カテゴリ:その後の米南北戦争:総合( 55 )

2018.10.13(土)YSGA10月例会の様子その4...(Rev)Thunder in the Ozarks: Battle for Pea Ridge, March 1862:ⅰ


Thunder in the Ozarks(Revolution)
Battle for Pea Ridge, March 1862:
アメリカ南北戦争ピー・リッジ会戦
b0173672_22540372.jpg
ペロ軍曹vs.KAYさん
b0173672_22540408.jpg
b0173672_22540583.jpg
b0173672_22540560.jpg
b0173672_22540607.jpg
b0173672_22540262.jpg
b0173672_22540287.jpg

by ysga-blog | 2018-11-14 19:19 | その後の米南北戦争:総合 | Comments(0)

2018.10.13(土)YSGA10月例会の様子その5...(Rev)Thunder in the Ozarks: Battle for Pea Ridge, March 1862:ⅱ


(Revolution)Thunder in the Ozarks:
Battle for Pea Ridge, March 1862:
アメリカ南北戦争ピー・リッジ会戦
b0173672_22051455.jpg
b0173672_22051474.jpg
b0173672_22051584.jpg
b0173672_22051599.jpg
b0173672_22051617.jpg
b0173672_22051619.jpg
b0173672_22051774.jpg

by ysga-blog | 2018-11-13 19:18 | その後の米南北戦争:総合 | Comments(0)

2018.07.21-22(土日)YSGA夏の連続例会の様子その2【連日】...これぞ名人戦(MMP)GCACW:Atlanta is Ours

(MMP)GCACW:Atlanta is Ours
b0173672_23312277.jpg
本邦における(AH/MMP)GCACWの福音伝道者ことたかさわさんと、酷暑の岐阜からいらして下さったTakuさんによる二日間ぶっ続けのアトランタ・キャンペーン
b0173672_23312388.jpg
141.png多忙にかまけてここ半月以上、全く更新できませんでしたが、ようやく時間的余裕ができそうなので、これから述べ3日分の例会写真(150枚以上)を逐次アップしてまいります。
b0173672_23312356.jpg
b0173672_23312332.jpg
b0173672_23312482.jpg
b0173672_23312405.jpg
b0173672_23312509.jpg
b0173672_23312128.jpg
b0173672_23312216.jpg

by ysga-blog | 2018-08-01 21:59 | その後の米南北戦争:総合 | Comments(0)

YSGA第348回定例会の様子その5 (S&T誌310号)The American Civil War

(S&T誌310号)The American Civil War
b0173672_21062972.jpg
ironcradさんvs.西新宿鮫さん
b0173672_21063046.jpg
ルールの不明瞭さに苦戦していた模様
b0173672_21062988.jpg
※こちらの対戦の詳細は、素晴らしいリプレイブログを製作して下さっている、
西新宿鮫さんの「ふかひれすーぷ」サイト をご覧下さい
b0173672_21063008.jpg

by ysga-blog | 2018-06-21 20:36 | その後の米南北戦争:総合 | Comments(0)

YSGA29年連続 GW二日間例会の様子その➂ (S&T誌310号)the American Civil War

(S&T誌310号)the American Civil War
b0173672_12064077.jpg
 鹿内さんvs.さかみちさん
b0173672_12064139.jpg
 無駄に面倒なシステム(分ってしまえば理に適っているのだが)を使っているとはいえ、システム自体は面白いし、指揮官誕生/昇進ルールも良くできているとのこと。
b0173672_12064146.jpg
 これは、日本版コマンド誌の附録ゲーム有力候補か!?

by ysga-blog | 2018-04-29 20:37 | その後の米南北戦争:総合 | Comments(0)

