<   2010年 06月 ( 27 )   > この月の画像一覧

(JED/CMJ33)独ソ戦Ⅱ/ロシアン・キャンペーン2 再版祝賀対戦 その1

(JED/CMJ33)The Russian Campaign Ⅱ
独ソ戦2ロシアン・キャンペーン2


 この7月にコマンド別冊で、ロシアン・キャンペーン2が装いも新たに『独ソ戦2』と名前を改め、よりよい形で再版されると聞き、久しぶりにロシアン・キャンペーン2プレイ熱が再燃しての対戦。

▼第1ターン(41年5/6月:晴天固定)独軍プレイヤーターン終了時
b0173672_2122465.jpg

b0173672_2125014.jpg

▼第1ターン(41年5/6月:晴天)ソ連軍プレイヤーターン終了時。 ミンスクも放棄して、思い切って後方に下がって戦線構築。目的は独軍歩兵に容易に餌を与えないこと。フィンランド戦域では、早くも戦線を放棄して大都市レニングラードに歩兵軍2つを収容。
b0173672_213864.jpg

▼第2ターン(41年7/8月:自動的に晴天)独軍プレイヤーターン終了時 
b0173672_2132451.jpg

独軍中央軍集団は史実通り、怒濤の進撃。なお南方軍集団の歩みが遅いのは、ロシキャンの特徴。
b0173672_2143666.jpg

▼第2ターン(41年7/8月:自動的に晴天)ソ連軍プレイヤーターン終了時。モスクワ前面で縦深防御。退却無視の森林に強力な歩兵軍を籠もらせたので、まずは一安心。なおモスクワが陥落してスターリンも除去されると文句無しにソ連軍の敗北なので、キャンペーンを楽しむ為にも(個人的には忸怩たるものがあるが)スターリンをスターリングラードへ疎開させる。ロシキャンではスターリングラードは独軍にとって高嶺の花なので、ほぼ安全と思われる。
b0173672_2145768.jpg

▼第3ターン(41年9/10月:晴天)独軍プレイヤーターン終了時 レニングラードをスツーカ付きで攻めるも、まさかの攻撃側退却。
b0173672_2151393.jpg

第3ターン(41年9/10月:晴天)ソ連軍プレイヤーターン終了時 次のターンの天候悪化を祈りつつ、森の退却無効を頼っての防御配置。南部ではドニエプル河沿いに退いて守る。
b0173672_2152981.jpg

 モスクワ危うし!
b0173672_2154789.jpg

▼第4ターン(41年11/12月:泥濘)独軍プレイヤーターン終了時 泥濘でもスツーカは一つ貰えるのでレニングラード攻撃に投入して4-1の出目5でレングラード守備軍全滅(DE)、南部でもキエフ陥落。しかしモスクワには手は出せず。
b0173672_21637.jpg

 いや~、なんだかんだ言ってもロシキャンⅡは、やっぱ飽きないな~
by ysga-blog | 2010-06-26 21:06 | ロシキャンⅡ(独ソ戦Ⅱ)戦記 | Comments(0)

(JED/CMJ33)独ソ戦Ⅱ/ロシアン・キャンペーン2 再版記念祝賀対戦 その2

▼第4ターン(41年11/12月:泥濘)ソ連軍プレイヤーターン終了時の戦線全景 モスクワ前面で、形だけ赤軍冬季反攻。南部では陥落後、空いたままのオデッサにソ連軍無血上陸して奪回。各地に派遣された親衛赤軍(ユニットの下半分が赤色)が頼もしい。
b0173672_21114525.jpg

▼第4ターン(41年11/12月:泥濘)ソ連軍プレイヤーターン終了時のモスクワ前面 雪こそ降らなかったが、一応冬季反攻と言うことで、モスクワ前面に迫っていたドイツ軍中央軍集団司令部と6-7装甲軍団を攻めて除去する事に成功。また嫌がらせ的に独軍の背後に騎兵軍団を迂回浸透させる。この、なんとなく独ソ戦らしくなる(史実のモスクワ前面冬季反攻における赤軍騎兵の突進)、絶妙の再現性がロシキャンの尽きせぬ魅力の一つ。
b0173672_2112018.jpg

▼第5ターン(42年1/2月:自動的に雪)独軍終了時の前線 独軍、恒例の冬営的布陣に変更するも、ところどころで強気の布陣。
b0173672_21121555.jpg

