2018年 03月 10日 ( 7 )

第344回定例会の様子その11...(AH)ASL太平洋/怪物シナリオ:Leatherneck〔13〕Saito's Farewell Order サイパン島の最後➊

b0173672_00375341.jpg
(AH)ASL
太平洋/大規模シナリオ:
Leatherneck〔13〕Saito's Farewell Order
b0173672_00355510.jpg
 当ブログにおけるASL記事200本目にして、今から丁度20年前、YSGAでASLをプレイしだした時、ASL太平洋の和訳と言えば広島の盟友木南さんが手書きで訳した物しかないけれど和訳の出来は良いから、これでやってしまおう、しかもどうせやるならデカいのやろうということで選ばれたモンスターシナリオを、ぱんさんのASL Starter Kit卒業スタンダードASL参入記念に再び5人集めてプレイしようという企画。
b0173672_00355515.jpg
日本軍担当:左翼隊idioten、右翼隊ぱんさん、チハ車2輌と跨乗歩兵2個:Dublinさん
b0173672_00355686.jpg
 マップはオーバーレイを貼り付けた物を、flacoさんが制作してくださったのでそちらを使用させていただきました。
b0173672_00355640.jpg
 曲がりなりにも夜間なので、秘匿配置〔HIP〕が多く、米軍の初期配置とプロットに時間が掛かってしまうのは仕方がない。理想を言えば、米軍担当者が事前に集まって、初期配置を全てプロットしてくるのが一番良いのだが、社会人ゲーマーには贅沢な望みだろう。もしかしたらVASLを活用すれば可能かもしれないが。
b0173672_00355612.jpg
b0173672_00355696.jpg
▼米軍左翼担当:flacoさん、右翼担当:酒さん〔夜、酒さん帰宅後はもりっち〕
b0173672_00355761.jpg
flacoさんの対戦後コメント:YSGA第344回定例会にてASL Leatherneck 13 Saito’s Farewell Orderをプレイ。
 戦史に疎いので詳細は分からないが、タイトル通りサイパン島での日本軍最後の玉砕攻撃をテーマとしている。写真と記憶を頼りに書いているので辻褄が合っていない個所などあるかもしれないがご容赦願いたい。

 PTO(太平洋戦域)地形および払暁からのスタートとして夜間ルールを採用。NVR(夜間視認距離)は2へクスから始まり、4枚ある地図盤を進む日本軍ユニットが次の地図盤に進入したのを米兵が視認できた段階でNVRが2へクス上昇する。これにより夜明けの進行具合が再現されている。両軍ともSAN(狙撃兵活性値)は5だが、夜間で2ポイント上昇して最高値の7となる。

 シナリオの勝利条件は4枚ある地図盤に布陣する米軍陣地(指定へクスと周囲6へクス)計6か所のうち5カ所を最終15ターン終了時に占領・維持できていれば日本軍の勝利というもの。地図盤最奥の米軍司令部の攻略は必須条件となっている。各地図盤に展開している米軍はSSR(シナリオ特別ルール)によって日本軍ユニットがその地図盤に進入して視認されるまで一切移動できない。米軍ユニットは一度隠蔽を失うと二度と獲得できない。また日本軍ユニットは盤外からの進入であるにもかかわらずゲーム中隠蔽状態になれない。特例として混乱状態のユニットに対する白兵戦(格闘戦)を解決する前に、DMによる修正付きではあるが混乱しているユニットは自己回復を試みることができる。これによりピンゾロによる劇的な出来事の生じる可能性がある。夜間に伴う迷走と恐慌射撃は無効。両軍ともに潰走不能および戦意喪失によるユニットの除去はない。

 日本軍の戦力はエリートからC級まで合計104個分隊に指揮官28名。CODE OF BUSHIDO(RISING SUN)の全ユニットを使い切る。97式中戦車チハ新砲塔が2両。火炎放射器2、爆薬10、MTR10、LMG12、MMG6。日本軍プレイヤー3名がこれを分担する。最初のターンに限りすべての日本軍兵士は6MFを持つ。日本軍はすべて鈍兵扱い。日本軍の狙撃兵は活性化した米軍ユニットのみ攻撃できる。

