BANZAIマガジン第17号(第57装甲軍団の死闘)VASSAL対戦活動:Ironcradさん報告:2023年9月24日日曜日

(万歳誌)第57装甲軍団
 BANZAIマガジン第17号(第57装甲軍団の死闘)VASSAL対戦活動:Ironcradさん報告:2023年9月24日日曜日_b0173672_09312470.jpg
活動報告:2023年9月24日日曜日 BANZAIマガジン第17号(第57装甲軍団の死闘)

Vassal対戦
10時30分から17時30分(セットアップ30分間、昼休み1時間、対戦時間6時間)
4ターンまでプレイした。全12ターン。
ドイツ軍、ルーマニア軍が優勢
ポポフさん:ドイツ軍、ルーマニア軍
ironcradさん:ソ連軍

特徴
一つのターン中に、移動前の「周密攻撃」とスタック単位の移動直後の「機動攻撃」がある。機動攻撃中はドイツ軍砲兵ユニットだけが支援砲撃を行える。

展開
ソ連軍は、最前線からアクサイ・エサウロフスキー川へ後退し河川ヘクスサイド地形効果(左2シフト)を利用して守ろうと欲する。しかし、50%の確率でのみEZOCからの離脱(8.5.2)に成功するため、離脱に失敗して川までたどり着けず大部分がルーマニア軍に除去される。
ソ連軍は、ドイツ装甲師団の正面に砲兵支援ありのハイスタックで守ろうとする。しかし、ドイツ装甲師団は、援護ありの戦闘離脱(8.5.2)を用いて自動的に戦闘離脱し、ソ連軍の弱い箇所を攻撃し続ける。そのため、ドイツ装甲師団の前進は、止まらない。

反省(ソ連軍)
ドイツ装甲師団は、この戦場で十分な移動力があり、進撃路で「機動攻撃」を連続して
行うことで1線防御のみならず、2線防御でも簡単に突破する。ユニットは、1ターンに1回のみ攻撃できる。ソ連軍は、ドイツ軍ユニットの「周密攻撃」を強いる移動も行うべきであった。「周密攻撃」を強いることで「機動攻撃」の機会を減らすべきであった。

第4ターン終了時の地図を添付します。

今後のVASSAL対戦
実施済み
2023/10/22(日)午前 WW76 Operation Jupiter、午後 WW74 Munich War 193
予定
2023/11/4(土) WW70 Great Pacific War

by ysga-blog | 2024-02-17 00:00 | 青作戦&スターリングラード総合 | Comments(0)
<< (AH)Victory in ... 指輪物語:中つ国の伝承=マジッ... >>