カテゴリ:ASLコンコマコンフリ三大戦術( 221 )

第344回定例会の様子その17...(AH)ASL太平洋巨大シナリオ:Leatherneck〔13〕Saito's Farewell Orderその❼ラスト

b0173672_14330051.jpg
(AH)ASL
太平洋/大規模シナリオ:
Leatherneck〔13〕Saito's Farewell Order
b0173672_00590895.jpg
b0173672_00590865.jpg
b0173672_00590859.jpg
b0173672_00590971.jpg
b0173672_00590998.jpg
b0173672_00590994.jpg
Dublinさんの対戦後コメント:次のターンに、1回臨機射撃を受けたものの、外れて無事に目の前の砂糖黍畑に前進し、危機を逃れる。勝てない敵は相手にしない、これぞ真の戦車道である。
 予定通りに左へと進路を採り、敵司令部を目指す。
 5ターン経過したところで、会場の時間の都合上プレイは終了となった。のこり10ターン(リアル時間換算であと20分)、九七式は無事に突入できるのであろうか?
b0173672_00591022.jpg
flacoさんの対戦後コメント:[感想]
例会の数日前にようやく参加表明したこともあって、私の準備不足は否定すべくもない。日本軍のルールは日本軍プレイヤーに任せ、E章とG章のルールも満足に読み通すことなくSSRのいい加減な訳を試みるのが精一杯であった。PTOもののシナリオはこれが初体験。損耗しつつも次々とバンザイ突撃と爆薬を持って特攻を繰り返す日本兵の大軍に今回の米軍はお手上げであった。

やはり米軍の初期配置は事前にプロットしておくのが望ましい。これだけで2時間程度は時間を短縮できる。米軍の移動の縛りがあるので途中からゲームの進行は早くなってゆく。2日間みっちりプレイすれば15ターンまで進めることも不可能ではないと思う。

早期壊滅が必至である米軍の前衛陣地2か所は死守するに値しない。優秀な指揮官と機関銃を持つ分隊は防御臨機射撃でのみ射撃して、自軍ターンではひたすら退却して日本兵の大軍から可能な限り距離を置くようにできればベストという感触を持った。特に私の担当した2枚目の地図盤43の東側半分には初期配置できる友軍が全くいないので、退却してきた前衛部隊でカバーするしかない。今回のように盤端のHMGやOBAが不発だと日本軍のやりたい放題になりかねない。開けたクナイ地帯を走り抜ける日本兵に対して機関銃で有効な火線を引きどれだけ削ることができるか?がひとつの見せ場になると思う。

日本軍は隠れている米兵をあぶりだすことを意識してある程度ローラー作戦をして行かないと思わぬ伏兵に足元をすくわれる可能性がある。占領した陣地には少しは守備隊を残しておく必要があるだろう。

モラルに難がある米兵には白燐弾が有効で、レベル2の丘を早期に確保して敵の発射光めがけて指揮官修正付きで白燐弾を撃ち込まれると米軍にはかなりの脅威となる。

97式中戦車2両の運用はなかなか難しいものがある。野砲の直撃で即破壊。潰走不能による除去がないので、敵の後方に回り込む必要があまりない。戦車が単独で突出してもNVRの上昇と米軍活性化を促すだけになり、かえって戦局を不利にしてしまう。

日本軍にとって幸いなことに今回は盤外からのHMGとOBAが不発となり、散弾とHMGとOBAの降り注ぐ中、死の行軍を強いられることはなかったが、本来であればそのような地獄絵図が展開されることになるのだろう。
果たして日本軍104個分隊のうち米軍司令部まで何ユニットがたどり着けるのか?
最終ターンまでに両軍あわせて何ユニット除去されるのか?
5ターン表を終えた時点での両軍の除去されたユニットの山を見ると慄然とするほかない。

1つのシナリオの中でこれほどバンザイ突撃と爆薬特攻が繰り返されるものは他にないであろう。ある意味究極のシナリオのひとつと言える。

一緒にプレイしていただいた方々に感謝。

私事が重なりしばらくASLからも離れていたので自らの劣化も激しいが、とりあえずは「始動」と宣言してみる。
b0173672_00591004.jpg
b0173672_00590770.jpg
b0173672_00590769.jpg
b0173672_01002597.jpg
b0173672_01002442.jpg
 20年に1度の記念プレイ、次のプレイは20年後(?)であることを考えると、全ての記録を残しておきたい。
 それもあって盤面写真も選択抽出することなく、70枚以上アップしてしまいました。
 それにしても、サードパーティ製作のお祭りシナリオとは言え、かなり良くできているので、20年後と言わず、どこかの2日間例会とかで再戦したいですね。
 その際は事前に米軍配置をプロットしてきて、すぐ始められるようにしたいと思います。
 今回みたいな天佑神助に与れる可能性は低いですが、あのまま続けていれば、米軍連隊本部に、火炎放射器エリート分隊を跨乗させたチハ車2両が突っ込んでいたと思うと、時間切れ終了が惜しまれてなりません。

by ysga-blog | 2018-03-10 19:07 | ASLコンコマコンフリ三大戦術 | Comments(0)

