YSGA6月例会の様子

■当日はいつになく事前の対戦組み合わせが不調だった為か、プレイ参加10人、顔見せ1人の計11人で、以下のゲームがプレイされました。

・(EP/コマンド誌別冊)東部戦線シナリオ7「パンツァー・カイル:チェルカッシィ救出」
・(GMT)コルセア&ヘルキャット「南太平洋海戦」、「中北部ソロモン戦役1943後半」キャンペーン
・(GMT)グランド・イリュージョン
・(MMP)Shifting Sands×2
・(GMT)For the People
・( Fantasy Flight Games)バトルスター☆ギャラクティカ(4人、5人戦)


▼(GMT)グランド・イリュージョン マップ・ユニット超拡大コピー版
b0173672_6174982.jpg

b0173672_62676.jpg

b0173672_622437.jpg

▼(MMP)Shifting Sands シフティング・サンド(最近人気復活の北アフリカ・カードドリブン)
b0173672_633151.jpg

b0173672_634737.jpg

b0173672_641241.jpg

b0173672_642858.jpg

ドイツ・アフリカ軍団オワタ ロンメル、ベンガジにて死す(2戦目終了)
b0173672_644519.jpg

▼(GMT)For the People その場でルール説明してプレイ強行
b0173672_662963.jpg

▼(EP/コマンド誌別冊)東部戦線シナリオ7「パンツァー・カイル:チェルカッシィ救出」
b0173672_672414.jpg

稀代のSG研究家もりつちさんをお招きしての対戦。詳しくはもりつちさんのサイトをご覧下さい。
b0173672_610982.jpg

b0173672_610288.jpg

▼(GMT)コルセア&ヘルキャット「南太平洋海戦」、「中北部ソロモン戦役1943後半」キャンペーン
b0173672_611322.jpg

b0173672_6114930.jpg

b0173672_61267.jpg

b0173672_6122436.jpg

▼( Fantasy Flight Games)バトルスター☆ギャラクティカ(4人、5人戦)
b0173672_618599.jpg

▼当日、皆の供覧にかけられた物品・ゲーム
b0173672_6131466.jpg

# by ysga-blog | 2009-06-13 20:22 | 例会/ゲーム対戦報告 | Comments(0)

来た、見た、やった。SCS:アフリカ2(GAMERS/MMP) プレイ第一印象

 以前GAMERSから出ていたスタンダードコンバットシリーズ(SCS):アフリカは、面白かった印象があったので、新たにアフリカ2としてリリースされた本作が初プレイされるという事で、見物に行ってきました。

▼キャンペーン開始時セットアップ終了時の写真(なお、これは2回目のプレイ。初回は配置ミスもあったりで仕切直しとなりました)
b0173672_9101412.jpg

b0173672_9142235.jpg

▼満を持してエジプト国境に集結(セットアップ)するイタリア軍の10万!?
b0173672_9143870.jpg

▼第1ターン(40年9月)終了時。イタリア軍、カイロへ向けて進撃開始!
b0173672_9145629.jpg

▼第2ターン(40年10月)後攻イギリス軍の戦闘フェイズ。マルサ・マトルーに迫るイタリア軍に対して初の反撃は5-1の高比率。しかし6面2ダイス振りで出目合計3という不運に見舞われて、A1/D1の痛み分け。
b0173672_9153663.jpg

▼戦力が弱いので除去することになった、序盤イタリア軍の要(イタリア軍流電撃戦の核)、なぜか戦車扱いとして諸兵連合効果も得られるMaletti駱駝グループ。このゲーム、比較的簡単に補充で戻せるので、望めば常にラクダに活躍させられるゾ!
b0173672_9155466.jpg

▼第2ターン(40年10月)後攻イギリス軍手番終了時。先の戦闘に続く突破移動フェイズ(ユニット下部黄帯:機械化のみ再び全移動力使える)でオーバーランをかまして、さっきしぶとく耐えたイタリア軍機械化部隊を全滅させることに成功。また手が空いた長距離偵察隊はハルファヤ・パスに進出して補給の妨害にあたる。
b0173672_9161175.jpg

▼第3ターン(40年11月)終了時。イタリア軍オワタ。このアフリカ2では史実では有り得ないはずの、イタリア軍最初から篭城策を制限するため、エジプト国境の東側にあるムッソリーニ・ラインを第2~5ターンの間、3個の機械化と一定数の歩兵ユニットが越えていなければサドンデス負けなのだが、事ここに至って先の英軍反撃で機械化を失った事で既にマップ上に2個機械化しか存在しない事に気が付いて、ゲームオワタ...
b0173672_9163230.jpg

▼そんなわけで気を取り直して3回目のプレイ。今度はロンメルのご尊顔を拝すべく、ロンメル登場シナリオとも言える「鉄条網線への競争(レース・フォー・ワイヤ)」を選択。初期配置終了時、盤上にはロンメルスタック1個だけ...
b0173672_9164994.jpg

▼マップ西端エルアゲイラから「俺だよ」と顔を出したロンメルちゃん。居るだけで1コラムシフトの頼もしい奴。だけど毎ターン2ダイス振って、4以下だとアフリカの水が合わずにお腹を壊してそのターンはお休み。またゲーム中一回、英暗殺隊の襲撃判定として1ダイスで5負傷、6で死亡の危険にもさらされる。
b0173672_9171358.jpg

▼第8ターン(シナリオ開始ターン)終了時の英軍撤退の結果
b0173672_9172819.jpg

▼第8ターン(シナリオ開始ターン)終了時。ターン末補給切れだと各ユニット1ステップロスが怖くて、地道に敵を排除するに止まったロンメル勢。
b0173672_9174521.jpg

▼第9ターン終了時の盤面。英軍はやくもトブルクとバルディアに大軍を集めて篭城の構え。これに対し独軍は補給の到着を待って地道な前進。
 一見すると難攻不落のトブルクだが、諸兵連合効果が得られる攻撃側各ヘクス毎1シフト、ロンメルで1シフト、航空支援1つにつき1シフト(しばらくは独軍4航空支援あり)、砲兵各1シフトを集中できるので(ただし最終的には3コラムシフトが上下限)、一点突破の強襲を続ければ何とかなりそうではあります。
b0173672_918297.jpg

# by ysga-blog | 2009-06-06 14:16 | 【砂漠の戦い/北ア・中東戦域】 | Comments(0)