懲りずに(GMT)トワイライト・ストラグルのソロ・リプレイ〈文字1万字制限を超えたので2部構成〉その2

b0173672_032681.jpg
写真は第8ターン開始時
第8ターン
Total Warデッキが加わる。
S:「67」35,37,43,55,85,90,93,100
A:「32」9,24,27,57,63,79,82,91
ソ連は南米と中米のスコアリング、USはアフリカのスコアリングを得るいずれもソ連優勢のエリアなので、USはアフリカをなんとかしたい。

ヘッドライン
A:日米安保条約(27)、日本に3影響力が追加され、支配。以後ここでのクーデターと影響力の排除が不可能に。
S:南米のスコアリング(35)。ソ連はDominanceの5VP、USはPresenceの2VP。Battlegroundは2対1合計で合計4VPがソ連に。+7VP。

S1、中米のスコアリング(37)。ソ連はDominanceの3VP。USはなし。ソ連は2このBattlegroundと1個のUSへの隣接があり、6VP。合計で+1VPに。
A1、植民地兵(63)をイベントプレイ。南アフリカ、アンゴラ、ザイール、ナイジェリアに1US影響度をそれぞれ配置。

S2、War Gameを4OPプレイ。ナイジェリアでクーデター。出目は6で合計10に。2が引かれ7。1SU影響度が引かれ、6ソ連影響度が置かれる。7影響度に。デフコンが2に、4軍事作戦値が置かれる。
A2、対弾道弾迎撃ミサイル条約(57)を4OPプレイ。ザイールとアンゴラに2影響度ずつを配置。それぞれ支配。

S3、SALT交渉(43)をイベントプレイ。デフコンが4に。以後のこのターンのクーデターは-1修正が付く。「小さな一歩」(80)を捨て札から獲得。
A3、アフリカのスコアリングをプレイ。USがDominanceで4VP。ソ連がPresenceで1VP。Backgroundが3対2で合計4VPをUSが獲得。+6VP。

S4、「小さな一歩」(80)をイベントプレイ。宇宙開発で2マス進む。4VPを獲得。+2VP。
A4、イラン人質危機(82)を宇宙開発プレイ。出目は6で失敗。

S5、スターウォーズ(85)を2OPプレイ。宇宙開発でUSが先行していないのでイベントは発動しない。アンゴラでクーデター。出目は1で、SALT交渉の影響でダイス目-1で効果なし。デフコン3に。
A5、オルテガがニカラグアの首班に選ばれる(91)を2OPイベントプレイ。先にOPプレイでアンゴラにクーデター。デフコンが2に。ダイス目は1でSALT交渉の影響で効果なし。デフコンが下がったのでBattlegroundにはクーデターができず、唯一コスタリカにクーデター。出目は6。クーデターは成功し、コスタリカの1US影響度が取り除かれる。

S6、ウィリー・ブラント(55)をプレイ。1VPがソ連に入る。西ドイツで1ソ連影響度が加わる。+5VP。
A6、印パ戦争(24)を2OPプレイ。メキシコに2影響度を配置して再支配。

S7、グラスノチ(90)を4OPプレイ。サウジアラビア「3」に3影響度、ヨルダン(2)に1影響度を配置。サウジアラビアを支配。
A7、ベトナムの蜂起(9)を2OPプレイ。イベントが発動し、ベトナムに2ソ連影響度が配置される。ビルマ(2)に2影響度を配置して支配。

デフコンが2で軍事作戦値がUSにないので2VPを失う。+3VPに。デフコンが3に回復。


第9ターン
S:「67,93」2,20,30,81,88,92
A:「32」39,56,61,74,86,94,99,101
共にカードは申し分ない。USはソ連イベントの処理には目処がたっているが、ソ連は1枚処理しきれない予定。ヨーロッパのスコアリングをソ連が出たので、ソ連はヨーロッパ中心にいく。

ヘッドライン
A:北海油田(86)をプレイ。USのみ第8ラウンドがこのターンある。OPCEを打ち消す。
S:植民地独立(30)をプレイ。南アフリカ、マレーシア、インドネシア、ビルマに配置。

1S、核実験廃止運動(34)を4OPプレイ。アンゴラでクーデター。デフコンが2に。4軍事作戦値がソ連に加わる。ダイス目は4で8。2を引いて6に。3US影響度が全て失われ、3ソ連影響度が加わる。
1A、イスラム革命(56)を国連の介入(32)と共に4OPプレイ。ビルマ、ジンバブエ、カメルーン、スーダンに1影響度ずつ配置。

