<   2016年 07月 ( 71 )   > この月の画像一覧

2016.07.31(日)YSGA第325回定例会の様子その1〔例会場俯瞰〕

b0173672_1502866.jpg7月31日)

西公会堂
2号室(2階)

YSGA第325回定例会

■ 長期予報とは異なり、夏の盛りのはずが日照時間の短い、比較的冷夏な日々が続いているなかで行われた今回の例会。7月の頭に開催した那須塩原ゲーム合宿を含めると、ほぼ毎週末、ゲーム例会やっているようなデスマーチと化した今月でしたが、月末の今日を以って、それにも一段落つくとあって朝から出席率も高く、千葉と甲府、裾野市という遠路遥々足を運んで頂いた提督閣下028.gif帝王、新Bさんのお陰もありまして、プレイ参加25人、顔見せ2人の総勢27人が、蒸し暑い中、遅くまで熱戦を繰り広げました
b0173672_01142381.jpg
▼今日も今日とて、デカいゲーム広がりスギィ!!
b0173672_01154992.jpg
▼今次例会においてプレイされたゲームタイトル

・(Compass)FALL BLAU「オルジョニキゼ攻勢」「ウラヌス反攻」
・(GMT)The U.S. Civil War×同時2卓「1861年開始」「1863年開始」
・(GMT)ロード・トゥ・モスクワモジャイスク会戦:ボロジノ1941」
・(GMT/CMJ#127)France '40
・(GMT)Paths of Glory
・(Jed/CMJ別冊)ロシアン・キャンペーン2
・(S&T誌/CMJ#106)コブラ「アブランシュ突破以降」
・(MiH/CMJ#129)クラッシュ・オブ・タイタンズ:クルスク1943
・(VG)Pacific War:長期戦シナリオ「ビスマルク諸島防衛ラインの突破」
・(GJ別冊)信長最大の危機
(シエラ)オリジン 3人戦
(シエラ)ネアンデルタール 3人戦
・(電通大非電源ゲーム研)Cthulhu Futghn・カードゲーム
・(GMT)バトルライン・カードゲーム
・(文禄)秀吉軍団・カードゲーム 5人戦
・堀場工房「劇場版ガルパン」ゲーム・テストプレイ
b0173672_01125415.jpg
▼当日は雨降りの予報であったが正午過ぎ一時的に豪雨となっただけで、その後は雨に祟られなかったのは幸い。
b0173672_01152065.jpg
b0173672_01150227.jpg
Yokohama Simulation Game Association

by ysga-blog | 2016-07-31 20:59 | 例会/ゲーム対戦報告 | Comments(0)

YSGA第325回定例会の様子その2(コマンドの10月号付録ゲーム化決定と聞いては試してみずにはいられない...(GMT)ロード・トゥ・モスクワ (GMT)Roads to Moscow)

(GMT)ロード・トゥ・モスクワ
(GMT)Roads to Moscow
b0173672_00423952.jpg
▲この春にコマンド誌付録ゲームとして日本版が出たシモニッチのFrance'40と同じく、こちらも「モジャイスク=ボロジノ1941」「ムチェンスク」の2イン1ゲームということで、コンポーネントは見るからにボリューミー。
 そんなわけで秋のCMJ#131付録版は、SSダス・ライヒ師団も登場する「モジャイスク会戦」単独でのリリースとなるとのこと。
残りのムチェンスクは、このモジャ公の評判さえ良ければ来年にも付録化が期待できる!?

シナリオ4『モジャイスクへの道』
b0173672_00450208.jpg
 ソ連軍を受け持つは当会において、「とてものことに歯が立たぬ... f、flaco... お、恐るべき男じゃて...」と囁かれるflacoさん。
YSGAでのRoads to Moscow対戦には全て参戦しているローモスの第一人者。
 そして独軍担当はローモス初めてのidioten(でもシリーズ過去作は全て経験済み)。
b0173672_00450299.jpg
▼シナリオ特別ルールにより第1ターンの初手だけ、独軍先攻、しかもSS師団と装甲師団の同時活性化が許されるので、北部突破に重点を置きつつ、ソ連軍の最前線に突入。メイアタックなれど、どのユニットがどこを攻撃するか事前に全て宣言しておかなければならないので、矢印マーカで示している。
b0173672_00450240.jpg
flacoさんの対戦後コメント:
10月にコマンドマガジンから同ゲームが発売予定とのことで、それに触発されての対戦でした。以下長文になりますがレポートします。