YSGA29年連続 GW二日間例会の様子④ 期待の新作...(MMP)GCACW:Atlanta is Ours

(MMP)GCACW:Atlanta is Ours
b0173672_12335810.jpg
MWさんvs.TaHRさん
b0173672_12064179.jpg
b0173672_12064282.jpg
b0173672_12064239.jpg
▼ 包囲された南軍のファイティング・ビショップことポーク将軍が血路を切り開く
b0173672_12064325.jpg
b0173672_12063908.jpg
b0173672_12064040.jpg
b0173672_12352909.jpg
▼フルキャンペーンは130ターン以上...GCACWシリーズの単体ゲームとしては最長か
b0173672_12064055.jpg
b0173672_13183761.jpg

by ysga-blog | 2018-04-29 20:37 | その後の米南北戦争:総合 | Comments(0)

ブルグレ良い品、一度はやって、北軍撃滅したゲーム...(GMT)Blue vs.Gray アメリカ南北戦争/戦略級カードゲーム

(GMT)Blue vs.Gray
b0173672_15163733.jpg
 かなり面白いアメリカ南北戦争/戦略級ゲームなのに、和訳が事実上無いのと、システムが斬新すぎてプレイ経験者がいないと正しいルール解釈なのかどうか疑心暗鬼に陥ってしまう不遇なゲーム
b0173672_15163813.jpg
 北軍のカード巡りが悪く(ケンタッキー州のマップが最後の最後まで出ないわ、海上封鎖の前に南軍に甲鉄艦カードを出されるわ、奴隷解放カードが手札にあるのを敵に知られるわ)、ここぞという決戦で必敗(出目6だと必敗)だわで、北軍イイとこなし
b0173672_15163821.jpg
結局、奴隷解放宣言カードの発布を嫌った南軍に大会戦をことごとく梳かされて、奴隷解放宣言が出ることなく1864年秋の大統領選を迎え、北軍投了で幕。
b0173672_15163881.jpg

by ysga-blog | 2018-04-07 00:01 | その後の米南北戦争:総合 | Comments(0)

泊まるんじゃねえぞ…猿遊会の夜に...(AH/Wizards of the Coast) Battle Cry シナリオ「New Hope Church--25th May, 1864」

b0173672_20055043.jpg
(AH/Wizards of the Coast) Battle Cry
b0173672_14560914.jpg
 A low complexity game of a variety of civil war battles. Modular terrain through the use of hexagonal tiles allows for the setup of several famous civil war battle fields and a plethora of plastic civil war miniatures are used to represent the various forces during the conflict (infantry, cavalry, artillery and leaders). Players manage a hand of cards that provide different orders to your troops in the right flank, left flank and center position of the battlefield.

 This game is the first to use what would evolve into Richard Borg's Command and Colors system.

 The game rules include the following scenarios:
First Bull Run--21st July, 1861
Pea Ridge--7th March, 1862
Kernstown--23rd March, 1862
Shiloh--6th April, 1862
Gaines Mill--27th June, 1862
Brawner's Farm--28th August, 1862
Antietam--17th September, 1862
Fredericksburg--13th December, 1862
Murfreesboro--31st December, 1862
Chancellorsville--3rd May, 1863
Gettysburg--2nd July, 1863
Gettysburg--3rd July, 1863
Chickamauga--20th September, 1863
New Market--15th May, 1864
113.png New Hope Church--25th May, 1864 大好きなアトランタ戦役のシナリオがあるなんて珍しく、これをチョイス


▼いきなり、北軍の初手が将軍狙撃カードで、しかもダイスでサーベル〔全ての兵種に対して命中扱い〕が出て、為す術なく南軍フッド将軍退場...145.png
b0173672_14560959.jpg
 陣地に篭る南軍は、その場を動かずに守っている方が有利なんだが、シナリオ的に北軍が攻めなきゃいけなくなるような動機付けがなされておらず、お互い睨み合って千日手になっても仕方なく、南軍から攻め出す。
史実的にもフッド配下なら、逆襲上等!!だし136.png
b0173672_14560726.jpg
「馬鹿フッドが自分から攻めてきた」115.pngと、ほくそ笑んだ北軍だったが、カードの巡りが悪く、ここぞというときに対応できず、一進一退の末に旗を6つ失って敗退。南軍も旗4つを失っていて、どちらに転ぶかは運次第であった。
b0173672_14560879.jpg
 