1998.02.08(日)20年前のYSGA...(AH)ASL太平洋/大規模シナリオ:Leatherneck13 Saito's Farewell Order

b0173672_18012920.gif
 ぱんさんによる、この1年間でASL Starter Kit#1、2、3、Exp#1同梱のシナリオ30本コンプリート対戦が無事大団円を迎えた記念として、以下のモンスター・シナリオのプレイを今度の例会で企画しています。
 期せずして丁度20年前の1998年2月に5人でプレイしたものを、20年の時を経て再戦するのも感慨深いものです。 

Saito's Farewell Order
Number13
Published in:Leatherneck Pack

 そんなわけで以下の旧・例会報告にリプレイ(盤面写真1枚)ありましたので、参考の為にこちらに転載しておきます。 

 (AH)ASL
太平洋/大規模シナリオ:
Leatherneck〔13〕Saito's Farewell Order
b0173672_23171562.jpg
 1944年7月7日サイパン島における日本軍最後の払暁総攻撃を、日本軍分隊104個、操作班6個、指揮官28人、中機6丁、軽機12丁、擲弾筒10丁、爆雷10個〔ここまでコード・オブ・ブシドー同梱の日本軍当該カウンター全て使用〕、火炎放射器2台、九七式中戦車2輌(47㍉新砲塔型)が、4枚の地図盤の上端から登場し、各地に点在する米軍機銃座、砲兵陣地、連隊司令部に殺到するという、数あるASL太平洋シナリオ中、最大のものに太平洋シナリオ初体験の5人で挑戦!!

 登場する日本軍を日本軍担当の3人が、それぞれ右翼左翼中央に分け、津波のごとく一列となって侵入。
 対する米軍の2人は地図を東西に分けて担当し、星弾を撃ち上げられるだけ撃ち上げ、照し出された日本兵に対して猛烈な機銃火を浴びせてスタックごと打ちのめす。
しかし夜間の為に狙撃兵ナンバーが最大値の7に達している為に、米軍も次々と斃される(機銃座を指揮していた9-2指揮官が初弾で眉間を撃ち抜かれて戦死するなど)。

 針師揮下の日本軍左翼は、米軍の熱意溢れる機銃掃射(ダイス絶好調)により特に損害多く、手持ち兵力の全てを枯れ谷の底に退避させ、他部隊の進展を伺う。
中央の日本軍Fredさんは、チハ車と歩兵をスタックさせて慎重に道路を移動、両側からの機銃火を物ともせず、中央突破の構えを見せる。
 右翼のAONさんは揮下兵力の殆どがC級歩兵(現地徴集及び軍属、敗残兵)であるのを理由に米軍の視線内には一切入らず、死角から死角へと群をなして移動。

 続く米軍ターンの射撃戦で更に多数の日本軍分隊が死傷するも、分隊数自体はそんなに減少せず、逆に擲弾筒によって米軍の前哨線を、殆ど潰走させ、2ターン目の日本軍移動では遺棄された米軍兵器を捕獲すべく前進する始末。
 機銃火を浴びて狂暴化した日本軍将校は分隊を率いて突撃を開始するも、隣接防射によって薙ぎ倒される。
 凄じい射撃戦の応酬で混乱した米軍蛸壷陣地に、爆雷を抱えた挺身斬込隊員が突入するも、敵指揮官を負傷させただけで、死を命じた日本軍担当者を慟哭させる。

 それでも中央部のFredさんの活躍により米軍戦線が綻び始め、これに力を得た両翼部隊も積極攻勢に転じ、遂に1枚目の地図における米軍崩壊。

 この間、中央の道路では縦隊をなした日本軍がチハ車2輛を先頭に立てて、2枚目地図中央の米海兵隊砲兵陣地へと進撃。
 これにより夜間視界が4ヘックスに増加、更に風変化チェックによって視界増加が発生して3ターン目には視界5ヘックスとなって、夜間の効果は薄れる。

