<   2011年 11月 ( 44 )   > この月の画像一覧

『ハンガリー戦役1944-45』(Jコマンド誌100号付)を、よりヒストリカルに

(コマンド誌100号)ハンガリー戦役1944-45
(仏Vae Victis誌78号)HONGRIE 1944-45

 もうすぐ「独ソ戦ソリテイア(コマンド別冊)」に「ワーテルローの黄昏(GJ誌)」、12/20には「Battle for Germany+帝都決戦(コマンド誌)」と立て続けに出るので、その前に気になっていたハンガリー戦役における、堀場さん発案のバランス調整(枢軸軍の補充一切無しで)を検証してみた。
(日本版選択ルール(CL倍/砲兵共用と簡易航空)は2つとも採用)

両軍の初期配置:枢軸軍は初期配置の装甲師団をフルスタックさせてオーバーランをちらつかせ、ソ連軍は戦線西端部へ可能な限りの兵力シフトができるように配置。ソ連軍の歩兵やCLも戦略移動できるので意外に早くシフトできる。
b0173672_23571675.jpg
前回(→詳細はこちら)は、初期配置(最前線)の独軍を全て減少戦力面(残り1ステップ面)で配置する方法を検証してみたが、今回は初期配置はそのままで、枢軸軍のステップ補充(陸軍/空軍)は一切無いという方法を検証。なお、勿論CL〈兵站駒〉は規定通りもらえるものとする。
b0173672_23561595.jpg

 前回の枢軸軍は、毎ターン撤退して戦線を短縮化しつつ遅滞作戦を展開したが、今回は戦力に自信があることから、できる限り前進防御してみた。逆にソ連軍は枢軸軍のステップ回復がないことから、枢軸軍にステップ損害を与える事を第一に考えての攻撃とした。一点突破の全面展開が売りのソ連軍ではあるが、下手に突出して無為にオーバーランを喰らうよりは、確実に敵を除去していって枢軸軍が戦線を張れなくなる時を待つ作戦でいく。この場合、序盤は史実と比べて進撃スピードが落ちるかも知れないが、敵の兵力が削り取られてからの進撃の早さを考えると、トータルでは史実とほぼ同じ展開になると思われる。
 なお、ソ連軍は戦闘機の傘の下で、もっぱら高比率戦闘のみ実施し、兵力の消耗を最小限にとどめる戦法でいく。その為、第5、6ターンの戦線崩壊時のような好機は別として、戦線全体で3、4箇所しか攻撃せず、また独軍も滅多に攻撃しないので、ターン進行は実に早い。基本的に移動・戦闘の繰り返しで、斬新なシステムもなく、ルールは簡単な部類に属する、ある意味ミニゲームに近い感覚だろうか。その意味ではハーフマップというサイズ的にもソロプレイに向いている。
b0173672_2356343.jpg

b0173672_2356503.jpg

第8ターン(45年1月末)終了時の盤面
 初期配置の独軍が完全戦力面なので、序盤は堅くて手が出せないが、4ターンになってソ連第3ウクライナ方面軍司令部が登場してからは、CLが大量投入できるのもあって、さしもの枢軸軍戦線も5ターンには破断界に達し、第6ターンには戦線崩壊。7ターンの「コンラート」作戦用増援で何とか戦線を構築。装甲師団フルスタックはナニカニジャ油田に迫るソ連軍突出ユニットにオーバーランを敢行するも思ったほど比が上がらず頓挫。続くソ連軍ターンに逆包囲される。ただしソ連軍も最前線に近いのはHQひとつきりで、補給下にできるユニット数上限18では機械化と親衛歩兵をかろうじて補給下にできただけで、あとは補給切れに苦しむ(戦線が急に進むとこうなる)。
 やはり枢軸軍は最初から一気に後退し、ユニットの温存を第一に考えて、ソ連軍が前進し過ぎて先鋒が補給切れになる頃を見計らって反撃するなり、ドナウ河西岸に築かれるであろうソ連軍橋頭堡を潰して廻るなり機動予備的な運用に務めるのがベストか。
b0173672_23575447.jpg