 米軍の戦力は各陣地にだいたい6~10個分隊+指揮官2~3名が配置される。ユニットは指定された陣地の半径数へクス以内にしか配置できない。ダミースタックは禁止。砲兵陣地2か所にそれぞれ105mm野砲が3門。無線機2個による盤外砲撃は照明弾しか要請できない。それとは別に60mmMTRの盤外砲撃が2つ与えられ、それぞれに盤外観測員が東側盤端に配置される。この東側盤端にはさらに8-0指揮官と50cal HMGが事前に指定しておいたレベル2区域にいるものとして視界に入った日本軍ユニットを射撃できる。日本軍はこれを一切攻撃できない。私ともう1名で米軍を担当した。

 日本軍が進入してくる最初の地図盤には2か所の米軍前衛陣地があり、計20個のタコツボが与えられる(全体では40個にもなる)。これを利用したHIP(初期隠匿)配置を考えるのに時間を取られ、ゲームは昼頃からのスタートとなる。日本軍の奔流を前に方針もへったくれもない。丘陵地帯のために有効な火線を引けるポジションは限られ、とにかく機関銃が足りない。MTRは照明弾を撃つのに使うため火力としては当てにならない。星弾を発射するため最前衛に半個分隊を置き、照明区域に入った日本軍兵士を撃って撃って撃ちまくる。狙撃兵活性値が高いためキラースタックの編成はリスクが極めて高く、戦力は分散せざるを得ない。あとはやってみなければ分からないと割り切って日本兵の大軍を待ち受ける。
b0173672_00355719.jpg
b0173672_00355423.jpg
b0173672_00355412.jpg

by ysga-blog | 2018-03-10 19:13 | ASLコンコマコンフリ三大戦術 | Comments(0)

第344回定例会の様子その12...(AH)ASL太平洋巨大シナリオ:Leatherneck〔13〕Saito's Farewell Orderその❷

b0173672_14351936.jpg
(AH)ASL
太平洋/大規模シナリオ:
Leatherneck〔13〕Saito's Farewell Order
b0173672_00432459.jpg
b0173672_00432470.jpg
b0173672_00432550.jpg
▼今や進むも死、退くも死の精神で、フルスタック疾走させた日本軍左翼隊。闇の中から突如姿を現した米軍中機関銃と分隊火力〔指揮官修正つき〕による隣接倍火力射撃を受け、しかもピンゾロでフルスタックが羽毛の如く消し飛ぶ...
b0173672_00432538.jpg
b0173672_00432526.jpg
b0173672_00432616.jpg
▼日本軍総登場で、最前線には177.png星弾〔信号拳銃発射型小型照明弾:半径3ヘクス照明〕が打ち上げられまくる
b0173672_00432609.jpg
flacoさんの対戦後コメント:日本軍の担当は2名が東西で大きく二手に分かれ、残り1名が中央で2両の戦車を専門に受け持つ。日本軍の戦い方は東西で大きく異なるものであった。私の担当した米軍東側では指揮官を筆頭にフルスタックが次々に盤上を疾走。一方の米軍西側ではスタックせず、盤上を兵士で埋め尽くすような人海戦術。星弾と照明弾の発射がうまくいかず、日本軍を思うように照らし出せない。日本軍のフルスタック1個が3KIAで蒸発するような場面もあったが、私が担当した側の日本軍は10-2指揮官の指揮のもとMTRから白燐弾を巧みに撃ち込み、タコツボに籠る米兵を確実に無力化・混乱させてゆく。夜間のため匍匐後退しかできず、一度混乱したユニットを助け出すことができぬまま日本兵にのみ込まれて行くのを米軍プレイヤーとして呆然と見ているしかなくなる。

 日本軍の戦車2両は米軍の射撃を受けないよう慎重な前進。なんと跨乗兵が火炎放射器を所持していたことが後に明らかとなる。戦車の突進を予想して盤面中央の道路沿いにバズーカ持ちの分隊を配置していたが、先に日本兵に発見され格闘戦に。一度は離脱に成功したものの、その後この分隊に対してゲーム最初のバンザイ突撃が敢行される。撃たれても撃たれても損耗しつつ突っ込んでくる日本兵との格闘戦に敗れバズーカ分隊はあっけなく除去。これを契機として戦場の各地でバンザイの声が鳴り響くことになる。バンザイ突撃に対しては小さな残留火力はほとんど効果がない。十分引きつけて撃とうとすれば瞬時に3方から日本兵が殺到してくる・・・。夜間と丘陵地帯のためもあって臨機射撃における相互支援の原則がほとんど通用しないのも米軍プレイヤーにとっては誤算であった。
b0173672_00432383.jpg
b0173672_00432477.jpg
▼日本軍による攻略目標の一つである、米海兵隊105㍉榴弾砲陣地
b0173672_00432406.jpg

by ysga-blog | 2018-03-10 19:12 | ASLコンコマコンフリ三大戦術 | Comments(0)