 2枚目の海兵陣地では、弱腰の砲兵指揮官(Idioten)が配置時に105ミリ砲3門をトラックに繋ぎ、日本軍の2枚目地図侵入と共に3枚目地図へと脱出させた為、史実の様な105ミリ砲零距離射撃という見せ場もなく、押し寄せる日本軍に対して士気の高い(でも火力は4)海兵隊が、弧軍奮闘する羽目に陥る。
 これを観た日本軍側から「(大隊長が逃げたぞー、ならぬ)砲兵隊が逃げたぞぉー!!」という昭和25年版「映画:きけわだつみの声」のクライマックスを髣髴とさせる揶喩が飛ぶ。本来なら105ミリ砲3門が、チハ車を木端微塵にし、日本軍歩兵を叩き潰していたものを・・・。

 日本軍戦車の道路移動を防ぐため砲兵陣地前の道路上に堀切りされた塹壕には、逆ににじり寄った日本軍歩兵スタックに占拠され、ますます不利になった海兵隊も、戦車砲や擲弾筒による銃砲火にもめげず道路上の日本軍を機銃掃射、次々と赤帯付き(ステップロス)に変えてゆく・・といった3ターン終了と共に時間切れ。
b0173672_21011732.jpg
●感想●

 非常に盛り上がった。案ずるより生むが易しで、太平洋シナリオもやってみれば大して難しいものでもなく、かえって混乱もしない、包囲もされないという点ではやりやすい。
 今回のシナリオでは払暁という事もあってか、夜間の特別ルール(迷走、完全隠蔽、同士討ち、ダミースタック)は否定され、盤外砲撃も余り使えない状況になっているので、作戦(戦術級だけど)に集中できた。
 教訓として、夜間のジャングルでは、隣接するジャングルとの間で視線が引けない為に、あたら日本軍の肉薄を見過ごす羽目となった。
 米陸軍相手の戦闘では士気の低さを利用して、射撃グループによる大火力射撃を加えて士気チェックを強要、それでも駄目なら波状肉薄移動を行なって緊急防御射撃(による士気チェック)を迫る。
 このシナリオは全15ターンなので、日本軍は慎重に行動し、最後の地図盤にある米連隊司令所での決戦の為に兵力の温存に務める。
 今回のプレイでは、この原則を守って日本軍3人衆は、分隊規模での「万歳突撃」は一度も行なわなかった(私は観たかった!)。
 それでも日本軍の指揮官9人が戦死し、除去分隊数も、およそ21個にのぼった(ステップロス方式なので実質的にはこれ以下)。
 YSGAでASLに関わる者全ての念願であったシナリオとは云え、いきなりは無謀との声もあったが、結果的には大成功であった。
 3ターンしか進まなかったが、松谷さん曰く「ASLは1ターンでも楽しめる」の通り、手に汗握る白熱の展開で、対戦者全員がシナリオを満喫して1日を終えたのだった。
b0173672_01520396.jpg
▲ 2017.07.22にプレイした中隊規模/作戦/戦術級ゲーム(Compass)サイパンの入門シナリオ「最後の万歳突撃」 ▼
b0173672_01535934.jpg

by ysga-blog | 2018-02-22 20:24 | ASLコンコマコンフリ三大戦術 | Comments(0)

ぱんさんの月刊ASLも、はや十三ヶ月連続記念...ASL-YSGA独自シナリオ "たった二輛でありました[YSGA1]"対戦

b0173672_20410581.jpeg
ASL自作シナリオ
"たった二輛でありました[YSGA1]"対戦


 2017年2月以来、毎月1回はASLをプレイしてきた、ASL入門者ぱんさんが13ヶ月連続ASLを記念してASL日本軍初対戦。
 星の数ほどもあるASLシナリオ群に、わざわざ自作の1本を加える意味があるのかと問われるが、日本軍の特別ルール〔対戦車ヒーロー/DCヒーロー等〕を全て活かせて、九二式重機に擲弾筒といった日本軍らしい歩兵兵器、57㍉砲搭載チハ車が戦車戦も行える〔面倒な太平洋PTO地形無しの〕手軽なシナリオといったものが意外に無く、日本軍を扱ってみたい向きに薦めるシナリオとして制作したもの。
b0173672_17471190.jpg

