カテゴリ:大規模市街戦モノ City at War( 45 )

第346回定例会の様子その6 こういうZOC表現もあるのか...〔Strategemata〕Festung Breslau 1945 その①

b0173672_22180128.jpg
〔Strategemata〕Festung Breslau 1945
b0173672_22163789.jpg
Dublinさんの対戦後コメント: ボックスアートがいきなり廃墟の白黒写真にゲームタイトルという虚無感漂うテイストである。
 ポーランドで何故にこのゲームが出版されたかというと、一応現在のポーランド内の戦いであるし、状況が許せばポーランド第2軍が戦いに参加した可能性があったからか?(ゲームでも再現され、ポーランド軍を投入すると赤軍の勝利条件が厳しくなる)。

駒数278個
地図ハーフマップ
全20ターン
地図上の勝利条件ヘクス20ヶ所以上をゲーム終了時に占領でソ連軍の勝利(前述のポーランド軍投入で25ヶ所)
スケールは1駒: 大隊から連隊
ヘクス: 400m
1ターン: 4日間
兵科は、歩兵、装甲、砲兵のみ
歩兵と装甲は共同攻撃で諸兵連合効果有り
ソ連は異師団で共同攻撃できない。
b0173672_22163793.jpg
 駒の移動力は一律5移動ポイント(独ソで移動コストが異なる)。

 さらに独ソで移動と攻撃の順番が異なる。特に独軍は移動後に攻撃できないので反撃してVPヘクスを取り返すのが困難。

 駒に戦力の違いはなく、すべからく1駒1戦力で1ステップのみ。戦車も歩兵も違いはない。市街戦ともなれば、質より量で勝負だからだろう。
 それでも戦車と歩兵が組めば、諸兵連合効果+1ダイス修正はある。

 戦闘は防御射撃と突撃しかなく、6面体ダイス1つ振りで各種修正後、地形による命中値以上を出せば目標は除去される(ただし砲爆撃を除き、スタック全体に対する射撃や突撃はできない。ピンポイントで目標ユニットを指定して行う)。
 そしてダイス目には射撃または突撃に参加した駒数がダイレクトに加算される。例えば1駒で防御射撃した場合、出目+1となるわけだ。
最低でも1駒は参加するんだから、その分、差し引いて命中率出せばなんて、野暮なことを考えてしまうが、「バカ野郎、そんなの面倒だ。何駒撃ったからその分足すんだよ!」という発想で、実に男らしく、シンプル。わかりやすい。 

 スタックに関しては、赤軍は禁止(通過はOK)。独軍は2枚まで。
 ただスタックして守ると砲爆撃でまとめて混乱させられる恐れがあり、かと言って1枚だと一撃除去されやすいのが独軍のジレンマとなる。

 射撃修正のあるエリート兵はSS,HJ(ヒトラーユーゲントの、こども兵たち)、滑走路に強行着陸してくる降下猟兵、ソ連の戦闘工兵などがある。

 赤軍による砲撃や突撃が効果なしの結果に終わると一部のドイツ軍部隊は戦意高揚状態となる(赤軍に対する射撃命中率が高まる)。
※真っ赤なファナティック(F)マーカが置かれるのだが、赤軍と間違えやすい...

 地図盤の真ん中に位置するブレスラウに対して、赤軍は北西、西、南、北東の4方向から攻撃を開始する。
b0173672_22163892.jpg
第1ターン(1945年2月14日から18日)終了時
b0173672_22163809.jpg
 第1ターン取り敢えず、市街への突入と防衛軍の補給に有利な修正が付く飛行場の占領を目指す。

 赤軍ユニットの移動前に赤軍の空襲砲撃が始まる。
 砲撃は盤上の砲兵ユニット、空襲は航空ポイントを投入されて行われる。
 空襲と砲撃は共同できず、地形の影響は受けず、そして最高火力でも6分の1で失敗する可能性がある。それでも赤軍の移動前に独軍の防御射撃を沈黙させられる砲爆撃は極めて重要である。
 ちなみに砲爆撃とも観測や射程距離などといった面倒なルールは無い。それがなくても問題なく機能するのはテストプレイをやりこんでいるからではないか。
 ゲームデザインとは、かくあるべし。