 メイン・シナリオである”Battle of Mozhaysk”を選択。いままでの経験から天候が雨ばかりになるとドイツ軍はお手上げということで、史実で雨天となったターン以外で雨の結果が出た場合は天候を曇りに変更するというハウスルールを採用。
私はソヴィエト軍を担当しました。

 第1ターン(Oct.1941 11PM)の天候は曇り。
 特別ルールで同時活性化したドイツ軍10PzとSS Reichがソヴィエト軍前衛に襲いかかります。
 最初のリアクションでソヴィエト軍は死守命令と戦闘回避にことごとく失敗。
街道上のストロングポイント2か所が一撃で粉砕されてしまいます。

ソヴィエト軍前衛部隊はまさに”FIGHTING WITHDRAWAL”で、HQと砲兵をじりじりと後退させつつ、時限付きのVPへクスを守ります。
盤面中央の工兵が活性化に失敗し以降に予定していたモジャイスク要塞線でのストロングポイント構築スケジュールに支障が出ます


▼第1ターン(天候判定の結果は曇天)終了時の主戦線。独軍による北部での突破は上手くいき、ソ連軍は主力を後退させて勝利得点ヘクスを固める。
それにしても独軍の希望であるスツーカ2個の内1個が、最初の投入で撃墜される不運を呪った。
b0173672_00450220.jpg
▼第1ターン終了時の主戦線拡大。写真左下のソ連軍対戦車砲が包囲下からZOC抜けで退却して混乱マーカーを乗せられているが、対戦車砲や高射砲は敵ZOC抜けでの退却が不可能と次ターンに気がついて直ちに除去した。
b0173672_00450368.jpg
▼第2ターン(天候判定の結果は晴天)終了時の主戦線。結局、晴天はこのターンだけで、後はずっと曇天に祟られた(航空支援がアテにできない)。
b0173672_00450106.jpg
flacoさんの対戦後コメント:

 第2ターン(12AM)の天候は晴れたものの、ドイツ軍の受領した燃料はわずかに1ポイント。この貴重な燃料を10Pzに投入し、攻勢の主軸を北側の渓谷に移します。
渓谷から盤端にかけての高地に10Pzの後続部隊が前進。
 ソヴィエト軍の装甲車中隊が戦闘回避を利用してなんとか妨害します。SSRの主力は自動車化歩兵でZOC浸透できないため、ひたすら力押しするのみ。
ソヴィエト軍は予定通りVP村に守備隊を置きつつHQと工兵、砲兵をモジャイスク要塞線まで退避させる段取りを開始します。

▼第2ターン終了時の主戦線拡大。
b0173672_00450134.jpg
▼第3ターン(天候判定の結果は曇天)終了時の盤面全景。判りにくいかもしれないが、マップ南端から独軍第7歩兵師団の先鋒が登場してソ連軍を牽制している。
b0173672_00450104.jpg
flacoさんの対戦後コメント:第3ターン(12PM)は曇りでしたが、ドイツ軍は燃料を3ポイント獲得。機動力を活かしてソヴィエト軍前衛の守るVP村の後方の主要街道2本を先遣隊が押さえ、ソヴィエト軍前衛の退路と補給路を遮断します。
 ソヴィエト軍第18戦車旅団のHQと戦車2ユニットが単独でミンスク・モスクワ街道を塞いでいる10Pzの戦車中隊にオーバーランを実施して退路を確保しようとしますが、賽の目悪く練度差も影響して失敗。3ステップの大損害を被り、HQによる死守命令も発令できなくなる始末。次のターンに消滅してしまいます。
 残る前衛第19戦車旅団のHQは3つ目のVP村であるUvarovoに退避。
同旅団の足止めに置いた残存部隊もVP村Drovninoにてドイツ軍SSRの総攻撃を受けて壊滅してしまいます。
 一方でモジャイスク要塞線は防衛の要である第32狙撃兵師団が要所に展開。
前衛から退避してきた砲兵と工兵も要塞線に収容し、急ピッチで要塞の強化を図ります

