YSGA第244回定例会の様子 その1

■8月末の総選挙のせいで会場が急遽召し上げとなり、8月末に予定していた例会が中止のやむなきに至った代わりに融通してもらった10月10日の例会日。毎年10月は文化祭的な催し物で会場確保が難しかったので、かえって楽に会場が確保できたことを喜ぶべきか。
 そんな三連休初日の土曜日例会となった当日は、久しぶりの中堅メンバー2名の参加もあって、プレイ参加17人、顔見せ1人の総勢18人が集まり、以下のゲームが閉会時間ギリギリまでプレイされました。

・(S&T誌)Chosin 超拡大マップ・積木駒使用
・(Six Angles誌)チィタデレ 超拡大マップ・ユニット使用
・(GMT/コマンド誌60号付))ウクライナ43/Ukraine '43
・(GJ誌4号付)激闘マンシュタイン軍集団
・(GMT)グローリー「第二次ブルラン会戦」
・(GJ誌29号付)出本バルジことバルジ突破作戦
・(GMT)Here I Stand 6人戦
・(GMT)Pacific Typhoonカードゲーム 6人戦


▼写真は、そんな例会の昼下がり、13:37の会場の様子
b0173672_6445534.jpg

b0173672_645917.jpg

▼YSGAって、ギガント・マニアの集まりか!? 期せずして超拡大版の競演となった(Six Angles誌)チタデレ:クルスクと(S&T誌)長津湖=私家製積み木ブラインド版
b0173672_6465915.jpg


▼(GMT)グローリー 「第二次ブルラン会戦」
b0173672_6515440.jpg

 ゲーム本体はグローリーだが、チットの差し替えはグローリー2付属、砲兵や騎兵ユニットの差し替えはグローリー3付属の物が必要という、結局3セット全て揃えないと満足にプレイできないという荷厄介な「セカンド・マナサス」
b0173672_6541172.jpg

 半日プレイして、全3日の内、2日目の昼の段階で南軍サドンデス勝利条件ヘクスの全てを占領して、南軍の勝利が確定。北軍の非活発な事といったら、史実の如し!?
b0173672_6554745.jpg

 面白かったので、次はアンティータム会戦やりたいと対戦後、話が出ていました
b0173672_6565563.jpg

▼(GMT/コマンド誌60号付))ウクライナ43/Ukraine '43
b0173672_6574536.jpg

b0173672_658998.jpg

 ソ連軍プレイヤーが先日のシルバーウィークにエジプト経由でトルコ旅行に行ってきたお土産。ピラミッド・チョコ。本当はクレタ旅行を希望されていたのだが、空きが無く、第二希望のトルコ旅行と相成ったとのこと。
b0173672_6595410.jpg

▼(GJ4)激闘マンシュタイン軍集団
b0173672_72016.jpg

b0173672_721845.jpg

b0173672_723758.jpg

b0173672_72579.jpg

▼(GJ誌29号付)出本バルジことバルジ突破作戦 グローリー「二次ブルラン」を終えた二人が対戦。YSGAでの隠れた人気作。
b0173672_745780.jpg

b0173672_751493.jpg

# by ysga-blog | 2009-10-10 20:59 | 例会/ゲーム対戦報告 | Comments(0)

YSGA第244回定例会の様子 その2

▼(Six Angles誌)チタデレ:クルスク YSGA名物:超拡大版
b0173672_7115876.jpg

b0173672_7121612.jpg

b0173672_7123641.jpg

b0173672_7125357.jpg

b0173672_7131186.jpg

b0173672_7133248.jpg

b0173672_71349100.jpg

b0173672_714617.jpg

▼(GMT)Here I Stand 6人戦
 ドタキャンで1名欠員が出てしまい、どうしたものかと苦慮していたが、当日朝、急遽、初プレイの方の参加をお願いして、最適人数の6人戦遂行。
b0173672_7144834.jpg
 その方は、(GMT)Here I Standこそ所有しているけれど、ルールは当日口頭説明と手渡された和訳ルールのみという徒手空拳ながら(しかも初プレイの方に最適なトルコではなく、イギリスを担当していただいたにも関わらず)、フランスと共に見事同率一位の栄冠に輝いたという(優位判定によって惜しくも2位と決まったが)
b0173672_7163567.jpg

そんなわけで、ルール量こそ多いように見えて、実は意外にプレイしやすい(GMT)Here I Stand。[#
b0173672_7192375.jpg

オスマン・トルコ・プレイヤーによる対戦後コメント:オスマンで、第二ターン初手のウィーン強襲、そのために第一ターンのCP使用分全ておよび盤上戦力の大半を投入、ブダ攻略も後回し、というオプションを試行させてもらい、見事失敗しました。ははは。第一ターンのウィーン防備&冬営状況から、まだ行けると判断したのですけどね。決行決断後は、実は決定的な敗着というのはあまり思い及ばず、一向にこちらを向いてくれないダイス運に抗しながら、どんどん狂い続ける歯車を懸命に修復しようとしたけれど、結局最後まで元に戻らなかった、といった所でしょうか。(ちなみに、ケチの付き始めは、気紛れで起きたエジプト反乱)
 ゲーム終盤、前ターンにマリアナ(北アフリカ)で壊滅消滅した艦隊をアドリア海(佐世保)で急速再建(3手番で正規4個補助3個)していたところ、フィリピンを通り越して直撃され諦めていた本土沖縄(アルジェ)へのハプスの攻略進捗が捗々しくないのを見て決断、決行した捷一号作戦(北アフリカへの突入&上陸部隊への海上補給阻止)が奏功したところが、このプレイで唯一、スカッとした瞬間でした。その後も海上行動に専念して、最後までフィリピン(チュニス)、沖縄(アルジェ)そして北アフリカ沿岸の制海権も維持できたので、それなりに達成感満足感が得られました。
  今回のプレイで少々バランスが崩れた風だったのは、やっぱり私のプレイが問題だったかもしれませんね。ムラッ気を起こさず順当にハンガリーを攻めていれば、その後もオスマンとしては無難かつ結構有利に展開できていたことでしょう。戦闘補助カードがほとんど来なかった分、カードのCP値は割と良かったので。
  要は、スマン>各位
b0173672_7201783.jpg

緊迫した外交だけでなく、遊び心に満ちた新大陸探検チェックとかでも勝利できたりするので、外交マルチは苦手という方にもお奨め。写真は、今回の新大陸発見の様子。
b0173672_7224437.jpg

▼(GMT)Pacific Typhoonカードゲーム 本命ゲーム後の定番 ↓夕方から参加された新メンバーを加えての6人戦(時刻17:50)
b0173672_724872.jpg

 19:34頃の対戦の様子
b0173672_7253962.jpg

 閉会時間ギリギリ 20:50の様子。パシタイで3時間ぶっ通しプレイって、どんだけパシタイ好きなんだ!?
b0173672_7264496.jpg

# by ysga-blog | 2009-10-10 20:58 | 例会/ゲーム対戦報告 | Comments(0)