第8ターン(45年1月末)終了時のブダペストからバラトン湖戦線:ブダペストは包囲こそされていないが、最低限の兵力で薄すぎる防衛線であり、ソ連軍の進出ライン的には史実より1ヶ月遅れているように見えて、針でつつけば破裂する風船の如き脆さ。これぞ末期戦を戦う独軍といった悲哀をたっぷり味わえた。
b0173672_2358974.jpg

第8ターン(45年1月末)終了時までの両軍除去ユニット:あと6ターンを残してこの損耗量はキツイ。やはり前進防御は失敗だったか。
b0173672_23582534.jpg

by ysga-blog | 2011-11-27 23:53 | CMJ100ハンガリー戦役'44-45記 | Comments(0)

YSGA第269回定例会の様子 その1(定例会場俯瞰)

b0173672_21321471.jpg
■前日の大雨警報が出るほどの悪天候も過ぎ去り、至って蒸し暑い日中となった当日は、プレイ参加20人が集い、閉会間際まで以下のゲーム対戦が繰り広げられました。
 なお今回は、かつての(SPI/HJ)タイフーン例会の名残りで、もはや有名無実となりかけている毎年11月恒例の『東部戦線大会』をワショーイする意味でも超拡大コピーされた、「ハンガリアン・ナイトメア」ブダペスト市街戦エリアゲームが、周囲の迷惑も顧みずテーブル3枚を占拠し、都市包囲戦だけにテーブルの周囲をぐるぐると忙しく立ち回るメッカ巡礼プレイが、周囲の耳目を集めました。
b0173672_21322892.jpg

・(AtO誌31号)ハンガリアン・ナイトメア/第8ターンまで終了
・(EP・CMJ再版)東部戦線 「東プロイセン防衛線」「プラハ宣言」シナリオ
・(Fantasy Flight Games)タイド・オブ・アイアン 「東部戦線」「北アフリカ」
・(Jコマンド誌21号付)When Eagles Fight(一次大戦東部戦線キャンペーン)
・(LnL)Corps Command: Dawn's Early Light
・(GMT)アルデンヌ'44
・(TAC誌18付録)サレルノ攻防戦
・(GJ誌)信長最大の危機
・百時間戦争/中東戦争ゴラン高原
・(GMT)ヒア・アイ・スタンド6人戦再び
・アグリコラ

b0173672_21324369.jpg

 ブダペシュト市街戦の熱狂も虚しく、東部戦線大会を謳えど真に東部戦線らしきゲームといえば、ウォーゲームの王道作戦級は「ハンガリアン」に「鷲達の戦争」(一次大戦だけど)に過ぎず。一歩下がって戦術級の「装甲擲弾兵姉妹編/東部戦線」に「タイド・オブ・アイアン東部モジュール」、無理繰りこじつけてソ連軍vsという意味で現代戦の「払暁攻撃」があるのみであり、あとはアルデンヌに信長、ルネサンス・マルチとバラエティ路線。
b0173672_21332889.jpg

by ysga-blog | 2011-11-20 19:57 | 例会/ゲーム対戦報告 | Comments(0)

YSGA第269回定例会 その2(AtO誌31号)ハンガリアン・ナイトメア

(AtO誌31号)Hungarian Nightmare!
(AtO誌31号)ハンガリアン・ナイトメア

b0173672_21455190.jpg

 ようやく待望の和訳ルールもクロノノーツゲームさんで無料ダウンロードできるようになり、wktkしながら対戦したが、いやはや面白かった。ルールもアルンヘム強襲(AH)よりずっと簡単で、1ターン1時間かかるか掛からないかのサクサク進行で、お互い初プレイにも関わらず全16ターン中、丸々8ターン終了まで楽にプレイできた。

