蒼くなって尻込みなさい、逃げなさい、隠れなさい...War Storm Seriesシステム解説➌(Compass)Paths to Hell 東部戦線1941

b0173672_17424832.jpg
【モラルチェック】

 このゲーム最大の売りと言ってもいい、中隊モラルチェック(個別ユニットのモラルチェックもあり)だが、ASLの様に被弾する度に要求されるものではなく、以下の要因に依る。
 なお、下記で言うフォーメーションとは個々の中隊を指し、ユニットはその要因に該当する個々のユニットを指す。
b0173672_17230188.jpg
 中隊がモラルチェックを強いられる要因は以下の通り...

 直属小隊ユニットが除去されたとき
 ある白兵戦において一方的に1ステップロス以上損害を出したとき(攻防問わず)
 中隊長ユニットが除去されたとき
 戦車突撃で一方的に1ステップロス以上損害を受けたとき
 その中隊に属する小隊ユニット数を越えるステップロスを受けたとき

 この中隊モラルチェックは、中隊全体でまとめて1回で判定するのではなく、その要因が発生したヘクスを視認できるその中隊所属小隊ユニット毎に判定する。そしてチェックに失敗した罰則は潰走と除去である。
 例えば下図で集中射撃を受けて小隊ユニットが除去された独軍歩兵「F」中隊の場合、ヘクス208のF中隊所属小隊ユニットは2D6して、7以下を出せば判定成功となる。これが出目8~11だと潰走となり、自軍盤端目指して3ヘクス後退しなければならなず、モラル値を5オーバーする12だと逃散してしまい除去される。
 ヘクス307のF中隊所属小隊は、ヘクス208の林とヘクス308の濃密煙幕とに遮られてヘクス209で起きたモラルチェック要因を目撃できない為、モラルチェックを免れることができる。
b0173672_17083771.jpeg
 これに対し、個々のユニットのモラルチェック要因は以下の通りで、失敗した時の罰則は即座に活性化済マーカが置かれるだけの場合❶❷❼と、潰走から除去の場合➌❹❺❽とがある。

❶ 白兵戦を実施する前(突撃前モラルチェック) =失敗は活性化終了
❷ 指揮統制外で活性化を試みるとき =失敗は活性化終了
➌ 白兵戦において一方的に1ステップロス以上損害を出したとき(攻防問わず)
 戦車突撃で一方的に1ステップロス以上損害を受けたとき
 対戦車突撃を受けてそのAFVが1ステップロス以上損害を受けたとき
❻ 個々のユニットのモラルチェックは、中隊モラルチェックと異なりその要因に該当するユニットのみ行う。この要因を目撃した他のユニットがモラルチェックするわけではない。
❼ 鉄条網ヘクスに侵入する前 =失敗は活性化終了
 指揮統制外で被弾する度(中隊累積ステップロスの度合いにかかわらず)

 モラルチェックの際のダイス修正は、その指揮範囲内にいるなら直属中隊長の指揮値だけ有利なマイナス修正、そのユニットが既に被っているステップロス分だけ不利なプラス修正、中隊モラルチェックの場合は小隊数を超過した累積ステップロス分だけ不利なプラス修正、指揮統制外であれば不利なプラス1修正、対戦車突撃前モラルチェックには戦車ユニット分だけ不利なマイナス修正がそれぞれ適用(複数あれば全て累積)される。

モラルチェックに失敗することによってのみ生起する潰走は、徒歩ユニットで3ヘクス、車両で5ヘクス、自軍盤端(あくまで優先事項として)へ向けて可能な限り直線コースを描いての後退を強いられる(ただし毎ターン潰走し続けるわけではない)。
その際、敵戦闘部隊ユニットの隣接ヘクスを通過することはできず、包囲されて退路のないユニットまたは赤字で「T」マークを持つ砲兵器が白兵戦関連で潰走を強いられた場合は、潰走不能として除去される。

 なお、潰走状態からの回復は、個々の小隊ごとに直属中隊の中隊長が自身のモラル値以下を出す事によってのみ成し遂げられる。また回復自体、一つのアクションと見なされる。言い換えると散在する潰走小隊のところへ中隊長が移動するのに1ターン、回復チェックに1ターン費やす事になるので、事実上、中隊が潰走すると戦線復帰は絶望的となる。
b0173672_01164965.jpeg

by ysga-blog | 2018-02-03 19:39 | 【その他戦術級ゲーム:総合】 | Comments(0)
<< 対支一撃論ではないけれど...... 戦争を開始いたしましょう...... >>