▼第3ターン終了時の主戦線拡大。この段階で独軍VPは41点だった。
b0173672_00450135.jpg
▼第4ターン(天候判定の結果は曇天)終了時の主戦線。
b0173672_00450215.jpg
flacoさんの対戦後コメント:第4ターン(13AM)も曇り。
 このターンからドイツ軍の燃料受領の基本ポイントが1ポイント増え、指揮官としてハウサーも登場。ドイツ軍の侵攻に勢いが出てきます。
 南盤端から登場したドイツ軍第7歩兵師団の先遣部隊が北上してモジャイスク要塞線の手前まで進出。
 ソヴィエト軍第19戦車旅団のHQの退路を遮断します。
 同HQと歩兵1ユニットがカチューシャ×2の支援を得てこの部隊を攻撃しますがまたもや失敗。
 後続のドイツ軍10Pzの餌食となります。
 10Pzを主力としたドイツ軍によるモジャイスク要塞線に対する最初の強襲が2か所で敢行されますが、ソヴィエト第32狙撃兵師団HQとレリュシェンコによる死守命令が効いていずれも撃退。第1波は何とか跳ね返すのに成功します。
 南のドイツ軍第7歩兵師団を警戒していた第20戦車旅団を後退させ戦線を縮小し、モジャイスク要塞線の縦深化を目指します。

by ysga-blog | 2016-07-31 20:58 | 【その他;独ソ戦:全般】 | Comments(0)

YSGA第325回定例会の様子その3 (天候判定の雨天だけ少し変化させて試してみた...(GMT)ロード・トゥ・モスクワ/Roads to Moscowシナリオ4『モジャイスクへの道』)

(GMT)ロード・トゥ・モスクワ
(GMT)Roads to Moscow
b0173672_01043132.jpg
▲第4ターン(天候判定の結果は曇天)終了時の主戦線拡大。ソ連軍は序盤から せっせとボロジノ防衛線の陣地化に努め、強力な親衛赤軍第32歩兵師団を布陣させて独軍を待ち受ける。

▼全15ターン中、5ターンを終えた所で閉幕とした。独軍は確かにここまで進撃するのに苦労させられたが、ここからまだ10ターンあることを考えれば、決して難攻不落のボロジノ防衛線ではないと言える。
b0173672_01043111.jpg
▼既にソ連軍防衛線の北翼は、独第10装甲師団の先鋒が、ぶち破っている
b0173672_01043126.jpg
▼期せずしてASLの人気シナリオJ103「レーニンの息子たち」と全く同じ戦場(ヘクス2518:写真一番下)で、同じSSライヒ師団のデア・フューラー(DF)連隊第1大隊が、ソ連軍と対峙していたのを後で知り、ASLerとしても感動した。
b0173672_01043154.jpg
b0173672_01043199.jpg
flacoさんの対戦後コメント:第5ターン(13PM)も曇り(ダイス判定では雨でしたが、ハウスルールで曇りに変更)。
ドイツ軍の受領した燃料は3ポイント。
モジャイスク要塞の正面は堅いとみたドイツ軍は主力を二手に分けて南北に迂回し、手薄なポイントを攻撃。要塞線に食い込みます。
 ソヴィエト軍は増援部隊でモジャイスク市を強化しつつも脆弱な北部の守備隊を捻出できず、次のターンには10Pzにモジャイスク市まで到達されそうな状況。
 このため主力の第32歩兵師団を要塞線から引き抜くことを検討します。
このターン終了時点で残念ながら時間切れ。お開きとなりました
b0173672_01043108.jpg
▼古戦場であるボロジノに、たった1個司令部だけで踏みとどまるデア・フューラー連隊司令部。
次のターンの主導権を独軍が取ることを前提としての無茶な布陣だが、これによって小川向こうの第10装甲師団先鋒スタックに補給線を確保しているのだ。
 なにせこのゲーム、機械化部隊は小道(点線の道路)を補給路に使えず、橋梁が印刷されたヘクスサイドでしか補給線も小川を越えられないので、こんな無茶な兵站維持が必要となってしまった。
 しかもボリスの東部戦線ゲームらしく、ソ連軍の微力オートバイ中隊が実に有効で、リアクションで後詰に来るわ、練度は高いわで、独軍のヘイトを溜めまくる。
b0173672_01043189.jpg
 対戦するまでは、悪天候と燃料不足の二重苦で独軍のストレスが溜まりまくるゲームとの噂も聞いていたので、少し心配していましたが、flacoさんの提案で、天候判定を以下のとおり、少し手直ししたら、悪くないゲーム展開になりました。
(雨天になって泥濘になると独軍は、ほぼ進撃が停止するのですが、これが全てダイス依存なので、運が悪いと雨ばかり続いて独軍が頭にきて投了しがちなのです(何故なら独軍が最低限勝利に必要な勝利得点は260点で、ボリスらしくVPヘクスから得られるVPはターンが後になればなるほど低下/消滅してしまうから。ちなみに5ターン終了時点での独軍VPは70点余)。
 従って史実天候では、いつ雨天になったか明記さているので、史実で雨天になったターンだけ雨天の判定結果が出たら有効としました。
そうでないターンは雨天の結果が出ても、それは曇天とする私家製ヴァリアント・ルールで今回の対戦は試してみました)