▲ 初期配置終了時の盤面全景 ▼
b0173672_17471106.jpg
▼ 赤軍初期配置
b0173672_23592557.jpg
 ▼日本軍初期配置
b0173672_23592506.jpg
※日本軍は、シナリオカードをよく確認せず、第1ターン増援登場のチハ車を、初期配置に混ぜてしまっている148.png  すまん、すまん、赤軍担当だったぱんさん142.png
b0173672_23592677.jpg
b0173672_23592684.jpg
シナリオデータはこちらからダウンロードできます
b0173672_23592665.jpg
日本軍の特性を知ってもらう為に無理繰り肉薄!
b0173672_23592668.jpg
農園から赤軍短機関銃1個分隊を除いて排除することに成功するも、肉薄した日本軍歩兵全滅...149.png
b0173672_23592709.jpg
▲ 日本軍は、チハ車を建物裏の石垣ヘクスに侵入させ、ハルダウン態勢を獲得。車体命中は無効の有利さを得た。
b0173672_23592453.jpg
▼HIPで隠れていた赤軍短機関銃が、10-1指揮官率いる日本軍のキラースタックに必殺の隣接臨機射撃を加えて被害を与えるも、お返しの前進射撃を喰らって回復用指揮官のいるヘクスまで潰走
b0173672_23592450.jpg
▼そのDM状態の短機関銃分隊が回復でピンゾロを出して、狂暴化!! 日本軍C級分隊の持参忘れで代替使用している1-2-7車両操作班(1-2-6C級半個分隊と見なす)に突撃して混戦状態となる。
b0173672_23592534.jpg
▼第2ターン終了時
b0173672_17471238.jpg
b0173672_17471212.jpg
▼第3ターン日本軍手番終了時
b0173672_00135971.jpg
今回DCヒーローは途中で負傷して到達できず除去。対戦車ヒーローはそれを生み出す歩兵分隊が1個だけになってしまって派出成功せず(チャンスにあたって半個分隊1個だけ。残りは操作班ばかりだった)
b0173672_00135971.jpg
第3ターンの裏、赤軍はSU-76をハルダウン状態のチハ車に肉薄させた(チハは当然臨機射撃するも、相手が機動中で小型目標でもあるので外れた)。
b0173672_00140082.jpg
▼増援の赤軍C級歩兵は、SU-76に跨乗させずに自力で道路を走らせる
b0173672_00140011.jpg
SU-76のうち、1輌は農園から離れた林の裏を迂回して進んだ
b0173672_00140079.jpg

▼第3ターン終了時。勝利条件の農園から赤軍をほぼ追い払うも、日本軍の特性を見せ付け過ぎて歩兵の損害が大きい。しかも赤軍6-2-8短機関銃兵を駆逐する事ができず、これが喉に刺さった骨のごとく、日本軍を苦しめた。
b0173672_17471339.jpg
赤軍の増援としてSU-76、4輌が到着。一旦、林に退いた赤軍も戦車支援を得て、勢いづく。
b0173672_17471337.jpg
▼第4ターン終了時。焦れた赤軍はSU-76をチハ車の背後にピッタリ付けて停止射撃。しかしチハ車も次の射撃に備えて無理やり砲塔を回転させて射撃。当然外れるが次の準備射撃期に砲塔回転の修正なしで撃てる!
b0173672_00140084.jpg
そして当然のごとく、SU-76は吹き飛んだ
b0173672_00140171.jpg
日本軍、赤軍の狙撃に悩まされる。幸い指揮官戦死は無かったが、重機操作班が半減したりと散々な目に。やはりSAN値4はデカイ。
b0173672_00140183.jpg
赤軍歩兵が農園に迫るのを、日本軍は火線を活用して阻止
b0173672_17471351.jpg
 チハ車と言えども、隣接ヘクス(40メートル)であればSU-76程度は楽に撃破できる。肉薄し過ぎたSU-76は、次々とチハに撃破された。
b0173672_17471036.jpg
▼農園に一人立て籠る赤軍短機関銃分隊を燻りだそうと、擲弾筒で黄燐(WP)煙幕弾を防御射撃フェイズに撃ち込んだが、マーカーの拡散煙幕面には「NMC」の文字がなく、もしかしたら拡散煙幕面では、WPによる毒ガス効果(士気チェック強制)はないのかと疑問に... 
現場ではルールで否定されていないからと士気チェック強要し、士気値8を誇る短機関銃分隊も化学性の強烈な臭気に堪らず混乱!!
b0173672_00140187.jpg
☆彡ASL識者からの助言を戴きました 126.png圧倒的感謝
『黄燐(WP)弾については、「A24.31 傷害:(略)WPがその区域に展張されたときか、もしくは地域目標でWPが命中したとき、NMCを行わなければならない。」とありますから、防御射撃での展開でもモラルチェックは必要です。マーカーに「NMC」がないのは、歩兵煙幕のWPマーカーも同じです。』
b0173672_18220118.png
サイパン突撃シナリオのオーバーレイを切り出す為「Croix de Guerre: ASL Module 10 (1992)」を開けたら、追加マーカーで歩兵煙幕のWPマーカがあり、こちらでは「NMC」と追加記載されていました。
b0173672_17471045.jpg
▼6ターンを終えた時点で、辛うじて日本軍が農園5建物ヘクス中、最低限過半数の3ヘクスを支配して勝利。
b0173672_17471182.jpg
1ヘクスは混戦状態に陥れられたので、最後の移動が日本軍に無かったら引き分けで終わっていた...140.png
b0173672_00135942.jpg
週間朝日増刊「司馬遼太郎からの手紙」(P.114)の記述に感動し、矢も盾もたまらずに製作された自作太平洋シナリオ。
 生涯かかってもプレイし尽くせない程、既にASLシナリオはあるのに、更に自作する意味があるのか!?と問われるかも知れないが、日本軍チハ戦車の登場するプレイし易いシナリオが欲しいという需要もあって自作された。
 1945年8月14日の満州で、関東軍が残置した57mm短砲身チハ戦車2輛と挺身斬込隊が、ソ連軍の寝込みを襲うという状況で、3ターン目にはSU-76M4輛がソ連軍の増援として登場する。 