2S、イラン・コントラ事件を2OPプレイ。ポーランドに2影響度を配置。
2A、OPECを3OPプレイ。北海油田の影響でイベントは発動しない。インドネシア、マレーシア、ポーランドに1US影響度をそれぞれ配置、インドネシアとマレーシアを支配。

3S、海兵隊宿舎へのテロ(88)をイベントプレイ。ポーランドに2影響度を配置して支配。
3A、チェルノブイリを3OPプレイ。ブラジルに2、ウルグアイに1影響度を配置。ブラジルを支配。

4S、ヨーロッパのスコアリングをプレイ。USがDominanceの7VP、ソ連はPresenceの3VP。Battlegroundが3対2。5VPがUSに入り、+8VP。
4A、パーシングIIが実戦配備(99)を宇宙開発プレイ。出目は5で失敗。

5S、オリンピックを2OPプレイ。ポーランドとヨルダンに1影響度ずつを配置。
5A、「ボイス・オブ・アメリカ」をイベントプレイ。南アフリカから1、キューバから2、パナマから1を除去。

6S、テロリズム(92)をイベントプレイ。USの手札から軍拡競争(39)が捨て札にされる。これでカードが無く、北海油田によるUS第8ラウンドはなくなる予定。
6A、台湾決議(101)を2OPプレイ。ウルグアイ(2)に1、レバノン(1)に1を配置し、それぞれ支配。

7S、連帯を2OPプレイ。イベントが発動し、ポーランドに3US影響度が置かれる。パナマとキューバに1影響度ずつが配置され、共に再支配。
7A、中国カードをプレイ。全てアジアに使うために5OP。インドネシア、マレーシアに1ずつを配置、ラオス・カンボジアに2OP(最初の1影響度には2OP)を配置。ラオス・カンボジアを支配。

4軍事作戦値がロシアにのみあり、デフコンが2のため、2VPをUSが失う。+6VP。デフコンが3に回復。


第10ターン
S:「67」31,53,65,66,84,89,95,96
A:7,26,29,49,50,83,87,97,102
ソ連はここにきて6枚のUSイベントを引いてしまう。結構痛いイベントもあり、3枚ほどは処理できなさそう。アメリカも3枚のソ連イベントがあるが、1枚は使わざるを得なさそう。

ヘッドライン
A:悪の帝国(97)をプレイ。1VPを獲得。反戦平和運動のイベントの効果が打ち消される。+7VP。
S:赤狩り(31)をプレイ。アメリカのOP値が-1。最終ターンにこれは痛手。

S1、大韓航空機撃墜事件を宇宙開発。ダイス目は3で惜しくも月着陸までいかず。
A1、CIAの工作(26)をイベントプレイ。ソ連の手札が開示されてしまう。1OPも同時にプレイでき、ブラジルで影響力の排除を行う。USは+3(当該国の優勢、隣接2国の支配)、出目はそれぞれ4と3で2ソ連影響力が全て排除される。ソ連の手札にラテンアメリカの破産があるので、3OP値のカードを1枚は保持しておかなければならない。

S2、レーガンのリビア爆撃を2OPプレイ。USイベントなので発動するが、リビアにソ連影響力はないので効果はない。1OP目でポーランドで影響力の排除。ソ連は+4(当該国の支配、隣接2国の支配、ソ連本国からの隣接。出目は6と3で修正後10と3になり、5US影響度が全て排除される。2OP目でイランの影響力を排除。修正はUSは+2(当該国の優勢と隣接1国の支配)、ソ連は+3(3つの隣接国の支配)。出目は1と6で修正後も4と8で効果なし。
A2、改革者(87)を宇宙開発でプレイ。出目は5で失敗。

S3、南アフリカの不穏をイベントプレイ。南アフリカに1、ボツナワに2ソ連影響力を配置。
A3、東欧の不穏(29)をプレイ。東ドイツ、チェコスロバキア、ルーマニアから2ずつソ連影響度を排除。

S4、傀儡政権を2OPプレイ。東ドイツに2影響度を配置して再配置。イベントが発動。エクアドル、ハイチ、エルサルバドルにそれぞれ1US影響力を配置し、それぞれUSが支配。
A4、イラン・イラク戦争をイベントプレイ。軍事作戦値が2上昇。ただし成功値は6のみ。ダイス目は4で撃退される。