第344回定例会の様子その13...(AH)ASL太平洋巨大シナリオ:Leatherneck〔13〕Saito's Farewell Orderその➌

b0173672_05445144.jpg
(AH)ASL
太平洋/大規模シナリオ:
Leatherneck〔13〕Saito's Farewell Order
b0173672_00461601.jpg
Dublinさんの対戦後コメント:九七式新砲塔2輌と跨乗歩兵(指揮官+火炎放射器付)を担当。会長とPanさんは108個大隊を2分して盤の左半分右半分を担当。
これから前哨陣地を蹂躙しつつ、敵連隊司令部を目指して突撃である。
 任務は至って簡単。地図盤一番奥まで戦車を突進させ、敵司令部を蹂躙させることである。敵と戦えとは一言も言われていない。敵が歩兵といえども目的地に着くまで、戦車がやられてはかなわない。出来れば視界の外、もっというなら射程の外をひたすら進む。
b0173672_00461698.jpg
b0173672_00461634.jpg
b0173672_00461732.jpg
b0173672_00461760.jpg
b0173672_00461804.jpg
b0173672_00461889.jpg
b0173672_00461503.jpg
b0173672_00461574.jpg



by ysga-blog | 2018-03-10 19:11 | ASLコンコマコンフリ三大戦術 | Comments(0)

第344回定例会の様子その14...(AH)ASL太平洋巨大シナリオ:Leatherneck〔13〕Saito's Farewell Orderその❹

(AH)ASL
太平洋/大規模シナリオ:
Leatherneck〔13〕Saito's Farewell Order
b0173672_00492017.jpg
flacoさんの対戦後コメント:米軍プレイヤーの持ち場を分ける中央の境界線を突破され、丘のVP陣地の後方が脅かされる。9-2指揮官とHMG分隊が慌てて撤収を始めるも逃げ切れないと判断。バンザイ突撃の連続に相打ち覚悟で迎え撃ち全滅。これで米軍東側の戦線は崩壊。同じくして西側の米軍も日本兵の奔流にのみ込まれて壊滅する。
b0173672_00492050.jpg
b0173672_00492035.jpg
b0173672_00492113.jpg
b0173672_00492103.jpg
b0173672_00492154.jpg
b0173672_00492224.jpg
b0173672_00492208.jpg
b0173672_00491912.jpg
b0173672_00491914.jpg

by ysga-blog | 2018-03-10 19:10 | ASLコンコマコンフリ三大戦術 | Comments(0)