 そんなわけで飛行場のある南部に重点的に砲爆撃を実施した。
 砲爆撃結果は相手を混乱させるだけであるが、混乱すると防御射撃ができなくなるので、その横を大手を振って通り抜けることができるのだ。他のゲームで言うと、混乱した敵がZOCを失うようなものだ。

 都市に取りつくまでは平地から接近するしかなく、防御射撃は修正が無いから50%の確率で命中除去される。これにより、砲爆撃を耐え抜いた守備隊の防御射撃の前に、書記長の赤子が次々と吹き飛んでいく。
 ただし、赤軍の場合、除去されたユニットは、1D6の半分のターン後に自動的に補充されて登場ヘクスから戻って来れる。
 途中で遮蔽(師団集結地)ユニットなるものを盤上に配置し、そこから補充を出すことも可能になる。
 戦線が盤端から遠くなる戦いの中盤、後半は重要だ。

 一方のドイツ軍は、3補給ポイントの大枚を支払って、除去ユニットを再建補充として購入できる。
 但し赤軍から8ヘクス以上離れている都市ヘクスにしか置くことができないので、必然的に包囲の環が締め付けられる後半は登場場所が無くなり、補給はあってもユニット再建は望めなくなる。その意味でも安易に撤退して包囲網を縮小してしまうのは、独軍自ら首を絞める行為となる。

 かくして第1ターン、大出血しながら郊外からドイツ軍を駆逐するのに成功(独軍が自主的に防御側有利な都市内に撤退したという意見もあるが)。
b0173672_22163934.jpg
Dublinさんによるシステム解説: このゲームは支配地域の概念が防御射撃になっている。従って、ZOCゲームに有りがちな1ヘクス空け戦線は弱点になる。
 砲爆撃によって空きヘクスの両側が耕され、そこから突入されてしまうからである。だが、都市内ではドイツ軍が5ヘクス移動できるのに対して、赤軍は3ヘクスしか移動できない。大きくは突破されずに、何とか戦線を引き直すことができる。
 それでも赤軍の隣接しているヘクスは高修正の防御射撃が待っていることになるので、後半にユニットを無駄に出来ないドイツ軍は戦線を下げざるをえない。
 だが、砲爆撃に生き残っているユニットがいれば、防御射撃で基本6分の1で移動中のユニットを除去できる。
 ドイツ軍は補給ポイントを消費すれば、砲撃支援の形で防御射撃と攻撃を有利にできる。
 但し、どの包囲戦にも当てはまるが、補給ポイントは後半になるほど厳しくなるのは例外ではない。
 貴重な補給ポイントを一時消費して仮設飛行場を建設し、後半戦に備えるのも大事である。
 また、砲爆撃は絶対ではないので、サイの目次第ではソ連軍の進撃は停滞することになる。
b0173672_22163928.jpg
 第2ターン以降は、砲爆撃で耕したところ以外は接近しない戦術に早速切り替える。
 ブレスラウ飛行場にどうにか隣接し、そこの第3ターンの先行手番で守備隊を吹き飛ばす。
 だが、何故か後攻手番で降下猟兵が湧き出てソ連軍の支配を妨害する。
 戦闘はユニットを目標とし、攻撃ユニット数その他修正を1D6に加えて、目標の地形以上が出れば相手を除去できるが、戦闘後前進が無いので、防御射撃を潜れば除去されたヘクスの穴は塞ぐことができる。
 但し、防御射撃は強力な修正が付くと絶対除去になることがあるので、絶対進入できないヘクスとかも生じる。
b0173672_22164027.jpg
▼独軍としては飛行場を確保している間は補給の充当がある程度見込めるので死守したいところだが、滑走路があるということは単なる平地なので、赤軍の猛攻に耐えられるわけがない。しかし赤軍には戦闘後前進がないので、とにかく飛行場にユニットを入れ続ける。まさにブレスラウのベルダン(肉挽き機)状態
b0173672_22163633.jpg

b0173672_22262905.jpg

b0173672_22262955.jpg
 飛行場奪回の部隊が西に集めながらも、第4ターンに飛行場は陥落、南部と北部で赤軍は都市内に取り付き始めた。
b0173672_22262803.jpg

by ysga-blog | 2018-04-15 20:12 | 大規模市街戦モノ City at War | Comments(0)