 でも面白かった。小学生高学年くらいの子供がウォーゲームの沼に足を踏み込むにはちょうど良い面白さ。
 これを礎にして、バトルロアやC&Cのような派生型が沢山生まれるのが分かった。
 今度はバトルロアをやってみたいねと、山積みのバトルロア・コレクションを拝見しながら話し合った次第。

by ysga-blog | 2017-09-30 20:28 | その後の米南北戦争:総合 | Comments(0)

第337回定例会の様子その3(Against the Odds誌アニュアル2007)LOOK AWAY! アメリカ南北戦争/西部戦域/1864年夏アトランタ・キャンペーンその❶

「そこからアトランタは見えるかッ!?」

「見えます! アトランタ市街の各所、一望のもとですッ!!」


Against the Odds誌アニュアル2007LOOK AWAY!

b0173672_00502099.jpg
 1994年の春にNHK教育の海外ドキュメンタリー「The Civil War」全9回の影響で、すっかりアメリカ南北戦争にハマってしまった私は、手当たり次第に南北モノをプレイしたが、最も痺れたのがジョン・プラドスのThe Campaigns of Robart.E.Lee(CoA)だった。
 南北戦争の面白さは将軍のキャラクターにあると強烈に思っていたので、将軍の能力値が細かくて肖像画まで完備しているキャンリーはドンピシャだった。
 確かにルールは乱雑で、いちいち将軍毎に編成表で数値を管理しないといけない煩雑さもあり、それを厭わないマニア向けではあるが、ASL同様、細かなことには目をつぶり、知っているルールだけで強引にプレイしてしまえば意外にシンプルでさえあると分かった。
 そして、このキャンリー(東部戦域全期間)と、続く『Army of The Heartland』(西部戦域の1863年までを扱う)は、グランド・キャンペーンとしてではなく、戦役毎にブツ切りにしたマルチ・シナリオ方式で戦域を俯瞰するものだったが、CoA社に見限られたのか(売れ行きが良いとは思えないし)、季刊であるAtO誌が年に1冊出す本格派ゲームの2作目として出されたのがシリーズ3作目にあたる本作『LOOK AWAY!』(Annual 2007年版)であった。
 本作で扱うのは、アトランタを目指す北軍シャーマン軍集団の進撃開始からアトランタ陥落に至る4ヶ月間のキャンペーンゲームで、コンポーネントとしてはフルマップ1枚に駒数はマーカ込480個、1ターン4日間で1864年5月1日から9月1日までの最長25ターンとなっている。
 ルール的にはクロノノーツの和訳アーカイブに載せている前作ハートランドの日本語訳がそのまま使えるが、1ヘクスの距離と1ターンが表す長さが異なる為、細部に変更が施されている。
 他社ブランドになったとは言え、意匠こそ異なれどシリーズ共通のデザインを踏襲してはいるが、雰囲気たっぷりだったCoA社の手描き風マップに比べて色味のないマップデザインになったのが残念ではある。好意的に解釈すれば、ディープサウスの暑苦しさを感じさせると言えなくもないのだが。

▼初期配置終了時の盤面
b0173672_00501932.jpg
▼第1ターン終了時
b0173672_00502132.jpg
ペロ軍曹さんvs.idioten、2年ぶりのキャンリーシステムゲーム対戦
b0173672_00502265.jpg
※ルールが多いので細かなルールの適用ミス多し。一番大きかったのは、2人以上の将軍がスタックしている場合の消耗判定を終盤まで行っていなかった事と、町に指揮官が位置していないのに平地があるからと無条件で徴発(OWN)を行っていた事。
 本来なら大軍のスタックで消耗を重ね、徴発不足で軍費が加速度的に減っていくところ、多くが間違った徴発実施で通称「給与」の支払いを免れ、スタック損耗の失念で、戦力の低下が遅かったことが挙げられる。
b0173672_00502203.jpg
 ルールの適用ミスがあったとは言え、ゲーム進行自体は大変面白かった。
 チャタヌーガとクリーブランドから二手に別れて南下を続ける北軍だったが、北米大陸の中央とも言えるジョージア州の5月にも関わらず雨に祟られて進撃遅延(プレイしたターン数の半分近くが小雨)。
b0173672_00502427.jpg
 それによって時間を得た南軍は、戦費で土木技術者を買い揃え、アトランタから汽車で最前線に送ってこれを陣地化。
b0173672_00502319.jpg
北軍の先鋒が南軍に攻めかかるも、攻撃値判定に失敗して戦わずして退却
b0173672_00501751.jpg
 北軍の攻撃態勢が整った頃合を見て、最前線の南軍は背後の陣地線に後退。しかし取り残された南軍分遣連隊を一蹴した北軍は、その小戦闘毎に戦意を高揚させて自信を増す(これが結構重要で、相手より戦意が高いとコラムシフトを得ることができる)。
b0173672_00501877.jpg