▼第5ターン(42年1/2月:雪)、ソ連軍開始時のモスクワ前面(レッドタイフーン冬季反攻開始直前)
b0173672_21123092.jpg

▼第5ターン(42年1/2月:雪)、ソ連軍終了時のモスクワ前面(レッドタイフーン冬季反攻の結果) ブリャンスクの森林地帯から独軍装甲軍団を駆逐する成果を挙げる。
b0173672_2113358.jpg

▼第5ターン(42年1/2月:雪)、ソ連軍終了時の全景(レッドタイフーン冬季反攻を終えて) ブリャンスクの森林地帯で独軍装甲軍団を包囲殲滅する成果を挙げたのが嬉しい。
b0173672_21124626.jpg

▼第5ターン(42年1/2月)終了時の独軍除去ボックス
b0173672_21131898.jpg

▼第6ターン(42年3/4月:泥濘)独軍終了時の前線 ドニエプルペトロフスク、攻撃されるも膠着(C)で凌ぐ
b0173672_21133756.jpg

▼第6ターン(42年3/4月:泥濘)ソ連軍終了時の前線 ドニエプルペトロフスク、膠着(C)で独軍が張り付いた事により、ソ連軍はマストアタックを嫌って放棄撤退
b0173672_21135485.jpg

▼第7ターン(42年5/6月:晴天)独軍終了時の前線 ドニエプルペトロフスクとスターリノの間で、ソ連親衛赤軍包囲さる。まるで第2次ハリコフ戦の如し。
b0173672_21141123.jpg

▼第7ターン(42年5/6月:晴天)ソ連軍終了時の前線 ドニエプルペトロフスクとスターリノの間で包囲されたソ連親衛赤軍を救出しようと必死の反撃成功。またブリャンスク方面では、ソ連軍百万人ぐらいが包囲されそうな感じがしたので、断腸の思いで撤退。
b0173672_2125364.jpg

by ysga-blog | 2010-06-26 20:10 | ロシキャンⅡ(独ソ戦Ⅱ)戦記 | Comments(0)

(JED/CMJ33)独ソ戦Ⅱ/ロシアン・キャンペーン2 再版記念祝賀対戦 その3

▼第8ターン(42年7/8月:自動的に晴天)独軍終了時の全景。
 モスクワ、クルスク正面で独軍大攻勢。南部ではハリコフ陥落。
b0173672_21342455.jpg

▼第8ターン(42年7/8月:自動的に晴天)ソ連軍終了時の全景。
 ソ連軍も各地で包囲されたユニットを救おうと低比率での反撃を敢行。ブリャンスクから逃げ遅れた部隊の多くを補給切れで失う。モスクワ前面の森を奪われた事で、モスクワが最前線となるが、その分、最強ユニットのフルスタックで対処。空挺部隊も守りに入れたい所だが、次の冬季反攻に備えて忍従す。
b0173672_21344172.jpg

▼第9ターン(42年9/10月:泥濘)独軍終了時の全景。泥で進撃できない分、がっちりと戦線を強化。南部ではスターリノを陥落させた。
b0173672_21345850.jpg

▼第9ターン(42年9/10月:泥濘)ソ連軍終了時の全景。ソ連軍としてはこのラインを絶対防衛線としたいところ。なおセバストポリには親衛赤軍歩兵としては最強の8-4を入れて、いずれ反撃拠点として活かすつもり。
b0173672_21351283.jpg

▼第10ターン(42年11/12月:雪)独軍終了時の全景。2度目の冬季を迎えて冬営布陣に変更するも、モスクワ前面では森を頼っての強気の前進防御。これが総統(死守)命令か!?
b0173672_21352720.jpg
▼第10ターン(42年11/12月:雪)第1インパルス攻撃解決直前のモスクワ前面。
ソ連軍、待ちに待った本格的な冬季反攻開始で、空挺3個全てを投じて巨大なデミヤンスク的包囲網形成を狙う。
b0173672_2135467.jpg

▼第10ターン(42年11/12月:雪)ソ連軍終了時の全景。
 冬季反攻としては満足な結果を得られず。せっかく空挺を投入しての包囲攻撃も敵を退却にまで追い込めず、次ターン、逆にソ連空挺は殲滅の運命となる。しかし、せめてもモスクワ前面で強気の布陣を敷いていた装甲軍団と歩兵を包囲できたので、次ターン、独軍はその救出に苦慮せざるをえまい。
b0173672_2136247.jpg

