<   2011年 10月 ( 35 )   > この月の画像一覧

第10回Y(横須賀)SGA追浜集会の様子その1 タイド・オブ・アイアンその1

(Fantasy Flight Games)Tide of Iron
タイド・オブ・アイアン

 車で運べる郊外の会場だからこそのタイド・オブ・アイアン対戦(今年4戦目)。今回は、ついに東部戦線セット「熊の怒り」より、『カネフ空挺作戦』シナリオを立て続けに2戦した。
結論としては、赤軍パラトルーパーTUEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE!!、ちゅーこと(正確には「エリート・フォーメーション」設定と、最初2ターンの夜間・払暁肉薄移動がスゲー)。
b0173672_0152399.jpg
b0173672_015417.jpg
b0173672_0155992.jpg
b0173672_0161666.jpg
b0173672_0163660.jpg

by ysga-blog | 2011-10-29 20:32 | 【その他戦術級ゲーム総合】 | Comments(3)

第10回Y(横須賀)SGA追浜集会の様子その2 タイド・オブ・アイアンその2

b0173672_0182980.jpg
b0173672_0184962.jpg

 見た目はフィギュアでおもちゃの戦争みたいだが、ファイア&ムーブメントの戦理を端的に表した優れもので、めちゃ盛り上がる。少々ゲームバランス傾いていても、楽しめるのはなにより。
b0173672_01985.jpg

▼今回はカネフ好きが昂じての趣味的シナリオ選択だったが、次はソ連軍の戦車も使いたいので、これまたマニアックなシナリオ状況「レッド・タイフーン時におけるホルム攻囲戦」とかやりたい。
b0173672_2212442.jpg
▼そしていつかは、この最大シナリオ『クルスク大戦車戦』を4人戦してみたい。
b0173672_222181.jpg

by ysga-blog | 2011-10-29 20:30 | 【その他戦術級ゲーム総合】 | Comments(0)

第10回Y(横須賀)SGA追浜集会の様子その3 (コマンド誌100号)ハンガリー戦役1944-45 その1

(コマンド誌100号)ハンガリー戦役1944-45
(仏Vae Victis誌78号)HONGRIE 1944-45
b0173672_23381445.jpg

 せっかくのコマンド100号記念の附録ゲームが、今ひとつヒストリカルな展開にならないのは、末期戦ファンとして許せぬということで、選択ルールは当然2つとも採用するとして、初期配置の最前線ドイツ軍ユニットを全て1ステップロスしたもので、キャンペーン検証してみた。
 なお1ステップで配置するのは、カルパチア山脈からルーマニア国境に至るソ連軍やルーマニア軍と対峙する最前線の部隊だけで、スロヴァキア蜂起軍を囲む歩兵師団や、増援登場するユニットは完全戦力面のままとする。

▼第1ターン(44年10月前半)終了時
b0173672_23355782.jpg

▼第2ターン(44年10月後半)終了時
b0173672_23361941.jpg

▼第3ターン(44年11月前半)終了時
b0173672_2336444.jpg

▼第4ターン(44年11月後半)終了時
b0173672_2337978.jpg

by ysga-blog | 2011-10-29 20:05 | CMJ100ハンガリー戦役'44-45記 | Comments(0)

第10回Y(横須賀)SGA追浜集会の様子その4(CMJ100附録)ハンガリー戦役1944-45の様子 その2 

▼第5ターン(44年12月前半終了時)の盤面。
b0173672_2345525.jpg

▼第6ターン(44年12月後半終了時)の盤面。枢軸軍戦線、限りなく薄い。まさに「総統、歩兵を、歩兵をください」という、史実の焦燥感をたっぷり味わえる展開に枢軸プレイヤー大満足。ブダペストこそ包囲はされていないが、その分、ユニットを失って時間を稼いでいるので、これからどう破断界を迎えるのかが楽しみ。一応コンラート作戦用の増援が次ターンに来るのだが、とても戦線を安定化させるほどではない。
 とりあえず今回の検証で、最前線初期配置ドイツ軍ユニット全1ステップという縛りは、有りダナ。
b0173672_2346434.jpg

