第347回定例会の様子その2 (仏Vae Victis誌82号)タウグス・フルーモス(ルーマニア国境1944年4-5月)そのⅰ

(仏Vae Victis誌82号)タウグス・フルーモス
(ルーマニア国境1944年4-5月)
b0173672_23585653.jpg
仏語ルールを翻訳したDublinさんvs.idioten
b0173672_23562382.jpg
見た目はハーフマップの雑誌ゲームだが、その実態は(SPI)ネクスト・ウォーを彷彿とさせるユニット単位で行動ポイントを逐次消費していく機動戦ゲームで本格派。
 司令部は道路から2ヘクス以内にいないと非補給となり、合わせて隷下部隊もほぼ非補給になるので位置取りが難しく、また司令部が潰されると次ターンその隷下部隊は、ほぼ麻痺状態に陥るのもリアル。

▼ 第1ターンは独軍が主導権を与えられているので(通常はターン冒頭にダイス勝負で決める)、空いているタウグス・フルーモスに初手で守備ユニットを入れつつ、戦線の穴を突いて赤軍をひと叩きする。
b0173672_23562589.jpg
連続活性化は必ず一度目の活性化に続けて連続して行わなければならず(他の組織の活性化がワンクッション入ったらもう駄目)、大河川越しのZOC to ZOC不可というのは忘れないようにしたい。
b0173672_23562492.jpg
▼両軍の機械化ユニットは3行動ポイントを持ち、1行動点につき6移動力を得られるので全部移動に費やせば18移動力使える。これを利用して赤軍戦車軍が左から右へ大胆なシフト
b0173672_23562515.jpg
初戦 第1ターン終了時
b0173672_23562624.jpg
Dublinさんの対戦後コメント:1回目、電撃戦の基本は敵の指揮中枢の麻痺に在りと敵司令部潰しに装甲部隊を使っていたら、戦線の部隊数が少なくなり、2重活性化を併用したソ連軍の敵機甲部隊の連続攻撃に戦線はあっと言う間に突破され、補給源が全部押さえられて2ターンでプレイ終了。

システムは上手く使うと電撃戦も再現できるが、支援チットを併用したダイナミックな縦深攻撃の再現にも適している。
フォーメーションの中で活動ポイントを一様に使う必要が無いから、刻々と変化する戦況に合わせて流動的にその場で部隊の動きを決めていかなければならない。
ハーフマップで200駒程度のゲームだから成立する、咀嚼力の弱いプレイヤー排除のシステムである。
カードとかいう余計なフレーバーなる物も無いのが良い。
b0173672_23562211.jpg
 お互い初めてのシステム、対戦なので試行錯誤の末、赤軍右翼は崩壊。その分、左翼では赤軍ダブル活性化で一気にヤシー市街突入と、盤端補給源封鎖に突進。
機動戦のゲームなので、やはり順当に戦線を構築してからでないと補給源をすべて奪われたりすると判明。システムも理解できたところで、並べ直して再戦することに。
b0173672_23562254.jpg
 雑誌ゲームの制約上、マップのヘクスが小さいのでDublinさんが拡大コピー、ユニットも両面貼り合わせての自作(掴みやすいように分厚い)
b0173672_23562407.jpg

by ysga-blog | 2018-05-12 20:14 | 【その他;独ソ戦:全般】 | Comments(0)
<< 2018.0512(土)YSG... 第347回定例会の様子その3 ... >>