▼せっかくなので、オリジナル版のマップを今回使用の超拡大版(倍率4倍)の上に被せてみた。
b0173672_21475239.jpg

▼こちらは元の大きさのユニットを拡大版(倍率4倍)ユニットの上に置いてみた。
b0173672_21491749.jpg

▼とりあえず、サクッと第1ターン終了時の盤面
b0173672_21515415.jpg

b0173672_2153336.jpg

b0173672_215572.jpg

b0173672_21554279.jpg

▼コンシムにあるRulesの正誤表。今回の対戦では当然適用済み。
2.5 Die (clarification): A "0" is a result of 10

15.1 German Setup (correction): The control marker should be placed in area 63 (not 64).

15.3 Soviet Set Up (correction): The 316th and 320th RDs should have a "{4/3)" units identification.

Counters (corrections):
The Soviet 306/155 and 627/180 should have an NATO Artillery symbol on their fronts instead of Infantry.
The fire combat factor of the 17SS Cavalry units on the back side of the larger strength counter should be "5" instead of "3".

▼以下はディペロップのジョー・ユースト氏による提案(今回の対戦では導入せず)
1. On the first GT, the Sov automatically have the initiative.

2. One half the DR result for the initiative winner equals how many Reserve markers that are currently not in use he may claim. Each side starts with 6 on GT1.

3. Multi div sov presence in an area means that all Soviet fire and assault suffer an additional -1DRM

4. Artillery units that move are marked with a Fired marker - unless they are SPropelled.

5. Artillery units with a Fired marker (from the Joint Bomb phase) can only conduct a minimum move - unless SP.

6. AT units with infantry type units negate enemy combined arms. If both sides have combined arms, then no one gets it.

That's it. The game plays really well and was lots of fun. I am looking forward to Berlin or Stalingrad with this system.

Joe

If an area only has a one step unit in it, it may retreat if a result of 1 is inflicted on it.
by ysga-blog | 2011-11-20 19:56 | 大規模市街戦モノ City at War | Comments(0)

YSGA第269回定例会 その3(AtO誌31号)ハンガリアン・ナイトメア続き

(AtO誌31号)Hungarian Nightmare!
(AtO誌31号)ハンガリアン・ナイトメア

b0173672_224479.jpg

★YSGAの巨人Dublinさんの対戦後コメント:「44年末から45年2月までのブダペスト市街戦を再現したこのゲームをプレイする。エリアシステムであるが、1陣営が一斉に移動するというヘクスでは馴染みのシステムを使用している等、時間軸での処理が理解し易いので、プレイは手軽な分類である。
エリア単位の戦闘が主導権によって多分現場のモーメンタムみたいなものが再現されているので、なかなか盛り上がる。
今回はルールを読みながらで、第8ターンまでプレイを進めることができた。
ブダの一部に突入、ペストも中心部に肉薄といったところであった。
枢軸軍も派手にユニットが飛ぶが、コンラッド作戦で赤軍の優秀師団が次々に引き抜かれて行く。
その気になれば1日でプレイすることも可能な感触である。
もちろん両陣営を2人プレイヤーにして、4人対戦を組むのも良いであろう。」
b0173672_2252441.jpg
b0173672_2262316.jpg
b0173672_2264472.jpg
b0173672_2273479.jpg

by ysga-blog | 2011-11-20 19:55 | 大規模市街戦モノ City at War | Comments(0)

YSGA第269回定例会 その4(AtO誌31号)ハンガリアン・ナイトメア続き

(AtO誌31号)Hungarian Nightmare!
(AtO誌31号)ハンガリアン・ナイトメア

b0173672_2291961.jpg

b0173672_22104388.jpg
▼第3ターン終了時から開始されるハンガリー軍低士気ユニツトの逃散判定の結果、このターンに盤上からオサラバしたユニット一覧(以降も同様)。ちなみに士気値Cで20%、士気Dで30%の確率で1ステップロスする。
b0173672_2294649.jpg

b0173672_2211166.jpg
b0173672_22114092.jpg

 広大なマップに黒の「エリア戦闘終了」や「砲爆撃終了」マーカーでは目立たないということで、それらの表示用として、「ブダペストの黄金列車」伝説にちなんで使用された玩具のインゴット。
by ysga-blog | 2011-11-20 19:54 | 大規模市街戦モノ City at War | Comments(0)