▼第11ターン(43年1/2月:自動的に雪)独軍終了時の全景。
 結局モスクワ前面で包囲された装甲軍団と歩兵軍団のスタックは救い得ず(第1インパルスにA1の結果を得たが(補充再建目的で敢えて装甲軍団を除去)、森による退却無効で退却できず、続く第2インパルスではマストアタックの最低比1-6に届かず、歩兵軍団は自動的に降伏)。ソ連空挺は2つまで降伏させた上、さすがに強気の前進防御は諦めて、冬営布陣とした。
b0173672_21361816.jpg
▼第11ターン(43年1/2月:自動的に雪)ソ連軍終了時の全景。独軍が冬営したので無理な攻撃はせず、戦線の厚みを増すことに腐心する。南部ではクリミアに騎兵軍団を一つ渡らせて、反撃拠点としての強化を図る。
b0173672_21363466.jpg

▼第12ターン(43年3/4月:軽い泥濘)独軍終了時の全景。 突出した北部のソ連軍を一掃した他は、南部でソ連軍の戦線を食い破る。
b0173672_21365041.jpg

by ysga-blog | 2010-06-26 19:33 | ロシキャンⅡ(独ソ戦Ⅱ)戦記 | Comments(0)

(JED/CMJ33)独ソ戦Ⅱ/ロシアン・キャンペーン2 再版記念祝賀対戦(スターリンズウォー含)その4

(Jed/CMJ#33)独ソ戦2
ロシアン・キャンペーン2The Russian Campaign Ⅱ

▼第12ターン(43年3/4月:軽い泥濘)ソ連軍終了時の戦線全景
 モスクワ前面で低比率ながらも総花的攻撃を仕掛けたところ、独軍が嘆くほどの成功を収める(ソ連軍の損害が殆ど出なかった)。次ターンからはソ連側工場の補充力が以後ずっと2倍化し、さらに戦闘比3増加のソ連軍砲兵マーカが得られるとあって、独軍にとってまさに終わりの始まりか。それでも補充再建のバランスが取れているので、史実同様、独軍が苦しいながらも、かつかつ戦線を維持してベルリンまで戦い抜けるのが、ロシキャンのイイところ。ここまでがヒトラーズ・ウォーとすれば、これからはスターリンズ・ウォーの始まりと言っていい。
b0173672_21382426.jpg

▼第12ターン(43年3/4月:軽い泥濘)ソ連軍終了時の戦線北部 ターンマーカの数字は過って13になっているが、あくまで12ターン終了時。
b0173672_21384776.jpg

▼第12ターン(43年3/4月:軽い泥濘)ソ連軍終了時の戦線南部
b0173672_2139220.jpg

▼第13ターン(43年5/6月)開始時における独軍除去ボックス 既に43年度分の補充再建ユニットは取り出した後である。
 昼から夕方まで、実質6時間のプレイで全25ターン中、12ターン終了まで。実に4年振りのロシキャン対戦で勘所を掴み直すのに時間がかかってしまったが、慣れれば朝から晩まであれば、楽に最終ターンまで終わらせられるのが、ロシキャンの魅力。
b0173672_21393061.jpg

▼第13ターン(43年5/6月)開始時におけるソ連軍除去ボックス ちなみにコマンド84号「モスクワ41」付属のクレムリン・ターンマーカは、独軍の大都市支配数のカウントに流用(43年のサドンデス負け占領ラインは大都市6個を最低限とする)。
脇の青い、コマンド57号「1942(GDW)」付属の上陸侵攻支援マーカは、レンドリースで受け取った補充ポイントを表示するのに使っていたもの。
b0173672_21391619.jpg

(GMT最新作)Stalin's War
スターリンズ・ウォー


 奇才テッド・レイサーが(AH)ロシアン・キャンペーンと(GMT) WW2:バルバロッサ・トゥ・ベルリンを足して2で割ったような東部戦線キャンペーン/カードドリブンゲームを目指したという、東部戦線キャンペーンゲーム最新作。ロシアン・キャンペーン2の隣で、スターリンズ・ウォーが対戦されるという、新旧・東部戦線キャンペーン並列プレイが実現した。

