<   2011年 04月 ( 36 )   > この月の画像一覧

(旧GJ#59)南北戦争戦略級(Yankee Thunder,Rebel Lightning)は、やっぱイイ!

アメリカ南北戦争勃発150周年記念〈1861年-2011年〉

(旧GJ誌59号付)南北戦争戦略級
Yankee Thunder,Rebel Lightning

b0173672_18954.jpg
b0173672_1892881.jpg

 西部戦域にてLee vs Grant決戦
b0173672_1894943.jpg

by ysga-blog | 2011-04-25 16:07 | 米南北戦争150周年記念 対戦 | Comments(0)

YSGA第262回定例会の様子その1(会場の様子とCMJ独ソ戦2〉

b0173672_1732456.jpg


■春の嵐となった前日がウソのように、朝から晴れ渡った当日は、20席限定の狭い部屋ながら、市川丈夫さんにKENさん、Joeさんに角Nさんを含むプレイ参加19名に、北海道は札幌歴史ゲーム友の会から東京出張のついでに覗きに立ち寄られたお一人の方という、総勢20名の参加を得て、以下のゲームが閉会ギリギリまで繰り広げられました。

・(コマンド誌別冊)独ソ戦2/The Russian Campagin2
・(GAMERS)TCS:Bloody Ridge/ブラッディ・リッジ(ガ島ムカデ高地)
・(GAMERS)TCS:Screaming Eagles in Holland/雄叫びの鷲inオランダ
・(MMP)TCS:GD42
・(World at War誌)パルチザン!
・(SPI)チトー
・(GJ誌38号付)賎ケ岳戦役
・(TIMJIM)Age of Exploration 1492-1543 ルールマスター付き6人戦
・(GMT)Successors.4人戦
・(AH)魔法の島の戦い.4人戦
・(HJ)タイタン・ジ・アリーナ:カードゲーム


(JED/CMJ別冊)独ソ戦2
ロシアン・キャンペーンⅡThe Russian Campaign 2 

b0173672_1734599.jpg
b0173672_1741079.jpg

by ysga-blog | 2011-04-24 20:59 | ロシキャンⅡ(独ソ戦Ⅱ)戦記 | Comments(0)

YSGA第262回定例会の様子その2(GAMERS/MMP)TCS4.0検証会:ガ島ブラッディ・リッジ〉

(GAMERS)TCS:Bloody Ridge
血染めの丘:ガダルカナル島ムカデ高地


 今回行われました(GAMERS/MMP)TCS4.0検証会につきましては、市川丈夫さんのブログを、ご覧下さいませ。
b0173672_16502095.jpg
b0173672_16504530.jpg
b0173672_1651490.jpg
b0173672_165127100.jpg

 ムカデ高地の手前で潰えた歩兵第百二十四聯隊のフルスタック越しに眺める、恨みは深しヘンダーソン飛行場...
b0173672_16514755.jpg

▼歩兵第百二十四聯隊の死屍累々...
b0173672_1652912.jpg

by ysga-blog | 2011-04-24 20:58 | 【大東亜"新秩序"戦争:総合】 | Comments(0)

YSGA第262回定例会の様子その3(GAMERS/MMP)TCS4.0検証会:雄叫びの鷲inオランダ/GD42/LEROS〉

(GAMERS)TCS:Screaming Eagles in Holland
雄叫びの鷲 in オランダ


この対戦の詳しくは市川さんのTCS4.0検証会を、ご覧下さい。
b0173672_16532450.jpg
b0173672_16534866.jpg
b0173672_1654793.jpg

(MMP)TCS:GD42
b0173672_16542825.jpg
b0173672_16545651.jpg
b0173672_16551971.jpg
b0173672_16554687.jpg

話のタネに広げられたTCS:LEROS。フルマップ二枚だと思っていたら、三枚だったでござる...
b0173672_17132722.jpg

by ysga-blog | 2011-04-24 20:57 | 【その他戦術級ゲーム総合】 | Comments(0)

YSGA第262回定例会の様子その4(TITOパルチザン!〉

(World at War誌16号)PARTIZAN!
パルチザン! ウォー・オブ・ユーゴスラビア


 En hommage a SPIのKENさんをお招きしてのパルチザン対戦。相互の誤解から、KENさんは(SPI)Titoのつもりで、FredさんはWaW誌パルチザン!のつもりで準備してきたということで、期せずしてユーゴ・パルチザン新旧連戦と相成りました。
b0173672_16585039.jpg