flacoさんの対戦後コメント:気付いた限り2か所でルールの適用漏れがありました。
 一つは第1ターンで敵ZOCへ対戦車砲ユニットが退却しており、これは当然不可。
次のターンに気付いて除去しました。
 二つ目は第4ターン開始時に補給切れのストロングポイントを1か所除去していなかったこと。
 ストロングポイントがなくなり燃料さえあればそのへクスをドイツ軍はオーバーランで潰せていた可能性が高く、ドイツ軍に無駄な攻撃をさせていたことになります。
 ストロングポイントはターンの頭で補給切れ(自動車化として判定)の場合は除去されます。
両軍にとって死活問題となりうるルールにもかかわらず見逃されがちなので、今後とくに気を付けたいところです。
 また 破壊されていない要塞線(ストロングポイントは敵のものだけ)の通過には敵味方関係なく+1MPのコストがかかるのも見逃されがちです。

 チットプルシステムのため、1日かけて全15ターンのうち5ターンの進み具合。慣れればもう少し早くなるかもしれませんが、15ターン貫徹までは早くても丸2日はかかります。
このシナリオは2回目のプレイとなりますが、いずれもドイツ軍の侵攻に勢いがついてきて、文字通りの死闘が繰り広げられる寸前で終わってしまったのが残念です。

 ドイツ軍が深刻な燃料欠乏に悩まされるのは最初の3ターンがピークで、あとは雨天にならない限り毎ターン平均3ポイント受領できる見込みとなります。これは決して悪い数字ではありません。
 序盤、動けないドイツ軍がソヴィエト軍のストロングポイントを正面から攻撃しては高い賽の目で「AR」を連発し、やってられないと嘆くドイツ軍プレイヤーが多く出ると予想されます。
 ボリスのゲームらしく「電撃戦」であることを念頭に入れて戦い方を工夫すればドイツ軍の状況は改善されると思われます。
先にも述べた通り、ストロングポイントは補給切れで除去されます。それを見越して付近にオーバーラン用のスタックを配置しておけば、次のターンで効率的に敵の拠点を排除できる必殺技があること。
ソヴィエト軍フォーメーションは基本的に1ターン1回しか活性化できないので(例外としてany Formationチットが1枚ある)足が遅く、捕捉が容易なため、ドイツ軍の基本戦術は敵陣後方に浸透して連絡線を断ち切ることを最優先にすることが先決となります。
それを実現できる10Pzの運用がカギとなります。
 一見して派手なSS Reichに目が行きがちですが、ドイツ軍におけるこのシナリオの主役はZOC浸透が可能な10Pzだと私は思っています。