第344回定例会の様子その15...(AH)ASL太平洋巨大シナリオ:Leatherneck〔13〕Saito's Farewell Orderその❺

b0173672_05151967.jpg
(AH)ASL
太平洋/大規模シナリオ:
Leatherneck〔13〕Saito's Farewell Order
b0173672_00521441.jpg
b0173672_00521480.jpg
b0173672_00521490.jpg
Dublinさんの対戦後コメント:3ターンまでに敵歩兵の有効な対戦車兵器であるバズーカ2丁が発見、操作分隊が無効化し、ひたすら中央を前進する(兵器のカウンティングするのも何だかなぁ~と思いつつ、勝つためには手段を選ばない、それが真の戦車道である。)
 中央T字路を左折しようとした時、敵105㎜榴弾砲が突如姿を現し、80メートルの距離で撃ってきた。
 初弾は外れたが、故障覚悟で2発目如何にか砲塔に命中してしまった。いよいよ貫通判定時に出た目は12、6ゾロ。
砲弾は不発に終わった
 もし、これが貫通しないまでも炸裂していたら、跨乗歩兵は全滅したであろう。次のターンに右翼隊が2個分隊でその砲に突進して、臨機射撃で跡形も残らなかったことから、その威力推して知るべし。
b0173672_00521596.jpg
Dublin式の軍人精神
 歩兵を満載したチハ車の砲塔に、105ミリ榴弾が命中した時は、「嗚呼、惨な!」と呟きそうになりましたが、まさかの効果判定6ゾロで、不良品の榴弾が炸裂せずに砂のごとく砕け散ったのは、まさに天佑神助という他ありませんでしたね。
 今回の日本軍はバカつきでした。盤外の米軍12.7ミリ重機は故障除去されるわ、盤外砲撃は赤チット2枚連続で不許可になるわと、泣けて泣けて仕方ありませんでした。
b0173672_00521549.jpg
b0173672_00521546.jpg
b0173672_00521668.jpg
b0173672_00521699.jpg
flacoさんの対戦後コメント:第3ターンで最初の地図盤18を制圧した日本軍は雪崩を打って次の地図盤43に進入し、NVRが4へクスに拡大。バズーカの脅威から解放された2両のチハ戦車が中央の道路を進み、石垣に囲まれた3つ目の米軍陣地に近づく。隠れていた105mm野砲が何発か放ったものの命中せず。その後チハ2両は進路を変えてクナイの中を慎重に進んで行く。

 がら空きの東側盤端付近を駆け抜ける日本兵を狙って盤端からHMGが火を吹くもROFが回った2回目の射撃で早くも故障。その後何回かの修理もむなしく完全に壊れてしまう。米軍の不運は続き、盤外観測員によるOBA(盤外砲撃)の要請も2回続けて赤のカードを引き不発。HMGとOBAで血祭りにしてやるという思惑が外れ、地図盤43の東側を進む日本軍を止める手立がない。米軍司令部めがけて一心不乱に突き進む日本兵に慌てる米軍プレイヤー(私)。3枚目と4枚目の地図盤には時間的に入れないだろうとタカをくくっていい加減な布陣を敷いていたツケが回ってきた格好だ。
b0173672_00521384.jpg
b0173672_00521450.jpg

by ysga-blog | 2018-03-10 19:09 | ASLコンコマコンフリ三大戦術 | Comments(0)

第344回定例会の様子その16...(AH)ASL太平洋巨大シナリオ:Leatherneck〔13〕Saito's Farewell Orderその➏

b0173672_05584615.jpg
(AH)ASL
太平洋/大規模シナリオ:
Leatherneck〔13〕Saito's Farewell Order
b0173672_00550067.jpg
flacoさんの対戦後コメント:例会の残り時間も少なくなり、戦いの焦点は地図盤43にある石垣で囲まれた第3のVP陣地に移る。
 姿を現した105mm野砲の散弾はスカ。そこに爆薬を抱えたDCヒーローが突っ込むものの近距離射撃で爆薬ごと蒸発。
DCヒーローの突撃はさらに続き、これを他の105mm砲が吹き飛ばす・・・。すると今度は西側のクナイを進んできた日本兵の一団が建物めがけて激しく突撃を繰り返す。陣地の周囲に日本兵が取り付いたところでとうとう時間切れ。
 第5ターンの表でおしまいとした。
b0173672_00550039.jpg
b0173672_00550051.jpg
b0173672_00550072.jpg
b0173672_00550144.jpg
b0173672_00550147.jpg
b0173672_00550159.jpg
b0173672_00550221.jpg
b0173672_00545935.jpg
b0173672_00545931.jpg

by ysga-blog | 2018-03-10 19:08 | ASLコンコマコンフリ三大戦術 | Comments(0)