▼第6ターン(44年12月後半終了時)の最前線の様子と、枢軸軍除去ユニットの山。
b0173672_2346494.jpg

by ysga-blog | 2011-10-29 20:04 | CMJ100ハンガリー戦役'44-45記 | Comments(0)

第10回Y(横須賀)SGA追浜集会の様子その5 もろびとこぞりて

▼(GDW)120シリーズ「1941」ソロ研究進展中
b0173672_0274299.jpg
堀場さんの葉書ノモンハン・テストプレイ
1戦目(ソ連軍勝利)
b0173672_0275953.jpg

同2戦目(日本軍勝利)
b0173672_0281688.jpg
▼(SPI/SS)ドイツ南方軍集団「キエフ1941」
 2ターンでまさかのキエフ正面から抜かれて陥落とグデーリアンの南方旋回大成功の図
b0173672_028488.jpg

▼最後は5人全員(通称オッパマ・ファイブ)でネタゲーム
▼(Jコマンド誌72号付)すごろく第三帝国 にて大団円
b0173672_029534.jpg

by ysga-blog | 2011-10-29 19:25 | 例会/ゲーム対戦報告 | Comments(0)

【目の保養】レイテ海戦の日なので、栗田艦隊(第1部隊)を編成してみた

レイテ海戦の日なので、(GJ誌24号付)レイテ湾強襲マップの上に、栗田艦隊(第1部隊)を編成してみました。
なお、各艦、時代設定は まちまちで、戦艦、重巡は実艦ですが、能代は同型の矢矧が代行しています。、
駆逐艦は夕雲型が1隻しかいないので、同型艦でも対応出来ず、シルエットの似ている陽炎型、朝潮型も利用しています。


▼「栗田ですが、反転してもよかですか?」
b0173672_064292.jpg

実は、調子に乗って西村艦隊と小澤艦隊も撮影していたりする。

▼「小澤ですが、栗田君が無電を受信してくれません」
b0173672_23455571.jpg

▼「西村ですが、栗田君が一緒に突入してくれません」
b0173672_2346126.jpg

▼こちらは、去る14日に、新生700分の1艦隊の1番艦「綾波」が完成してちょうど1年となり、この1年で、今や、戦艦8隻、重巡8隻を基幹とする60隻余の艦隊を再建できた記念に。
 実際、やや劣勢ながら、比島沖海戦当時の聯合艦隊となら、正面からの決戦も可能な程度の戦力に。
そんなわけで、1周年を記念して、全艦艇を集結させてみた。
b0173672_074234.jpg
b0173672_11304286.jpg
泊地に憩うわが艦隊の威容を添付させていただきます。
ちなみに現有兵力
空母14、戦艦10、巡洋艦21、水母2、潜母1、敷設艦1、
駆逐艦36、水雷艇4、海防艦13、潜水艦10、輸送艦2、
掃海艇、掃海艇、駆潜艇各1、特設艦船4。
by ysga-blog | 2011-10-24 00:04 | 建軍の本義 | Comments(0)

二年ぶりにまた(HJ/コンパス)ビターエンド/ブダペスト救出作戦 その1

(HJ/コンパス)ビターエンド
Bitter End
ブダペスト救出作戦

b0173672_2204585.jpg

▲(HJ)Bitter Endと(コンパス)Bitter Endとのサイズ比較。コマンド最新号は比較対照の一環として。ちなみにコンパス版はフルマップ2枚でラージ・ユニット、なのでHJ版のマップはその上に被せ置き。マップの綺麗さは圧倒的にHJ版に軍配が上がるが、HJ版はハンガリー軍ユニットのカラーが赤色系の明肌色なのがソ連軍側と紛らわしい。
b0173672_2211018.jpg