(SPI)TITO
チトー・パルチザンの戦い
b0173672_16593750.jpg

 見た目が極めて幾何学的な点でも、その面白さが伝わりにくい不幸な作品で、テーマの不人気もあってか、かつて日本のゲーム売場で常に売れ残っていた2つのSPIゲームの一つだった(もう一つは「パラトループ:奇襲空挺隊」)。しかしプレイしてみると、その出来の良さに舌を巻くという優れもの(史実再現性の高さにも)。
b0173672_1702596.jpg
b0173672_1705259.jpg

by ysga-blog | 2011-04-24 20:53 | 【その他;独ソ戦:全般】 | Comments(0)

YSGA第262回定例会の様子その5(GJ誌38号付)賎ケ岳戦役〉

(GJ誌38号付)賎ケ岳戦役
b0173672_17301832.jpg

 これまで(ツクダ)秀吉戦記のシナリオしかキャンペーンレベルでの賎ケ岳がなかっただけに、傑作とは言えないまでも今後「賎ケ岳」のキャンペーンゲームと言えば、コレになるであろう佳作。2時間足らずでフルターン、プレイできる手軽さも魅力。
b0173672_17305341.jpg
b0173672_17312358.jpg
b0173672_1732544.jpg

 ラスト1ターン前に史実通り、賎ケ岳周辺で大決戦の図
b0173672_17322436.jpg

 今回は秀吉側の勝利に終わったが、滝川や織田信孝の使い方次第では面白い勝負にもっていけそうだ。
b0173672_17324774.jpg

by ysga-blog | 2011-04-24 20:50 | 【戦国日本ゲーム:総合】 | Comments(3)

YSGA第262回定例会の様子その6(TIMJIM)Age of Explorationその1〉

(TIMJIM)Age of Exploration 1492-1543
b0173672_19365810.jpg

▼ボドゲギークに掲載されていた海外のAge of Exploration マニアが製作した、素晴らしく綺麗な冒険家カードに船舶カードを、有志がダウンロードしてくれたという。次回のプレイでは、是非これを使いたいものだ。
b0173672_16401576.jpg

▼(旧GJ誌51号)DAK in Desert付録号に掲載された『ゲームな人(第12回)』。これを読んで、大航海時代ゲーム好きの血が騒ぎ、勇んでゲーム本体を手に入れたものの、2冊ある原文ルールを無理矢理1つにまとめた書泉和訳がワケワカラン出来だったので、15年近くプレイできないでいた因縁の一作。
b0173672_19355844.jpg
b0173672_19361958.jpg

▼狭い部屋だからプレイスペース節約の為にもマルチがいいだろうし、開港記念会館という情緒溢れる例会場にも合わせて、この機会に英文ルールとの読み合わせでプレイを断行。別卓で予定していた(GMT)Here I StandがSuccessorsに変更された事で外れたUeMさんにも急遽参加してもらい、主催者がルールマスターとなって(ホワイトボードで用語説明)、いきなり初プレイでフルメンバー6人での夢の対戦となった。
b0173672_16345973.jpg

23:15大航海時代
『Age of Exploration』を6人プレイ。

アメリゴ・ヴェスプッチを隊長に探検隊を組むも、引くカードが壊血病ばかりで食料がなくなり、マデラ諸島で食料補充して航海継続するもまた壊血病。
アゾレス諸島で再び食料補充して航海するとまたまた壊血病。
あげくに乗員が恐慌を起こし強制帰還。

アメリゴ探検隊失敗で新大陸はアメリカとは名付けられないことが決定。
出遅れたのを挽回すべく、征服者サトを隊長に軍備重視の探検隊を編成し、インカ帝国を目指す。
今回も壊血病に悩まされながら南アメリカに上陸、謀反や原住民との戦闘を乗り越え、アンデス山脈を乗り越えてインカ帝国へ。

