コンパス、激戦すぎやろ...かつてのウォーゲーム・ブーム期でさえ、こんな出版ラッシュはなかった...Compassゲームズ新作カタログより

 Compass社の最新カタログが、新聞紙大の見開きとなっていた。かつてはCoA社と似た匂いのする色物メーカーだったが、いつのまにやら良くも悪くも一番勢いのあるゲームメーカーに成長した感あり。

▼近日発売予定の、ムッソリーニ・イタリアによるエチオピア侵攻と、二次大戦が始まってからのイギリス軍侵攻の両方を扱うキャンペーンゲーム
b0173672_22420358.jpg

▼(VG)大戦略南北戦争のデザイナー、エリック・リー・スミスによるアメリカ南北戦争作戦戦術級ゲーム『バトル・ヒム』

b0173672_22420375.jpg
▼謎の近過去仮想戦ゲーム『ブルー・ウォーター・ネイビー』 そうした言い回しをはじめて聞いたが、北大西洋からバルト海にかけての海軍でそうしたものがあるのだろうか。
 その下は、(AH)西部戦線異状なしことガンズ・オブ・オーガストの21世紀改良版『エンパイアズ&アライアンス』
b0173672_22420224.jpg
▼Compass社の付録ゲーム付き雑誌「ペーパー・ウォーズ」の今後の予定
b0173672_22420227.jpg
▼かつてL2D社から大箱で出て、コマンド誌別冊『大祖国戦争』としてライセンス化された、ロシア・ビィシージがCompass社から3度目の発行。
b0173672_22420266.jpg

by ysga-blog | 2018-02-15 23:29 | 珍しゲーム紹介 | Comments(0)
<< また新たな初対戦組...(GM... 最悪のダイス目に奇跡は無かった... >>