by ysga-blog | 2017-07-15 21:50 | その後の米南北戦争:総合 | Comments(0)

第337回定例会の様子その4(Against the Odds誌アニュアル2007)LOOK AWAY! アメリカ南北戦争/西部戦域/1864年夏アトランタ・キャンペーンその❷

(Against the Odds誌アニュアル2007)LOOK AWAY!
アメリカ南北戦争/西部戦域/1864年夏アトランタ・キャンペーン
b0173672_00501940.jpg
▼第4ターン終了時
b0173672_01021559.jpg
挟撃の構えを見せたところで、ダルトン駐屯の南軍は後退。
b0173672_01021676.jpg
b0173672_01021674.jpg
▼第5ターン終了時
b0173672_01021795.jpg
▼第6ターン終了時
b0173672_01021709.jpg
 初の大規模戦闘勃発。北軍シャーマン96戦力(含む騎兵4戦力)+砲兵5vs.南軍ハーディ66戦力+砲兵1の戦いは、北軍ダイス出目2+13修正で15となり結果は「3R2」。南軍は出目4+5修正で9、結果は「1R3」。損害が大きいほうが負けなので北軍は勝利して戦意1昂揚。北軍は1ステップロスして1退却。南軍は3ステップロスしてその場に踏み止まる(お互いに相手に与えた退却数を相殺してその差が出た方が退却するシステム)
 そして第6ターンになってようやく、南軍J.ジョンストンの解任テーブルが一つ動く。
b0173672_01021915.jpg
▼第7ターン終了時
b0173672_01021940.jpg
 第7ターンも激戦続く。北軍シャーマンは、出目2+11修正で13となり結果は「2R4」。南軍は出目2+5修正で7、結果は「1R3」。損害が大きいほうが負けなので北軍は勝利して戦意1昂揚。そして再び北軍は1ステップロスして1退却。南軍は2ステップロスしてその場に踏み止まる(お互いに相手に与えた退却数を相殺してその差が出た方が退却するシステム)
b0173672_01021318.jpg
▼第8ターン終了時
b0173672_01021452.jpg
▼第9ターン終了時
b0173672_01041188.jpg
 第9ターンも激戦続く。北軍シャーマンは、出目1+4修正で5となり結果は「1R1」。一方の南軍は、後詰を受けて戦力を94、砲兵4とし、騎兵軍団も参加して騎兵戦力12(騎兵4ユニット)の優勢を以て出目5+10修正で15、結果は「3R1」。損害が大きいほうが負けなので、ようやく南軍は勝利して戦意1昂揚。そして北軍は3ステップロス。南軍は1ステップロスして、両軍ともにその場に踏み止まる(お互いに相手に与えた退却数を相殺してその差が出た方が退却するシステム)
b0173672_01041195.jpg
 第7ターン以降、夏の暑さが続いて両軍の戦意が毎ターン1ずつ低下して、戦闘しにくくなった。また、天候等の理由により第1ターンから開始した場合、北軍の進撃が史実に比べかなり遅れる可能性があるので、次やる時には、シナリオ2からキャンペーンを開始したい。

by ysga-blog | 2017-07-15 20:59 | その後の米南北戦争:総合 | Comments(0)