 ルールは明確化されたコンパス版に従い、コンポーネントはHJ版を使用。配置はヒストリカル・シナリオにて。
 二年前の対戦経験から史実通りの中央森林地帯突破は、今度こそホントに無理ゲーだろうということで、鹿内さん流の第4SS装甲軍団南方旋回策を検証してみた。
写真は第1ターン終了時。独軍プレイヤーは貧乏性なので第1ターンの奇襲効果を活かしたくて正面にひと当てして、SS第3装甲師団がタタバーニャをごり押しで占領。その他は突破移動で南方へスライド開始。
b0173672_2213080.jpg

第2ターン終了時。
b0173672_2215645.jpg
第3ターン終了時。
b0173672_22226100.jpg

by ysga-blog | 2011-10-22 18:55 | (HJ)Bitter End 対戦記 | Comments(0)

二年ぶりにまた(HJ/コンパス)ビターエンド/ブダペスト救出作戦 その2

b0173672_1348584.jpg

第4ターン終了時。
b0173672_2275618.jpg

▼初期配置から南方旋回を念頭において南寄りの配置を心がけ、可及的速やかに南部の平地へと部隊を送り込めば、まずまずの電撃突破は見込めるということが検証できた。ただし、わずか4ターンでここまで進撃できたとは言え、ここからブダペシュトまでは守りの堅い都市ヘクスが散在する上、近づけば近づくほど攻囲軍のソ連軍が移動制限を解除されて阻止線を強化できるのと、もともと独軍が南方旋回してくると分かっていれば、予備解除された部隊を優先して南方へ移動させるなどの対応策もとれるので、決して楽勝でブダペシュトを救出できるものではない。
b0173672_2281781.jpg

▼ドナウ河北岸エステルゴム方面。第1ターンに突撃ボートにより、ハンガリーの「SzL:聖王ラースロー」師団の3個連隊すべてをエステルゴムに無血入城させ、第8装甲師の戦車や増援の歩兵師団らは全て南方旋回へ抽出したところ、「舐めるな」とばかりにソ連軍に反撃され、戦線崩壊の図。さすがに手を抜きすぎたと独軍も急遽、火消し部隊にUターンさせた。
b0173672_2283676.jpg
b0173672_2285654.jpg

by ysga-blog | 2011-10-22 18:53 | (HJ)Bitter End 対戦記 | Comments(0)

二年ぶりにまた(HJ/コンパス)ビターエンド/ブダペスト救出作戦 その3(ブダペシュト市街戦部分)

b0173672_1348584.jpg

血で血を洗うような、地味で凄惨な市街戦が繰り広げられたブダ・ペシュト攻囲戦
 野戦と並列で並べても動きが分かり難いので、市街戦だけ抽出してまとめて掲載しておきます〔黄色の数字マーカーは当該ターンを、赤いキツネはソ連軍プレイヤーターンの終了を示しており、必然的にゲームターンの終了時の様子となります〕。
b0173672_22104281.jpg
b0173672_2211485.jpg
b0173672_22124893.jpg
b0173672_22131034.jpg

by ysga-blog | 2011-10-22 18:50 | (HJ)Bitter End 対戦記 | Comments(0)

なんという減価償却率 GMT The Spanish Civil War

(GMT)The Spanish Civil War
(GMT)スペイン内戦


クロノノーツさんで外箱傷アリ3500円程度にて購入した堀場さん、今回の対戦で今年6、7回目のSpanish Civil War対戦か!? しかも大抵の場合、初めてこのゲームやる人との対戦で、もはやスペイン内戦(GMT)の伝道師。
b0173672_2218117.jpg

第4ターン進行中。
b0173672_22184046.jpg
第5ターン進行中。
b0173672_22192221.jpg
第8ーン終了時。
b0173672_22195296.jpg

by ysga-blog | 2011-10-22 17:13 | ESPANA 1936 対戦記 | Comments(0)