第346回定例会の様子その7 こういうのでいいんだよ、こういうので...〔Strategemata〕Festung Breslau 1945 その➁

b0173672_22163614.jpg
〔Strategemata〕Festung Breslau 1945
b0173672_22325328.jpg
▲序盤は難攻不落に思えたブレスラウだが、赤軍の除去ユニットは6面ダイス1個振りの出目の半分のターン後に自動的に再建登場するのに対し、独軍は補給を費やして再建させなければならない上に、赤軍ユニットの8ヘクス以内には出せないという縛りが包囲網が狭まってくると効いてくる。実に簡単で巧い処理。
b0173672_22325340.jpg
b0173672_22325423.jpg
b0173672_22325412.jpg
b0173672_22325424.jpg
b0173672_22325560.jpg
▼赤軍が市街中央への侵攻に気をとられている隙に、どの赤軍ユニットからも8ヘクス離れている、渡渉禁止の水堀に囲まれた中洲の副都心みたいなところに仮設飛行場の建設開始。1ヘクスにつき4補給ポイントを支払い、計3ヘクス直線で完成させてようやく機能するのだが、一旦完成すれば占領されない限り恒久的に最低1補給を生み出してくれる(それに正規の飛行場が陥落したことで降下猟兵が滞貨しており、その登場場所としても重要)。なお、籠城した住民も駆り出されての建設だったらしい。
 またここは独軍ユニットの再建登場場所ともなり、ブレスラウの聖域(サンクチュアリ)と称された。
b0173672_22401455.jpg
Dublinさんの対戦後コメント:都市防衛隊は河から都市の北西から外縁に沿ってユニットを敷き詰め、東南部まで半円の戦線を敷く。
 補給切れのルールが無いので、防御に有利な地形なら前方に数ユニット残して赤軍の前進を妨害するのもユニット数が多い戦いの前半なら有効である。

 だが、鉄道線に沿って平地が都市に切り込んだ南東部の戦線が薄いと判断した赤軍は第7ターンにそこに砲爆撃を集中し、混乱した守備隊の間からドイツ軍戦線の後方へすり抜ける。
 この方面のドイツ軍戦線は大きく市役所の方向(つまり都市の中心)に向けて後退する。

 西の戦線は堅持したままである。堅い西に対して、南東はユニット不足が目立つ。ここで消耗戦を仕掛け、西の防衛部隊は徐々に引き抜かれることになる。
 この間、2回のゴリアテ攻撃があったが、1の目が出て2回とも不発であったのであった。
b0173672_22401487.jpg
b0173672_22401509.jpg
砲爆撃の集中で、防御射撃不可の混乱状態に陥れられ、完全なフリーウェイと化したブレスラウの搦手方面。
b0173672_22401546.jpg
b0173672_22401567.jpg
b0173672_22401642.jpg
b0173672_22401647.jpg
b0173672_22401367.jpg
b0173672_22401398.jpg

by ysga-blog | 2018-04-15 20:11 | 大規模市街戦モノ City at War | Comments(0)