YSGA第269回定例会 その5(AtO誌31号)ハンガリアン・ナイトメア続き

(AtO誌31号)Hungarian Nightmare!
(AtO誌31号)ハンガリアン・ナイトメア

b0173672_2214996.jpg

b0173672_9343461.jpg

第五ターン終了時の盤面
b0173672_22161280.jpg
第五ターン終了時の市街中心部主戦線
b0173672_22165793.jpg
第五ターンのハンガリー逃散除去ユニット
b0173672_22163590.jpg

by ysga-blog | 2011-11-20 19:53 | 大規模市街戦モノ City at War | Comments(0)

YSGA第269回定例会 その6(AtO誌31号)ハンガリアン・ナイトメア続き

(AtO誌31号)Hungarian Nightmare!
(AtO誌31号)ハンガリアン・ナイトメア

b0173672_22184532.jpg
b0173672_22191090.jpg
b0173672_22193130.jpg
b0173672_22195835.jpg
b0173672_22202033.jpg
b0173672_22205924.jpg
b0173672_22211983.jpg

by ysga-blog | 2011-11-20 19:52 | 大規模市街戦モノ City at War | Comments(0)

YSGA第269回定例会 その7(AtO誌31号)ハンガリアン・ナイトメア続き

(AtO誌31号)Hungarian Nightmare!
(AtO誌31号)ハンガリアン・ナイトメア

b0173672_22224486.jpg
b0173672_2223611.jpg
b0173672_2224247.jpg
b0173672_22242080.jpg
b0173672_2224436.jpg

▼第8ターン終了までの枢軸軍除去ユニットの山
(脇の赤ダイスは昔ホビジャゲームに時々入っていたインチキ10面ダイス 面取りが不揃いなので出目の偏り当たり前という)
b0173672_22251194.jpg

by ysga-blog | 2011-11-20 19:51 | 大規模市街戦モノ City at War | Comments(0)

YSGA第269回定例会 その8(コマンド誌21号付)When Eagles Fightその1

b0173672_2250868.jpg
(コマンド誌21号付)When Eagles Fight
一次大戦/東部戦線キャンペーン「鷲たちの黄昏」

b0173672_22504728.jpg
b0173672_2251630.jpg
b0173672_22514411.jpg
b0173672_22531857.jpg

by ysga-blog | 2011-11-20 19:45 | 【Great War/WWⅠ:総合】 | Comments(0)

YSGA第269回定例会 その9(コマンド誌21号付)When Eagles Fightその2 そしてまたサレルノ

(コマンド誌21号付)When Eagles Fight
一次大戦/東部戦線キャンペーン

b0173672_225867.jpg

b0173672_11393718.jpg
(TAC誌18号付録)SALERNO'43:サレルノ攻防戦
A DANGEROUS BEACH HEAD

b0173672_22592167.jpg

 「またやったんか、サレルノを」...と言いたい所だが、アルデンヌ44組が、その余りのダイス運の悪さに独軍突破が頓挫、予想外の速さでお開きになったので、代替のゲームはないかと物色したら、会長絶賛ごり押し中のサレルノしかなかったから渋々プレイしてみたら、面白かったという話
b0173672_230291.jpg

 ルールは実質1ページなんだけど、その分、「こまけーことはいいんだよ」方式により曖昧な部分もあり、事前に取り決めておく細則は以下の通り

①戦力を半減した場合の端数処理は... YSGA判断では切り上げ
②原則スタック禁止なのだが退却で味方のいるヘクスに下がらなければならなくなったら....
YSGA判断では連鎖退却
by ysga-blog | 2011-11-20 19:44 | 【Great War/WWⅠ:総合】 | Comments(0)