(GMT)Operation Dauntlessシナリオ18.4と5...2021.05.03(月祝)32年連続開催GW2日間例会初日

(GMT)Operation Dauntlessシナリオ18.4と5...2021.05.03(月祝)32年連続開催GW2日間例会初日_b0173672_20213346.jpeg
(⁰︻⁰) ☝今度(2022年春)MMP社から正式に発売されるASL歴史モジュール『マートレット作戦』とは、このOperation Dauntlessに含まれる6月25日のフォントネ村の戦いを描いたもの。こうしてASLの歴史マップと見比べると、フォントネ村が川岸の窪地に位置していることが良くわかる。☟...2022.01.23記
(GMT)Operation Dauntlessシナリオ18.4と5...2021.05.03(月祝)32年連続開催GW2日間例会初日_b0173672_23000361.jpg
(GMT)Operation Dauntless
(GMT)Operation Dauntlessシナリオ18.4と5...2021.05.03(月祝)32年連続開催GW2日間例会初日_b0173672_23000274.jpg
 昨年の5月連休2日間例会でもりっちと対戦約束していたものが、生憎の第1次コロナ緊急事態宣言による公共施設全館閉鎖によって叶わず、今回遂に念願のキャンペーンプレイに漕ぎ着けることができた。
 もりっちと共に、このOperation Dauntless(GMT)こそ、2次大戦・作戦/戦術級ゲームの最高峰であると確信しており、世の中にはASLしかやらないゲーマーもいると聞き、我らもドントレしかやらないゲーマーになれるものなら幸せだろうと語り合った。
(GMT)Operation Dauntlessシナリオ18.4と5...2021.05.03(月祝)32年連続開催GW2日間例会初日_b0173672_23000334.jpg
136.pngそれでせっかくキャンペーンやるならゲームに用意された日付の若い順にやろうという事で、お互い数年ぶりのドントレのシステムに慣れるためにも1944年6月16日の前哨戦キャンペーンであるシナリオ18.4を選択
 ルールの確認とユニットさばきの練習として1ターンだけプレイしたが、上の写真と比べれば分かるとおり、前進配置で英軍側に3ヘクスほど出張っていた部分がたちまち押し潰されて、残るは城館のある森ヘクスだけとなった場面。
(GMT)Operation Dauntlessシナリオ18.4と5...2021.05.03(月祝)32年連続開催GW2日間例会初日_b0173672_23000474.jpg
 勝利条件の公園と城館へ向けて、遮蔽物沿いにアプローチして集中砲撃と攻撃を加えれば、独軍なす術なしと分かったところで、早速キャンペーンの支度に取り掛かる。
(GMT)Operation Dauntlessシナリオ18.4と5...2021.05.03(月祝)32年連続開催GW2日間例会初日_b0173672_23000460.jpg
▼ここよりキャンペーン(6月26日から28日までの3日間キャンペーン)
(GMT)Operation Dauntlessシナリオ18.4と5...2021.05.03(月祝)32年連続開催GW2日間例会初日_b0173672_23000441.jpg
英軍配置条件で、第1ターンに限り、ヘクス列**07と**06に任意で配置したAFV、歩兵、機銃はひたすら真っ直ぐ南下しないといけない強制ルールがあり、この時の英軍はバカ正直に配置して、正面突撃(移動による接近戦攻撃=オーバーラン的な)を敢行。
 一応、濃霧の中での奇襲効果として、英軍側に接近戦2シフト有利の修正が付くが、地形で打ち消されて戦力的にも全く優位でないので、ことごとく屍山血河を築く。
(GMT)Operation Dauntlessシナリオ18.4と5...2021.05.03(月祝)32年連続開催GW2日間例会初日_b0173672_23000570.jpg
写真のとおり、大損害のステップロスを受けて、あらかた半減戦力面へ裏返されている。後方にある半減面ユニットに至っては、大損害過ぎて攻撃側退却で2ヘクスも下がっている。
(GMT)Operation Dauntlessシナリオ18.4と5...2021.05.03(月祝)32年連続開催GW2日間例会初日_b0173672_23000570.jpg
▼こんなもん、正面から抜けるわけ無いと左右の盤端にあった独軍配置の穴を突いて独軍後方へ迂回浸透を図る英軍。
 濃霧のお陰で4ターンの間、一切ZOCが展張せず(通常はZOC侵入即停止)、臨機射撃を受けることもないので、スルスルと浸透を果たした。