S5、キャンプ・デービッド合意を2OPプレイ。イスラエル、ヨルダン、エジプトに1US影響度が置かれる。サハラ諸国とヨルダンにそれぞれ1影響度を配置。ヨルダンを再支配。
A5、鉄の女をイベントプレイ。1VPを獲得。社会主義政権を無効にする。アルゼンチンイ1ソ連影響度が置かれる。+8VP。

S6、ラテンアメリカの財政危機(95)を2OPプレイ。ガテマラとコロンビアに1影響度ずつを配置して支配。
A6、ミサイル羨望症をプレイし、この壁が崩れた(96)を引き、プレイ(CIA工作の影響で、ソ連の手札が見られているため。また、このカードを渡すことにより、中国カードを第7ラウンドに使うのを阻止している)。この壁は崩れたをイベントプレイ。3US影響度が東ドイツに置かれる。トルコで影響力の排除を試行。当該国が優勢なのでソ連が+1、ギリシャがUS支配の隣接国なのでUSも+1。出目はソ連が5、USが4で影響なし。

S7、ミサイル羨望症を2OPプレイ。ハイチにクーデターを試行。ダイス目は2で1US影響度が取り除かれ、1ソ連影響度が置かれる。2軍事作戦値が追加。
A7、社会主義政権(7)を3OPプレイ。鉄の女の影響でイベントは発動しない。イスラエル「4」に1、リビア「2」に2影響力を配置し、それぞれ支配。
軍事作戦値は共に2なので、影響なし。
b0173672_025461.jpg
写真は最終ターン終了時
最終スコアリング。第10ターン、アクションラウンド終了時は+8VP。国名が「」付はBattleground*付は相手超大国の隣接。

中米:
S:「キューバ*」、グアテマラ、ハイチ、「パナマ」、コスタリカ
A:「メキシコ」、エルサルバドル、ニカラグア
ソ連がDominanceで3VP、USがPresence1VP。Battlegroundが2対1、キューバがUSに隣接なので+1。ソ連が4VP。

南米:
S:「チリ」、「アルゼンチン」、パラグアイ、コロンビア
A:「ブラジル」、「ヴェネズエラ」、ウルグアイ
共にBattlegroundの支配数が同じなので、Presence。Battlegroundの数も同じなので、VPの変化無し。

欧州:
S:「ポーランド」、トルコ
A:UK、デンマーク、スペイン/ポルトガル、「フランス」、「西ドイツ」、「イタリア」、ユーゴスラビア、ギリシャ
ソ連がPresenceで3VP、USがDominance7VP。Battlegroundが3対1でUSに6VP。

アフリカ:
S:「アンゴラ」、「ナイジェリア」、「アルジェリア」、サハラ諸国、ボツナワ、東南アフリカ諸国
A:チュニジア、カメルーン、ジンバブエ、スーダン
ソ連はDominanceで4VP。USはPresenceで1VP。Battlegroundが2対0で合計ソ連に5VP。

中東:
S:「イラク」、「サウジアラビア」、湾岸諸国、ヨルダン
A:「イスラエル」、「エジプト」、「リビア」、「イラン」、レバノン
ソ連はPresenceで3VP。USはDominanceで5VP。Battlegroundが4対2でUSに合計4VP。

アジア:
S:「北朝鮮」、「タイ」、ベトナム、アフガニスタン、
A:「韓国」、「日本」、「インド」、「パキスタン」、ビルマ、マレーシア、インドネシア、オーストラリア、フィリピン、台湾
ソ連がPresenceで3VP。USがDominanceで7VP。Battlegroundが4対2で合計USに6VP。

中国カード
ソ連に1VP

最終スコアリング合計でUSに6VP。
合計+14VPでUSの勝利。
# by ysga-blog | 2006-01-17 10:09 | 【現代戦:総合】 | Comments(0)

20060114 Twilight Struggle(GMT最新作)冷戦カードドリブンをプレイしてきました

b0173672_034714.jpg

b0173672_0341863.jpg

b0173672_0342854.jpg

b0173672_0343930.jpg


b0173672_035349.jpg

b0173672_0351730.jpg

b0173672_0352751.jpg

b0173672_0353715.jpg

# by ysga-blog | 2006-01-14 18:33 | 【現代戦:総合】 | Comments(0)