だがなかなか帝国首都へ進撃できず、足踏みしたまま手詰まりでゲーム終了。

4人プレイで2回目、征服者ポンセ・ド・レオンでアステカを目指し首都に突入するも、一度負けるとずるずる戦力を失い、脱出をはかるもポンセ隊長は戦死。

副隊長指揮でやっとアステカを脱出したと思ったら、同行の宣教師が原住民といさかいを起こし攻撃されて、探検隊全滅となってしまった。

難しいゲームではないが、隊の編成と探検方針には研究の必要がありそうだ。
b0173672_16352395.jpg

by ysga-blog | 2011-04-24 20:49 | 【探検の世界史:総合】 | Comments(0)

YSGA第262回定例会の様子その7(TIMJIM)Age of Explorationその2〉

(TIMJIM)エイジ・オブ・エクスプロレーション 探検の世紀

▼南北アメリカ両大陸しかマップに印刷されていないので、一見すると新大陸だけかと思われるが、実は日本やフィリピン、マカッサル諸島まで行けるというワールド・ワイドな作り。ただし日本へはマゼラン海峡越しには行けず、前人未踏の北西航路(北極海)を踏破しないと辿り着けない、まさに幻の国ジパングとなっている。しかも強力な原住民扱い(食料は調達可)なだけで、黄金は無しという。 
b0173672_1635452.jpg

▼夕方までプレイして、アステカを滅ぼすにはどんだけ時間が必要なんだという怒りの声も挙がり、取り敢えず6人戦はこれにて終了とした時点での盤面。ちなみにコロンブスとマゼランは、人喰い族に喰われて死亡しました。
b0173672_16425016.jpg

▼基本的に(AH)アフリカ探検同様の多人数ソロプレイゲームなのに、さすがに6人は多すぎるだろうと(6人1ターンだと展開が遅くなりがち)、確信に満ちたプレイヤー4人で極限までカード回しをスピードアップした、まさに目が回るほどの早打ちプレイを断行。写真撮影の暇もなく、わずか2時間足らずで、マゼランは世界一周の3分の2まで達成(史実でマゼランが目指したマカッサル諸島を越えて航海中)、ソトはアステカ帝国の首都まで攻め入ってその力を半分まで削いだところで壊滅、その他の2人も大冒険を成し遂げたところまでいったという。
b0173672_164375.jpg

(HJ)タイタン・ジ・アリーナ:カードゲーム
b0173672_16473273.jpg

by ysga-blog | 2011-04-24 20:47 | 【探検の世界史:総合】 | Comments(0)

YSGA第262回定例会の様子その8(GMT)Successors. 〉

(GMT)Successors
サクセサーズ

b0173672_17151751.jpg

 当日まで(GMT)Here I Standのつもりだったものが、いざフタを開けてみると肝心のゲームを持ってきている人がいないと分かって、急遽こちらへ変更。これはこれで傑作なんだが。
b0173672_17153851.jpg
b0173672_1716134.jpg

 将軍の組み合わせが良かったのもあわさって、3ターンでサドンデス勝利を決めた盤面
b0173672_17161911.jpg

▼続けて同じメンバーで2回戦に突入
b0173672_17164143.jpg
b0173672_171724.jpg
b0173672_1718938.jpg

 劇的な最終決戦で、ゴッソリ遺産を手に入れたMiuさんの華麗なる勝利に終わった
b0173672_17174219.jpg

by ysga-blog | 2011-04-24 20:40 | 【広義での古代戦ゲーム総合】  | Comments(0)

YSGA第262回定例会の様子その9(AH)<魔法の島の闘い Wizards Quest〉

(AH)魔法の島の闘いWizards Quest
b0173672_17341961.jpg

 昔懐かしてオールド・マルチゲームを最後に4人で対戦。簡単で面白いのは保証済み。
b0173672_17344857.jpg

 緑軍があと一歩で勝利というところで、「敵対者の宝を一つ別の場所へ飛ばせる」というカードの和文が「あなたの持つ敵対者の宝を」とあって、セットアップの時に担当した右隣のプレイヤーの宝限定なのかどうなのかという疑問にぶちあたり、時間的にも閉会が迫っていたので、今回はウヤムヤのうちに終了とした。
b0173672_1735925.jpg

by ysga-blog | 2011-04-24 20:33 | 例会/ゲーム対戦報告 | Comments(0)