(GMT)Operation Dauntlessシナリオ18.4と5...2021.05.03(月祝)32年連続開催GW2日間例会初日_b0173672_23000290.jpg
独軍のもりっちも、初期配置で途切れのないスクリーンを張っておけば、こうもやすやすと浸透を許すことはなかったと悔やむ。
(GMT)Operation Dauntlessシナリオ18.4と5...2021.05.03(月祝)32年連続開催GW2日間例会初日_b0173672_23025553.jpg
特に独軍左翼の川越しと深いボカージュ地帯は、少し防御ユニットを配置しておくだけで、攻撃されても簡単に抜かれる場所ではなかったと悔やむ独軍
(GMT)Operation Dauntlessシナリオ18.4と5...2021.05.03(月祝)32年連続開催GW2日間例会初日_b0173672_23025580.jpg
一見、楽々と独軍背後に回り込めたとほくそ笑む英軍だったが、何の相互連絡もなく、各個投入の愚を犯していた。浸透しても戦果の拡大ができなくては単に敵の好餌となるだけであった。
(GMT)Operation Dauntlessシナリオ18.4と5...2021.05.03(月祝)32年連続開催GW2日間例会初日_b0173672_23025573.jpg
▼第2ターン終了時。独軍はなけなしの増援ポイントでティーガー重戦車を3つとも買う。そしてそれが歩兵を伴わない英軍戦車スタックを蹂躙除去して回るという鋼鉄の死神、ヴィレル・ボカージュの戦いを彷彿とさせる驚異の活躍を見せつけた。
 登場する全ての兵器、車両がそれらしく活躍するのが素晴らしいゲーム。
(GMT)Operation Dauntlessシナリオ18.4と5...2021.05.03(月祝)32年連続開催GW2日間例会初日_b0173672_23025667.jpg
▼第3ターン終了時。ちなみに英軍戦線後方に多数の兵力が待機しているが、これは増援ポイントを貯めて買い物していく形でしか解除できない予備拘置部隊。
 凡百のゲームではカタローグデータ通り、あればあるだけ戦闘に投入できるが、指揮統制と兵站の都合で、許容量以上の兵力は投入できない。従って英軍は最大で歩兵5個大隊と5個戦車スコードロンが同時投入の上限となる。
 また歩兵大隊1個の予備解除には増援ポイント12という途方もない支払いが必要であり、これは1ターンに増援ポイントを3ポイントづつしか与えられない英軍にとって、4ターンの長きに渡る忍従が強いられることを意味する。
(GMT)Operation Dauntlessシナリオ18.4と5...2021.05.03(月祝)32年連続開催GW2日間例会初日_b0173672_23025613.jpg
▼第4ターン(濃霧)終了時 正面から攻めても無駄と早合点し、ほぼ全ての兵力を独軍の背後に迂回浸透させた英軍...
(GMT)Operation Dauntlessシナリオ18.4と5...2021.05.03(月祝)32年連続開催GW2日間例会初日_b0173672_23025627.jpg
▼第5ターン終了時 1ユニットで4金という独軍ティーガー重戦車の3金より高い増援ポイントを費やして投入した29センチ臼砲チャーチル重戦車のお陰もあって、Lehr装甲師団戦区の正面2ヘクスを奪取することに成功したが、それも次のターンにはたたき出される運命が待っていた...
(GMT)Operation Dauntlessシナリオ18.4と5...2021.05.03(月祝)32年連続開催GW2日間例会初日_b0173672_23025776.jpg
しかし、所詮は奇策に過ぎず、後方に浸透した英軍は次々と包囲されて退却不能となり各個に殲滅されていった。そうなると正面には使える英軍兵力が何もなく...
(GMT)Operation Dauntlessシナリオ18.4と5...2021.05.03(月祝)32年連続開催GW2日間例会初日_b0173672_23025705.jpg
かくして迂回浸透した兵力が英軍の主力だったので、もはや戦勢挽回の可能性も見いだせず、英軍が敗北を認めて、明日また陣営そのままでイチからやり直すことにした。
(GMT)Operation Dauntlessシナリオ18.4と5...2021.05.03(月祝)32年連続開催GW2日間例会初日_b0173672_23025490.jpg
英軍は一晩泣き明かし、この対戦を苦い戦訓とし、明日のキャンペーン再戦では、奇策に頼ることのない英軍らしい重厚な攻め寄せで独軍防衛線をかじりとろうと心に決めたのであった161.png

by ysga-blog | 2021-05-05 00:00 | (GMT)ドーントレス作戦 推せる! | Comments(0)
<< (GMT)A Time for... 2021.05.04(火)YS... >>