第346回定例会の様子その8 コマンドの付録ゲームとして是非推したい...〔Strategemata〕Festung Breslau 1945 その➂

b0173672_23004540.jpg
〔Strategemata〕Festung Breslau 1945
b0173672_22540082.jpg
Dublinさんの対戦後コメント: このゲームは支配地域の概念が防御射撃になっている。
 従って、ZOCゲームに有りがちな1ヘクス空け戦線は弱点になる。
 砲爆撃によって空きヘクスの両側が耕され、そこから突入されてしまうからである。
 だが、都市内ではドイツ軍が5ヘクス移動できるのに対して、赤軍は3ヘクスしか移動できない。
 大きくは突破されずに、何とか戦線を引き直すことができる。
 だが、赤軍の隣接しているヘクスは高修正の防御射撃が待っていることになるので、後半にユニットを無駄に出来ないドイツ軍は戦線を下げることになる。
 だが、砲爆撃に生き残っているユニットがいれば、防御射撃で基本6分の1で移動中のユニットを除去できる。
 ドイツ軍は補給ポイントを消費すれば、砲撃支援の形で防御射撃と攻撃を有利にできる。
 但し、どの包囲戦にも当てはまるが、補給ポイントは後半になるほど厳しくなるのは例外ではない。
 貴重な補給ポイントを一時消費して仮設飛行場を建設し、後半戦に備えるのも大事である。
 また、砲爆撃は絶対ではないので、サイの目次第ではソ連軍の進撃は停滞することになる。
b0173672_22540084.jpg
b0173672_22540199.jpg
▼第14ターン、市役所から2ヘクス離れた運河を渡ろうとして赤軍突撃工兵に対して、ドイツ軍はなけなしの化学兵器を投入した。独軍は貴重な1ターンをこれで稼ぐことに。
b0173672_22540105.jpg

b0173672_22540297.jpg
 第15ターン、薄くなった都市の北西部にも赤軍部隊が入り始める。
 だが、北部を単独で戦っていた北部の唯一の1個師団が他戦線へと引き抜かれる。
野戦砲兵2個連隊と戦車その他でここを攻めることに。
 以後増援は、ここに優先的に投入され勝利ヘクスを稼ぐ。

 反撃に来た三突が対戦車砲の防御射撃で吹き飛ばされる場面もあった。
 ゴリアテまで投入した反撃で、ゲーム終了までにドイツ軍が奪回した勝利ヘクスは1ヶ所に留まり、その間に2ヶ所占領されているから赤軍のバランスシートとしては合格である。
 防御射撃で除去されたユニットも入れて多数のユニットを引きつけ、南部戦線に貢献した。

 化学兵器が消えた運河を越えた対岸のヘクスに渡った赤軍戦闘工兵に対し、ドイツ軍はゴリアテを投入した反撃で場所を譲らない。
 西部の小ポケットに取り残された部隊は赤軍の攪乱のために、後方の勝利ヘクスへと打って出る。
b0173672_22540285.jpg
b0173672_22540203.jpg
▼最終攻勢用の大兵力が、師団集結地に沸いた瞬間
b0173672_22535988.jpg
b0173672_22535907.jpg
b0173672_22535993.jpg
▼自由ドイツ将校委員会によって、肝心のVP都市ヘクスが混乱状態に陥れられた場面
b0173672_23040498.jpg
b0173672_23040445.jpg
激しい消耗戦でドイツ軍戦線は、どんどん背後の河へと追い詰められていく。
b0173672_23040511.jpg
 第18ターン。独軍の防衛線は実質11個ユニットとなり、穴が開いている戦線を引くのがやっととなる。
このターンで、赤軍は20ヶ所の勝利ヘクス占領を達成して暫定的に勝利を掴む。
 だが、プレイは継続。ここからは別の戦いである。
b0173672_23040580.jpg
 第19ターン終了時に6ユニットだけで主戦線を防御するドイツ軍。だが市庁舎にはまだ籠城ユニットが残っている。
b0173672_23040694.jpg
▼ 最終20ターン終了時の盤面
b0173672_23040617.jpg
▼最終ターン、赤軍も最精鋭の戦闘工兵(+2ダイス修正)を2つに、戦車まで投入する死に物狂いの奮闘の末、遂に籠城軍が除去された市庁舎(Rathous:1516ヘクス)。
 文字通り「寄らば斬る」の精神で、近接した赤軍を奇跡の防御射撃/出目6連発で次々と除去していき、(早抜けし晩飯を終えて荷物を回収に来た)観戦者のぱんさんを感嘆せしめた市庁舎籠城部隊の奮戦は讃えられて良い。
b0173672_23040773.jpg
 最終ターンでも攻撃の手を緩めない赤軍は、戦闘工兵を戦闘に突入するが、最後の守備隊の防御射撃は冴えまくり、6の目を4、5回連続して出し、ロシア兵を寄せ付けない。
 市庁舎の部隊は突撃によって除去されたが、赤軍に戦闘後前進はないので支配はドイツ軍のままである。
 結局、22ヶ所の勝利ヘクスを占領。ゲームは最終ターンまで貫徹し、赤軍の勝利を以てフルターン終了とした。
 ちなみにドイツ軍のゴリアテは5個(2D6で決定)、化学兵器は1個(1D6半分)と少な目だったので、平均的な数が来ていればもっと拮抗した戦いになったであろう。
b0173672_23040844.jpg
▲手前の白い山は選択投入可能な赤色ポーランド軍。ターンテーブルの欄外に置かれているのは再建が間に合わない赤軍除去ユニット。そして奥に見える灰色の山は終了時の独軍除去ユニット。