 ソヴィエト軍は序盤、前衛の2個旅団による遅滞戦術とモジャイスク要塞線の強化という大きく分けて2つの任務があります。
 前衛部隊から工兵、砲兵、HQをモジャイスク要塞線まで逃がす最初の目標は、2個のHQが捕捉・撃破されてしまい半分しか達成できませんでした。
 HQはシナリオ中盤以降、重要拠点で死守命令を連発するのに必要となるため、この損失は後半効いてきます。
 10~20ポイントのVPへクスを守るためにHQで籠城し、死守で全滅すればかえって高いVPを失うことになります(ソヴィエト軍HQは4VP、ロケット砲が6VP、他が1ステップ2VPです)。
 戦闘回避できる護衛ユニットと共に後方連絡線を切られる前に第2ターンには全力で退却した方が長い目で見て得策かなと今回感じました。
 かといって全軍第1ターンから大逃げしても燃料欠乏に泣くドイツ軍の前進を促すことになるので、この辺のバランスがソヴィエト軍にとって実に難しい。
機動戦に持ち込まれるとなすすべなくドイツ軍の餌食になります。

 モジャイスク要塞線の強化は第1ターンから積極的に実施しておかないと手遅れになることは実際にソヴィエト軍を担当すればすぐにわかります。
 第7~第10ターンが冬季天候で、その間は工兵しかストロングポイントを構築できなくなります。
 それまでに重要拠点にいくつストロングポイントを構築できるかでゲーム中盤以降の攻防に大きな影響が出ます。
 前衛部隊の工兵は第1ターンに活性化できたら、全力で退却することを私としてはお勧めします。

 ソヴィエト軍の守備の要である第32狙撃兵師団はモジャイスク要塞線から前に出すべきではないと私は考えています。
目前まで退却してきた味方ユニットが危機に瀕して助けを必要としてもです。要塞線で死守命令を発令できるようにするためにはへクス毎に3ステップ積む必要があり、ただでさえ戦力不足の状況で前に出すのは命取りと言えます。
出したユニットは恐らく帰還できないでしょう。
この師団のHQとレリュシェンコの配置位置は4へクスの指揮範囲を考慮すれば自ずと決まってきます。
逃げてきた前衛部隊のHQでその側面をカバーできればなお良しです。

 ドイツ軍はかなりテクニカルな運用が要求される難しいゲームであることは確かですが、一方的にドイツ軍が不利なゲームではないと思います。
このシナリオのソヴィエト軍を2回ほど担当して、後半どうやって守ればいい?と頭を抱えるくらいです。
要塞線を突破されれば、あとは川もなく拠点となりうる地形はごくわずか。
最終ターンの時点でミンスク・モスクワ街道からソヴィエト軍が一掃されていれば、60VPが計上されるため、VPへクス以外にここも守らねばなりません。
 今回第5ターン終了時点でドイツ軍の獲得VPは73ポイント。
ドイツ軍のマージナルVPラインは260以上なので、まずまずといったところです。

 両軍プレイヤーの練度が向上していれば、天候の調整も必要なくなるのではないかと思われます。
雨がまったく降らないと今度はソヴィエト軍がキツイ。
史実天候を採用するとドイツ軍が次の天候を見越した移動をするようになるため、あまりお勧めできません。

 最後にコマンドマガジン〔CMJ〕に対する要望として、BGGやCSWのスレッドで解決・明確化している問題点などについて、ルールブックの翻訳にきちんと反映させて頂けると助かります。発売後に予想される初歩的な質問の多くがこれで回避できます。
もちろんコンポーネント(地図盤、ユニット、ルール)のエラッタの修正は当然として。
 ちなみに「SS Reichのチットはやっぱり黒でなきゃ」と対戦中 話していましたが、採用されればホントにうれしいですね。←採用深謝
b0173672_18414841.jpg

by ysga-blog | 2016-07-31 20:57 | 【その他;独ソ戦:全般】 | Comments(0)

YSGA第325回定例会の様子その4 天嶮なんぞ踏み越えん...(Compass)FALL BLAU...オルジョニキゼとウラヌス

(Compass)Fall Blau:
Army Group South, June To December 1942
b0173672_22343938.jpg
▲「オルジョニキゼ攻勢」シナリオと、オプレイ・キャンペーン・シリーズ最新刊「コーカサス1942-43」(英文)▼
b0173672_22343975.jpg
▼3ターンの「ウラヌス反攻」シナリオ
b0173672_22344048.jpg
提督閣下vs.Fredさん
b0173672_22344027.jpg
b0173672_22344098.jpg
b0173672_22344019.jpg

by ysga-blog | 2016-07-31 20:55 | 青作戦&スターリングラード総合 | Comments(0)