▼写真は、第一戦目の様子。独軍、大いに優勢。
b0173672_2143817.jpg

▼陣営を入れ替えての2戦目。ソ連軍は電撃戦を受けない地形で守るも、独軍の平押しによって次々とユニットを失い、戦線が破滅的な薄さに。ゲームバランスに暗雲立ちこめる...
b0173672_2146431.jpg

 新旧並べてプレイする事で、改めて東部戦線キャンペーンのバランス取りの難しさを感じた。その意味ではロシアン・キャンペーン2のバランスは絶妙と言わざるを得ない。

by ysga-blog | 2010-06-26 18:38 | ロシキャンⅡ(独ソ戦Ⅱ)戦記 | Comments(0)

Y(横須賀)SGAを特別開催して、指輪戦争コレクターズ・エディション初対戦 その1

(Fantasy Flight Games)指輪戦争
War of the Ring Collector's Edition


 余りの巨大さと、持ち運びの困難さ、広げるスペースの必要性から、近くの公民館的な所で特別に開催されたYSGAミニ集会(定員4人)にて。
▼持ち運ぶ際にこそ端的に分かる超巨大ブックケース
b0173672_15201426.jpg

▼完全彩色フィギュアの壮観さと、マップの大きさ、綺麗さにより、当社比3倍のプレイ意欲醸成
b0173672_1523957.jpg

▼個々のフィギュア収納ケース(地図横の黒いトレー)がある事で、使用可能残量も一目で分かる便利さあり。いずれにしても、スペース占有率はフルマップ4枚強に相当。
b0173672_1523285.jpg

b0173672_15234542.jpg

b0173672_1524142.jpg

b0173672_15242059.jpg

b0173672_15243912.jpg

by ysga-blog | 2010-06-20 19:59 | (FFG)指輪戦争:作戦/戦略級 | Comments(0)

Y(横須賀)SGAを特別開催して、指輪戦争コレクターズ・エディション初対戦 その2

(Fantasy Flight Games)指輪戦争
War of the Ring Collector's Edition

b0173672_1527209.jpg

b0173672_15273811.jpg

b0173672_15275675.jpg

b0173672_15281365.jpg

b0173672_15283148.jpg

b0173672_15284849.jpg

b0173672_1529335.jpg

by ysga-blog | 2010-06-20 19:57 | (FFG)指輪戦争:作戦/戦略級 | Comments(0)

Y(横須賀軍港)SGAに便乗して、AtO誌カートホイール作戦 その1

(Against the Odds誌)カートホイール作戦
Operation Cartwheel

b0173672_15381825.jpg
※こちらの対戦の詳細は、素晴らしいリプレイブログを製作して下さっている、もりつちさんの「徒然なるままに」サイトをご覧下さい。
b0173672_15383658.jpg

b0173672_15385419.jpg

b0173672_1539111.jpg

b0173672_15392935.jpg

b0173672_15394882.jpg

b0173672_1540488.jpg

by ysga-blog | 2010-06-20 19:35 | 【大東亜"新秩序"戦争:総合】 | Comments(0)

Y(横須賀軍港)SGAに便乗して、AtO誌カートホイール作戦 その2

(Against the Odds誌)カートホイール作戦
Operation Cartwheel

b0173672_154112100.jpg

※こちらの対戦の詳細は、素晴らしいリプレイブログを製作して下さっている、もりつちさんの「徒然なるままに」サイトをご覧下さい。
b0173672_15412963.jpg

b0173672_15414740.jpg

b0173672_1542561.jpg

b0173672_15422282.jpg

b0173672_1542397.jpg

by ysga-blog | 2010-06-20 19:30 | 【大東亜"新秩序"戦争:総合】 | Comments(0)

Y(横須賀)SGAにて。Against the Odds誌いろいろ見てみたい その1

b0173672_15462496.jpg

b0173672_15464439.jpg

b0173672_1547140.jpg

b0173672_15471896.jpg

b0173672_15473522.jpg

b0173672_15475160.jpg

by ysga-blog | 2010-06-20 15:45 | 珍しゲーム紹介 | Comments(0)

Y(横須賀)SGAにて。Against the Odds誌いろいろ見てみたい その2

b0173672_15485370.jpg

b0173672_15491166.jpg

b0173672_15492993.jpg

b0173672_15494466.jpg

b0173672_1550187.jpg

b0173672_15501781.jpg

by ysga-blog | 2010-06-20 14:48 | 珍しゲーム紹介 | Comments(0)