 『‥‥先生が戦車隊の将校と承っていますので書かせていただきます。
 対ソ戦時、8月14日午後と記憶しますが、牡丹江東郊の掖河よりクタクタになって牡丹江市内へ歩く道路の左側に二輛の九七式中戦車が草で擬装して止まっていました。
 「ヤイヤイ飯ぃ喰って行かねえか」と呼び止められました。見るとまだ20歳代の髭の曹長殿以下五、六人の戦車兵が側の水溜まりの水を使い、戦車の間に炭火をおこして飯盒炊さんしながらセッセと握り飯を握っています。
 地獄に仏とばかりに我々十数名は少々グリース臭くて舌が焼けそうなのを立ったまま有り難く頂き、特別に梅干の入ったのまで貰ってしまいました。
聞くとここは既に混戦状態で昼間はこの辺りで過ごし、夜になると出て行って暴れまくるとの事。
 「敵さんには肉攻班が無いでありますから。さっ、食うてつかさい」とは私と同年配の兵長です。
もう弾薬も残り少なくなり、今夜辺りが最後と思うのでこうして通る兵隊に残りの米でサービスしているとの事です。
お礼にカツオの缶詰を少し置いて行こうと申しますと、「オレ達特科隊の方が給与がいいんだ、いらねぇいらねぇ」と笑っていました。
 言葉の様子では髭の曹長殿は北関東の出身ではなかったでしょうか。
 簡単な草の擬装を突き抜けて青空に黒々としたシルエットを見せた搭載重機と戦車砲、そしてその砲塔の側に立ってニコニコと笑う髭の曹長殿、頼もしくもあり悲壮でもありました。
 何と彼らは皆若くてシッカリしていることか。
 たった二日間の戦闘でクタクタになってしまった敗残兵同様の我々には大きなショックでありました。
厚く礼を言った後、銃を天秤に担いでいた者は正しく担え銃をし、刀を帯革に差していた者はこれも正しく剣吊りに吊るし、西へ向かって行進をはじめたのであります。
 私は対戦車地雷(黄色爆薬筒200g2本と手榴弾を針金で緊縛したもの)と一緒に雑嚢へ入れた温かい握り飯を手で押さえながら、何故か涙をポロポロとこぼしながら中隊本部に追い付くべく歩き続けました。
 今、外孫ながら八人の女児を得、余生を楽しむ事を知る。
そして握り飯を見る度、若かった戦車兵達を偲びます。
ブリキ車の様な弱装甲の旧式戦車の中で彼らは一緒に死ぬ事ができたであろうかと。
 たった二輛の関東軍戦車隊、たった二輛でありました

 『柴田さんの涼やかで音楽が遠のいてゆくようないい文章のおかげて二輛の戦車、心に刻まれてしまっています。
 曹長の笑顔、乗員の優しさ、小生が知っている人々を集約したような人間の光景です。
 曹長はすでに小隊(四輛)の長でした。彼はすでに2輛を失っていたのでしょう。チハ車(九七式中戦車)は世界一のディーゼルエンジンを積みながら、攻撃力は57mm砲と車載重機二挺、装甲は自重15トンで推して知るべしです。
牡丹江省の対ソ国境に遠からぬ石頭には小生らの戦車第一聯隊があり、昭和20年3月に全隊動員で本土決戦に備えて栃木県へ移駐した後、傷病兵その外の人々が、僅かな戦車と共に残りました(ただし兵舎そのものは新設の石頭予備士官学校になって、兵員車輌は牡丹江市に移ったかと思われます)。
お手紙の中の「二輛の九七式中戦車」は、ひょっとすると私どもの聯隊の残留者かもしれません。牡丹江は第五方面軍の司令部所在地です。お会いになった二輛の戦車は、司令部付だったのでしょうか
 当時既に関東軍には戦車らしい戦車はなく、その曹長と兵隊は、最後の戦車隊だったかもしれません。牡丹江は最前線ですから、おそらく戦死したでしょう』

by ysga-blog | 2018-02-20 20:36 | ASLコンコマコンフリ三大戦術 | Comments(2)