YSGA第325回定例会の様子その5(血と闘魂...(S&T誌251/CMJ誌106号)コブラ: ザ・ノルマンディ・キャンペーン COBRA:the Normandy Campaign

(S&T誌251/CMJ誌106号)コブラ:
ザ・ノルマンディ・キャンペーン
(S&T#251/CMJ#106)COBRA:the Normandy Campaign
b0173672_22475815.jpg
新Bさんvs.官兵衛さん
b0173672_22475949.jpg
b0173672_22475989.jpg
b0173672_22475911.jpg
b0173672_22475907.jpg
b0173672_22480094.jpg
b0173672_22480058.jpg

by ysga-blog | 2016-07-31 20:54 | (SPI/SA/CMJ106)コブラ対戦 | Comments(0)

YSGA第325回定例会の様子その6(空で攻めれば地上で防ぐ...(VG)パシフィック・ウォー (VG) Pacific War

(VG)パシフィック・ウォー
(VG) Pacific War
戦役シナリオ6「ビスマルク防衛線を突破せよ」
b0173672_22565126.jpg
森さんvs.紫龍さん
b0173672_22565099.jpg
b0173672_23000379.jpg
b0173672_22565121.jpg

by ysga-blog | 2016-07-31 20:52 | 【大東亜"新秩序"戦争:総合】 | Comments(0)

YSGA第325回定例会の様子その7 雲霞の如き敵中に...(MiH/CMJ#129)クラッシュ・オブ・タイタンズ: クルスク1943


(MiH/CMJ#129)クラッシュ・オブ・タイタンズ:
クルスク1943
b0173672_23061033.jpg
山陽さんvs.ピンキチさん
b0173672_23061084.jpg
b0173672_23061135.jpg
独軍、攻勢継続断念。しかし序盤、マップの陣地線表記ミスに騙されて展開がおかしくなったので、次回の例会で再戦を約した。
b0173672_23061174.jpg

by ysga-blog | 2016-07-31 20:51 | 【その他;独ソ戦:全般】 | Comments(0)

YSGA第325回定例会の様子その8(迷夢の砦、踏み破れ...(GMT/CMJ#127)France '40 「Sickle Cut」

(GMT/CMJ#127)France '40
「Sickle Cut」
b0173672_23161555.jpg
KAYさんvs.占部さん
b0173672_23161561.jpg
b0173672_23161512.jpg
b0173672_23161683.jpg
b0173672_23161656.jpg
b0173672_23161681.jpg
フルターンを終えて、独軍が1点差で勝利
b0173672_23161651.jpg

by ysga-blog | 2016-07-31 20:50 | 【西方電撃戦'40という幻:総合】 | Comments(0)

YSGA第325回定例会の様子その9(苦戦惨憺、修羅の極...(Jed/CMJ#33)独ソ戦2 ロシアン・キャンペーン2/The Russian CampaignⅡ

(Jed/CMJ#33)独ソ戦2
ロシアン・キャンペーン2The Russian Campaign
b0173672_23230687.jpg
O林さんvs.青侍さん
b0173672_23230657.jpg
▼41年を上手く守ったソ連軍だったが、42年の夏にモスクワを緩包囲された
b0173672_23230697.jpg
b0173672_23230792.jpg

by ysga-blog | 2016-07-31 20:49 | ロシキャンⅡ(独ソ戦Ⅱ)戦記 | Comments(0)

YSGA第325回定例会の様子その10(奮い戦い まつろわせ...(GMT)The U.S. Civil War「1863年開始シナリオ」

b0173672_00102308.jpg
(GMT)The U.S. Civil War
b0173672_23423156.jpg
cedermtさんvs.Eguさんによる1863年開始シナリオ
b0173672_23423282.jpg
b0173672_23423290.jpg

by ysga-blog | 2016-07-31 20:48 | その後の米南北戦争:総合 | Comments(0)