(GMT)バルバロッサ・シリーズ:中央軍集団〔Second Edition〕 シナリオ3 『レペル反撃作戦』...2022.06.26(日)YSGA第396回定例会の様子


(GMT)Barbarossa:Army Group Center
バルバロッサ・シリーズ:中央軍集団〔Second Edition〕

シナリオ3 『レペル反撃作戦
(GMT)バルバロッサ・シリーズ:中央軍集団〔Second Edition〕 シナリオ3 『レペル反撃作戦』...2022.06.26(日)YSGA第396回定例会の様子_b0173672_19440878.jpg
(GMT)バルバロッサ・シリーズ:中央軍集団〔Second Edition〕 シナリオ3 『レペル反撃作戦』...2022.06.26(日)YSGA第396回定例会の様子_b0173672_19440972.jpg
(GMT)バルバロッサ・シリーズ:中央軍集団〔Second Edition〕 シナリオ3 『レペル反撃作戦』...2022.06.26(日)YSGA第396回定例会の様子_b0173672_19440967.jpg
(GMT)バルバロッサ・シリーズ:中央軍集団〔Second Edition〕 シナリオ3 『レペル反撃作戦』...2022.06.26(日)YSGA第396回定例会の様子_b0173672_19440855.jpg
168.pngironcradさんの対戦後コメント:
活動メモ

2022年6月26日 日曜日YSGA例会
(GMT)Barbarossa:Army Group Center シナリオ3:レーペル攻勢作戦
1941年7月7日ソヴィエト軍機械化軍団の独軍第7装甲師団第17装甲師団への反撃
GT8ソ連からGT10ソ連の2.5ターン

結果:4VP(占領1VP、東端への突破1VP(1箇所)、ステップ損失2VP)
GT8:ソ連軍は4か所の強制攻撃実施し、サドンデス負けを回避した。
GT9:独軍は、順調に前進。
GT10:Orsha前面のソヴィエト軍機械化軍団包囲殲滅。Vitebsk(3215)占領失敗。東端への突破は1箇所のみ。

考察
ドイツ軍は、勝利となる可能性は十分ある。10GT独軍によるVitebsk(3215)への攻撃の目が良くなかった。ソ連軍1ステップ残り占領できなかった。加えて2か所目で突破した部隊のステップ数が6であり、2不足した。もともと十分なステップす数はあった。しかし、今回は不要な側面援護に回していた。
もし、突破部隊が十分な戦力でVitebsk(3215)の占領が成功していたら、10VPでドイツ軍勝利(占領2VP、東端への突破5VP(2箇所)、強制攻撃の未実施1VP,ステップ損失2VP)であった。
更にVP計算で、イヴェントVPである拠点 [Strongpoints]の破壊を含めていなかった。
シナリオ3のみのVPなので見落とした。

168.png(⁰︻⁰) ☝に対する掘gさんのレス

メールありがとうございます。
10ターンの盤外exitを起点にして逆算すると、8&9ターンの航空阻止により、南部の部隊をVitebsk方面への転進を遅らすこと、9ターンの増援の充分な展開を阻止すること、がドイツ軍にとって勝利のため絶対必要だったと思います。
一方でソ連軍としては9&10ターンの攻撃を二回凌げばよいわけで、第一線に足止め部隊、第二線を主防衛線として、10ターンにDvina川の北でVitebskにとりつくことを阻止することもできそうにも思えます。
ソ連軍が、この二重防衛線をDvina川の北と南で引くだけのユニットを集められるかが一つの焦点になるかもしれません。Vitebsk占領1VP、exit計4~5
VP、強制攻撃未消化(1VP x 2)、戦車/砲兵ステップor陣地ロス1~2点

強制攻撃というスモレンスクポケットシナリオではなぜか余りお目にかかれないルールを復習するにはちょうど良いシナリオでしたね。

168.png(⁰︻⁰) ☝に対するironcradさんのレス

拠点 [Strongpoints]の破壊によるVPが、eachです。したがって、二重防衛線へ振り向けるための拠点の放棄は、控えなければなりません。堀gさんのユニットを集めることができるのか否かが焦点との考察は、正しいと思います。
シナリオ3は、ドイツ軍は航空阻止のパズル、一方ソ連軍は二重防衛線形勢のパズルなどルール習得ためのソロプレイ用シナリオではないのかと思うようになりました。


by ysga-blog | 2022-08-12 03:41 | (GMT)バルバロッサ:軍集団 | Comments(0)
<< (EP/CMJ誌別冊)東部戦線... (GMT)No Retreat... >>