デラックス・ファイターⅡ...(AH)Deluxe ASLシナリオ[11]"Ripe Pickings(熟れた実を獲る)" (1944年7月8日:フランス Pont Herbert)

b0173672_23184883.png
(AH/MMP)ASL:
[DX-11]"Ripe Pickings(熟れた実を獲る
)
"
1944年7月8日:フランス Pont Herbert、米軍第30歩兵師団vs.独軍Lehr装甲師団)
b0173672_00353206.jpg
 シャーマン1輌と歩兵1個小隊(4個分隊)が、Lehr装甲師団に朝駆けする奇襲シナリオで、4輌ある4号戦車は特定の方向を向けられて、歩兵戦車共に現在のターンの2倍までしか移動力を使えない。
 そして指定された独軍配置を終えてから、それを見た米軍が最低3ヘクス距離をあけて配置(中心ヘクスを決めてすべての米軍ユニットはその隣接まで配置可)、米軍から攻撃を開始する。
b0173672_00353240.jpg
 せっかくのデラックス西部戦線マップ使用なので、前回に引き続き食玩戦車を使用。シャーマン短砲身の食玩戦車を持たないので長砲身型を使用しているが、実際はM4A1短砲身75㍉砲搭載シャーマン。
b0173672_00353354.jpg
▼シャーマンは奇襲効果的に準備射撃で4号の砲塔側面に命中させるも、まさかの貫通値10のところ出目10を出してしまって乗員衝撃止まり。独軍側も砲塔回して射撃するも、

b0173672_00353433.jpg

b0173672_00353318.jpg
b0173672_00353168.jpg
b0173672_20454736.jpg
第1ターン終了時
b0173672_20454895.jpg
▼第2ターン、ボカージュ越しに放たれた米軍歩兵のバズーカ砲が、4号の砲塔正面に命中し、貫通撃破。砲塔が回転していなければシェルツェン効果が活きたかもしれないと独軍悔しがる。
b0173672_00353148.jpg
▼ ボカージュ越しに射撃を続けた4号の射弾がシャーマンの砲塔に命中するも、こちらもまさかの乗員衝撃止まり。しかしシナリオの主人公補正か、すぐに回復に成功。
b0173672_20454887.jpg
b0173672_00553135.jpg
▼ボカージュ越しの4号戦車、回復したシャーマンから防御射撃を受けてまたも砲塔命中で乗員衝撃止まり。シャーマン戦車の徹甲弾は鉦突きか!?(ゴーンゴーンキンコンカン)
b0173672_20454919.jpg
▼ 第2ターン終了時
b0173672_20454964.jpg
 奇襲効果に助けられたとは言え、必殺の射弾(ダイス運)により初期型シャーマン(75㍉短砲身型M4A1)戦車1輌で、4輌の4号戦車を撃破!!
b0173672_00553270.jpg
b0173672_20454946.jpg
 殊勲のシャーマンも、乾坤一擲で突入してきた独軍歩兵による対戦車磁気地雷肉薄攻撃によって撃破される。そうさせない為に米軍歩兵も戦車を守っていたのだが、ルール上、戦車を持たない側が先に対戦車肉薄攻撃を解決できるので、真の意味での歩戦協同が発揮できないのがツライ。
b0173672_00553247.jpg
b0173672_20455026.jpg
▼第4ターン、米軍手番突撃フェイズ白兵戦解決時
ASLあるあるで、一番の焦点では何故か戦渦が発生しまくり、勝利条件の交差点付近では、独軍にヒーローと戦意高揚が発生。米軍は指揮官がヒーローとなった。
b0173672_00553233.jpg
b0173672_20454742.jpg
 シャーマンを見事撃破した独軍歩兵とヒーローであったが、米軍歩兵と指揮官、ヒーロー指揮官による反撃を受けて全滅。勝利条件の交差点支配もさりながら、もうひとつの勝利条件である22勝利得点も稼ぎ出して米軍が勝利した。
b0173672_20454788.jpg
b0173672_00553362.jpg
両軍の戦車全損というのも珍しい展開か...105.png
b0173672_00553055.jpg
全5ターンのシナリオで4ターン決着だったが、意外に時間がかかった。
b0173672_01021134.jpg

by ysga-blog | 2018-02-19 20:35 | ASLコンコマコンフリ三大戦術 | Comments(0)