by ysga-blog | 2018-04-15 20:10 | 大規模市街戦モノ City at War | Comments(0)

2017年度『秋の連続例会』の様子その⓫ (SPI/HJ)Battle for Stalingrad (SPI/HJ)スターリングラード攻略そのⅠ

(SPI/HJ)Battle for Stalingrad
(SPI/HJ)スターリングラード攻略

b0173672_14361266.jpg
b0173672_14361059.jpg
もっちひさんvs.友絵少尉殿〔ソ連軍反攻チットの代わりに特製カード使用〕
b0173672_14361040.jpg
b0173672_14361116.jpg
b0173672_14361208.jpg
b0173672_14361359.jpg
b0173672_14361436.jpg
b0173672_14360762.jpg
b0173672_14360814.jpg

by ysga-blog | 2017-10-08 20:39 | 大規模市街戦モノ City at War | Comments(0)

2017年度『秋の連続例会』の様子その⓬ (SPI/HJ)Battle for Stalingrad (SPI/HJ)スターリングラード攻略そのⅡ

(SPI/HJ)Battle for Stalingrad
(SPI/HJ)スターリングラード攻略
b0173672_14443892.jpg
b0173672_14443994.jpg
b0173672_14444041.jpg
b0173672_14444009.jpg
b0173672_14443660.jpg
b0173672_14443703.jpg
b0173672_14443823.jpg

by ysga-blog | 2017-10-08 20:38 | 大規模市街戦モノ City at War | Comments(0)

YSGA第5回那須塩原ゲーム合宿の様子その5〔(SPI/HJ)Battle for Stalingrad スターリングラード攻略〕

(SPI/HJ)Battle for Stalingrad
(SPI/HJ)スターリングラード攻略
b0173672_09404808.jpg
b0173672_09410271.jpg
b0173672_09411756.jpg
b0173672_09413916.jpg
b0173672_09415496.jpg
b0173672_09420875.jpg
b0173672_09422207.jpg
b0173672_09423622.jpg
b0173672_09425128.jpg
b0173672_09430620.jpg

by ysga-blog | 2015-06-07 23:56 | 大規模市街戦モノ City at War | Comments(0)

YSGA第309回定例会の様子その4(SPI/HJ)スターリングラード攻略)

b0173672_14215683.jpg
(SPI/HJ)Battle for Stalingrad
(SPI/HJ)スターリングラード攻略
b0173672_00092558.jpg
マップはHJ版、ユニットはエクスカリバー版、ルールはシックスアングルズ版にて。
b0173672_00093894.jpg
b0173672_00095371.jpg
b0173672_00100613.jpg
b0173672_00102150.jpg
b0173672_00103496.jpg
b0173672_00104713.jpg

by ysga-blog | 2015-03-21 20:17 | 大規模市街戦モノ City at War | Comments(0)

YSGA第308回定例会の様子その10(AtO誌#8 Fortless Berlin 5人戦その❶)

ベルリン陥落70周年記念〈1945年-2015年〉
(アゲインスト・ジ・オッズ誌通算第8号付録)
フォートレス・ベルリン

初期配置を終えたばかりのマップ全景(戦いが進むと市街中央部が混み合うので、Dublinさん特製の拡大コピーマップを使用。サイズ的にはフルマップ2枚相当)
b0173672_14293831.jpg
 ソ連軍のユニット数が少ない序盤は、ルール通り5人の区分けを、ジューコフ、コーネフ軍のソ連軍2人と、総統、SS、国防軍の3人独軍としたが、ソ連軍の駒数が増えてきた所で、それまでSS担当だったMonzさんにジューコフ軍の左翼を受け持ってもらうアクロバティックな布陣に。

