(GMT)バルバロッサ・シリーズ:中央軍集団〔Second Edition〕スモレンスク:30年ぶりの大倉山記念館ゲーム集会➋

(GMT)Barbarossa:Army Group Center
バルバロッサ・シリーズ:中央軍集団〔Second Edition〕

シナリオ4 『スモレンスク包囲戦
(GMT)バルバロッサ・シリーズ:中央軍集団〔Second Edition〕スモレンスク:30年ぶりの大倉山記念館ゲーム集会➋_b0173672_20255347.jpg
(⁰︻⁰) ☝ 第2ターン終了時盤面
(GMT)バルバロッサ・シリーズ:中央軍集団〔Second Edition〕スモレンスク:30年ぶりの大倉山記念館ゲーム集会➋_b0173672_20255361.jpg
(GMT)バルバロッサ・シリーズ:中央軍集団〔Second Edition〕スモレンスク:30年ぶりの大倉山記念館ゲーム集会➋_b0173672_20255380.jpg
▼ 今回の独軍はVelikye Luki方面に割く機械化兵力はないかな、なんて楽観していたら140.png
(GMT)バルバロッサ・シリーズ:中央軍集団〔Second Edition〕スモレンスク:30年ぶりの大倉山記念館ゲーム集会➋_b0173672_20231285.jpg
▼第3ターン終了時盤面
(GMT)バルバロッサ・シリーズ:中央軍集団〔Second Edition〕スモレンスク:30年ぶりの大倉山記念館ゲーム集会➋_b0173672_20231253.jpg
(GMT)バルバロッサ・シリーズ:中央軍集団〔Second Edition〕スモレンスク:30年ぶりの大倉山記念館ゲーム集会➋_b0173672_20231375.jpg
(GMT)バルバロッサ・シリーズ:中央軍集団〔Second Edition〕スモレンスク:30年ぶりの大倉山記念館ゲーム集会➋_b0173672_20231348.jpg
(GMT)バルバロッサ・シリーズ:中央軍集団〔Second Edition〕スモレンスク:30年ぶりの大倉山記念館ゲーム集会➋_b0173672_20231498.jpg
▼ 無敵を誇ったスモレンスク北市街ヘクスにスタックした防御ユニット。あんまりスタックが高いので、別置きした。
(GMT)バルバロッサ・シリーズ:中央軍集団〔Second Edition〕スモレンスク:30年ぶりの大倉山記念館ゲーム集会➋_b0173672_20295462.jpg
▼ 同じくスモレンスク南市街地ヘクスのフルスタック〔こちらも別置き〕
(GMT)バルバロッサ・シリーズ:中央軍集団〔Second Edition〕スモレンスク:30年ぶりの大倉山記念館ゲーム集会➋_b0173672_20295490.jpg
(GMT)バルバロッサ・シリーズ:中央軍集団〔Second Edition〕スモレンスク:30年ぶりの大倉山記念館ゲーム集会➋_b0173672_20295414.jpg
(GMT)バルバロッサ・シリーズ:中央軍集団〔Second Edition〕スモレンスク:30年ぶりの大倉山記念館ゲーム集会➋_b0173672_20295542.jpg
(GMT)バルバロッサ・シリーズ:中央軍集団〔Second Edition〕スモレンスク:30年ぶりの大倉山記念館ゲーム集会➋_b0173672_20295507.jpg
(GMT)バルバロッサ・シリーズ:中央軍集団〔Second Edition〕スモレンスク:30年ぶりの大倉山記念館ゲーム集会➋_b0173672_20295566.jpg
▼ 油断していたらアッと言う間にVelikye Lukiに肉薄され、ポロツクから余裕をぶっこいてゆるゆる退避していたソ連軍HQが包囲され絶体絶命〔2VP献上〕の危機に!
(GMT)バルバロッサ・シリーズ:中央軍集団〔Second Edition〕スモレンスク:30年ぶりの大倉山記念館ゲーム集会➋_b0173672_20295669.jpg
(GMT)バルバロッサ・シリーズ:中央軍集団〔Second Edition〕スモレンスク:30年ぶりの大倉山記念館ゲーム集会➋_b0173672_20295682.jpg
(GMT)バルバロッサ・シリーズ:中央軍集団〔Second Edition〕スモレンスク:30年ぶりの大倉山記念館ゲーム集会➋_b0173672_20295687.jpg
▼第4ターンの独軍プレイヤーターン終了までプレイして、10ターン・シナリオである勝利条件(21点で独軍辛勝)を早くも履行した。

 内訳として、ゲーム開始時独軍得点が5でスタートし、1ターン目にポロツク占領で7点、その後ソ連軍の戦車・砲兵ステップ損失6毎による各1点の計2点、オルシャ後方での包囲網から逃げる途中で除去されたソ連軍HQ1個による2点、オルシャ占領で1点、そして4ターン目の機械化移動期に突進したホトの機械化部隊がヤルツェヴォまで走り込んで無血占領したことで3点、これらをあわせて20点となった。
(GMT)バルバロッサ・シリーズ:中央軍集団〔Second Edition〕スモレンスク:30年ぶりの大倉山記念館ゲーム集会➋_b0173672_20295354.jpg
ソ連軍の反省:スモレンスクでの反撃、防御の成功、多くの独軍機械化師団の燃料欠乏などにより、もはや勝ったかと勘違いしたソ連軍がスモレンスクの防衛にばかり力を注いで、Velikye Luki防衛やHQ保護〔または自主除去=敵に除去されると2点献上だが、非機能化さえしていれば自決的除去でき1点献上で済む〕、イェルニャ防御を怠った為。

 初版と違って、シナリオ勝利条件が独軍側に対して大幅に緩和された為、独軍はかなり余裕を持って戦えるようになっている。

 昔は独軍勝利のためには30点必要だったのが、最低21点とハードルが下がった上、昔はスモレンスク1ヘクスにつき3点だったのが6点になったり、ホロツクが2点から7点に大幅アップされていたりする。

 これに対しソ連軍としては、一度VPを奪われたら奪回は難しいので、ポロツクは仕方ないとしても、大きな得点を取られないよう細心の注意が必要。
 独軍の進撃速度は想像以上なので、まだ大丈夫なんて思わずに、スモレンスク、Velikye Luki、ヤルツェヴォの順で増援や補充再建ユニットをバランス良くこれらの防衛に送り込む。

by ysga-blog | 2022-06-21 21:01 | (GMT)バルバロッサ:軍集団 | Comments(0)
<< 大倉山記念館(第8集会室は椅子... 2022.06.11(土)YS... >>