スタンダードASLの第1歩はデラックス・マップに刻む!...(AH)Deluxe ASLシナリオ6「Draconian Measures (苛烈な処置)」


(AH/MMP)
ASL:
[DX6]"Draconian Measures
(
苛烈な処置
)
"
1943年8月13日:第4次ハリコフ戦、独軍vs赤軍)
b0173672_18420013.jpg
 ぱんさんのASL Starter Kit行脚も終わったというのに、スタンダードASLへの最初の一歩は印象深いものをということでデラックスASL、食玩戦車使用にて。期せずして1月、また2月とASLの対戦予定を入れており、ぱんさんの月刊ASL持続中!!
b0173672_18420017.jpg
b0173672_18420187.jpg
b0173672_18420179.jpg
b0173672_18420139.jpg
b0173672_18420290.jpg
b0173672_18420271.jpg
b0173672_18415920.jpg
b0173672_18415947.jpg
b0173672_18420098.jpg
b0173672_18444217.jpg
b0173672_18444249.jpg
b0173672_18444187.jpg

by ysga-blog | 2018-02-03 05:55 | ASLコンコマコンフリ三大戦術 | Comments(0)

デラックス・ファイター!!...(AH)Deluxe ASLシナリオA1「L'ecole Normale (高等師範学校の戦い)」

b0173672_19041222.jpg
[DX6]"Draconian Measures
b0173672_18590372.jpg
b0173672_18590307.jpg
b0173672_18590410.jpg
b0173672_18590494.jpg
b0173672_18590440.jpg
b0173672_18590571.jpg
b0173672_18590525.jpg
(AH/MMP)ASL:
[DX-A1]"L'ecole Normale(高等師範学校の戦い
)
"
1944年6月8日:フランス Tulle、独軍保安連隊vsフランス抵抗組織マキ団)
b0173672_18590299.jpg
集会は終盤ムードなのに寸暇を惜しんで西部戦線マップを使うシナリオに挑戦
b0173672_18590285.jpg
b0173672_18590387.jpg
b0173672_19052495.jpg
b0173672_19052459.jpg
b0173672_19052382.jpg

by ysga-blog | 2018-02-03 05:06 | ASLコンコマコンフリ三大戦術 | Comments(0)

第343回定例会の様子その9 恒例のASLミートアップ: [AP79]"RUDE MOOD(恐ろしげ)"+[AP31]"First Cristot(第1次Cristot攻撃)"

b0173672_05441975.jpg
(AH/MMP)ASL:
[AP79]"RUDE MOOD(恐ろしげ)
"
1944年5月18日:イタリア、独軍vs自由フランス=北アフリカ兵)
b0173672_05405031.jpg
ハンドルネーム:GさんことGeorge B.さんvs.John E M B.さん
b0173672_05405170.jpg
(AH/MMP)ASL:
[AP3
1]"First Cristot(第1次
Cristot攻撃
)
"
1944年6月11日:ノルマンディ、独軍vs英軍)
b0173672_05405189.jpg
b0173672_05405099.jpg
b0173672_05405050.jpg

by ysga-blog | 2018-01-22 06:15 | ASLコンコマコンフリ三大戦術 | Comments(0)

2017忘年会ゲームの部の様子6 3人でASL=Meetup... [AP93]"Best Think Again(次善の策)" (1941年6月24日:リトアニア、独軍vsソ連軍)

b0173672_03035654.jpg
(AH/MMP)ASL:
[AP93]"Best Think Again
(次善の策)
"
1941年6月24日:リトアニア、独軍vsソ連軍)
b0173672_02303199.jpg
ハンドルネーム:GさんことGeorge B.さんとJohn E M B.さん、INBさん
b0173672_02303227.jpg
指揮官を政治将校に差し替えたソ連軍が、大規模な人海戦術を発動!!
b0173672_02303398.jpg
b0173672_02303426.jpg
b0173672_02302951.jpg
b0173672_02303074.jpg
b0173672_02303135.jpg

by ysga-blog | 2017-12-28 16:51 | ASLコンコマコンフリ三大戦術 | Comments(0)

不屈!28年連続バルジ大会11 ベイツさんのASL=Meetup...(AH/MMP)ASL AP79"RUDE MOOD" (1944年5月18日:イタリア、独軍vs自由フランス=北アフリカ兵)

b0173672_13451559.jpg
(AH/MMP)ASL:
[AP79]"RUDE MOOD(恐ろしげ)
"
1944年5月18日:イタリア、独軍vs自由フランス=北アフリカ兵)
b0173672_13490320.jpg
b0173672_13320900.jpg
ハンドルネーム:GさんことGeorge B.さんvs.John E M B.さん
b0173672_13320742.jpg
b0173672_13320836.jpg

by ysga-blog | 2017-12-22 21:15 | ASLコンコマコンフリ三大戦術 | Comments(0)

