして前進させ、生き残れば敵の背後へ浸透させて包囲射撃を狙います。特に日本軍は分隊のままだと損耗しやすいので、射撃位置につくまでは半個分隊で前進し、現地到着後に分隊へ統合するのが良い手です。

射撃位置についたら爆薬があるのを利用して、爆砕特攻兵の派出を試みます。これを支援射撃下にソ連兵の立て篭る建物に突撃させ、是が非でもソ連の防禦射撃をこれに吸引させます。爆砕特攻の任務は突入自爆して、防衛陣の一角を崩すことにあるのはもちろんですが、そうはさせじと敵が彼に射弾を集中するので、他の日本兵が撃たれずに接近できるという陽動の意味合いも強いと言えます。

この際九七式中戦車チハの1輌は敵の背後に進出させて包囲射撃を狙います。
もう1輌は日本軍が建物に取り付く際に、ソ連兵のいる建物ヘクスサイドに迂回で入り、混戦状態に陥れて防禦射撃を行えなくさせます(この際、戦車を停止させると肉薄攻撃で撃破されやすくなるので機動状態を保ちます)

もちろん戦車単独だと白兵戦で撃破される危険性があるので、続く前進射撃期にそのヘクスを射撃して、敵歩兵を混乱させるよう務めます。チハ戦車の肩押し式57㎜戦車砲も、歩兵支援なら役に立ちますし、野外にいる敵が混乱したらすかさず蹂躙して蹴散らすのも有効です。元々歩兵支援用に作られたチハゆえ、砲塔後部機銃や煙幕展張器も活躍の余地がありますし、45年以降は車載無線も装備しています。

チハにとっては敵のSU-76M自走砲が登場するまで、ソ連の対戦車銃だけが脅威ですが、対戦車銃の貫通力は5なので、車体正面装甲3(側面2/後面1)、砲塔4(3/2)のチハの場合、命中しても2ダイスで2以下を出されなければ影響ありません。

こうしてソ連の増援が来るまでに勝利得点の建物を占領したなら、一転して防禦態勢に入ります。今度はソ連のSU-76がチハと対決し、日本兵の立て篭る建物に対して砲撃や防禦射撃阻止の肉薄を仕掛けてきます。

これに対し日本軍は、相手が装甲の薄い露天型の自走砲なので、チハの戦車砲(貫通力9)や擲弾筒による曲射でも有効打を与えられます。それでも自走砲の発射頻度が2と高いので、ボカスカ撃ちまくられるのは覚悟しなければなりません。

ただSU-76には車載機銃がなく、援護する歩兵も減っているはずなので、ここぞとばかりに、帝國陸軍が世界に誇る人命軽視と人間無視の精神を発揮して、対戦車特攻兵を派出させることになるでしょう

ちなみに上記の解説文中では、ルールの細則や例外等を意図的に省いてあります。厳密にルールと照らし合わせるならツッコミどころ満載と言えるでしょう。あくまで今回はASLへの取っ掛かりとしての紹介であり、原則的な事例だけを採り上げているに過ぎません。無限の広がりを持つASLを、これだけの紙幅で正確に解説するというのは到底無理です。


※公式記録によると、この日は他にもASLサードパーティーのヒート・オブ・バトル社の高地戦シナリオ集「ハイ・グラウンド」から、何か丘陵戦シナリオがプレイされた模様。

b0173672_1852561.jpg


▲ASL班の隣でプレイされた、(GDW)120シリーズ:1941

b0173672_1855421.jpg


▲(GDW)120シリーズ:1941

b0173672_1861583.jpg


▲(GDW)120シリーズ:1941

b0173672_1863638.jpg


▲(GDW)120シリーズ:1941

b0173672_186543.jpg


▲(GDW)120シリーズ:1941

b0173672_1871611.jpg


▲(GDW)120シリーズ:1941

b0173672_1874544.jpg


▲(GDW)120シリーズ:1941

b0173672_18867.jpg


▲(GDW)120シリーズ:1941

b0173672_1882991.jpg


▲(GDW)120シリーズ:1941
by ysga-blog | 2002-05-04 01:20 | ASLコンコマコンフリ三大戦術 | Comments(0)