▼初期配置時点での官庁街/総統ブンカー(総統のドアップ顔ユニットのあるヘクス)
b0173672_14295559.jpg
▼第1ターン終了時
b0173672_14300814.jpg
前回は10年前、ベルリン陥落60周年記念にプレイされ、今またベルリン陥落70周年を記念してプレイ。とても面白いゲームだが、十年に一度程度のプレイ頻度なのが惜しまれる。
b0173672_14302140.jpg
▲盟友フォリナーさんに戴いた蛍光ヘクスチットの赤で示されるのは、総統がSS担当者に命令を下した、帝国議事堂に敵を近づけない真田丸的布陣範囲(直接目視射撃させない為)。黄色は、指揮統制の要となる師団司令部の位置。
b0173672_14303481.jpg
▲勇躍、外郭陣地線に襲いかかったジューコフ軍だったが、守備ユニットのいないヘクス固有守備戦力だけでも意外に堅く、突破口は少ない。

▼第2ターン終了時
b0173672_14305242.jpg
▼独軍、ソ連軍に追い立てられて郊外から増援という形で市街地へ
b0173672_14310458.jpg

by ysga-blog | 2015-02-08 17:47 | 大規模市街戦モノ City at War | Comments(0)

YSGA第308回定例会の様子その11(AtO誌#8 Fortless Berlin 5人戦その➋)

(アゲインスト・ジ・オッズ誌通算第8号付録)
フォートレス・ベルリン
b0173672_14311766.jpg
ジューコフ軍、北に加えて東側からも侵攻開始
b0173672_14320971.jpg
▼第3ターン終了時
b0173672_14322828.jpg
3ターン末までの除去ユニット数、ソ連軍2、独軍6。部隊・戦力に関わらず除去数=VPとなる。微弱な国民突撃隊やヒトラーユーゲントでもソ連軍歩兵師団と同じ1点なので独軍は辛い。それでも帝国議事堂の支配が毎ターン2VP入るのと、装甲擲弾兵師7ユニットの脱出によって得点できるので、ゲームバランスは良い。
b0173672_14324115.jpg
ソ連軍、外郭陣地帯に突破口を穿って市街地への浸透深める
b0173672_14331818.jpg
▼第4ターン終了時
b0173672_14333299.jpg
2ターンに市街地へ逃げ込んできた独軍第20装甲擲弾兵師、道路移動を続けて4ターンに規定の盤端から楽々と脱出成功。これにより師団7ユニット×2VP=独軍14VP獲得。
b0173672_14334754.jpg

by ysga-blog | 2015-02-08 17:44 | 大規模市街戦モノ City at War | Comments(0)

YSGA第308回定例会の様子その12(AtO誌#8 Fortless Berlin 5人戦その❸)

(アゲインスト・ジ・オッズ誌通算第8号付録)
フォートレス・ベルリン
b0173672_14340249.jpg
北東からのジューコフ軍にばかり気を取られて、南西の搦手から4ターンに攻め上がってくるコーネフ軍に苦慮することに。
b0173672_14341650.jpg
▲多人数での防御の醍醐味。国防軍(陸軍・空軍・海軍)は北東のジューコフ軍に気を取られ、肝心の官庁街が手薄に...

▼ジューコフ軍左翼。北西からのソ連軍は橋梁を守るヒトラーユーゲントの排除に手間取る。
b0173672_14342982.jpg
▼第5ターン終了時
b0173672_14344257.jpg
▼搦手のコーネフ軍先鋒、無人の野を行く如く進撃し、早くもティーアガルテン(公園)に取り付く。
b0173672_14345549.jpg
▼ジューコフ軍中央と右翼も迫る
b0173672_14351094.jpg
▼寄らば斬るの高射砲塔(重砲が立籠り、周囲に痛打を与える)。あまりの出血に、ソ連軍は迂回を決意。
b0173672_14352302.jpg

by ysga-blog | 2015-02-08 17:43 | 大規模市街戦モノ City at War | Comments(0)