ぱんさんの月刊ASL 12月号 ASL-SKシナリオ通算30本貫徹...ASL-SKシナリオS26 『Last Ally, Last Victory(最後の盟友、最後の勝利)』そのⅰ

b0173672_11472708.jpg
ASL Starter Kit #3
シナリオS26『Last Ally, Last Victory
b0173672_11482789.jpg
b0173672_11452798.jpg
【シナリオ歴史背景】
 1944年10月10日:ハンガリー,パスポクラダニィ(PSPOKLADANY):
 赤軍がハンガリーへとスチームロールを開始した時期においては,ドイツ軍の重戦車部隊は非常に稀な存在となっていた.9月の終わりまでに,プリーイェフ(Pliyev)の機械化騎兵集団は,オラデア(Oradea)付近で国境を越え,デブレツェン(Debrecen)の農業中心部を脅かした.枢軸軍の大義にとってさらに都合の悪いことに,多くのハンガリー軍部隊がソビエト側に逃亡を始めていた.ドイツ軍は,ハンガリー軍部隊の逃亡を止めるために勝利を必要としていた.マリノフスキー元帥がプリーイェフ機械化騎兵集団の3個軍団とともに,ハンガリーの北方平原に進入してきた丁度その時,マキシミリアン=フレッター=ピコ(Maximilian Fretter-Pico)に率いられた第6軍は,3個装甲師団とともに再編成されているところであった.その中にはティーガーII大隊も含まれていた.ドイツ軍が最後の同盟軍を維持しようと行動を起こした時,両軍ともまだ双方の配置には気づいていなかった.
 ドイツ軍とロシア軍,二つの攻勢は同時に開始された.変化の多い両軍の機動は,包囲側と被包囲側の判別を困難なものとした.しかしながらこれは,ドイツ軍が得意とするタイプの戦闘であった.数日後,ドイツ軍は戦術的な優越性を見せるようになってきた.戦闘はデブレツェンの周辺で数週の間吹き荒れた.そして最終的にロシア軍は,ブタペストへの進軍を一時中断したのである.国防軍の勝利に加え,ロシア軍の一般市民に対する残虐行為に関する報告が,ハンガリー軍をナチの側に留まらせる結果となった.このような勝利が,残りの戦争期間で再び繰り返されるようなことはなかった.
b0173672_11452642.jpg
【シナリオ勝利条件】
ドイツ軍は,ゲーム終了時に9つ以上の複数へクス建物を支配していれば勝利する.

【シナリオ専用ルール】

1.セットアップに先立ち,ドイツ軍プレーヤーは,どちらのグループが第1ターンに進入し,どちらのグループが第2ターンに進入するかを密かに選択しておく.どちらのグループも一度しか選択できない.
2.ロシア軍6-2-8/3-2-8ユニットは士気値に下線を有するものとする.よって,ELRの影響を受けない(5.1).
b0173672_11452620.jpg
ついに、最後のシナリオとなった月間ASL12月号最後のシナリオはS26「最後の同盟、最後の勝利」

ぱんさんの対戦前コメント:1944年のハンガリーでのドイツ軍とソ連軍との戦いで、私が所有している中では唯一マップ3枚を使用する最も大きいシナリオ。
 マップ中央付近から南にかけてソ連軍が布陣しているところに、第1ターンに”東端から5号G型3両と11個分隊”もしくは、”西端から6号B型2両と4号J型3両と4個分隊”のどちらかの部隊を登場させ、第2ターンに残りの部隊を登場させてゲームが開始される。
 返しのソ連軍ターンには初期型IS-2×3両とT34/85×4両が登場し、マップ中央付近に集中している勝利ヘクスである”複数ヘクス建物”をめぐって熾烈な包囲合戦が繰り広げられる(のか?106.png)。
 初期配置のソ連軍は16個分隊と2両のT34 M43に加え57㍉超長砲身対戦車砲が隠匿配置されており、側面であれば虎の子ならぬ虎の王でも撃破される可能性が高い。
 最後のシナリオで最後の勝利をつかむことができるのか!?
虎の王が初弾で弾切れになったりしないのか!?
b0173672_11452708.jpg
第1ターン登場に選ばれたのは、ぱんさんの重戦車大隊。登場ヘクス決定▲
b0173672_11452926.jpg
b0173672_11452949.jpg
▼第1ターン・ソ連軍手番開始時。後詰のソ連軍戦車の登場場所決定
b0173672_11452442.jpg
▼T34/85の煙幕展張器作動で拡散煙幕を張り、後続の戦車や短機関銃兵らの通りを良くする。本来無謀すぎる賭けだったが、至近距離の4号戦車が臨機射撃に失敗して助かった。
b0173672_11452557.jpg
第1ターン終了時
b0173672_11452584.jpg

by ysga-blog | 2017-12-10 17:59 | ASLコンコマコンフリ三大戦術 | Comments(0)