第344回定例会の様子その17...(AH)ASL太平洋巨大シナリオ:Leatherneck〔13〕Saito's Farewell Orderその❼ラスト

b0173672_14330051.jpg
(AH)ASL
太平洋/大規模シナリオ:
Leatherneck〔13〕Saito's Farewell Order
b0173672_00590895.jpg
b0173672_00590865.jpg
b0173672_00590859.jpg
b0173672_00590971.jpg
b0173672_00590998.jpg
b0173672_00590994.jpg
Dublinさんの対戦後コメント:次のターンに、1回臨機射撃を受けたものの、外れて無事に目の前の砂糖黍畑に前進し、危機を逃れる。勝てない敵は相手にしない、これぞ真の戦車道である。
 予定通りに左へと進路を採り、敵司令部を目指す。
 5ターン経過したところで、会場の時間の都合上プレイは終了となった。のこり10ターン(リアル時間換算であと20分)、九七式は無事に突入できるのであろうか?
b0173672_00591022.jpg
flacoさんの対戦後コメント:[感想]
例会の数日前にようやく参加表明したこともあって、私の準備不足は否定すべくもない。日本軍のルールは日本軍プレイヤーに任せ、E章とG章のルールも満足に読み通すことなくSSRのいい加減な訳を試みるのが精一杯であった。PTOもののシナリオはこれが初体験。損耗しつつも次々とバンザイ突撃と爆薬を持って特攻を繰り返す日本兵の大軍に今回の米軍はお手上げであった。

やはり米軍の初期配置は事前にプロットしておくのが望ましい。これだけで2時間程度は時間を短縮できる。米軍の移動の縛りがあるので途中からゲームの進行は早くなってゆく。2日間みっちりプレイすれば15ターンまで進めることも不可能ではないと思う。

早期壊滅が必至である米軍の前衛陣地2か所は死守するに値しない。優秀な指揮官と機関銃を持つ分隊は防御臨機射撃でのみ射撃して、自軍ターンではひたすら退却して日本兵の大軍から可能な限り距離を置くようにできればベストという感触を持った。特に私の担当した2枚目の地図盤43の東側半分には初期配置できる友軍が全くいないので、退却してきた前衛部隊でカバーするしかない。今回のように盤端のHMGやOBAが不発だと日本軍のやりたい放題になりかねない。開けたクナイ地帯を走り抜ける日本兵に対して機関銃で有効な火線を引きどれだけ削ることができるか?がひとつの見せ場になると思う。

日本軍は隠れている米兵をあぶりだすことを意識してある程度ローラー作戦をして行かないと思わぬ伏兵に足元をすくわれる可能性がある。占領した陣地には少しは守備隊を残しておく必要があるだろう。

モラルに難がある米兵には白燐弾が有効で、レベル2の丘を早期に確保して敵の発射光めがけて指揮官修正付きで白燐弾を撃ち込まれると米軍にはかなりの脅威となる。

97式中戦車2両の運用はなかなか難しいものがある。野砲の直撃で即破壊。潰走不能による除去がないので、敵の後方に回り込む必要があまりない。戦車が単独で突出してもNVRの上昇と米軍活性化を促すだけになり、かえって戦局を不利にしてしまう。

日本軍にとって幸いなことに今回は盤外からのHMGとOBAが不発となり、散弾とHMGとOBAの降り注ぐ中、死の行軍を強いられることはなかったが、本来であればそのような地獄絵図が展開されることになるのだろう。
果たして日本軍104個分隊のうち米軍司令部まで何ユニットがたどり着けるのか?
最終ターンまでに両軍あわせて何ユニット除去されるのか?
5ターン表を終えた時点での両軍の除去されたユニットの山を見ると慄然とするほかない。

1つのシナリオの中でこれほどバンザイ突撃と爆薬特攻が繰り返されるものは他にないであろう。ある意味究極のシナリオのひとつと言える。

一緒にプレイしていただいた方々に感謝。

私事が重なりしばらくASLからも離れていたので自らの劣化も激しいが、とりあえずは「始動」と宣言してみる。
b0173672_00591004.jpg
b0173672_00590770.jpg
b0173672_00590769.jpg
b0173672_01002597.jpg
b0173672_01002442.jpg
 20年に1度の記念プレイ、次のプレイは20年後(?)であることを考えると、全ての記録を残しておきたい。
 それもあって盤面写真も選択抽出することなく、70枚以上アップしてしまいました。
 それにしても、サードパーティ製作のお祭りシナリオとは言え、かなり良くできているので、20年後と言わず、どこかの2日間例会とかで再戦したいですね。
 その際は事前に米軍配置をプロットしてきて、すぐ始められるようにしたいと思います。
 今回みたいな天佑神助に与れる可能性は低いですが、あのまま続けていれば、米軍連隊本部に、火炎放射器エリート分隊を跨乗させたチハ車2両が突っ込んでいたと思うと、時間切れ終了が惜しまれてなりません。

by ysga-blog | 2018-03-10 19:07 | ASLコンコマコンフリ三大戦術 | Comments(0)